「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

「メガホーンⅢ」のレビューまとめ!ソロキャンプにおすすめ!

「メガホーンⅢ」のレビューまとめ!ソロキャンプにおすすめ!

冬キャンプに合う、メガホーンⅢについてまとめました。メガホーンⅢの商品情報を始め、特徴やソロキャンプにおすすめな理由もわかりやすく載せています。実際にメガホーンⅢを使っている人のレビューも紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。


メガホーンⅢのレビューを紹介!

メガホーンⅢは、煙突ポートが付いていて、薪ストーブが設置可能なテントです。このチムニータイプのメガホーンⅢは、薪ストーブを使う冬キャンプだけでなく、夏の日除けテントとしても使えます。
使い勝手の良さから人気の、メガホーンⅢについて多くのレビューが集まっています。これらのレビューを紹介しながら、メガホーンⅢの特徴をまとめていきます。

メガホーンⅢの商品情報とレビュー

商品情報

素材(フライ)

185t ポリエステル タフタ PUコーティング

素材(ホールカバー)

シリコンコーテッドファイバーグラス(穴幅:8×14cm)

素材(ロープ)

反射素材を編みこんだリフレクトロープ(φ3.5mm)

耐水圧

1800mm

総重量

3.76kg

収納サイズ

φ18.5×59cm

構成

フライ、上部キャップ、ホールカバー、ガイロープ×4、アルミポール(φ25㎜)Yペグ(18cm)×16、スマートロールバッグ

床面積

9.37㎡(約5.66畳)

レビュー①難燃性が高い

メガホーンⅢは、アメリカの難燃性基準であるCPAI-84に適合しています。CPAI-84は、もし引火しても4秒以内に自然消火すること、さらに燃焼距離が255mm以内であること、という厳しい基準です。メガホーンⅢ使用時に、万が一火の粉がかかっても燃え広がることはないので安心です。

レビュー②夏は涼しく冬は暖かい

メガホーンⅢは、シルバーUVカット加工が施されています。さらに、テントの両サイドには、内側メッシュの2枚扉がついていて風通しよく工夫できます。そのため、夏は涼しく過ごすことができます。もちろん、冬は薪ストーブによって暖かく使用できます。  

40代/男性
40代/男性

夏も冬も快適に過ごせる

評価:

冬は、メガホーンⅢの中に薪ストーブとローコットでのんびり冬キャンプを楽しんでいます。夏はインナーに蚊帳をつけて、過ごしています。快適ですよ!

レビュー③珍しいカラー

今までのメガホーンⅢは、ブラウン系のデザート、グリーン系のフォレストというアースカラーの2色展開でした。そこに、今回シルバーホワイトという新しいカラーが加わりました。
この新しいシルバーホワイトというカラーは、今までのメガホーンⅢのイメージを変える珍しいカラーといえるでしょう。
30代/男性
30代/男性

NEWカラーがいい感じ!

評価:

メガホーンⅢから出た、新しいカラーのシルバーホワイトがすごくいい感じです!今までのメガホーンⅢとは全く違うイメージで、すごく気に入っています!

レビュー④一人でも設営ができる

メガホーンⅢは、モノポール構造なので、一人でも簡単に設営できるのが特徴です。ソロキャンプ用のテントとしても大変おすすめです。設営方法としては、テントの周りをペグダウンして、真ん中にポールを立てるだけ、ととても簡単。ソロキャンプでも余裕です。

30代/男性
30代/男性

一人でも簡単に設営できる

評価:

一人で初めて設営しましたが、6カ所だけのペグ打ちで簡単に建ちました。テンションの張り方がまだわからなくて戸惑いましたが、順番さえ覚えれば簡単に建ちますよ!

レビュー⑤縫製が粗い

メガホーンⅢについては、縫製が少し粗いというレビューが見られました。ただ、このコスパで、このクオリティなら問題なし、という意見の方が多いようです。

レビュー⑥コスパが良い

メガホーンⅢは、重さ4kg以下で、底面積は約6畳弱という広さ、素材のクオリティも高く、人気のワンポールテントです。コンパクトに収納できる収納バッグや、つけ外し簡単のテント上部キャップ、ペグ、ガイロープなど付属品も充実しています。
それでいて、3万円ちょっとというコスパの良さは、大きな魅力です。

レビュー⑦カンガルースタイルにも使える

テントの中にインナーテントをインするカンガルースタイル。メガホーンⅢは、中が広いのでインナーテントも楽に置くことができ(インナーテントは別売り)、もちろん薪ストーブも使用OKです。楽々、カンガルースタイルを楽しむことができます。

40代/男性
40代/男性

広さもあって良いサイズ!

評価:

サイズはサーカスTCより少し小さめで、ピルツ7より大きい感じ。自分にとってはちょうど良いサイズです!薪ストーブを置いても、いい感じに広さもあります。いい買い物をしました!

メガホーンⅢはソロキャンプにおすすめのテント

メガホーンⅢは、設営が簡単にできるため、ソロキャンプにおすすめです。また、テントの中は4~5人用の広さですが、薪ストーブを置くと若干狭くなります。それでも、ソロキャンプなら余裕の広さ。
一人で難なく設営でき、余裕のある空間でキャンプを楽しむことができるので、メガホーンⅢはソロキャンプにはうってつけといえるでしょう。メガホーンⅢに興味のある人は、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

関連するキーワード


ブランド

関連する投稿


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


日本発ブランド「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)」!おすすめのテント17選

日本発ブランド「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)」!おすすめのテント17選

「テンマクデザイン」は、大型テントなどで知られる、キャンパーから幅広く注目されているブランドです。今回は、そんな「テンマクデザイン」のおすすめテントを17選紹介します。テントの性能や特徴なども詳しく解説しますので、参考にしてください。


シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

無印良品の収納やボックスはキャンプ用品としても大活躍します。キャンプ場の景色にとけこむシンプルで上質なデザインはお洒落さをぐっと底上げしてくれます。この記事では、これからキャンプ用品を集めたい人に向けて「無印用品のおすすめキャンプ用品をたっぷり12種類」大公開します!


ロゴスのおすすめキャンプ用品23選!初心者にもベテランキャンパーにも

ロゴスのおすすめキャンプ用品23選!初心者にもベテランキャンパーにも

ロゴスのおすすめキャンプ用品について解説します。アウトドアブランド「ロゴス」は、多くの人が使えるように良心的な価格設定など、ロゴスの魅力について説明。また、初心者やベテランキャンパーにおすすめのキャンプ用品を紹介します。


SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価・使い方まとめ!

SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価・使い方まとめ!

SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価や使い方を徹底解説します!キャンプ好きの方なら多くの方が知っているマイクロレギュレーターストーブは、キャンプの時に持って行くと大活躍間違いなしのシングルバーナーです。購入しようか迷っていた方は必見です!


最新の投稿


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


100均 ブランド 東京 車中泊 アクセサリー 日帰り 関東 火起こし