「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

人気テントogawa「トリアングロ」の魅力とは?デメリットもチェック

人気テントogawa「トリアングロ」の魅力とは?デメリットもチェック

ogawaのトリアングロの魅力について紹介します。フライシートの活用方法や、トリアングロの素材についても徹底的に調査しました。また口コミによる評判やデメリットについてもまとめているので、ぜひ購入する際の参考にしてください。


ogawa「トリアングロ」の魅力を紹介!

トリアングロは、キャンプ用品の老舗ブランドであるogawaが販売するA型テントです。2018年に販売され、シックなデザインと機能性が高いことで口コミでも評判となりました。吊り下げ式のインナーテントで、細部にまでこだわりがたっぷり詰まっています。
テント以外の使い道もあり、キャンプスタイルに合わせてさまざまな組み合わせが楽しめますよ。大きなフライトシートが目をひくトリアングロに魅力について、詳しく紹介します。

ogawa「トリアングロ」の魅力

ogawa「トリアングロ」の商品情報

トリアングロ

¥95700

解放感たっぷりのトリアングロ。フライシートのおかげで外から中の様子は見えにくく、自分たちだけの空間を楽しめます。
メッシュ部分は簡単に開け閉めできるため、急な天候の変化にも柔軟に対応できます。トリアングロはシンプルながらおしゃれで、他とかぶりにくいと口コミでも高評価です。

サイズ530×410×230cm
収納サイズ80×40×30cm
総重量12.9kg
カラーサンドベージュ×ダークブラウン
収容人数5人
付属品張り綱 、アイアンハンマー 、スチールピン、収納袋
30代/男性
30代/男性

涼しくて快適

評価:

家族4人で使用していますが広くて快適です。トリアングロは全面メッシュ素材になるので夏にもってこいのテントだと思います。

魅力①フライシートが大きい・タープとして使用可能

トリアングロの大きなフライトシートは、雨風から守ってくれる効果があります。雨除けだけでなく、日差しの強い日には日除けとしても効果抜群です。テントよりもインパクトあるサイズのフライトシートは、なんと奥行が530cmもあります。
広々しており、タープとして単独で使えます。トリアングロはA型タイプとしては珍しい構造ですが、キャンプにもってこいのテントです。

魅力②家族キャンプにおすすめの大型サイズ

トリアングロの収容人数は、公式では5名です。家族でゆったり過ごしたり、寝転んだりするにも十分の広さです
インナーテント内にはポールが一切ないため、見た目にもスッキリしています。ファミリーキャンプには嬉しいサイズ感で、区画サイトでのキャンプも楽しめるでしょう。

魅力③風通しが良い

トリアングロのインナーテントは、4面すべてがメッシュ素材なので、風通しがよいことで人気です。湿度が高い夏でも蒸れにくく、快適に過ごせます。
フライシートが大きいため、前面を開放していても外から見えにくい構造なのは嬉しいポイント。コットン素材の窓がついているので、必要に応じてプライバシーも守れます。
40代/男性
40代/男性

快適!

評価:

春~秋にキャンプをするので、迷わずメッシュ素材のテントであるトリアングロの購入を決意。冬は寒いかもしれませんが、ジメジメした季節にはちょうど良かったです。

魅力④インナーテントの材質のこだわり

トリアングロのインナーテントは、前後で素材が異なります。前面は通気性に優れたT/C素材、背面は耐久性に優れ雨にも強いポリエステルが採用されています。フライシートで覆われる前面と違い、背面は雨が降ると濡れてしまいます。
そのため、背面には吸水性が低く速乾性のある素材が使われたのです。雨が降ったら、まずは背面シートを閉じてください。フライシートである程度の雨風はしのげるので、残り3面は状況に応じて開閉すれば大丈夫です。

魅力⑤グランドシートは取り外し可能

トリアングロのグランドシートは、取り外し可能です。取り外して中にテーブルを置いたり、コットを持ち込んでゆっくり休むことができます
またクッション性のあるトリアングロ専用インナーマットが販売されているので、取り付ければより快適性がアップします。その時のキャンプスタイルに応じて、柔軟にアレンジがきくのは嬉しい部分でしょう。

魅力⑥重量が軽い・設営が簡単

トリアングロは総重量が12.9kgと、サイズに対して軽いのが特徴です。軽量でコンパクトに収納できるため、荷物がかさばりません。
テントの設営は、大型テントの設置経験があれば問題なくできます。初めてでも20分ほどあれば組み立てでき、慣れればさらに時間短縮が可能です。
40代/男性
40代/男性

慣れれば簡単

評価:

トリアングロを購入する際にレビューでも見かけましたが、やはり初めて組み立てる時は時間がかかります。ですが2回目以降は要領が分かったので簡単にできました。

魅力⑦設営と撤収でテントが濡れない

トリアングロの設営は、まずフライシートを張ってからインナーテントを取り付けます。撤収する時はその逆で、インナーテントを外してからフライシートを畳みます。
雨が降っていてもフライシートが屋根になるため、テントが濡れる心配がありません。雨の中テントを出し入れするのは少し大変ですが、ストレスなく設置・撤収が可能です。

ogawa「トリアングロ」のデメリット

トリアングロは、おしゃれで使い勝手も良く魅力あるテントですが、デメリットもあります。口コミをもとに考えられるデメリットをあげたので、購入検討中の方は要チェックです。

デメリット①値段が高い

トリアングロは約10万円と、テントの中でも高額です。テントの値段はピンからキリまであるため、同じようなサイズ感でも半額程で購入できる商品もあります。そのため安さを求める方にはおすすめできません
ですが素材や機能性の高さに加え、安心の小川ブランドであることを考慮すると、妥当な値段ともいえます。トリアングロは丈夫で長く使えるため、頻繁にキャンプに行く方にとってはお得です。

デメリット②インナーテントは自立しない

トリアングロのインナーテントは、フライシートとバックルで接続して組み立てるため、テント単体では使えません。使用する際は、必ずフライシートとセットで使う必要があります。
そのため、フライシートとテントを別々で使いたい方は、購入を検討した方がよいでしょう。単体で使う必要がない場合は、特に気になるデメリットではありません。

ogawa 「トリアングロ」が家族キャンプで大活躍!

トリアングロは機能性が高く、素材にもこだわった優秀なテントです。メッシュ素材で通気性に優れているので、夏場の寝苦しい夜にも最適と口コミでも評判です。インナーテントをタープとして使用したり、他のアイテムを組み合わせてオリジナルのキャンプも楽しめます。
サイズ感もゆったりなので、家族キャンプにおすすめです。トリアロングを取り入れて、より快適なアウトドアライフを送りましょう。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

関連するキーワード


ブランド

関連する投稿


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


日本発ブランド「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)」!おすすめのテント17選

日本発ブランド「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)」!おすすめのテント17選

「テンマクデザイン」は、大型テントなどで知られる、キャンパーから幅広く注目されているブランドです。今回は、そんな「テンマクデザイン」のおすすめテントを17選紹介します。テントの性能や特徴なども詳しく解説しますので、参考にしてください。


シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

無印良品の収納やボックスはキャンプ用品としても大活躍します。キャンプ場の景色にとけこむシンプルで上質なデザインはお洒落さをぐっと底上げしてくれます。この記事では、これからキャンプ用品を集めたい人に向けて「無印用品のおすすめキャンプ用品をたっぷり12種類」大公開します!


ロゴスのおすすめキャンプ用品23選!初心者にもベテランキャンパーにも

ロゴスのおすすめキャンプ用品23選!初心者にもベテランキャンパーにも

ロゴスのおすすめキャンプ用品について解説します。アウトドアブランド「ロゴス」は、多くの人が使えるように良心的な価格設定など、ロゴスの魅力について説明。また、初心者やベテランキャンパーにおすすめのキャンプ用品を紹介します。


SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価・使い方まとめ!

SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価・使い方まとめ!

SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価や使い方を徹底解説します!キャンプ好きの方なら多くの方が知っているマイクロレギュレーターストーブは、キャンプの時に持って行くと大活躍間違いなしのシングルバーナーです。購入しようか迷っていた方は必見です!


最新の投稿


【実体験】焼酎に合う大人の「牛タン味噌煮込み」をダッチオーブンで作ってみた

【実体験】焼酎に合う大人の「牛タン味噌煮込み」をダッチオーブンで作ってみた

焼酎に良く合う大人の味付けを目指して、「牛タン味噌煮込み」作りにチャレンジしました。ダッチオーブンを使って、長時間煮込むことで具材の旨味を極限に引き出すことに成功しました。具材を入れて煮込むだけの簡単レシピなので、ぜひ参考にしてください。


テントでも2万円以下とコスパ抜群!キャンプデビューするなら「コメリ」の新作をチェック

テントでも2万円以下とコスパ抜群!キャンプデビューするなら「コメリ」の新作をチェック

コスパ抜群コメリのアウトドアブランド「Natural Season (ナチュラル・シーズン)」から発売される、新作ギアをひと足早く紹介します。キャンプシーズンを目前にした、2024年3月より順次発売される新作をチェックしていきましょう。


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。