「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

キャンプにおすすめのコーヒーミル8選!手動式のおしゃれアイテムも

キャンプにおすすめのコーヒーミル8選!手動式のおしゃれアイテムも

キャンプにおすすめのコーヒーミルを紹介します。コーヒーミルを購入する際の注意点や、キャンプで使うアイテムを選ぶポイントを詳しく解説しました。コーヒーミルを使用して、キャンプでおいしいコーヒーを飲みたい人は、ぜひ参考にしてください。


キャンプにおすすめのコーヒーミルを紹介!

キャンプでコーヒーを飲みたくなった経験はありますか?コーヒーを好きな人はたくさん存在しています。ミルで豆を引いて飲むコーヒーは格別美味しいです。
それがキャンプで味わえると、ロケーションも合わさって余計に美味しく感じる事でしょう。この記事ではキャンプ時におすすめするコーヒーミルを紹介していきます。

キャンプにおすすめのコーヒーミルの選び方!

選び方①サイズ

キャンプでミルを使用する時にあまりに大きいものは向いていません。人気でおしゃれなミルは使い方が難しい印象があるかもしれません。実際は使い方が簡単な物が多いです。手でも持てる持ち運びしやすいサイズ感が大切です。サイズ感を重要視して選びましょう。

選び方②ハンドルの長さ

手動ミルの魅力はハンドル自分で回す心地よさです。使用方法は簡単なものが多いです。豆を自分で挽いている実感と、ハンドルを回る感触がたまりません。ハンドルが短すぎるミル選ぶと手の大きさにもよりますが、回しにくいのでハンドルが長いミルを選びましょう。
人気の高いミルは大抵ハンドルが長いくて使いやすいです。どれを買ったらいいかわからない人は、人気が高いものを選ぶと間違いないでしょう。

選び方③手入れのしやすさ

手動ミルを使ってて最も苦痛なことは手入れです。ミルによっては挽いた豆が奥底に入り込み掃除しにくいです。おしゃれさ・デザインで購入を決めることも大切ですが、手入れがしやすい形状のものを購入するという手もあります。

キャンプにおすすめのコーヒミル8選

①カリタ コーヒーミル KH-3

コーヒーミル KH-3

¥10800

カリタ コーヒーミル KH-3のおすすめポイントは持ち運びやすさと操作性にありますハンドルの長さも丁度良く、初心者の人でも簡単にコーヒーを引く事ができます。デザインは木を使用しているアンティークなのでキャンプをより一層おしゃれに彩る事ができます。
金額は10800円と少し高価ですが、キャンプ道具にこだわりを持っている人は手を出してみてもいいかもしれません。

サイズ8.5×21cm
重量610g
男性
男性

引き立てのコーヒーが飲めて最高

評価:

小さいサイズの手挽きミルはあったのですが、今回購入した手挽きミルは大きくて1度で済むので楽。飲みたい時に挽きたてのコーヒーが飲めるのは最高です。

②キャプテンスタッグ コーヒーミル

18-8ステンレスハンディーコーヒーミルS セラミック刃

¥3780

こちらのコーヒーミル人気でパール金属が使用されていて耐久性がとても高いです。金属が使用されていると熱を感じやすいと思われるかもしれません。金属製ではありますが、耐熱性が高くキャンプで操作しやすいです。
金属製のコーヒーミルの印象だと金属臭がする印象を持たれやすいです。キャプテンスタッグのコーヒーミルは金属臭はしないのでコーヒー豆の味・風味は失われません。
ステンレス製でインテリアとしての見栄えも高いです。ステンレス製のキャンプ道具を揃えている人からすると統一性がでます。使い方も簡単で操作性ので高くおすすめです。

サイズ46×135
重量219g
男性
男性

持ち運びが楽で使いやすい。

評価:

日本製だしなんと無く安心感もあります。持ち運びも便利そうなので機会があれば持ち運ぶのもいいなと思ってます。

③スノーピーク フィールドバリスタ ミルCS−116

ミル CS-116

¥17784

フィールドバリスタCS−116はスノーピークが販売している手動コーヒーミルになります。人気のスノーピークから出ているコーヒーミルです。デザインはステンレス製でかなりシンプルです。アンティーク調でおしゃれであり作りも安心のスノーピーク製です。
手動のコーヒーミルを掃除する時は大変なイメージが持たれます。フィールドバリスタは持ち手が取れる事なくハンドルがなくならず掃除しやすいですキャンプは持ち物がなくなる事もあるので安心です。
使い方が簡単でハンドルもかなり長くてコーヒー豆を挽きやすいです。手にコーヒーミルを持ちながら豆を挽けるのでキャンプ向きです。

サイズ60×47×165
重量240g
女性
女性

使いやすいくて買って良かった‼︎

評価:

軽いし、コンパクトだし、これは買って正解でした。オススメです!!

④ボーレックス コーヒーミル

コーヒーミル

¥10480

ボーレックスのコーヒーミルはとても人気です。デザインはステンレス製の至ってシンプルな作りになっています。デザインは細いので容量がたくさん入らない様に感じますが、30gまで入ります。これは3人分のコーヒーを作る事ができます。
少人数のキャンプだと人数分一気に作れます。コーヒー豆の挽き方もバリエーション豊富で細挽きが特におすすめです。注意点としては、ハンドルホルダーが別売で付いてきません。必要なら購入しないといけないので気をつけましょう。
耐久性にも申し分ありません。豆を挽く刃は錆びやすい印象があるかもしれません。ボーレックスの刃は劣化しにくく錆びにくいです。コーヒー豆を長い間美味しく挽く事ができます。耐久性と使いやすさを備えているのでおすすめです。

サイズ4.9×19.2
重量280g
男性
男性

自分好みの挽き方ができる。

評価:

これまでコーヒーミルが無い時はあらかじめ挽いてある豆を購入していました。この商品は挽き方の調整がありますので色々と試して自分の好みの挽き方で使用しています。これもおいしいコーヒーを飲む為に必要なルーティーンと思い楽しんでいます。

⑤ユニフレーム コーヒーミル 664070

UFコーヒーミル

¥6600

こちらのコーヒミルは人気のステンレス製です。スタイリッシュでおしゃれな見た目、大容量と使いやすさが特徴です。ステンレス製だと耐熱性に不安を抱える人が多いでしょう。ユニフレームのコーヒーミルは耐熱性が優秀で、手に持っても熱くありません。
キャンプだとテーブルに置いて使うより、手に持って使う事が多いです。使い方も簡単で熱くならないのでキャンプに向いています。50〜100g1度に豆を挽く事ができます。少人数から大人数のキャンプで大活躍間違いなしです。

サイズ80×192
女性
女性

コーヒーを楽しめる。

評価:

かなりコンパクトに持ち運べるので重宝しています。豆を挽いてる時の香りがたまらないです!

⑥cera ポータブルコーヒーグラインダー

ポータブルコーヒーグラインダー

¥6206

ステンレス製のおしゃれなデザイン・挽き方を調整しやすい・滑り止め付きで使いやすいです。ステンレス製でシンプルなデザインであり、他のキャンプ道具と調和しやすいです。キャンプ道具の質感を統まで一させる人が多く、揃えやすいです。
粗挽きから極細引きまで調整しやすいです。キャンプでも気分によって色んな味を楽しめます。ハンドルに滑り止めがついていて、テーブルに置かなくても使いやすいです。

サイズ5×18.3
重量390g
男性
男性

旅のお供にいいです。

評価:

携帯性が良く、好みの粗さにできる。ハンドルも割としっかりしてて、豆のカケラが飛び出たりすることもない。豆の硬さにより多少の引っ掛かりはでるが、問題ないレベル。カップと水とケトルがあればどこでも美味しいコーヒーが味わえるのが良かった。

⑦アルファックス コーヒーミル620303

コーヒーミル

¥1713

人気のステンレス製の手動のコーヒーミルです。おすすめポイントは簡単な使い方で掃除がしやすい・手軽に持ち運びが可能な点です。こちらのコーヒーミルは簡単に分解する事ができます。
コーヒー豆を挽いた後掃除が必要です。挽いた豆が奥に詰まって掃除がしにくいです。こちらは簡単に分解できるので掃除が楽です。キャンプの後に掃除が付き物なので便利です。
分解が可能なのでバックに収納して持ち運びする事が可能です。

サイズ48×13.5
重量214g
男性
男性

早く良く挽ける

評価:

粗削りだからかとても簡単にひけました。商品説明に細かい削りと粗削りとありましたが細かい方でひいても粗削りのような大きさです。コーヒーに詳しくなく削りの好みはないので、ただ早くひけて良かった印象です。

⑧1Zpresso コーヒーグラインダー Zpro

コーヒーグラインダーZpro

¥32780

おすすめポイントは使い方が簡単・均一に豆を挽ける・長い期間使えるというところです。豆を挽く時も全然ブレず、分解も簡単なので掃除がしやすいのです。コーヒーミルは掃除が付き物です。分解が簡単で掃除がラクラクです。
均一に豆を挽けるので、繊細で味わい深いコーヒを入れられるのです。精密な設計がされているので、長期間劣化する事なく使用する事ができます。

サイズ170×185×60
重量660g
男性
男性

こんなにコーヒーが美味しくなるなんて!

評価:

今まで5,000円位のグラインダーと、手挽きのミル2種を使ってましたが、同じ豆なのに段違いの美味しさになりました!

キャンプにおすすめのコーヒーミル8選の比較表

ブランド 型番

カリタ KH-3

キャプテンスタッグ UW3501

スノーピーク CS–160

ボーレックス

ユニフレーム 664070

Cera ポータブルコーヒーグラインダー

アルファックス 620303

1Zpresso コーヒーグラインダー Zpro

画像

特徴

・操作性が高い ・持ち運びやすい

・耐久性が高い ・金属臭がつかない

・ハンドルを回しやすい ・掃除しやすい

・刃が錆びにくい ・色んな豆の挽き方ができる

・一回でたくさんコーヒを入れられる ・耐熱性が高い

・滑り止めがついていて操作性が高い ・挽き方の調整可能

・分解して掃除できる ・持ち運び簡単

・均一に豆を挽ける ・繊細な味のコーヒーを入れられる

商品リンク

コーヒーミルを使ってキャンプでコーヒーを楽しもう!

手動ミルで豆を挽いたコーヒーは格別の美味しさです。それがキャンプでも飲めるとなるとロケーションと相まってより美味しく感じる事でしょう。手動のミルにはかなり種類が存在します。その中から自分のキャンプスタイルに合ったものを選びましょう。
お気に入りのミルを使えるだけでキャンプは更に楽しくなります。お気に入りの道具を揃えてキャプライフを楽しんでください。

パーコレーターのおすすめ10選を紹介!選び方とデメリットも!

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/tableware/%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%b3%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%8110%e9%81%b8%e3%82%92%e7%b4%b9%e4%bb%8b%ef%bc%81%e9%81%b8%e3%81%b3%e6%96%b9%e3%81%a8%e3%83%87/

パーコレーターについて紹介していきます。キャンプ場でも簡単にコーヒーを抽出できるおすすめのパーコレーターを10選にまとめました。また、パーコレーターの仕組みや使い方、使う際のデメリットも掲載しているので、パーコレーターを購入する際の参考にしてください。

ビアレッティの使い方決定版!選び方やおすすめ品など役立つ情報も!

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/tableware/%e3%83%93%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%86%e3%82%a3%e3%81%ae%e4%bd%bf%e3%81%84%e6%96%b9%e6%b1%ba%e5%ae%9a%e7%89%88%ef%bc%81%e9%81%b8%e3%81%b3%e6%96%b9%e3%82%84%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81/

ビアレッティの使い方について解説します。ビアレッティの種類や個別の特徴について詳しく解説!使い方や、最初に注意すべきことついても説明しています。また、エスプレッソを使ったアレンジも紹介しておりますので、参考にしてみてください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に3,500tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

キャンプ飯でスパイス配合といえば、定番は「カレー」ですがメキシカン料理「チリコンカン」もスパイス配合を楽しめるレシピです。今回はマルチグリドルを使って、簡単で美味しく作れるチリコンカンレシピを紹介します。ぜひ皆さんも自分好みに仕上げてみてくださいね!