「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

後悔しないハンモックの選び方は?寝ても疲れない自立式7選も

後悔しないハンモックの選び方は?寝ても疲れない自立式7選も

ハンモックを選ぶ際に後悔しないようにする方法をまとめました。ハンモック選びで失敗してしまう理由や、簡単に設置できるおすすめの自立式ハンモックなどのおすすめ商品も紹介します。ハンモック選びで絶対に後悔したくないという人は、ぜひチェックしてみてください。


後悔しないハンモックの選び方とおすすめを紹介!

テントの近くにハンモックを設置して、自然を満喫する。キャンパーなら憧れる光景ではないでしょうか?しかし、選び方を失敗するとハンモックの魅力を満喫できないこともあります。
この記事では、ハンモック選びを失敗してしまう理由から、口コミでおすすめの自立式ハンモックを紹介していきます。

ハンモック選びで失敗する理由

まずは、どうしてハンモックを購入して後悔するのか、失敗しやすい理由をまとめます。

寝るときに窮屈

ハンモックで失敗したと感じる瞬間には、寝るときに窮屈に感じてしまうことがあります。手足を広げて寝る人にとって、窮屈に感じるかもしれません。
ハンモックは構造上、腰の部分が一番広くなり、頭の部分と脚の部分は細くなります。体格がいい人が寝ると、肩の部分が窮屈に感じるでしょう。
また、体重が重い人が寝ると、生地に体が落ち込みます。そのため、より窮屈さを感じて失敗したと後悔するかもしれません。

揺れやすい

ユラユラ揺られて寝るのは、ハンモックの醍醐味でもあります。その揺れが、深い眠りに誘うことも。しかし、揺れが心地よいと感じる人もいれば、邪魔に感じる人もいます。
水面に浮かんだ船に乗っているような揺れなので、気分が悪くなったり疲れる人もいます。三半規管が弱い人や船酔いをする人は、ハンモックで寝ると酔うことがあるので、失敗したと後悔するでしょう。 

寝返りができず疲れる

ハンモックの上では、布団の上で寝るときのような寝返りはできません。寝返りができないわけではありませんが、寝る姿勢を整えるのは苦労するでしょう。
生地が体重を分散させる構造になっているので、寝返りができなくても疲れると感じることはほとんどありませんが、眠りが浅くなることがあるので、後悔するかもしれません。

スタンドのきしみ音

ハンモックは木に吊るす吊り下げ式タイプと、スタンドを使う自立式タイプがあります。自立式タイプは、スタンドのきしみ音が気になってしまうという人もいるようです。
乗っている人が少し動いただけで、生地は揺れます。意識しないで動いたときも音が出るので、きしみ音が気になって眠れない人や、音を気にしすぎて疲れる人もいて、使ったことを後悔することもあるでしょう。

組み立て・片づけが面倒

吊り下げ式タイプのハンモックは、大きめの木にロープなどを使って設置します。慣れれば簡単な作業ですが、慣れるまでは面倒に感じるかもしれません。
自立式タイプは、スタンドを設置して吊り下げます。簡単に組み立てられるスタンドもありますが、組み立て方をチェックしないで購入すると失敗したと後悔することも。組み立てが複雑で片づけが面倒なものは、設営するだけで疲れるでしょう。

意外と大きくて邪魔になる

必要以上に丈夫で大きいものを購入すると、持ち運ぶとき邪魔になることがあります。小さいより大きい方がおすすめです。しかし、ハンモックのサイズに合わせてスタンドのサイズも大きくなり、スタンドの持ち運びが面倒で邪魔に感じることもあるでしょう。
大きすぎると広さが決まっている区画ありのキャンプ場では、置き場がなく邪魔になることもあり、持っていったことを後悔することもあります。

後悔しないハンモックの選び方

ハンモック選びで失敗して後悔しないように、どのようなアイテムがあるのか、あらためて確認していきましょう。実際に使っている人の口コミや、感想も紹介します。

自立式と吊り下げ式

ハンモックの自立式とは、生地部分とロープ、バランスバーやスタンドがセットになっているタイプです。スタンドがセットになっているので、ロープを吊るす場所がなくても設置することができます。
スタンドには分解できるものと、そうでないものがあります。持ち運びやすく、邪魔になって後悔しないものを選びましょう。
吊り下げ式とは、スタンドがセットになっていないタイプです。ロープと金具などで木や柱に固定して使います。

ハンモック生地の横幅

生地の横幅は、メーカーや商品によって違いがあります。横幅は少し広めのものを選ぶと後悔しません。
生地の横幅が150cmあったとしても、寝るときは袋状になるため120cm程度になります。横幅が狭すぎると体が安定せず、疲れる原因になるので注意しましょう。

サイズと耐荷重

ハンモックのサイズには、シングル・ダブル・ファミリーの3タイプがあります。シングルサイズは1人用です。設置幅は270cm、耐荷重は150kgが平均です。
ダブルサイズは、2人で使うのにピッタリなサイズ。口コミで人気のサイズで、1人でもダブルサイズを使う人もいます。設置幅は310cm、耐荷重は200kgが平均です。
ファミリーサイズは、大人3人までが一緒に使える大きさになります。設置幅は360cm、耐荷重は250kgが平均です。設置幅や耐荷重は、メーカーや商品により異なります。

ハンモック生地の素材

ハンモック生地の主な種類は3つです。ネットタイプ・パラシュート素材・コットンにわけることができます
ネットタイプは網タイプともいわれ、布製の紐や化学繊維でつくられています。通気性がよく、夏の利用にピッタリです。しかし、ネット部分が破れやすく、ボタンなどを引っ掛けるリスクもあります。
パラシュート素材は、アウトドアで使う人におすすめです。速乾性があり撥水性も抜群。軽くて持ち運びにも便利で、耐久性も優れています。デメリットは、通気性が悪いことです。温度や湿度が高い時期は、長時間利用すると湿気がこもって蒸れてしまい後悔することもあります。
耐久性がいい生地だといわれているのが、コットン素材です。通気性もよくお肌に優しい素材ですが、撥水性が悪く重量もあるので、アウトドアには不向きだといわれます。

設置予定場所

ハンモックを購入するときは、どこに設置するのかでも購入アイテムが変わります。家で使う場合や、整備されたキャンプ場で使うなら自立式がおすすめです。
整備されていないキャンプ場や、地面がデコボコでスタンドが安定しない場所なら吊り下げ式を選んだ方がいいこともあります。

ネットの口コミ・使ってみた人の感想

ハンモックは手放せないという感想をもつ人もいれば、邪魔なだけだという感想をもつ人もいるようです。口コミの中には、「椅子として使うならアリ」という意見もあります

後悔しないおすすめ自立式ハンモック7選

購入を後悔しないように、口コミで人気のおすすめ自立式ハンモックを、厳選して7アイテム紹介します。

Vivere

Salsa UHSDO8-26

¥14800

ハンモックといえばビブレといわれるほど、口コミで人気があります。 ビブレのアイテムはゆったりとした幅があり、親子で寛げると好評です。ビブレのカラーバリエーションは、5種類あります。おしゃれなデザインなので、部屋に設置するアイテムにもおすすめです。

サイズ幅280cm×奥行119cm×高さ109cm
耐荷重200kg
生地コットン
30代/男性
30代/男性

やっぱりビブレ

評価:

口コミでもあったけどビブレってだけで安心。ちょうどいいサイズで邪魔にならないんだな~。

VASTLAND

HAMMOCK

¥6980

耐久性に優れている、おしゃれなアイテムです。 ビブレとは違い、シンプルなカラーデザインが口コミで好評。スタンドは折りたたみ式で、フレームを広げてフックを引っかけるだけの簡単な組み立てで使えるので、設営で疲れることはありません。

サイズ幅254cm×奥行73cm×高さ103cm
耐荷重300kg
生地ネットタイプ
30代/女性
30代/女性

私にピッタリサイズ!

評価:

メッシュってどうなの?って感想見てたけど、よさそうなので購入。もう手放せない・・・。

LifeFair

ハンモック 自立式スタンドセット

¥7980

大人2人で使っても広いと感想もアップされている、ゆったりした大きさが魅力のアイテムです。ビブレでも人気のストライプ柄になります。専用バッグに収納できて、女性でもラクラク持ち運ぶことができる軽さが魅力です。

サイズ幅292cm×奥行122cm×高さ109cm
耐荷重300kg
生地コットン
20代/男性
20代/男性

ソロにもおすすめ

評価:

遠目で見ればビブレだなと思って購入(笑)寝ても疲れることはないし、おすすめですよ、という感想。

SAFLY ZONE

自立式折りたたみハンモック

¥6980

通気性があるメッシュ素材で、夏のアウトドアに最適です。サイズ調整ができるのも魅力。便利な収納ケース付きのアイテムで、持ち運びのとき邪魔にならないという感想もアップされています。

サイズ幅199cm~229cm×奥行73.5cm×高さ92cm~101cm調節可能
耐荷重350kg
生地ネットタイプ
30代/女性
30代/女性

サイズが調整できて便利!

評価:

邪魔にならないサイズ感がいい!寝てても疲れることはないです。簡単に寛げます。

MRG

3way HAMMOCK

¥9980

ハンモック・チェア・ハンガーラックの3つの使い方ができるアイテムです。2種類のネットがセットになっていて、簡単に取り替えることができます。家で使うアイテムにもピッタリです。

サイズ幅229cm×奥行73.5cm×高さ101cm
耐荷重200kg
生地ネットタイプ
40代/男性
40代/男性

どこでも使えて便利でした

評価:

アウトドアにいいという感想を見て購入。でも、家使いもおすすめ。ビブレと一緒に使います。

Overmont

自立式ハンモック

¥7980

自立式で、室内でも屋外でも使えるアイテムです。サイズを調整することで、チェアにすることもできます。4つの手順で組み立てられて、設営で疲れることはありません。初心者にもおすすめです、

サイズ幅134cm~285cm×奥行80cm~86cm×高さ82cm~118cm調節可能
耐荷重400㎏
生地パラシュート素材
30代/女性
30代/女性

軽くて持ち運びに便利!

評価:

パラシュート素材がいいといわれ、ビブレと悩んだけどこちらを購入。簡単に組み立てられて、個人的にはおすすめ。

FIELDOOR

Hammock

¥6600

どこでも簡単に設置できる手軽さが、口コミで人気のアイテムです。持ち運びがしやすい収納バック付きで、車に乗せておくアイテムにするのもいいでしょう。

サイズ幅255cm×奥行74cm×高さ102cm
耐荷重200kg
生地コットン
20代/男性
20代/男性

初心者向けかな

評価:

すごくいい。寝ていても疲れないし、ビブレより安いし。彼女がよく使ってます。

おすすめ自立式ハンモック比較表

ブランド名

Vivere

VASTLAND

LifeFair

SAFLY ZONE

MRG

Overmont

FIELDOOR

画像

製品名

Salsa UHSDO8-26

HAMMOCK

ハンモック 自立式スタンドセット

自立式折りたたみハンモック

3way HAMMOCK

自立式ハンモック

Hammock

特徴

・耐荷重200kg ・工具不要の簡単組み立て ・キャリーバッグ付き

・耐荷重300kg ・折りたたみ式 ・高さ調節ができる

・広めのデザイン ・工具不要の簡単組み立て ・専用バッグに収納

・耐荷重350kg ・サイズ調整可能 ・メッシュネット2重構造

3way(ハンモック・チェア・ハンガーラック) ・おしゃれなデザイン ・持ち運びに便利な折りたたみ式

耐荷重400kg ・サイズ調整できる ・工具不要の簡単組み立て

・初心者におすすめ ・高さ調節が可能 ・工具不要の簡単組み立て

商品リンク

ハンモックの選び方Q&A

ハンモックにはどんな種類がある?

1枚の生地で作られたものや、手編みされたアイテム、バーが付いているアイテムなど様々です。

ハンモックなら、どれでもキャンプに使えるの?

アウトドア用であれば、どれでもキャンプで使えます。家のインテリアに取り入れる人が増えているため、部屋の中でしか使えない屋内用のアイテムも販売されています。屋外で使えるかチェックして購入すると後悔しません。

寝相が悪いから、寝ているときにハンモックから落ちないか心配

正しく使用すればほとんど落ちることはありませんが、絶対に落ちないとはいいきれません。そのため、寝るために設置する場合は、あまり高い位置にしないようにしましょう。

夜、眠れるハンモックはある?

もともと寝具として使われていたアイテムなので、アウトドアでも家の中でも寝具として利用することが可能です。ハンモック泊も人気があります。季節により気温差があるので、毛布や寝袋を併用すると、心地よく眠ることができるでしょう。

ハンモック選びは後悔しないように慎重に!

ハンモックには色々な種類があるので、後悔しないように選びたいものです。口コミや感想も参考にしながら、自分に合うアイテムをじっくり選びましょう。どんな点に注意したらいいのか悩んだときは、選び方を参考にしてください。

オールウェザーブランケットの魅力とは?インナーシートとしても使える

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%ae%e9%ad%85%e5%8a%9b%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%8a/

オールウェザーブランケットは、NASAの技術を使った多目的シートのことで、キャンプに最適のアイテムとして注目されています。多機能なオールウェザーブランケットの魅力について詳しく解説!また、使い方や、銀マットとの比較も詳しくまとめました。

コールマンのタスマンキャンピングマミーの魅力とは?冬キャンプにおすすめ

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/sleeping_bag/%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%81%ae%e3%82%bf%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%9e%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%81%ae%e9%ad%85%e5%8a%9b/

コールマンのタスマンキャンピングマミーの魅力を徹底的に調査しました!冬キャンプにおすすめな理由だけではなく、スペックや価格、たたみ方まで詳しく紹介します!コールマンのタスマンキャンピングマミーを使って、冬キャンプを楽しみたくなる内容をまとめています。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に3,500tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

キャンプ飯でスパイス配合といえば、定番は「カレー」ですがメキシカン料理「チリコンカン」もスパイス配合を楽しめるレシピです。今回はマルチグリドルを使って、簡単で美味しく作れるチリコンカンレシピを紹介します。ぜひ皆さんも自分好みに仕上げてみてくださいね!


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 火起こし 自作・DIY 東京 車中泊 アクセサリー