「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

WAQのソフトクーラーボックスはコスパがいい!口コミや特徴もチェックしよう

WAQのソフトクーラーボックスはコスパがいい!口コミや特徴もチェックしよう

WAQのソフトクーラーボックスを徹底解説していきます。WAQのソフトクーラーボックスは、コスパが良く保冷力が高いといわれています。また、WAQのおすすめキャンプギアなども紹介していきますので、コスパ良いギアを探している方はぜひ参考にしてみてください。


口コミ評価が高い!WAQのソフトクーラーを紹介

特に暑い時期のアウトドアにはクーラーボックスが必要不可欠で、保冷のキープ力やが大切になってきます。しかし、保冷力があるクーラーは、高価格になっているため購入を躊躇している方も多いのではないでしょうか。

WAQのソフトクーラーは、手頃でコスパが良く、サイズ展開もあり、保冷力抜群と口コミで高評価。そんな話題のWAQのソフトクーラーをサイズの違いや、保冷力、便利な使い方など詳しく解説していきます。

WAQ「ソフトクーラーボックス」とは

素材が柔らかく、軽量コンパクトに収納でき、気軽に持ち運びしやすいことがソフトクーラーボックスのメリットです。また、最近ではハードタイプにも負けない保冷力があるものも多く、WAQのソフトクーラーも保冷力抜群です。

そんな、WAQのソフトクーラーの特徴を詳しく解説していきますのでぜひ、チェックしてみてください。

WAQ/ソフトクーラーボックス(S)

SOFT COOLER BOX (S) 33L

¥9500

容量が33Lとソロや、デュオキャンプに丁度いいサイズとなっており、中に仕切りもあるため、食材ごとに分類することもできます。また、36時間持続する保冷力があり、価格も安くコスパ良いソフトクーラーです。

完全防水ではありませんが、ファスナーとインナーに防水仕様を施しているため、結露しにくい構造となっています。また、使用しないときはコンパクトに折りたためるため、場所を取らないことも魅力のひとつといえるでしょう。

サイズ使用時:縦35cmx 横43cm x 高さ32cm 収納時:縦31cm x 横44cm x 高さ22cm
カラータン、オリーブ
重量約1.9kg

WAQ/ソフトクーラーボックス(M)

SOFT COOLER BOX (M) 42L

¥10800

容量が42Lと大両量なため、ソロよりはファミリー向けのソフトクーラーとなっています。また、重量もそれほど重くはなく本体だけで2.2kgと片手で持てる重さ。 肩掛け用に大きめのパッドが入ったショルダーハーネスも付属されているため、食材で重くなった後も楽々運ぶことができます。

また、未使用時はコンパクトサイズに折りたためるため、収納スペースにそれほど困らないでしょう。 外側にカラビナループがあり、ちょっとしたものを引っ掛けて使用することも可能です。保冷力も36時間と1泊2日程度なら安心して使用できますね。

サイズ使用時:縦約35cm x 横約53cm x 高さ約32cm 収納時:縦約31cm x 横約51cm x 高さ約22cm
カラータン、オリーブ
重量約2.2kg

WAQのソフトクーラーボックスが選ばれる理由

さまざまなソフトクーラーがある中で、なぜWAQのソフトクーラーが人気なのか?その選ばれる理由を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

選ばれる理由①:サイズが選べて便利

女性
女性

サイズが大きめで使いやすい

評価:

大容量なのに軽量で、使用しない時は、折り畳みができるので、収納スペースの節約になる。 内装は、洗いやすい素材なので、汚れても安心して使えるところがよかったです。

選ばれる理由②:保冷力が高く長時間キープ

男性
男性

保冷力抜群

評価:

1泊2日のキャンプで使用しましたが保冷力は期待通りで、飲み物が最後まで冷たかったです。また、保冷剤も完全には溶けていなかったので長時間の保冷力があるクーラーだと思います。

選ばれる理由③:収納ボックスとしても使える

女性
女性

便利な機能

評価:

クーラーボックスの使用で購入したが、冬など使わない時期は、ギアの収納ボックスとして使用していたため、一年中活躍していました。他のクーラーにはないので大変便利で買ってよかったと思いました。

選ばれる理由④:折り畳みで収納できる

男性
男性

軽量でコンパクト

評価:

キャンプでの使用がメインなので、普段は使わないことが多いのですが、コンパクトに折り畳んで収納できるため、普段も邪魔にならないのでいいと思います。

選ばれる理由⑤:デザインがおしゃれ

男性
男性

かっこいい!

評価:

デザインがシンプルで、男女問わず使えるクーラーだと思います。キャンプでの使用のため購入しましたが、サイトの雰囲気にもマッチして違和感なく使えています。

WAQおすすめのキャンプギア5選

WAQにはクーラー以外にも、アウトドアギアがたくさんありますが、その中でも特に、おすすめなギア5選を紹介します。どれもコスパいいものばかりなので、ぜひチェックしてみてください。

おすすめ①:インフレータブル式マット 8cm

インフレータブルマット 8cm

¥6980

インフレータブル式マットは、厚さ約8cmなので快適な睡眠を確保できます。車内の段差、地面の違和感や底つき感を感じることなく、地面からの冷気も遮断してくれます。また、マットを2枚連結することも可能になので、ファミリーで使用したい方にもおすすめです。

エアマットと違って、バルブを開けば3分程度であっという間に膨張するため、誰でも簡単に使用することができます。そして、サイズも大きめなので男性の方でも快適に睡眠できる仕様になっています。

サイズ展開時 : 縦190cm 幅 65cm 厚み8cm 収納時:65cm×20cm
カラータン、オリーブ、ブラック、ネイビー
重量約2.5kg
男性
男性

寝ごごち最高

評価:

中の材質やエアーとのバランスが良いのか、寝心地は最高にいいです。また、勝手に膨らんでくれるのでキャンプに重宝してます。今まで腰が痛くなったのですが、これに変えてから、腰痛知らずです。

おすすめ②:2WAY フォールディングコット

2WAY フォールディングコット

¥15800

ハイタイプとロータイプに使い分けができるWAQのコットです。天候や、地面の状況により使い分けができるため、便利でヘビロテすること間違いありません。また、300Dナイロン製のシートを使用していることで程よく沈み込むため、夜の睡眠時間をより快適に過ごすことができるでしょう。

高機能なのに重さは約3kgと比較的軽量で、持ち運びしやすいところも多くのユーザーから支持を得ている理由のひとつです。また、150kgまでの耐荷重のため、男性の方でも安心して使用することが可能です。

 

サイズハイ:長さ190cm x 横幅65cm x 高さ37cm ロー:長さ190cm x 横幅65cm x 高さ17cm 収納時:横60cm x 高さ18cm x 幅約18cm
カラータン、オリーブ、ブラック
重量約3.2g
耐荷重約150kg
男性
男性

20回ほど使用

評価:

体重80kgで、1年半、20回ほど使用してみた結果特に耐久性に問題はありませんでした。ギシギシ音は多少はありますが気にならない程度でした。大変コストパフォーマンスに優れた良品だと思います。

おすすめ③:キャリーカート

キャリーカート

¥11800

アウトドアやキャンプ、ピクニックなどでも大活躍のアウトドアキャリーカートです。荷物をたくさん積んでも4輪の大型タイヤがついているお蔭で、砂浜やデコボコ道でもスムーズに動かすことが可能となっています。
106Lと大容量、耐荷重は150kgと頑丈な作りになっているため重い荷物を乗せても安心です。また、使用しない時はワンタッチで簡単に折り畳むことができるので収納スペースに困りません。

 

女性
女性

女性でも楽々運べる

評価:

キャンプの時の重い荷物が、このキャリーを購入してから楽々運べてとても重宝しています。多少の段差なら女性でも簡単に乗り越えられました。自宅の収納スペースが狭いのですが、コンパクトになるため、困りませんでした。

おすすめ④:チタンマグ 450ml

チタンマグ 450ml

¥2980

チタンマグは、強度が高く軽量で、450mlの容量となっています。専用の蓋がついているので、外での使用時に気になる虫や焚火の灰がマグの中に入らないよう防止してくれます。また、蓋のつまみは自立するよう、ロックができる仕組みになっているため、蓋の開け閉めがしやすい点もおすすめポイントです。
チタンマグの内側には目盛りがついているため、分量を測ることも可能。また、ガスや焚火など、直火での使用ができるため、コップとして使用する以外に、ラーメンや、スープを作ったりもできます。

サイズ直径8.5cm×高さ9cm
素材チタニウム製
重量約90g
男性
男性

安心なチタンマグ

評価:

元々蓋が付属されていて、蓋のつまみが立てた状態にできる点がとても便利です。キャンプだけでなく、自宅でちょっとしたホットドリンクを作るのに役に立っています。軽量で強度が高く落としても安心なので、子供用のコップとしても使ってます。

おすすめ⑤:キャンプマット 1人用

キャンプマット 1人用

¥4580

キャンプマットは、重量が480gと軽量であり、 ザックなどに外付けする事も可能です。耐久性に優れ、弾力性もある素材を使用しているためアウトドアやピクニックでの使用に最適となっています。

表面がデコボコしていることで体重を分散させることができます。そのため、快適な睡眠につながることができます。エアマットと異なり、穴があく心配もありません。

また、片面にアルミ加工がされていることで地面からの冷気や湿気をシャットアウトしてくれます。そして、広げるのも閉じるのも簡単なので、キャンプのときに大活躍すること間違いないでしょう。

サイズ長さ182cm x 横幅57cm x 厚み1.8cm   収納サイズ: 長さ15cm x 横幅57cmx 高さ12cm
カラータン、シルバー
重量480g
男性
男性

コスパいい

評価:

こちらのマットは膨らます必要がなく、ぱっとひけてぱっとなおせるので楽々設営できるので、大活躍してます。 価格も安いのに、厚みもちょうど良く快適に睡眠できました。

WAQのソフトクーラーで快適なアウトドアを楽しもう

WAQのソフトクーラーについて紹介しました。軽量でコスパが良く、保冷力もあるため、キャンプやピクニックで大活躍すること間違いありません。また、オシャレで機能性に優れたギアもたくさんあるのでキャンプだけでなく、ピクニックや海水浴、さまざまなアウトドアで使用できます。

アウトドアが盛んなシーズンは、クーラーボックスが欠かせないアイテムとなります。快適なアウトドアライフを楽しむために、WAQのソフトクーラーを活用してみましょう。

最強ソフトクーラーボックス12選!小型・中型・大容量と分けて紹介!

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/cooler/strongest-soft-cooler-box12/

ソフトクーラーボックスは軽量でコンパクトに収納でき、近年はハードクーラーボックスにも引けを取らない保冷力を保ちます。ソフトクーラーボックスを選ぶ際のポイントやおすすめのソフトクーラーボックス12選をリサーチしましたので、詳しく知りたい方は参考にしてください。

マキタの充電式保冷温庫をレビュー!夏キャンプにおすすめの最強クーラーボックス

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/cooler/%e3%83%9e%e3%82%ad%e3%82%bf%e3%81%ae%e5%85%85%e9%9b%bb%e5%bc%8f%e4%bf%9d%e5%86%b7%e6%b8%a9%e5%ba%ab%e3%82%92%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc%ef%bc%81%e5%a4%8f%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97/

マキタ(makita)の充電式保冷温庫について紹介します。マキタの充電式保冷温庫の魅力を始め、詳しい商品紹介と実際に使用しているキャンパーたちの口コミをまとめました。気になっている方は、参考にしてください。

キャンプ初心者向けクーラーボックス15選!選ぶ時のポイントは?

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/cooler/%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e5%90%91%e3%81%91%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b915%e9%81%b8%ef%bc%81%e9%81%b8%e3%81%b6-3/

キャンプ初心者向けのクーラーボックスを紹介します。保冷時間や重さなどのスペックをもとに初心者におすすめの15選を詳しくまとめました。初心者が選ぶ時のポイントを説明し、ソロキャンプなどそれぞれのキャンプスタイルに合ったクーラーボックスをピックアップしています。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。