「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

ワークマンのアウトドアテーブルは使いやすさ抜群!特徴や魅力を種類ごとに紹介

ワークマンのアウトドアテーブルは使いやすさ抜群!特徴や魅力を種類ごとに紹介

ワークマンのアウトドアテーブルについて、余すことなく解説します。ワークマンのアウトドアテーブルの種類を大きく三つに分け、それぞれ特徴や魅力をわかりやすく説明しました。また、商品のスペックなども詳しくまとめているので、ぜひとも参考にしてみてください。


ワークマンのアウトドアテーブルはコスパ最高!

アウトドアテーブルは、キャンプには必須アイテムです。料理を食べる際に、テント内で広げられるアウトドアテーブルは重宝されるからです。あると非常に便利なキャンプギアですが、種類が多く選ぶ際に迷ってしまうことも多々あります。

アウトドア経験が浅い人はとくに、知識もないので購入するときも不安になるでしょう。この記事では、キャンプにおすすめのワークマンのアウトドアテーブルについてまとめました。

主に大きく三つにわけて詳しく説明しているので、自身に合ったアウトドアテーブルを見つけてキャンプを満喫してみてください。

耐熱フィールドテーブルの基本情報やおすすめポイント

ワークマンの耐熱フィールドテーブルは、キャンプで非常に役立ちます。アウトドアの、幅も広がるでしょう。耐熱フィールドテーブルの特徴について解説します。

耐熱フィールドテーブルの基本情報

ワークマンの耐熱フィールドテーブルは耐久性があり、アウトドアに最適です。コンパクトなので、持ち運びが簡単でかさばらないのもポイントです。また、耐久性があり、熱に強いためテーブルの上で調理が難なくできます。

専用の収納袋も付いているので、非常に便利です。大人数には向いていませんが、ソロキャンプでは活躍するでしょう。

サイズ

使用時 400×317×349mm/収納時 400×110×100mm

重量

約1.2kg

耐荷重

約15kg

素材

アルミニウム・アルキドシリコーン樹脂・アルキド樹脂・鉄

カラー

ブラック・グレー・ネイビー

ポイント①サイドテーブルに丁度良い大きさ

ワークマンの耐熱フィールドテーブルは、使い勝手が良いアウトドアテーブルです。サイズが大きくもなく小さくもなく、丁度良いからです。テント内が狭くならないので、開放感も損なわれません。また、サイズ感が丁度良いため、サイドテーブルとして使ってもぴったりです。

マグカップや、ランタンを置くのにも向いています。ソロキャンプでは、欠かせないアウトドアテーブルです。

ポイント②軽量で持ち運びしやすい

アウトドアでは、軽くてコンパクトなキャンプギアが重宝されます。キャンプは荷物が多いので、かさばるものが多いと負担がかかるからです。ワークマンの耐熱フィールドテーブルは、軽量なので持ち運びがしやすいです。

組み立ててから移動する際も、難なく持って歩けるので移動も気軽にできます。また、撤収作業も楽にできるのも嬉しいポイントです。

ポイント③組み立ても簡単で時短になる

ワークマンの耐熱フィールドテーブルは、初めての人でも簡単に組み立てられます。構造がシンプルな造りだからです。いたるところに、目印になる表示もされており手早く組み立てることができます。

キャンプでのテント設営や、撤収などは時間との勝負なので時短で組み立てられるのは魅力です。また、結合部分にゴムひもが付いているので、使用中に外れることを防止します。

ポイント④リーズナブルで財布に優しい

耐熱フィールドテーブルは使い勝手が良く、キャンプで非常に役立ちます。加えて値段が安く、求めやすいのも特徴です。また、キャンプギアは全体的に高額のものが多いですが、お財布に優しいのは嬉しい点です。

そのため、キャンプスタイルによっては一つで足りなかった場合、複数所持もできます。組み立てやすく、申し分ないサイズ感のためコスパが良いといえるでしょう。

ワイド耐熱フィールドテーブルの基本情報やおすすめポイント

しっかりとした構造で、丈夫な造りのワイド耐熱フィールドテーブルはキャンプに最適です。満足のいくサイズ感で、テント泊も一層と過ごしやすくなります。こちらでは、ワイド耐熱フィールドテーブルについて、解説します。

ワイド耐熱フィールドテーブルの基本情報

先述の耐熱フィールドテーブルに比べて、ワイド耐熱フィールドテーブルはサイズ感があります。また、キャンプ飯を種類多く楽しみたい人にはおすすめです。食べ物や飲み物をそれなりの量を置いても、広さを感じられるからです。

食事用のテーブルは別に用意して、このワイド耐熱フィールドテーブルを調理台として利用するのも良いでしょう。そのため、キャンプ飯は手作りのものにこだわる人には、使いやすいです。さらに、熱いものを乗せることができるので、気を使うことなく調理ができます。

それだけ、調理がはかどるので、負担も少ないです。さらに、ソロキャンプだけではなく複数人のキャンプでも、十分に使用できます。

サイズ

使用時 633×400×500mm/収納時 509×125×129mm

重量

約1.9kg

耐荷重

約15kg

素材

アルミニウム・アルキド樹脂・鉄

カラー

ブラウン・カーキ

ポイント①大きめサイズで使い勝手がいい

ソロキャンプではメインテーブルとしても、使用しやすいです。なぜならばサイズが大きく、広々と使えるからです。ガスコンロやバーナーも設置できるので、調理がしやすく快適に食事を楽しめます。

キャンプ飯は出来合いのものだけではなく凝った料理をしたい人に、うってつけのテーブルだと言えるでしょう。2~3人で利用しても、十分にテントライフを過ごせます。

ポイント②ローチェアに最適な高さ

ワイド耐熱フィールドテーブルは、高さが特徴的です。ローチェアに適したテーブルなので、使いやすいでしょう。ローチェアは座ると身体を預けられて、ゆっくりと休むことができます。そのため、リラックスしながら自然の景色を拝むのに、適したイスです。

通常のアウトドアテーブルだと、ローチェアに合わないものが多々あります。ローチェアと相性の良いワイド耐熱フィールドテーブルは、キャンプでは重宝するでしょう。ゆったりと座りながら、食事を楽しめる仕様になっているので、一度試してみてください。

ポイント③横風でも倒れない強度

足も細く、風に弱いイメージがありますが風には強い造りになっています。適度な重量があり、高さも低めなので重心が低く横風に強い構造になっているからです。

アウトドアシーンで利用する上では強度など重要なポイントになってきますが、ワイド耐熱フィールドテーブルは強風の日にアウトドアをすることになっても、心配ないでしょう。耐久性もあるので、安心して使用できます。

ポイント④収納時にはコンパクトになる

大きいサイズが魅力のワイド耐熱フィールドテーブルですが、収納時はコンパクトになります。平らになるので、積み込みやすく整理整頓もしやすいです。アウトドアで使う道具は、運搬がしやすいものが好まれます。しかし、サイズが大きいと、それだけ運搬もしにくくなるでしょう。

ワイド耐熱フィールドテーブルは、広々としたテーブルですがコンパクトにまとめられるのでキャンプでは使いやすいでしょう。

耐熱アルミテーブルの基本情報やおすすめポイント

耐熱アルミテーブルは、サブアイテムとして活躍します。サイドテーブルとしてちょっとした小物を置くのに、非常に良い働きをするでしょう。そこで、耐熱アルミテーブルの特徴を解説します。

耐熱アルミテーブルの基本情報

耐熱アルミテーブルは小さく、一見可愛らしい外見をしています。テント泊でも使えるシーンはありますが、ピクニックなど少し物をまとめて置きたい瞬間などに非常に役立ちます。

キャンプではお座敷タイプのテントスタイルでも、利用しやすく人気です。メインテーブルではなく、サブテーブルとして使うことで、魅力を発揮しやすいでしょう。

食事の際に調味料をまとめて置くために利用したり、子供用のテーブルとして使用したりするなど使用範囲は広いといえるでしょう。耐熱アルミテーブルは、作業中の「あったら便利だな」と思えるテーブルです。

サイズ

使用時 352×214×84mm/収納時 121×214×27mm

重量

約390g

耐荷重

約10kg

素材

アルミニウム・ステンレス・アクリル樹脂

カラー

ブラウン・ネイビー・ブラック

ポイント①耐熱式でキャンプシーンにピッタリ

耐熱アルミテーブルは、頑丈でしっかりとしています。耐熱性も強く、頼りになるテーブルです。熱いスキレットなどを置くことができて、利便性が高いでしょう。サイズは小さいですが、熱に強いからです。

ソロキャンプ用のワンポールテントや、ワンタッチ式テントはそこまで広くありません。そのため、ものをなるべく設置しないことが快適に過ごすコツになります。耐熱アルミテーブルは熱い状態の食器を置けるので、小さいテント内でも食事がしやすいでしょう。

ポイント②耐荷重も十分

小さいながら十分な耐荷重が魅力です。通常想定される使い方であれば大体の物はクリアできるでしょう。
強度もあるので、安心して使用できます。また、ステンレスが使われているので、耐久性も高くアウトドアシーンにぴったりです。寝る前にランタンやマグカップなどを置いて、食事後のゆっくりとした時間を楽しむこともできるでしょう。

ポイント③折りたたみ式で手のひらサイズになる

耐熱アルミテーブルはサイズがこぢんまりとしているだけあって、コンパクトにすることができます。設置も撤収が簡単にでき、負担がかかることなく持ち運びもできるでしょう。手の平より多少大きいくらいのサイズになるので、バッグに入れて携帯することもできます。

バイクや電車など自家用車を使わずに、キャンプ場まで向かう人には最適なアウトドアテーブルです。

ポイント④シンプルで使いやすいデザイン

耐熱アルミテーブルは、構造がシンプルなので組み立てやすいのがメリットです。使いたいときに使えるので、一つ所持しておくと助かる場面も多々あるでしょう。また、テント内だけではなく狭さの問題がより、悩まされる車中泊でも十分に使えます。

デザインもシンプルなため、悪目立ちせずほかのキャンプギアにも合わせやすいです。テント内のインテリアなどに、こだわりがある人にもおすすめです。

ワークマンのアウトドアテーブルを活用して快適に過ごそう!

ソロキャンプではメインテーブルとしても、使用しやすいです。なぜならばサイズが大きく、広々と使えるからです。耐熱性も高いことからガスコンロやバーナーも設置できるので、調理がしやすく快適に食事を楽しめます。
キャンプ飯は出来合いのものだけではなく凝った料理をしたい人に、うってつけのテーブルです。2~3人で利用しても、十分にテントライフを過ごせます。
メインテーブルのサブとしても最適なので、ひとつ持っておくと便利なアイテムですよ。

【ワークマン】防水加工・撥水加工のリュック7選!防水加工と撥水加工の違いも

https://news-magazine-campers.com/fashion/rucksack/wa-kumann-bousui-hassui7sen/

ワークマンの防水・撥水リュックについて解説します。ワークマンの防水・撥水リュックの使い道や防水機能と撥水機能の違いを詳しく説明!ワークマンの防水・撥水リュック7選も紹介しますので、自分の目的に合ったリュックを見つけてください

ワークマンの撥水・防水シューズおすすめ13選!急な雨でも安心

https://news-magazine-campers.com/fashion/footwear/wa-kuman-hassuibousuisyu-zu/

ワークマンの撥水・防水シューズのおすすめを紹介します。キャンプなどのアウトドアで急な雨にあってしまうこともありますよね。ワークマンの撥水・防水シューズはどんな魅力があるのかまとめてみました。アウトドアシューズ選びの参考にしてください。

ワークマンのキャンプチェアとアウトドアテーブルを紹介!魅力や口コミも

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/chair/%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%81%ae%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%81%e3%82%a7%e3%82%a2%e3%81%a8%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%83%88%e3%83%89%e3%82%a2%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%96/

ワークマンのキャンプチェアとアウトドアテーブルについて解説します。コスパが高いワークマンのチェアとテーブルの魅力を詳しく説明。また、2022年2月の新作を含む商品や口コミ、ワークマン・オンラインネット通販の購入方法も紹介します。

この記事のライター

映画好きでお酒好きの、物書きです。

最新の投稿


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。