「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

【2022年版】キャンプで使えるポータブル電源おすすめ10選!

【2022年版】キャンプで使えるポータブル電源おすすめ10選!

キャンプにおすすめのポータブル電源10機種を紹介します。キャンプで使うポータブル電源を選ぶ時に参考となるポイントについても解説。キャンプでポータブル電源を使う時には知らないと危険な注意点があるので最後まで読んで参考にして下さいね。


ポータブル電源は必要か?実はキャンプに持っておくと最強

キャンプにポータブル電源は不要という意見もありますが実は最強です。ポータブル電源があればキャンプを快適にできるだけでなく楽しみ方が広がります。

スマートフォンの充電をする、夏の暑さ・冬の寒さをサーキュレーターや電気毛布でしのぐ、炭火で作った料理を冷たい飲み物と一緒に味わうというようにキャンプを快適に過ごすために役立てるのが一般的なポータブル電源の使い道です。

せっかくポータブル電源があるなら思い切ってレジャー中心のキャンプを楽しむことができます。釣りやサイクリングなどの様子をバッテリーを気にせずGoPro撮影、モバイルプロジェクターを持ち込めば自然の中の大スクリーンで映画を楽しんだり、仲間とゲームをすることもできます。

ポータブル電源があればキャンプの幅が広がるから最強です。

キャンプで使いたい人向け!ポータブル電源の選び方5つのポイント

ポータブル電源の購入時に知っておきたいポイントがあります。知らずに購入してしまうと実際のキャンプで目的とのズレが生じて役に立たないことも考えられます。ここではキャンプで使用するポータブル電源を選ぶ時のポイントを5つにまとめて解説していきますのでぜひ参考にして下さい。

ポータブル電源の選び方①:軽量でコンパクトなものにする

ポータブル電源を選ぶ時には重さ・大きさを確認しましょう。なぜならキャンプでは持ち運びが多く想定外な状況が発生しやすいからです。 キャンプでは予想以上に駐車場からサイトまでが遠いことがよくあります。

受電が減ってしまって車から充電しようとしたときコードが届く位置にポータブル電源が置けるサイズに収まっていることも大切です。 容量は多いに越したことはありませんが、比例してサイズは大きくなります。ポータブル電源を選ぶ時には軽量コンパクトなものを選びましょう。

ポータブル電源の選び方②:キャンプの日数で容量を決める

  • 日帰り・デイキャンプ:〜500Whくらい
  • 1泊2日のキャンプ・車中泊:500〜1000Wh
  • 2泊以上、防災目的:1000Wh~

ポータブル電源を選ぶ時にはキャンプの日数を目安にバッテリーの容量を決めましょう。(日数と容量の目安を上記のようにまとめましたので参考にしてください。)キャンプの日数よりもバッテリーの容量が少ないとせっかく用意した電化製品が使えない事態にもなりかねません。

ポータブル電源のバッテリー容量を示す時に用いられるWh(ワットアワー)は1時間あたりのワット数です。例えば50Wの電化製品を4時間使うと200Wh(50W×4h)になります。キャンプで使いたい電化製品のワット数と日数を加味して選びましょう。

ポータブル電源の選び方③:出力ポートの種類を確認

  • ACポート:一般的な家電製品が接続できる。
  • DCポート:シガーソケット、車載を目的に作られ電化製品を接続できる。
  • USB-Aポート:スマートフォンやタブレットの接続ができる。
  • USB-Cポート:スマートフォンやタブレットの接続ができる。
  • アンダーソン:ソーラーパネル、大容量機器と接続できる。

上記のようにポータブル電源の出力ポートの種類をまとめました。電化製品のポートの種類とポート数を確認しておかないとキャンプで使えないことがあるので注意して選びましょう。

キャンプで使う予定の電化製品のプラグのサイズを事前に確認しておくと良いでしょう。 ACポートの配置や間隔によってはせっかくのポートがあっても使えない可能性があります。

ポータブル電源の選び方④:ソーラ充電ががあると便利

ポータブル電源を持っていてもキャンプなど電源が確保できない状況ではバッテリーの補充ができません。こんな心配を解消するために、ほとんどのポータブル電源には純正で持ち運びしやすいソーラーパネルが用意されています。

ソーラーパネルがあれば電源がない時にも充電ができるので安心です。キャンプはもちろん災害時にもソーラ充電があればポータブル電源を継続的に使えます。キャンプでポータブル電源を使うならソーラ受電の検討も合わせてしておきたいですね。

ポータブル電源の選び方⑤:防水や耐塵などの有無をチェック

防水・防塵に対応したポータブル電源にはIP(International Protection:侵入な対する保護)規格が表示されています。国際基準規格なので世界のどの国の機種でも共通しています。。キャンプで水や塵が想定される時にはIP(侵入に対する保護)表示のあるポータブル電源を選びましょう。

IPはIP44のように2桁で表示されていて数字が大きいほど防水性・防塵性が高いことを示しています。2桁の数字には前後でそれぞれ意味があります。前の数字(0〜6:数字が大きいほど防塵性が高い)が防塵性、後ろの数字(0〜8:数字が大きいほど防水性能が高い)が防水性を表しています。

ポータブル電源は基本的に水や塵に対して弱い構造です。露や結露に注意して使いましょう。

キャンプで使うポータブル電源の注意点

キャンプでポータブル電源を使用する際の注意点を5つにまとめて解説します。キャンプでは天候や火気・燃料などポータブル電源を家庭で使用する時よりも注意すべき点が多くなります。

知らないと、せっかく買ったポータブル電源のバッテリー寿命を縮めてしまったり事故につながることも考えられます。注意事項に気をつけて楽しくキャンプをしましょう。

注意点①:高温多湿の環境は避ける

ポータブル電源は高温多湿に注意しましょう。高温多湿の環境ではバッテリーの寿命が短くばかりでなく発火の恐れがあるからです。 キャンプではポータブル電源を車に乗せて持ち運びしますが、たとえ冬場であっても車中の気温は予想以上に上がるので油断は禁物です。

キャンプの時は火のそばや炎天下、露などの悪条件が重なりやすいので高温多湿には留意してポータブル電源を使いましょう。

注意点②:こまめに充電するようにする

ポータブル電源をこまめに充電するとバッテリーの寿命が延ばせます。バッテリーは放電の割合(放電深度DOD)が多いほど寿命が短くなるからです。 ポータブル電源をキャンプの時だけ使用して普段は受電していない状態が続くとバッテリーには良くありません。

防災の観点からも常に使えるようになっていれば安心ですね。ポータブル電源はこまめな充電を心掛けましょう。

注意点③:AC出力波形は必ず正弦波を選ぶ

聞き慣れない言葉かも知れませんがポータブル電源を選ぶときには出力波形をチェックして下さい。ほとんどの電化製品は正弦波で使うことを前提として作られています。

矩形波や修正正弦波、表示のないポータブル電源を選んでしまうと電化製品が故障してしまうことがあります。ポータブル電源を選ぶときには正弦波の表示がある機種を選びましょう。

注意点④:分解や改造は絶対にしない

ポータブル電源の分解や改造はやめましょう。故障や事故の原因となるからです。ポータブル電源の故障原因となることはもちろん繋いだ電化製品の故障、火災などの事故の原因にもなります。 保証期間の長い製品が増えています、故障かなと思ったら自分で直そうとはせずにメーカーに問い合わせて見いましょう。

注意点⑤:火気やガソリン、アルコール類などの近くに置かない

キャンプでポータブル電源を使う際は引火への注意が必要です。キャンプではBBQグリルやランタンなどにホワイトガソリンやアルコールを使うことが多いからです。また火気のそばで使うとポータブル電源が高温になり故障・ 発火の原因となります。キャンプでポータブル電源を使用する時は火気やガソリン、アルコールに注意が必要です。

【2022年版】キャンプにおすすめのポータブル電源10選

キャンプにおすすめのポータブル電源を10機種を紹介します。ポータブル電源は容量が大きいほど便利ですがキャンプやアウトドアなど持ち運びが想定される時には重さやサイズの確認が必要です。

参考のために大容量の機種も数台ピックアップしていますが、キャンプで実際に使いやすい軽量コンパクトな機種を中心に選んでいます。

耐久性に優れた機種やリサイクル寿命の長い機種、防水防塵の機種も紹介していますのでポータブル電源選びの参考にして下さい。

ポータブル電源①:EcoFlow RIVER 2 Max

EcoFlow RIVER 2 Max

¥64900

X-BoostとX-Streamを備えてるからキャンプの頻度が高い人や日常的に使用する人に向いたポータブル電源です。 X-Boostとは定格出力を超えた電気製品を使用できる機能で中容量ながら最大750Wまで対応可能です。

X-Streamとは満充電がわずか60分で完了する技術で重いACアダプターが要りません。1日1回充電しても約10年使用できるので使用頻度が高い人に向いています。

サイズ343×334×246mm
重さ7.27kg
容量512Wh
30代/男性
30代/男性

キャンプの準備がスピーディー

評価:

1時間ほどで充電できるのでキャンプに行く前の準備がスピーディーです。

ポータブル電源②:BLUETTI EB70S

BLUETTI  EB70S

¥79980

リン酸鉄リチウム電池を使用しているほかバッテリーを管理する機能(BMS)、高音保護・過電圧保護など安全性を重視した機能が多数搭載されていて安心度が高いポータブル電源です。 決して軽いとは言えませんが10kgを切った機種の中では大容量のポータブル電源です。

安全性だけでなくデザインも人気でスチールグレー、ミントグリーンのカラーが選べるので快適にキャンプをしたい女性にも最適です。

サイズ217×320×222mm
重さ9.7kg
容量716Wh
20代/女性
20代/女性

大容量

評価:

キャンプに持って行けそうな大容量の機種を探していたので決めました。

ポータブル電源③:Anker 535 Portable Power Station

Anker 535 Portable Power Station

¥64900

ポータブル電源の寿命はバッテリーのサイクル寿命だけでは決まりません。持ち手や電子部品が壊れてしまうとたとえバッテリーが正常でも使えなくなってしまいます。 上部が平らにならないのが欠点ですが、あえて固定式にすることで耐久性に優れています。

あえてシンプルなデザインにしている点も操作性を高め故障を防止する工夫です。電子部品を含めて長寿命設計されたポータブル電源Anker 535です。

サイズ約292×251×188mm
重さ約7.6kg
バッテリー容量512Wh
30代/男性
30代/男性

操作しやすい

評価:

見た目がシンプルでごちゃごちゃしていないので操作しやすいところが気に入っています。

ポータブル電源④:Jackeryポータブル電源 400

Jackeryポータブル電源 400

¥49300

三元系のリチウムイオンバッテリーを使用したポータブル電源でバッテリーの寿命がやや短めという欠点があります。一方で軽量コンパクトでコストが安いという点が長所です。

Jackeryポータブル電源 400の良いところは1つ下の機種(240)とサイズがほぼ同じです。ポータブル電源初心者や女性には適した機種と言えます。

サイズ230×153.2×167.3mm
重さ4.1kg
容量400Wh
30代/男性 
30代/男性 

想像してたよりも小さい

評価:

想像していたよりも小さくて持ち運びしやすそうです。

ポータブル電源⑤:BLUETTI EB3A

BLUETTI EB3A

¥39800

電力リフトが搭載されており電化製品の出力を下げることが可能です。電力リフトがあると最大出力600Wのところ最大1200Wまでの電化製品が動かせます。

スマートフォンのワイヤレス充電機能が搭載されているのでポータブル電源の上に載せておくだけで充電ができます。味気ないデザインが多い中ブラックとアイボリーからお好みで色が選べることもおすすめな点です。

サイズ250×180×130mm
重さ6.12kg
容量268Wh
20代/女性
20代/女性

出力が大きい電化製品が使えるのがいい

評価:

長時間は使えませんが出力が大きい電化製品も使えるところがいいです。ポットが使えました。

ポータブル電源⑥:Anker 521 Portable Power Station

Anker 521 Portable Power Station

¥29900

小型ポータブル電源には珍しいリン酸鉄リチウムイオン電池を使用しています。一般のポータブル電源と比較して6倍ほど寿命が長いので安心です。Ankerの製品なので最大5年の長期保証がある点も安心できます。ランタンとして使用できるLEDが搭載されているのでキャンプなど暗いところで使うのに便利です。

サイズ約216x211x144mm
重さ約3.7kg
バッテリー容量 256Wh
20代/男性
20代/男性

ディスプレイ分かりやすい

評価:

ディスプレイでバッテリーの残量が分かりやすい。

ポータブル電源⑦:Jackery ポータブル電源 240

Jackery ポータブル電源 240

¥21800

小型で持ち運びがしやすいので初めてのポータブル電源に最適です。小型だから場所も取らずスマホなら20回以上充電できます。

モバイルバッテリーで使用できなかったAC電源を使用したノートパソコンが使えるの良い点です。スマートフォン、ゲーム、カメラなどキャンプで電源が心配なアイテムが安心して使えます。

サイズ230×133×167mm
重さ3.1kg
容量240Wh
30代/女性
30代/女性

軽くて使いやすい

評価:

携帯や子供のゲームの充電用に使ってますが軽くて気に入ってます。

ポータブル電源⑧:Anker 757 Portable Power Station

Anker 757 Portable Power Station

¥169900

自動車にも使用されるアルミ合金を採用しているから耐久性が高くキャンプでの使用や災害時にも安心です。 ポータブル電源を使用しながら充給電できるパススルー充電に対応しています。

無停電電源装置(UPS)を搭載しているので停電の時にも20m秒でバッテリー供給に切り替わるため、電源が切れて困るデスクトップパソコンなどの災害対策としても役立ちます。

電子レンジでも使える大容量はキャンプの幅が広がりますね。

サイズ約463×288×237mm
重さ約19.9kg
容量1229Wh
30代/男性
30代/男性

少々重いが出力・耐久性を考えると納得

評価:

少し重いですがAnkerの信頼性とデザイン、出力、耐久性の面を考慮すると納得です。

ポータブル電源⑨:EcoFlowDELTA 2

EcoFlowDELTA 2

¥110000

一般的な電化製品の約90%が使用可能ですが、持ち運びしやすい設計になっているのでキャンプでの使用ができる大容量ポータブル電源です。充電速度が速く50分で80%の充電ができます。専用のバッテリーが増設できるのでキャンプの宿泊数や過ごし方によって様々なシーンで活躍します。

サイズ532×386×277mm
重さ13.3kg
容量1024Wh
40代/男性 
40代/男性 

想像していたよりコンパクト

評価:

バッテリー容量が大きいのでもっと大きいものかと想像していましたが割とコンパクトでした。

ポータブル電源⑩:LACITA ENERBOX-SP

LACITA ENERBOX01-SP

¥82800

世界初水に強い第三世代のポータブル電源だからキャンプでも安心して使えます。 その根拠は防水企画IP44(防沫レベル):「いかなる方向からの水の飛沫によっても有害な影響を受けない」を取得しているからです。

キャンプや車中泊で多い湿度にも強く最高湿度98%に対応しています。 でもこれだけ水に強いと凄く重いんじゃないかと不安になりますがバッテリー容量444Whとしては比較的軽く女性でも片手で持てる重さです。

サイズ303×134×184mm
重さ6.48kg
容量444Wh
30代/女性
30代/女性

災害時に安心

評価:

災害に備えてポータブル電源をさがしていましたが、防水性が高いことが決め手で購入しました。

ポータブル電源10個の比較表

商品名

EcoFlow RIVER 2 Max

BLUETTI EB70S

Anker 535 Portable Power Station

Jackeryポータブル電源 400

BLUETTI EB3A

Anker 521 Portable Power Station

Jackery ポータブル電源 240

Anker 757 Portable Power Station

EcoFlowDELTA 2

LACITA ENERBOX01-SP

サイズ

343×334×246mm

217×320×222mm

約292 × 251 × 188mm

230×153.2×167.3mm

250×180×130mm

約216 x 211 x 144mm

230×133×167mm

約463 × 288 × 237mm

532×386×277mm

303×134×184mm

重さ

7.27kg

9.7kg

約7.6kg

4.1kg

6.12kg

約3.7kg

3.1kg

約19.9kg

13.3kg

6.48kg

容量

512Wh

716Wh

512Wh

400Wh

268Wh

256Wh

240Wh

1229Wh

1024Wh

444Wh

特徴

・満充電わずか60分 ・X-Boost搭載 ・1日1回充電しても10年以上の使用が可能

・安全性が高い ・バッテリーマネジメントシステム搭載 ・エコシステム搭載

・長寿命設計 ・耐久性が高い

・軽い ・コンパクト ・安い

・ワイヤレス充電 ・電力リフト搭 ・ブラック/アイボリーが選べる

・リン酸鉄リチウムイオン電池を使用 ・LEDライト搭載

・軽い ・持ち運びがしやすい

・大容量 ・高耐久 ・耐衝撃

・大容量 ・50分で80%まで充電可能 ・一般的な電化製品の90%以上を動かせる 可能 ・

・水に強い ・湿度に強い ・軽量

価格

64,900円

79,980円

64,900円

49,300円

39,800円

29,900円

21,800円

169,900円

110,000円

82,800円

公式サイト

楽天市場

ポータブル電源にはたくさんの種類があります。中でもキャンプの回数が多い人にはEcoFlow 社のRIVER 2 Maxがおすすめです。片手でも持てる重さの中容量サイズですがX-Boost機能で750Wの電化製品が使えます。バッテリー寿命が長く60分で満充電できるのでキャンプの準備が素早くできますね。

ポータブル電源に関する素朴な疑問

5.東日本・西日本のいずれでも使えますか?

ほとんどの製品位は50Hzと60Hzの切り替えが可能です。購入の際には根のため切り替えできるか確認しましょう。

まとめ:ポータブル電源はキャンプで大活躍!快適なので超おすすめ

ポータブル電源の選び方から使用する上での注意点、おすすめの機種まで紹介してきました。普段聞きなれない用語が多いですが自分のスタイルに合ったポータブル電源選びは大切なのでぜひ参考にして下さい。

スマートフォンを一度持ってしまうと手放せないように、キャンプにポータブル電源を使ってしまったら必要かどうかの議論をする余地がないほどの大活躍です。 スマートフォン・タブレット・カメラの充電ができるのは当然のこと、電気毛布やサーキュレーターが使えるので寒さ・暑さに耐える必要がなくキャンプが快適になります。

固定観念にとらわれず視野を広げればレジャーに使える時間がもっと増えるのでキャンプの楽しさが倍増します。 ポータブル電源の使用上の注意を守って快適なキャンプを楽しんでください。

【ポータブル電源】キャンプで使うときに必要な容量を徹底解説!

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/portable-battery-capacity/

キャンプで使うポータブル電源の容量について解説します。ポータブル電源はキャンプの宿泊日数や使い方によって容量の目安が違います。キャンパーなら知っておきたい容量選びのポイントや、おすすめのポータブル電源も紹介しているので、最後まで読んでくださいね。

Power ArQのポータブル電源を紹介!魅力やおすすめ製品も!

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/power-arq%e3%81%ae%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%96%e3%83%ab%e9%9b%bb%e6%ba%90%e3%82%92%e7%b4%b9%e4%bb%8b%ef%bc%81%e9%ad%85%e5%8a%9b%e3%82%84%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e8%a3%bd%e5%93%81/

PowerArQのポータブル電源について解説します。見た目にも可愛らしく人気があるPowerArQのポータブル電源、その魅力やarq2・arq3・proをそれぞれ詳しく説明。また、災害やキャンプにも重宝するPowerArQのポータブル電源、おすすめのオプション製品やその使い方についても紹介します。

キャンプで便利!ソーラーパネル対応ポータブル電源の選び方や注意点など徹底解説!おすすめ5選も紹介

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/camp-solar-portable/

キャンプで便利なソーラーパネル対応ポータブル電源について解説します。ポータブル電源に使うソーラーパネルの選び方やソーラーパネルのメリット、デメリットを詳しく説明!おすすめのソーラーパネル対応のポータブル電源も紹介しますのでぜひキャンプで活用して下さい。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【福井】遊び場充実!ファミキャンにおすすめ「青戸ベイサイドヒルズキャンプ場」レビュー

【福井】遊び場充実!ファミキャンにおすすめ「青戸ベイサイドヒルズキャンプ場」レビュー

ファミリーキャンプにおすすめの「青戸ベイサイドヒルズキャンプ場」を紹介します。青戸ベイサイドヒルズキャンプ場は、福井県おおい町に位置する海を眺めながら過ごせるキャンプ場です。アクティビティや施設が充実したおすすめのキャンプ場なので、ぜひチェックしてみてください。


キャンプで大活躍すること間違いなし!「業務スーパー」でおすすめの食材13選

キャンプで大活躍すること間違いなし!「業務スーパー」でおすすめの食材13選

エブリデイロープライスで知られる「業務スーパー」おすすめのキャンプにぴったりな食材を紹介します。バーベキューやキャンプ飯に使える、お得で便利な業務スーパーの食材をまとめてみました。予算も味も満足できる食材をチェックしてみてください。


キャンプでおすすめの一酸化炭素チェッカーおすすめ7選!選び方や注意点も解説

キャンプでおすすめの一酸化炭素チェッカーおすすめ7選!選び方や注意点も解説

寒い季節のキャンプはストーブが必須になってきますが、気を付けないといけないことは一酸化炭素中毒です。今回は、キャンプにおすすめの一酸化炭素チェッカー7選を紹介します。選び方や注意点も解説しますので、ぜひ参考にしてください。


【愛媛】無料キャンプ場!遊具が豊富で子供も楽しめる「かすみの森公園」デイキャンプレビュー

【愛媛】無料キャンプ場!遊具が豊富で子供も楽しめる「かすみの森公園」デイキャンプレビュー

松山市内から約30分ほどで行ける重信川沿いの公園「かすみの森公園」で友達ファミリーとデイキャンプをしました。木々に囲まれた広々とした公園でおいしいご飯を食べて飲んで騒いで楽しみました。遊具もたくさんあり子ども連れにはうれしい公園です。ぜひ参考にしてください。


車中もテントも快適にくつろげる!おすすめの「マット」9選

車中もテントも快適にくつろげる!おすすめの「マット」9選

車中泊やテント泊での快適な睡眠を手助けするマットについて紹介します。マットは様々なサイズ・特徴があり、ご自身のテントや車の大きさに合ったものを選ぶことが大切です。ファミリーにおすすめのマットを厳選しましたので、ぜひ参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 東京 車中泊