「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

キャンプで一酸化炭素中毒になりかけた人必見!おすすめの電気ストーブを厳選して紹介

キャンプで一酸化炭素中毒になりかけた人必見!おすすめの電気ストーブを厳選して紹介

冬キャンプで一酸化炭素中毒になりかけた人に、おすすめの電気ストーブについて余すことなく説明します。電気ストーブを利用する際の注意点を徹底解説。また、冬キャンプにおすすめの電気ストーブをピックアップして詳しくまとめているため、ぜひ参考にしてみてください。


冬キャンプは一酸化炭素中毒と隣り合わせ!死の危険性も

冬キャンプは、一酸化炭素中毒の心配がついてまわります。寒い時期のため、火を扱うことが多くなるからです。油断をすると、一酸化炭素中毒になり命の危険の恐れもあります。

しかし、寒さ対策ができないと存分に冬キャンプが楽しめないのも事実です。そこでおすすめなのが、電気ストーブ。電源の確保や電力の計算など、注意をしないといけないことはありますが、安全性が高いのが特徴です。 電気ストーブを正しく使用できれば、寒い時期でも快適なキャンプライフを送れるでしょう。

本記事では、電気ストーブの扱い方のポイントや、おすすめの電気ストーブを掘り下げます。ぜひ、チェックしてみてください。

電気ストーブなら一酸化炭素中毒の心配がなくて安心

冬キャンプで気をつけなければならないことの1つに、ストーブの利用が挙げられます。テント内で燃焼させると、もちろん火事も怖いですが一酸化炭素中毒の恐れもあるからです。

実際に、一酸化炭素中毒になった人も存在します。 手遅れになると命の危険もあるため、注意をしないといけません。しかし、電気ストーブであれば、一酸化炭素中毒の心配がなく安心です。電気ストーブの発熱は、燃焼ではないため毒性のある気体が発生しないからです。

アウトドアで、電気ストーブを使用するキャンパーも多くなっています。冬キャンプでテント内を暖めたい人は、危険性も低いため電気ストーブは非常におすすめです。

キャンプで電気ストーブを使うときの3つの注意点

電気ストーブは、一酸化炭素中毒の心配もなく冬キャンプでは心強いキャンプギアです。しかし、扱い方を間違えれば別の損害を被るでしょう。

こちらでは、電気ストーブを使用する場合の注意点を3選解説します。

電気ストーブの注意点①:電源の確保が必要

電源は必須です。電気ストーブは、電気がないと使えないためです。ポータブル電源が、必要になるでしょう。また、ポータブル電源を使うにはオートサイトが適しています。

さらに、電源を確保できるのであれば、延長コードもあると、より一層と電気ストーブが使いやすくなります。延長コードがあれば、電気ストーブの置き位置の融通が利きやすくなるからです。 便利で安全な電気ストーブも、電源がないとまったく役に立ちません。

キャンプ場を予約する際には、オートサイトなのかをしっかりと確認をし、電源を確保した上でキャンプを楽しみましょう。

電気ストーブの注意点②:火災の危険性がある

使い方を間違えれば、火を扱うものはどれも危険です。しかし、電気ストーブは、直接火を起こすものではありません。そのため、油断をしてしまい、火災につながることが多いといった意見があります。

燃焼させてはいないとはいえ当然、気を抜くと熱が原因で火災は起こります。スイッチを切り忘れてそのまま寝てしまったり、傷んでいるコードが原因で火災が起こったりと理由はさまざまです。

直接、火を起こすものより危機感が薄れやすくなるため、電気ストーブを利用する際は気をつけましょう。

電気ストーブの注意点③:消費電力を確認する

キャンプ場も、電力は無限ではありません。消費電力を常に気にかけていないと、ブレーカーが落ちることもあるでしょう。キャンプ場のブレーカーが落ちると、多くの人に多大な迷惑をかけることになります。

まず、ブレーカーが落ちるとキャンプ場の係員に連絡をし、復旧してもらわないとなりません。その際に、一概にはいえませんが、復旧するのに何時間もかかる可能性があります。

その間、周りの利用客ももちろん電気が使えなくなります。寒い思いをさせたり、調理ができない状態が続いたりと不快感を与えてしまうでしょう。 そのまま、トラブルに発展する可能性も否定できません。

電力を使う場合は電源サイトの上限をオーバーしないようにしてください。

一酸化炭素中毒の心配なし!キャンプにおすすめ電気ストーブ3選

電気ストーブは一酸化炭素中毒の心配がなく、冬キャンプには最適です。冬キャンプにおすすめの電気ストーブを3選ピックアップしたため、参考にしてみてください。

キャンプ向き電気ストーブ①:ツインヒートプラスネオ

ツインヒートプラスネオ

¥19800

本来は、直接火を起こしたほうが暖かく、電気ストーブは暖まりにくいといわれています。しかし、ツインヒートプラスネオは速暖性が高いため、すぐにテント内が暖まります。速暖力を担っているカーボンヒーターと、遠赤外線効果を高めている2本のシーズヒーターがあるためです。

この2つの性能が、テント内を確実に暖めます。また、5段階の強弱の切り替えも可能で、温度調整も難なくできます。温度の設定も可能で、設定された温度に室温が達すると自動的にスイッチが入ったり切れたりもします。 左右への首振りも可能なため、複数人で利用するのにも重宝できるでしょう。

さらに、チャイルドロックや転倒時に自動的にスイッチが切れる機能もあり安全性も信頼できます。 スチール製のため、丈夫で長く使えるのもポイントです。アウトドアにはぴったりの電気ストーブといえるでしょう。

サイズ(約)33.0×66.5×33.0cm
重量(約)4.2kg
電源コードの長さ(約)1.8m
30代/男性
30代/男性

自動で暖めすぎを制御

評価:

暖めすぎを自動的に制御するマイクロコントローラー付きです。高性能で、省エネになります。

キャンプ向き電気ストーブ②:グラファイトヒーター

グラファイトヒーター

¥13900

細身で、コンパクトな形状が特徴です。場所を選ばないため、せまいテント内でも設置しやすいでしょう。デザイン性が高くカラーバリエーションがグレー・空色・たまご色・レッドの4種類あります。

どれも可愛らしい色合いで、インテリアの一部として扱っても遜色ないです。また、操作性も簡単で、スイッチ1つで誰でも手軽に扱えます。一見、高さがあり倒れやすいため危険を感じますが、安全面も考慮されています。 転倒時には、自動的にスイッチが切れるシステムを導入しているからです。

また、倒れた状態でスイッチは入らないようになっています。 テント内で、電気ストーブを使用しながら作業をしていて、うっかりぶつかり倒してしまっても危険性は低いでしょう。しかし、注意するのに越したことはないため、扱いには十分に気をつけてください。

サイズ(約)25×25×63.6cm
重量(約)1.2kg
女性/20代
女性/20代

使用電力を切り替えられる

評価:

300wと600wと電力を切り替え可能です。強弱の調整もできますし、使用電力のコントロールがしやすいです。

キャンプ向き電気ストーブ③:セラムヒート

セラムヒート

¥34500

縦向き・横向きを自在に変えることができます。テント内全体を暖めたいときは縦向きにし、足元を暖めたいときは横向きにするなど用途によって使い分けられるのが特徴です。

また、首振り機能もついているため、複数人で利用しても十分に満足できるでしょう。さらに、スイッチを入れると特殊な遠赤外線を放出し、人体に吸収しやすい波長が身体を芯から暖めてくれます。

加えて、人感センサーが働き人の存在を確認できないと、15分後に自動的にスイッチが切れます。非常に高性能な電気ストーブのため、効率良くテント内を暖めてくれるでしょう。

サイズ〈縦向き〉652×342×342mm 〈横向き〉502×560×342mm
重量8.0kg
電源コードの長さ3.0m
30代/女性
30代/女性

電源コードが長い

評価:

コードが長いため、使い勝手が良いです。コードを引っ掛けるフックも付いており、持ち運びもしやすいです。

キャンプに使える電気ストーブの比較表

商品名

ツインヒートプラスネオ

グラファイトヒーター

セラムヒート

画像

特徴

・優れた速暖性 ・細かく強弱の設定可能

・おしゃれなデザイン ・コンパクトな形状

・縦向きにも横向きにも変幻自在 ・身体に馴染む遠赤外線

商品リンク

どれも機能性が高く、冬キャンプにはうってつけの電気ストーブです。

中でもグラファイトヒーターはスリムな形状で、テント泊には最適。場所を取らないので、設置がしやすいためです。 操作も手軽にでき、煩わしさもありません。細身でほかの電気ストーブと比較してもコンパクトなため、携帯性も抜群です。

また、カラーバリエーションが4種類あり、どれも可愛らしいデザインのためテント内をおしゃれな装いにしたい人にもおすすめです。ソロキャンプでも家族でのキャンプにも大活躍するでしょう。

まとめ:電気ストーブなら冬のキャンプで一酸化炭素中毒の危険性は少ない

暖を取りながらではないと、冬キャンプは寒いため骨が折れます。そのような冬キャンプには、電気ストーブは大きな味方になってくれるでしょう。

電源さえ確保できれば、容易に暖まることができ、一酸化炭素中毒の心配もないからです。 電気ストーブは細心の注意を払えば、火災も防げて快適に使用できます。また、多種多様な機能が備わった電気ストーブが多いです。そのため、自分の使い方に合った電気ストーブをアウトドアで使用することで、一層とキャンプライフが快適なものになるでしょう。

冬キャンプで今まで電気ストーブを使ったことがない人は、電気ストーブの利用を考えてみてください。

冬キャンプにおすすめの暖房器具15選!防寒グッズで寒さ対策バッチリ!

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/%e5%86%ac%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e3%81%ae%e6%9a%96%e6%88%bf%e5%99%a8%e5%85%b715%e9%81%b8%ef%bc%81%e9%98%b2%e5%af%92%e3%82%b0%e3%83%83%e3%82%ba/

冬キャンプの寒さ対策におすすめな暖房を15選紹介!コットや厚めマットなど、防寒にぴったりな暖房も掘り下げています。電気なしで利用可能な冬キャンプにぴったりな暖房や選び方についてもいくつか触れているので、ぜひ参考にしてみてください。

キャンプで役立つモバイルバッテリー対応のUSB暖房を厳選して紹介!

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/camp-mobile-battery-heating/

この記事はキャンプで使えるモバイルバッテリー対応のUSB暖房について紹介しています。モバイルバッテリー対応のUSB暖房の特徴や選ぶときのポイントなどを徹底解説。秋冬のキャンプを暖かく過ごしたい方は、必ずチェックしておきましょう。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【実体験】焼酎に合う大人の「牛タン味噌煮込み」をダッチオーブンで作ってみた

【実体験】焼酎に合う大人の「牛タン味噌煮込み」をダッチオーブンで作ってみた

焼酎に良く合う大人の味付けを目指して、「牛タン味噌煮込み」作りにチャレンジしました。ダッチオーブンを使って、長時間煮込むことで具材の旨味を極限に引き出すことに成功しました。具材を入れて煮込むだけの簡単レシピなので、ぜひ参考にしてください。


テントでも2万円以下とコスパ抜群!キャンプデビューするなら「コメリ」の新作をチェック

テントでも2万円以下とコスパ抜群!キャンプデビューするなら「コメリ」の新作をチェック

コスパ抜群コメリのアウトドアブランド「Natural Season (ナチュラル・シーズン)」から発売される、新作ギアをひと足早く紹介します。キャンプシーズンを目前にした、2024年3月より順次発売される新作をチェックしていきましょう。


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。