「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

秋キャンプはいつまでなら快適?寒さ対策なしで快適に過ごせる時期を解説!

秋キャンプはいつまでなら快適?寒さ対策なしで快適に過ごせる時期を解説!

秋キャンプはいつまでなら快適なのかを調査しました!寒さ対策をせず快適に過ごせるのはいつまでなのか?具体的に何月までなら大丈夫なのか。寒さを対策をあまりせず秋キャンプを楽しめる根拠も解説しています。ぜひ記事をチェックしてみてください。


秋のキャンプはいつまでなら快適なのか?おすすめは10月までの秋キャンプです! 8月~9月にかけてはキャンプのハイシーズン時期。10月に入ると予約もとりやすくなります。また、10月は気温もそこまで低くなりません。気温が低くなりすぎなければ寒さ対策も必要ないので安心。 一般的に11月までは秋キャンプで過ごしやすい時期ではありますが、地域や標高によって気温が大きく違ってきます。 十分な装備がない状態で寒い日にキャンプをすると大変危険です。 秋キャンプに慣れてない場合は、デイキャンプをするのが無難です。 また、冬用装備なしで泊まりの秋キャンプをするなら、10月までにしましょう。

秋キャンプは10月までが目安!3つの根拠を解説

秋のキャンプは、暑さや寒さ対策がそれほど必要ないのでで魅力的ですよね。 しかし、秋キャンプは本格的に寒くなる前の10月までにするのが安心で快適です。 秋キャンプが何故10月までが良いのか、その3つ根拠をしっかり解説していきます。

11月になると最低気温が10〜15℃くらいになるから

なぜ秋キャンプが10月までなのか。それは、11月に入ると最低気温が15℃を下回る時があるからです。 最低気温15℃というと、ジャケットやコートで寒さ対策が必要な気温です。 夏用シュラフの適温は、一般的なもので10℃~15℃。 シュラフは快適温度という設定があり、記載されている温度より+5℃で使用するのがおすすめとされています。 結果、夏用シュラフの快適温度は15℃~20℃となり、最低気温が15℃を下回る11月に使うのはおすすめできません。 最低気温が15℃を下回ることが少ない、10月までにキャンプをするのがおすすめです。  

キャンプ場もオフシーズンに入るから

秋キャンプは10月までの根拠。それはキャンプ場自体がオフシーズンになるからです。 一般的なキャンプのハイシーズンは、8月~9月。その時期は、多くの人がキャンプをしています。そのため、キャンプ場もとても混んでいます。 10月に入ると目立った連休もないので、キャンプ場が空いていて快適に過ごすことができます。 キャンプ場が空いている、10月にキャンプをするのがおすすめです。

一般的なキャンパーの装備では夜の寒さ対策ができないから

秋キャンプは10月までにするの根拠、一般的なキャンパーでは夜の寒さ対策ができないからです。 最低気温が15℃を下回る11月以降は、冬用シュラフやストーブが必須。 ストーブは、使用方法に注意しないと思わぬ事故が起きることも。 11月以降にキャンプをするのであれば、しっかりと冬用装備を準備しないと危険です。 まだキャンプを始めたばかりの人や、夏用のキャンプ用品しか持っていない人は10月までの秋キャンプにしましょう。

ストーブが無いなら秋はデイキャンプが無難

ストーブなしの場合、秋キャンプはデイキャンプにしておくのが無難で安全です。 秋キャンプに慣れてない場合、どのくらいの時間から寒くなるのかわからないですよね。 秋キャンプは、日中は暖かい場合が多いです。また、焚き火OKのキャンプ場を選べば、日中の寒さも安心。 デイキャンプは、車で行くとお酒が飲めない。時間を気にしてゆっくりできない、などのデメリットもあります。 ですが、秋キャンプの練習という意味でもデイキャンプしてみるのをおすすめします。 デイキャンプで慣れてから、冬用装備を準備して泊まりのキャンプに挑むようにしてみてはいかがでしょうか。 ストーブなしであれば、まず安心なデイキャンプを是非トライしてみてください。

まとめ:秋キャンプは10月が快適!それ以降は寒さ対策が必須

秋キャンプの快適な時期について紹介しました。秋キャンプは10月までが快適で、それ以降は寒さ対策を必ずしましょう。 10月にする秋キャンプは、キャンプ場のハイシーズン時期を避けることができます。 また、気温もそこまで低くないため冬用装備がなくても快適に過ごすことができます。 もし冬用装備がない場合は、デイキャンプから試してみてください。 10月でも、地域や標高によって気温は大きく変わりますので、十分調べてからキャンプに行ってくださいね。 秋は食べ物がおいしく快適な時期ですよね。秋キャンプで最高の時間を過ごしてください。

秋キャンプは服装選びが大事!着方のポイントやおすすめコーデを紹介

https://news-magazine-campers.com/fashion/autum-camp-fashion/

秋キャンプの服装について紹介します。秋のキャンプはどんな服装をすればいいのか、迷う方も多いのではないでしょうか。そんな方のために、秋キャンプの服装選びのポイントやおすすめのコーデなどをまとめてみました。秋キャンプの服装選びの参考にしてください。

秋キャンプのポイントと魅力は?初心者におすすめの道具や楽しみ方も

https://news-magazine-campers.com/camping_knowledge/%e7%a7%8b%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e3%81%ae%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%e3%81%a8%e9%ad%85%e5%8a%9b%e3%81%af%ef%bc%9f%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99/

秋のキャンプは、過ごしやすいことや紅葉など景色の美しさからも人気です。アウトドアのベストシーズンとも言われる秋キャンプは、多くの人がワクワクする時期となります。この記事では、快適で楽しいキャンプにするために、秋キャンプの魅力や必要なアイテムなどを紹介していきます。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 火起こし 東京 車中泊 キャンプ料理 レシピ アクセサリー