「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

【2022年NEWテント】スノーピークのゼッカを紹介!気になるスペックや口コミは?

【2022年NEWテント】スノーピークのゼッカを紹介!気になるスペックや口コミは?

2022年注目のテント、スノーピークのzekka(ゼッカ)を紹介します。大きなパノラマのテントから見える景色を満喫できる「ゼッカ」とは、どんな特徴があるのでしょうか。発売日前から話題だったスノーピークの「ゼッカ」のスペックや口コミなどをまとめてみました。


スノーピークのNEWシェルター「ゼッカ」を紹介!

2022年春に発売日が決まり話題となったスノーピークの「ゼッカ」は、ダイナミックな景色を満喫できるシェルターです。2022年のスノーピークは、注目のアイテムが目白押しですがその中でもキャンパー心をくすぐるシェルターの「ゼッカ」は気になるキャンプアイテムです。

スノーピークの「ゼッカ」は、どんな魅力があるのでしょうか。ゼッカの特徴や口コミなどをぜひ参考にしてください。

スノーピーク「ゼッカ」のスペックと特徴

スノーピーク/ゼッカ(zekka)

シェルター テント ゼッカ

¥288000

発売日前から話題のスノーピーク「zekka(ゼッカ)」は、開放感たっぷりの大型2ルームテントシェルターです。一番の特徴は大きく開いたフロントパネルです。開放的なフロントパネルからは、大自然の景色を贅沢に味わうことができます。

家族や仲間とゆったりとしたキャンプを満喫できるテントシェルターです。

収納サイズ本体:92×35×40cm(h)、フレーム収納ケース:73×21×26cm(h)
重量30kg
対応人数3~6名
男性
男性

今から設営が楽しみ!

評価:

発売日が待ち遠しかったスノーピークのzekkaとうとう購入しました。まだデビューしていませんが、めちゃくちゃかっこいいです。設営だけが心配ですが、最高の買い物ができました。

特徴①圧倒的な解放感で自然を堪能

スノーピークのシェルターテント「ゼッカ」は、圧倒的な解放感あるフロントパネルが特徴です。フロントパネルは、フルクローズにもできメッシュにすることもできます。天候などに合わせた調整ができる点がメリットです。

フロントパネルの前でゆったりくつろげば、目の前に広がる景色に圧倒されるでしょう。体験してみればゼッカの由来は、眺望絶佳からきている理由がわかるはずです。

特徴②クリアパネルの天窓が付いている

スノーピークのシェルターテント「ゼッカ」には、クリアパネルになっている天窓もついています。開放感たっぷりのフロントパネルだけでなく、天窓までついているのでさらに解放感を感じられます。シェルターテントで寝ているときでも、自然や星空を見ることもできます。

特徴③インナーテントを2か所に付ければ最大6人就寝可能

スノーピークのシェルターテント「ゼッカ」は、別売りのインナーテントを利用すれば最大6名の寝室にすることが可能です。ゼッカの付属しているインナーテントに加えて、別売りのインナーテントがあれば両サイドに寝室を作ることができます。

2ファミリーや2カップルなど、同じテントで快適なキャンプを楽しめることはメリットです。

特徴④周りと被らないデザイン

スノーピークのシェルターテント「ゼッカ」は、デザイン性のかっこ良さも人気です。ゼッカは、緩やかなカーブのデザインが特徴で、他と被らない独特な雰囲気があります。おしゃれでかっこいいデザインは、キャンプサイトで他の人と被らない個性が魅力です。

斬新なフレームの形は、今までにないカッコよさがありキャンパーの心をワクワクさせてくれます。

スノーピーク「ゼッカ」の設営方法

設営方法

  • ゼッカ本体を広げてペグで仮止めする
  • クロスフレームをスリーブに通す
  • ピンにフレームを差す
  • 本体を立ち上げてCフレームをスリーブに通す
  • リッジフレームをスリーブに通す
  • 各フレームにフックをかける
  • フレームの交点をテープで取り付ける
  • 張り網を張る
  • フロントパネルを跳ね上げる
  • 全体をピンとした状態に引っ張る
  • インナールームを取り付ける

スノーピークのシェルターテント「ゼッカ」は、組み立て時のサイズが880×330×240cmという大型サイズの2ルームテントです。そのため、設営は慣れるまで大変だと考えられます。購入店舗などで講習をしっかり受けて、動画などを参考に何度も練習しておくことがコツです。

本体を広げたときは、前後を見誤らないように気をつけましょう。ポイントは、メッシュがある方が前でない方が後ろとなります。組み立ててから直すのは大変なので、本体を広げたときに必ず確認しましょう。

ポイント

ゼッカの設営ポイントは、ゼッカの構造が後ろにズレた形となっているため、設営したあと全体を引っ張ることが大事です。フロント側の生地をベルトで抑えて落とすことを忘れないようにしましょう。

少ない人数だと時間がかかってしまうので、みんなで協力しながら楽しんで設営することもポイントです。

スノーピーク「ゼッカ」の注意点

注意点①値段が高いため購入は慎重に

スノーピークのシェルターテント「ゼッカ」は、発売日から大人気ですが価格が高価であるため欲しいと思っても断念してしまう人も多くいます。勢いで購入できるような値段ではないので、購入を考えている人は慎重に考えましょう。

金銭的な余裕があれば別ですが、無理をして購入したはいいけど使わなかったという残念な結果にならないように注意してください。

注意点②区画サイトには入らない可能性も

キャンプサイトでゼッカを張りたいと思っても、すべてのキャンプサイトで張ることができるわけではありません。スノーピークのゼッカは、大型の2ルームテントなのでサイズが大きいタイプです。そのため、キャンプサイトによってはサイズ的に無理な場合もあります。

景色を満喫できるシチュエーションも大事なので、場所を決める際はサイズなどの確認をするようにしましょう。

注意点③重量があり収納サイズも大きい

スノーピークのシェルターテント「ゼッカ」は、サイズが大きいだけあり重量があることが特徴です。そして、収納サイズも大きいため自宅での保管スペースも必要となります。重量があるのでキャンプサイトへの移動が簡単ではないため、車での移動が必須となります。

そして、狭いアパートなどの場合、保管スペースがないと大変です。移動や保管なども考えた上で購入を考えるようにしましょう。

スノーピーク「ゼッカ」は自然を堪能したい方におすすめ!

スノーピークのシェルターテント「ゼッカ」の詳細やスペックを紹介しました。ゼッカはスノーピークの今年のテーマである「自然との対話」にぴったりなテントです。開放感たっぷりのパノラマ絶景を満喫しながら、家族や仲間と過ごす贅沢な時間を過ごすことができます。

値段は張りますがそれ以上の価値を感じられるゼッカで、自然を満喫しながら緩やかな時間を過ごしてみませんか。自然と対話ができるスノーピークのゼッカで極上のキャンプを楽しみましょう。

スノーピーク「エントリー2ルームエルフィールド」の魅力や設営方法を紹介!

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/tent/%e3%82%b9%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%af%e3%80%8c%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc2%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%89/

スノーピークの人気テント「エントリー2ルームエルフィールド」について詳しく紹介します。エントリー2ルームエルフィードの基本情報や魅力、いまいちと感じる点まで解説!設営方法までまとめているので、気になる方はぜひ参考にしてください。

スノーピーク「ヴォールト」の特徴まとめ!設営方法や評判も!

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/tent/%e3%82%b9%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%af%e3%80%8c%e3%83%b4%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%88%e3%80%8d%e3%81%ae%e7%89%b9%e5%be%b4%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%81%e8%a8%ad%e5%96%b6/

スノーピーク「ヴォールト」の特徴についてまとめました。またスノーピーク「ヴォールト」の設営方法や特徴、評判についても徹底解説していきます。スノーピーク「ヴォールト」が気になる方に、必見の内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

ランドロックのインナーマットに最適のアイテムは?おすすめを紹介!

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/tent/%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%af%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%ab%e6%9c%80%e9%81%a9%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%86%e3%83%a0/

ランドロックのインナーマットに最適なアイテムの選び方を解説します。ランドロックのインナーマットの代用となるおすすめアイテムも紹介していきます!ランドロックのインナーマットをどれにしようか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


100均 ブランド 東京 車中泊 アクセサリー 日帰り 関東 火起こし