「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

アイスランドクーラーボックスがすごい!メリットやデメリット・商品詳細を紹介

アイスランドクーラーボックスがすごい!メリットやデメリット・商品詳細を紹介

アイスランドクーラーボックスについて解説します。最長5日間、氷をキープするなどキャンパーの間で評価の高いアイスランドのクーラーボックスのメリットについて徹底的に説明。また、デメリットやサイズ別に商品紹介をしています。気になる方はぜひ参考にしてください。


アイスランドクーラーボックスのメリット・デメリットを紹介!

クーラーボックスを選ぶ際、保冷力が気になる人も少なくないはずです。キャンパーの間でも評価の高いアイスランドクーラーボックスは、何と言っても保冷力に優れています。

その高い性能を誇るアイスランドクーラーボックスのメリットついても説明。また、それぞれの大きさ別に詳しく紹介するので、購入を考えている方はぜひ参考にしてくださいね。

アイスランドクーラーボックスのメリット

メリット①保冷力が高い

アイスランドクーラーボックスは、「最大5日間、氷をキープする」と言われている高い保冷力が人気です。アイスランドの保冷力の秘密は、厚さが5cmほどもある壁です。その壁には、断熱素材のポリウレタンフォームが充填されています。

蓋の内側部分は、冷気が逃げにくいようにシーリングガスケットが付いた2重構造です。クーラーボックスの前部分のゴムパッキン、従来のモデルがリニューアルして子供や女性でも開けやすくなり、密閉度もさらにアップ!

優れた性能で外気の影響を受けにくく、クーラーボックスの冷気が逃げません。

メリット②機能性が高い

アイスランドのクーラーボックスは、 あると便利な使い勝手のいい機能がたくさんあるのも魅力です。

付属の仕切り板はまな板になる

クーラーボックスには、食材や飲み物を詰め込んでしまい、ぐちゃぐちゃになりがちです。アイスランドのクーラーボックスは、 中に1つ仕切りがあるので食材などを整理して詰められます。また、その仕切りがまな板としても使用可能なのです!

荷物が多くなりがちなキャンプなどでは、大変助かります。ただし、サイズにより仕切りの大きさが違うので、注意してくださいね。

整理整頓に役立つワイヤーバスケット・ドリンクホルダー

クーラーボックスの入り口に引っ掛けて利用できるワイヤーバスケットです。潰れやすい果物や食品を置くのにとても便利です。また、ジャガイモや葉ものなどの水切りとしても使えます。

飲み物を気軽に置いておけるドリンクホルダーは、蓋を閉めて利用できるので、ちょっと置き場に困った時などに大変便利です。クーラーボックスの蓋をテーブル代わりにも使えるなど、アレンジができるのも嬉しいですね。

ボトルオープナー・スケール・方位磁石付き

クーラーボックスでキンキンに冷えたビールを飲もうと取り出したけど、栓抜きをうっかり忘れてしまったなんて時もありますよね。ボトルオープナーが付いているのでとても安心です。

蓋の部分には、スケールが付いていて、釣った魚や同じロープをいくつか作りたい時などに測れ便利です。キャンパーの心をくすぐってしまうような方位磁石も付いています。

メリット③カラーバリエーションが豊富

アイスランドクーラーボックスは、個性的なカラーが豊富です。軍幕との相性もピッタリなグリーンカモ、大理石をイメージするカラーデザートカモ、白とグレーのマーブルカラーのグレーホワイトカモのなど数種類あります。

他にも、神戸にあるアウトドアショップ「GARAGE CAMP STORE」とコラボした別注カラーのライノカラーなど自分の好きなカラーが選べるのも魅力の1つです。「かっこいい」と口コミでも評価が高いですよ。

アイスランドクーラーボックスのデメリット

デメリット①サイズが大きい割に内容量が少ない

キャンプやバーベキューなどのアウトドアの際に、多くの人が持参するペットボトル、20QT、35QT、45QTの大きさは、2リットルのペットボトルを縦に入れると蓋が締まらないのです。たいていの2リットルのペットボトルは、高さが31cmです。

35QT、45QTの場合、内寸の高さが30.8cmなので、若干高さが足りず、ペットボトルを少し押してつぶせば縦に入れることは可能な状況です。真横に置こうとすると仕切りがあるので、斜めに置かなくてはいけません。

もし、真横に置くのであれば、仕切りを外さなきゃいけなくなります。

デメリット②付属品が全てセットできない場合がある

35QTのクーラーボックスだけが、専用のワイヤーバスケットと仕切り板、使い勝手のいい付属品が全てセットできないのです。ただし、35QTの新色のシーフォームグリーンモカのみ同時使用が可能です。購入前に知っておいた方がいい残念な点です。

現時点では、新色のシーフォームグリーンモカ以外は同時に使用することはできませんが、今後同時に使用できるようになるかもしれません。

アイスランドクーラーボックスを紹介

20QT

クーラーボックス 20QT

¥29000円

ワンハンドルなので持ちやすいアイスランドクーラーボックス、その中でも20QTは、18.9Lと1番容量が少ないタイプです。20QTのサイズや容量、重量からするとソロキャンプ向きです。

また、その日の人数にもよると思いますが、日帰りキャンプ、ピクニックにおすすめのサイズです。

サイズ外寸:340×535×365mm、内寸:205×365×245mm
容量18.9L
重量6.5kg
素材リニアポリエチレン、ポリウレタン、ポリプロピレン
40代/男性
40代/男性

ごっついです

評価:

初めてのハードタイプですが、やはりごついです。わかってはいますが、見た目より中は狭いです。保冷力に期待!

35QT

クーラーボックス 35QT

¥36300円

アイスランドクーラーボックス35QTは、容量が33.1Lあり、サイズ、重量、容量からすると幅広い場面で使用でき、使い勝手がいい大きさです。

特に、大人2人でのキャンプにおすすめです。クーラーボックスを選ぶ時は、容量を重視したいところですが、荷台への積載量やテント、自宅でのスペースも考えて選んでくださいね。

サイズ外寸:56.9×41.2×41.2cm、内寸:43×28×30.8cm
容量33.1L
重量約9.2kg
素材リニアポリエチレン、ポリウレタン、ポリプロピレン
50代/男性
50代/男性

かっこよくて、保冷性能も抜群

評価:

ずっと欲しかったアイスランドのクーラーボックスです。憧れの逸品だったので、思わずテンションも上がってしまいました。想像より大きくて重たいですけど、そんなのが気にならないくらいほんとにかっこいいです!

45QT

クーラーボックス 45QT

¥39600円

アイスランドクーラーボックス45QTは、容量が42.6Lあり、500mlのペットボトルが約36本、350ml缶ビールならおよそ64本入れることが可能です。大人での2人のキャンプあるいは、ファミリーキャンプにおすすめのサイズです。

クーラーボックス選びの際は、容量を重視したいところですが、荷台への積載量やテント、自宅でのスペースも考えて選んでくださいね。

サイズ外寸:68.6×41.2×41.2cm、内寸:54.6×28×30.8cm
容量42.6L
重量約10.9kg
素材リニアポリエチレン、ポリウレタン、ポリプロピレン
40代/男性
40代/男性

色がいい

評価:

ソフトクーラーから乗り換えました。一番のメリットは、氷の持ちが断然いいです。ベージュ系を探していて、このクーラーボックスを購入しました。アウトドアで馴染む色なので気に入っています。

70QT

クーラーボックス 70QT

¥65000円

アイスランドクーラーボックス70QTは、66.2Lと大容量で持ち運びがしやすいキャスター付きで、グループキャンプにおすすめです。また、大人数でのバーベキューなどにも活躍が期待できます。

選ぶ際、容量を重視したいところですが、特に70QTの外寸サイズはビックサイズなので、荷台への積載量やテント、自宅でのスペースも考えて選んでくださいね。

サイズ外寸:435×820×445mm、内寸:315×695×335mm
容量66.2L
重量16.42kg
素材リニアポリエチレン、ポリウレタン、ポリプロピレン
40代/男性
40代/男性

でかい!重い!

評価:

イエティと迷いましたが、ロック機能がやりやすいのでこちらを選びました。でかい!中に何も入れてなくても重い!です。

アイスランドクーラーボックスの比較表

ブランド名

アイスランド

アイスランド

アイスランド

アイスランド

画像

商品名

クーラーボックス 20QT

クーラーボックス 35QT

クーラーボックス 45QT

クーラーボックス 70QT

特徴

・容量が18.9Lと小さめ ・ソロキャンプや日帰りキャンプにおすすめ

・容量が33.1Lと比較的使いやすい大きさ ・大人2人のキャンプにおすすめ

・容量が42.6L ・ファミリーキャンプにおすすめサイズ

・容量が66.2Lと大きく重いので、大型のキャリーが付いている ・グループキャンプにおすすめ

商品リンク

楽天市場

アイスランドクーラーボックスは夏キャンプにおすすめ!

暑い夏、冷えているビールなどが飲みたくなる季節ですね。アイスランドクーラーボックスは、最長5日間氷をキープすると言われているほど保冷力に優れ、キャンパーの間でもスペックが高いと評価されています。

また、まな板にもなる仕切り板やワイヤーバスケットなど機能も充実。20QT、35QT、45QT、70QTとサイズがあり、カラーバリエーションが豊富です。自分に合ったアイスランドのクーラーボックスで、快適な夏キャンプを楽しんでみてはいかがですか?

マキタの充電式保冷温庫をレビュー!夏キャンプにおすすめの最強クーラーボックス

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/cooler/%e3%83%9e%e3%82%ad%e3%82%bf%e3%81%ae%e5%85%85%e9%9b%bb%e5%bc%8f%e4%bf%9d%e5%86%b7%e6%b8%a9%e5%ba%ab%e3%82%92%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc%ef%bc%81%e5%a4%8f%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97/

マキタ(makita)の充電式保冷温庫について紹介します。マキタの充電式保冷温庫の魅力を始め、詳しい商品紹介と実際に使用しているキャンパーたちの口コミをまとめました。気になっている方は、参考にしてください。

キャリー付きクーラーボックスおすすめ8選!キャンプや釣りに便利

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/cooler/%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%aa%e3%83%bc%e4%bb%98%e3%81%8d%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%818%e9%81%b8%ef%bc%81%e3%82%ad%e3%83%a3/

キャリー付きクーラーボックスのおすすめ製品を紹介します。キャンプや釣りで活躍するキャリー付きクーラーボックスの選び方もまとめました。コールマン(Coleman)やダイワ(Daiwa)、タイタン(Titan)など人気メーカーも要チェックです。

クーラーボックスの使い方を正しく知ろう!保冷力を保つマル秘テク!

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/cooler/%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%81%ae%e4%bd%bf%e3%81%84%e6%96%b9%e3%82%92%e6%ad%a3%e3%81%97%e3%81%8f%e7%9f%a5%e3%82%8d%e3%81%86%ef%bc%81%e4%bf%9d%e5%86%b7/

クーラーボックスの正しい使い方を紹介します。クーラーボックスは使い方としておすすめの方法や必要な知識を解説!保冷剤を使った方法やキャンプに置ける保管場所のポイントなどをまとめました。クーラーボックスの保冷力を保つマル秘テクを参考にしてください!

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。