「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

おすすめのEDC用ライトを紹介!キャンプや災害時にあると便利!

おすすめのEDC用ライトを紹介!キャンプや災害時にあると便利!

キャンプや災害時におすすめのEDCライトについて解説します。EDCライトとはどのようなライトなのか?詳しく説明します。また選ぶときのポイントも。キャンプに便利なサイズやバッテリーについてコスパが良く、携帯に便利なEDCライトの選び方について紹介します。


おすすめのEDC用ライトを紹介!

EDC用ライトは、キャンパーを中心に注目されている便利で最強のライトです。EDCという言葉は、あまり聞きなれません。EDCすなわちEvery Day Carryは、毎日持ち歩くという意味です。

キャンパーにとっては、キャンプに必要なナイフや懐中電灯をコンパクトにして携帯することは必須です。アウトドアだけでなく、災害時にも役立つライトは、いつでも持ち歩きたいグッズです。いつも携帯したいEDC用ライトは、機能性も優れていて、なるべく小さいサイズがおすすめです。

EDCライトの選び方

選び方①小型で持ち運びしやすいもの

EDC用ライトは、アウトドアや災害時に備えておきたいアイテムです。キャンプ人気が高まってコンパクトなEDC用ライトの種類も豊富になりました。スマートに持ち運ぶというライフスタイルが注目されているので、小さなライトを携帯する人が増えています。

このようなライフスタイルに適した、EDC用ライトが人気です。多機能の本格的なライトから軽くてコンパクトなライトまで目的に応じて選ぶことができます。種類が多いEDC用ライトの中で小型で持ち運びしやすいライトは、重宝します。

選び方②電池は単三か単四がおすすめ

EDC用ライトの種類は数多くあります。本格的な懐中電灯ならしっかり照らせるのは当たり前ですが、ハンディなライトでも、十分な明るさがあり電池も長持ちする商品が増えています。

手のひらに収まるEDC用ライトは、携帯に便利ですが、気になるのはバッテリーの持ち時間です。一般的に電池の寿命は、明るめにすると単三、単四とも8時間ほどです。暗めにすると単三では24時間ほど、単四では18時間の寿命と言われています。

選び方③防水性が高いもの選ぶ

EDC用ライトを選ぶとき、防水性に優れていることが大事です。特にアウトドアでは天気の急変もしばしば起こります。防水性に優れたライトなら急な雨に濡れても壊れる心配はありません。

EDC用ライトを選ぶとき、商品説明を確認しましょう。ちなみにライトに表示されている防水性の内容は、生活防水、日常生活防水に対応と書かれていたり、IP規格でいうIP×4などの表示されていることもあります。

選び方④機能にも注目

EDC用ライトは、スイッチを押して点灯させますが、他にも便利な機能をもっています。EDC用ライトの様々な機能をそなえたものを選びましょう。EDC用ライトの機能として必要なことは、照射切り替えです。

特定の物を照らすスポットビーム機能から広域に照らすワイドビーム切り替えがついているライトがおすすめです。用途にあわせた使い方ができるとアウトドアに役立ちます。

EDC用ライトによっては、点灯ボタンが側面について片手で簡単に操作できます。EDC用ライトは、照射モードがありフラッシュライトやランタンとして活躍します。

おすすめのEDC用ライト5選

Lemanco T6LED採用 広角 ズーム LED ハンドライト

T6LED採用 広角ズーム LEDハンドライト

¥1280

このライトは、出力1600ルーメンの明るさです。暗い夜道の一人歩きにも明るく照らしてくれるので安心です。また単四電池を使用しているので、災害時の避難にも備えておきたいEDC用ライトです。もしも電池切れになっても、単三や単四の電池は手に入れやすくすぐに対応できます。

ライトの本体は、ウォータープルーフなので雨の日や水辺のアウトドアにも安心して使えます。また小型ながら機能性が優れていて用途に合わせた5段階の照らし方ができるおすすめのライトです。単四電池を3本使用するため長時間の使用も可能になりました。  

サイズ全長約131㎜×直径37㎜
重さ約122g
バッテリー単四電池3本
防水機能IPX4生活防水仕様
40代/男性
40代/男性

小さくて軽い

評価:

小さくて軽くて、完全防水なところが気に入っています。HIGHにするととても明るいです。毎日持ち歩こうと思います。

OLIGHT(オーライト) I3E EOS EDC ミニキーホルダーライト

I3E EOS EDC ミニキーホルダーライト

¥1195

このEDC用ライトは、成人男性の小指ほどの大きさで、キーホルダーに付けたり、カバンのポケットに入れて持ち運べます。ライトの操作は簡単で、ねじ込み式のスイッチを押すだけです。

万が一、EDC用ライトをポケットに入れて不意に押しても、電源が勝手に入ってしまうことはありません。軽くて丈夫に作られているので、1.5mほどの位置から落としても壊れる心配はありません。

EDC用は、コンパクトサイズでも照らしだされる距離と明るさが最強です。また防水性にも優れているので、キャンプでも安心して使用できます。

サイズ60.5㎜×約14㎜
重さ19.4g
バッテリー単四電池1本
防水機能 IPX8
60代/男性
60代/男性

個人的にこれ一択

評価:

家族それぞれが1本づつ持つようにするため購入しました。照射時間も長く、明るく照らしてくれます。

超小型LEDライトEDC-01

懐中電灯 LED 強力 ミニ ライト LUMINTOP EDC-01

¥1580円(税込)

このEDC用ライトの特徴は、ライト本体の素材が航空機にも使用されているアルミニウム合金で、細部までしっかり作られています。耐久性抜群なのにライトの重さはわずか12g、キャンプや屋外の作業にもおすすめです。

EDC用のバッテリーは、単四電池1本でも120ルーメンという明るさです。最大36時間照らし続けることができて最強です。シリコン製のライトカバーがついているので停電時は、テーブルなどに立てれば明るく照らしてくれます。

EDC用ライトとして災害時はもちろん、山登り、夜道の一人歩きにも最強の味方です。さらにテーブルなどから落下しても異常なく、汚れても水洗いが可能です。

サイズ直径14.5mm×長さ60mm
重さ12g
バッテリー単四電池1本
防水機能IPX8(完全防水)
40代/男性
40代/男性

小さくても便利

評価:

小さいサイズなのに電池の持ちがよく、明るさも満足しています。まさにEDC用ライトにふさわしいです。

LEDポータブルミニポケットライト

LEDポータブル・ミニポケットライト2本組

¥1980

新しいタイプで、屈折性光アクリルレンズがしっかりした光線を作り出してEDC用として最適です。小型でも、レンズの明るさが抜群です。単三電池1本でおよそ12時間使用可能なのでキャンプだけでなく、災害時にも活躍します。

 

ライトの使い方は、簡単で後方先端部分をプッシュするだけです。また気になる防水性ですが、強力ジェットの流水にも耐えられることが証明されています。また雨や雪に当たっても拭き取れば、壊れる心配はありません。EDC用として最強です。

 

サイズ109mm(長さ)×20mm(ヘッド部)×17mm(ボデイ径)
重さ30g
バッテリー単三電池1本
防水機能IPX6防水 耐震デザイン
20代/男性
20代/男性

デザインが気に入っている

評価:

スタイリッシュなデザインで気に入っています。EDC用に丁度いい大きさ、明るさです。

アイリスオーヤマ ハンディライトLED電池 LWK-100Z

ハンディライトLED電池 LWK-100Z

¥1280

ライトを照らす距離が長いため、アウトドアや災害時の避難にも役立ちます。さらに夜間の屋外点検や警備にも便利です。ライトの長さが10㎝以下なのでズボンのポケットにも収まります。他のEDC用ライトに比べてボディがしっかりしています。

単三電池1本でも明るさが強く、広域を照らします。屋外の夜間作業や防災グッズとして最強の構造です。EDC用ライトに欠かせないことは、防水対応しているかです。IPX4は、水を掛けても本体に水が入らないかテストで、合格している物を指します。このライトは、コンパクトなのにズームなどの機能も充実しています。

サイズ直径2.4×長さ約96mm
重さ約45g
バッテリー単三電池1本
防水性IPX4
40代/男性
40代/男性

非常に明るい

評価:

暗い納戸の中で使用しましたが、非常に明るい印象でした。長さが、10㎝以下のEDCライトなのでズボンのポケットにも簡単に収納できます。これこそEDC用の最強グッズです。

EDCライトまとめ

おすすめのEDC用ライトについて調査しました。EDCという言葉は聞きなれませんが、毎日持ち歩く必需品を表していました。最近では、キャンプの需要が高まり、EDCライトを所持する人が多くなりました。

日本は地震などの災害も頻繁に起こる国です。EDC用ライトは、いろいろなシチュエーションにかかせません。高性能で、本格的なライトだけでなく、コスパに優れたEDC用ライトも沢山販売されています。アウトドアや災害時に役立つライトを見つけてください。

防災用LEDライトのおすすめ10選!便利なうえにおしゃれな商品も

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/light/%e9%98%b2%e7%81%bd%e7%94%a8led%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%8110%e9%81%b8%ef%bc%81%e4%be%bf%e5%88%a9%e3%81%aa%e3%81%86%e3%81%88%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%97/

防災用として使えるLEDランタンについて紹介!LEDランタンの選び方から、アウトドアや防災用としてもおすすめできるLEDランタン10種類を厳選してまとめました。用途に即した選び方のポイントを徹底解説しているので、ランタン選びの参考にしてみてください!

おすすめのヘッドライト(ヘッドランプ)紹介!キャンプや登山に便利

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/light/%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e3%81%ae%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%ef%bc%88%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%ef%bc%89%e7%b4%b9%e4%bb%8b%ef%bc%81/

おすすめのヘッドライト(ヘッドランプ)について解説します。キャンプや登山時に持参すると大変便利なヘッドライト、選ぶ時に知っておきたい明るさや照射範囲、バッテリーの種類などを詳しく説明。また、キャンプや登山におすすめのヘッドライトを紹介します。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。