「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

ソロキャンプ用テントのおすすめ15選!知っておきたい選び方も!

ソロキャンプ用テントのおすすめ15選!知っておきたい選び方も!

ソロキャンプ用のテントのおすすめを紹介します。ソロキャンプをはじめたいけど、どのテントを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。ソロキャンプ用のテント選びのコツについてまとめてみました。失敗しないテント選びの参考にしてみてください。


ソロキャンプ用テントのおすすめ15選を紹介!

ソロキャンプ用のテント選びは、移動手段や場所などによってソロキャンプに最適なものが異なります。自分にとってどんな要素が必要なのかを考えて選ばないと、キャンプ先で苦労してしまうこともあるので慎重に選びましょう。

数ある中から最適なソロキャンプ用を選ぶために、選び方のポイントや人気おすすめのテントをチェックしてみてください。

ソロキャンプ用テントの選び方

選び方①キャンプスタイルによって決める

ソロキャンプスタイルによってテントの重要なポイントが変わります。区画整理されているオートキャンプでは、広々と使えるものがおすすめです。

日帰りのデイキャンプなら手軽で設営が簡単なワンタッチ式がよいでしょう。登山やツーリングの場合は、収納性と軽量さがキーとなります。移動中の負担にならないものを選ぶことが重要です。

選び方②設営方法も確認

ソロキャンプのテントは設営が簡単な方がラクですが、強度が弱いと悪天候の場合壊れてしまうなどトラブルになってしまうこともあります。そのため、デイキャンプではないソロキャンプで宿泊するなら強度を優先することがおすすめです。

自立式

自立式のテントは、ポールを通してテントを張るため設営や撤収が簡単です。ペグや張り網なしで設営できるのですが、強度を考えるとペグや張り網をした方がおすすめです。

非自立式

非自立テントはペグや張り網がないと立ち上がらないテントです。自立式よりも広いものが多くポールの数が少ないので軽量という点がおすすめと言えます。ただし、広い場所が必要なのでキャンプ場によっては難しい場合もあります。

選び方③サイズ・テント内の広さ

ソロキャンプ用のテントは、大人が1人横になれるサイズとなっています。荷物が多い人はソロキャンプ用ではなく2~3人用を選ぶのがおすすめです。

ただ寝るだけで荷物やギアが多くなければ、ソロキャンプ用でも十分ですが、テント内で広々過ごしたい人や荷物が多い人は、ソロキャンプ用では満足できるスペースを確保できません。

そのため、ソロキャンプでテント選びを考える際はスペース確保がどれくらい必要か考えておきましょう。

選び方④軽量・コンパクトだと持ち運びに便利

ソロキャンプのテント選びでは軽量さは重要です。テントの重さは、生地とポールの材質によって異なります。移動手段によっては重いものは、ソロキャンプで負担になってしまいます。

重さの目安はだいたい2kg以下がおすすめです。ポールの素材は特に重要で強度が高いスチールなどは重くかさばります。軽さで言えば主流であるアルミ素材がおすすめです。

ソロキャンプ用は移動手段やキャンプスタイルによって慎重に考えて選びましょう。

選び方⑤価格もチェック

ソロキャンプのテントは、値段も大事なポイントです。予算に見合う中から、機能性やデザインに合うコスパがいいテントをみつけるようにしましょう。

値段が高いものの中には不要な機能がある場合もあるので、値段だけをチェックするのではなく自分に必要な機能が付いているのかをチェックすることが重要です。

予算内に収まるテントの中から自分に合うコスパのいいソロキャンプ用を探しましょう。

選び方⑥機能性が高いと充実度が違う

ソロキャンプ用テントを選ぶ際は、機能性もチェックしましょう。シングルウォールは軽量ですが結露問題が起こりやすいデメリットがあります。

一方、ダブルウォールは防水性や透湿性があることや前室を作れることがメリットとなります。しかし、その分重さがあることがデメリットです。季節やキャンプスタイルなどによって、どちらを選ぶかが決まってくることになるでしょう。

ソロキャンプ用テントの種類

種類①ドームテント

ドームテントは、テントの天井が丸みを帯びた形のテントです。メリットは風に強く広々とした空間があること、設営が簡単なものが多いことです。そのため、ソロキャンプ初心者におすすめと言えます。

しかし、ポールを反らせて組み合わせるため、ポールの数が多く重いテントもあります。物によって異なりますが、重量があるものを選ぶと移動が大変になります。

種類②パップテント

非自立式テントのパップテントは、元々軍用として使われているものなので頑丈な素材や機能性がメリットです。サイズ感や設営の簡単さからソロキャンプでも人気となっています。

テントだけでなくタープとしても使えることもメリットです。ただし、インナーテントがあるかないかによって使えるシーズンが限られることがデメリットです。

種類③ワンポールテント

非自立式のワンポールテントは、1本のポールで立てられる三角の形が特徴です。ポールが少なくて済むため軽量になることや簡単設計であることがメリットとなっています。

ペグ打ちが必要となるため、岩場などの地面が硬い場所によっては設置できないこともあります。そして、どうしても設計的にやや狭いという点がデメリットです。

種類④タープ

タープは、雨や日除けに使える大きな布のことです。テントは就寝する場所として使い、タープは調理をしたりゆったり過ごすときに使います。

スペースがあまりない場合は、タープとインナーテントを使えば場所を取らずに済みます。他のテントと比較すると重くなってしまうことと、設置が1人だと大変なことがデメリットです。

ソロキャンプ用テントのおすすめ15選

コールマン/ツーリングドームST

ツーリングドームST

¥16779

人気ランキングにも上がるコールマンの「ツーリングドームST」は、ソロキャンプにおすすめの2人まで入ることができるドームテントです。ワンポール式なので設営が簡単なことと、ソロキャンプで広々と使えることがおすすめポイントとなっています。シンプルながらおしゃれなデザインは女性にも人気です。前室と後室も開けられるので風通しがいいことも特徴となっています。

サイズ約210×120×100(h)cm
重量約4kg
収容人数1~2人
30代/男性
30代/男性

設営が簡単だった

評価:

ソロキャンプで2回使用しました。設営しやすかったので満足しています。

スノーピーク/ファル Pro.air 2

ファル Pro.air 2

¥55000

人気ブランドスノーピークの「ファル Pro.air 2」は、軽量でありながら快適性を追求したソロキャンプおすすめのテントです。プロエアシリーズは人気ランキングにも上がるシリーズで、山岳テントファルをプロエアに移行したタイプです。軽いのでバイクなどで移動するソロキャンプの人でも安心して持ち運びができます。

サイズW143×D245×H110cm
重量1710g(本体・フレームのみ)
収容人数1~2名
50代/男性
50代/男性

コンパクトでちょうどいい

評価:

ソロキャンプでちょうどいいサイズでした。荷物が多いと手狭かもしれませんが、私は荷物が少ないのでちょうどよかったです。

MSR/エリクサー2

エリクサー2

¥38500

MSRの「エリクサー2」は、丈夫でコスパに優れたソロキャンプにおすすめの人気テントです。2本のポールだけで設営できるため簡単で、天井部に短いポールを組み立てることで居住空間が広くなります。厚手の生地を使っているので耐久性が高く、台形型の前室は広々と快適に使うことができます。居住性が高いソロキャンプにおすすめできるドーム型です。

サイズフロア面積:2.69m 前室面積:2.22m 室内最大高:102cm
重量2770g
収容人数1~2名
20代/男性
20代/男性

広い!かっこいい

評価:

広いしかっこいいし言うことなしです。ソロキャンプで迷ったらランキング人気も高いこれをおすすめします。

フィールドア/コクーンテント100

コクーンテント100

¥6050

安いタイプで試したい人におすすめのフィールドア「コクーンテント100」は、軽量でコンパクトなソロキャンプ用テントです。そして、なるべく軽量でコンパクトに収納させたいツーリングにおすすめのタイプです。床面積をおさえたタイプなので荷物が少ない人や、キャンプスペースが広くないときに使えます。なんと言っても安いのでコスパは最強と言えます。

サイズ約130×280×110cm
重量1.8kg
収容人数1名
20代/男性
20代/男性

軽量で収納性もいい

評価:

ツーリングソロキャンプで使用するために買いました。コスパが良く、軽さと収納性バッチリで満足しています。

バンドック/ソロベース

ソロベース

¥24800

パップテントの中でもコスパ最強と言われるバンドックの「ソロベース」は、インナーやポールがついてこのお値段です。ワイルドなソロキャンプを楽しみたい人におすすめで、火の粉に強い素材も特徴となっています。インナーテントはメッシュ素材なので風通しが良く、虫よけにもなります。

サイズW360xD190xH110cm
重量約4.4kg
収容人数1名
40代/男性
40代/男性

設営が簡単でコスパがいい

評価:

バンドックのファンでソロドームも持っています。ソロベースもコスパが良く、設営しやすく気に入りました。

キャプテンスタッグ/トレッカー UA-63

トレッカー UA-63

¥24800

人気のキャプテンスタッグの「トレッカー UA-63」は、快適装備をプラスした本格的なソロベーステントです。全開可能で、前後に張り出せるキャノピーを装備しています。インナーにはメッシュの窓口が付いていて出入りが可能です。快適で本格的なソロキャンプをはじめたい人におすすめです。

サイズ約フライ/380×190×H110cm、インナー/210×90×H100cm
重量3.8kg
収容人数1名
20代/男性
20代/男性

快適で簡単

評価:

開放感があって快適で、ソロキャンプでも設営も簡単でした。

TOMOUNT/パップテント ポーランド軍幕

パップテント ポーランド軍幕

¥23512

TOMOUNTの「パップテント ポーランド軍幕」は、4シーズン対応のスノースカート付きパップテントです。スノースカートは、雨や雪を防ぐ効果があります。そして、防水性と通気性に優れているため快適なソロキャンプを楽しむことが可能です。シンプルなデザインがおしゃれなことも人気のポイントです。

サイズ360×200×115cm
重量5.7kg
収容人数1名
30代/女性
30代/女性

女性でも扱いやすい

評価:

やや重さはあるものの電車移動でもギリギリ大丈夫です。女性ソロキャンプでも簡単に設営できました。

Anlik/パップテント ソロキャンプ

パップテント ソロキャンプ

¥9208

価格の安さが魅力のAnlik「パップテント ソロキャンプ」は、ペグなどももセットになったコスパのいいソロキャンプ用テントです。軽量さと頑丈さ、吸水性の低さがあるため機能的にも十分です。持ち運びやすい軽さなので、ソロキャンプのツーリングなどにもおすすめできると言えます。

サイズ約W200×D125×H115cm
重量2kg
収容人数1名
30代/男性
30代/男性

結露対策だけあれば問題なし

評価:

コスパがよく、設営が簡単で軽量です。結露が気になる点でしたが、乾くのも早かったのでグランドシートとインナーシートがあれば問題なさそうです。

ogawa/タッソ

タッソ

¥67246

おしゃれでランキング人気の高いogawa「タッソ」は、サンドベージュカラーがおしゃれなワンポールテントです。張り方のバリエーションが豊富で6角形から8角形までできます。さらに、巻き上げできるスカートやベンチレーション、トリプルファスナーなどユニークな機能が特徴です。2名まで対応できるのでソロキャンプなら広々と使えます。

サイズ高さ195~250cm×横幅370~480cm
重量幕体6.3kg、ポール1.1kg、附属品3.1kg
収容人数1~2名
40代/男性
40代/男性

アレンジが楽しい

評価:

とても楽しいソロキャンプ用です。毎回いろんなアレンジをするのが楽しみです。収納袋にしっかり収まることもおすすめできることです。

バンドック/ソロティピー

ソロティピー

¥11800

手頃な価格でランキングに上がるバンドックの「ソロティピー」は、ポール1本でスピーディーに設置できるソロキャンプおすすめのタイプです。女性でも簡単に設置や撤収ができるため、ソロキャンプ初心者にもおすすめできます。フライシートとインナーシートが一体化しているためフルクローズ可能です。

サイズ約2400×2400×1500mm
重量2200g
収容人数1名
20代/女性
20代/女性

ソロキャンプ初心者におすすめ

評価:

ソロキャンプ初心者の女性でも簡単に設営できました。1本のポールだけなので初心者におすすめだと思います。

WAQ/アルファTC

アルファTC

¥29800

WAQの「アルファTC」は、燃えにくいTC素材を使ったソロキャンプおすすめのワンポールテントです。TC素材のスカートは巻き上げも可能なのでオールシーズン対応できます。インナーテントはやや広めなので広々と過ごすことが可能です。上部に2箇所のベンチレーターを設置されているので通気性よく快適に過ごせます。

サイズ約W240cm×D240cm×H150cm
重量6.5kg
収容人数1名
50代/女性
50代/女性

ソロキャンプの居住スペースが広い

評価:

設営は10分足らずでできました。フロントを跳ね上げればタープいらずで快適に過ごせます。広々と使えて満足です。

DOD/ライダーズワンポールテント

ライダーズワンポールテント

¥21800

オシャレな人気ブランドDODは、人気ランキング上位に上がるブランドです。「ライダースワンポールテント」は、バイクツーリングで積みやすいように考えられたコンパクトで軽量なワンポールテントです。折りたたみ式のポールはコンパクトになるため、ソロキャンプのツーリングでも負担になりません。

サイズ約W290×D290×H183cm
重量2.6kg
収容人数1名
40代/男性
40代/男性

手軽で快適

評価:

ソロキャンプでも、設営も撤収もささっとできてラクです。収納スペースが広くて快適です。

スノーピーク/ヘキサイーズ1

ヘキサイーズ1

¥45100

スノーピークのランキング上位になるタープ・インナー「ヘキサイーズ1」は、広い前室と程よい屋内スペースが特徴のソロキャンプ用です。長さの違う2本のポールを前後に使うことで、天井の高いロースタイルの前室になります。ソロキャンプでも、設営も簡単にできるので初心者でも安心です。

収納時サイズ62×19×23(h)
重量5.2kg
収容人数1名
20代/男性
20代/男性

最高のギア

評価:

評価がさまざまですが、ソロキャンプのギアとしては最高です。強風でない限りなんら問題なく使えています。

パイクスピーク/ソロドームテント

ソロドームテント

¥8530

ランキングにも登場し、Amazonベストセラーにも輝いたパイクスピークの「ソロドームテント」のNewモデルです。デザインも機能性も進化し、より快適でオシャレなソロキャンプを楽しめます。D型式バックドアで風通しが良く、シェードで前室を快適に過ごすことができます。耐水圧2000mmなので急な雨でも安心です。

サイズ約210×105×110(cm)
重量3.3kg
収容人数1名
50代/女性
50代/女性

女性のソロキャンプでも簡単に設置できる

評価:

コンパクトで設置しやすかったです。使用した後破損してしまったのですが、カスタマーサポートがすぐ対応してくれて助かりました。

アライテント/ピンチシート

ピンチシート

¥15400

アライテントの「ピンチシート」は少し変わった種類のテントで、ファスナーを開けるとタープになり閉じるとシェルターになります。とても軽量で簡単なタイプなので、日帰りのソロキャンプにおすすめです。3~4人用ですが、ソロキャンプでも使える広さで、荷物なども置くスペースが確保できます。

サイズファスナー開放時:290×250cm、ファスナー閉鎖時:間口150×奥行250×高さ124cm
重量600g
収容人数3~4人
50代/男性
50代/男性

軽くて使いやすい

評価:

釣りのときに使用しています。軽くて使いやすいので気に入っています。ソロならゆったり使えるので荷物も安心です。

ソロキャンプ用テントのおすすめ15選の比較表

ブランド

コールマン

スノーピーク

MSR

フィールドア

バンドック

キャプテンスタッグ

TOMOUNT

Anlik

ogawa

バンドック

WAQ

DOD

スノーピーク

パイクスピーク

アライテント

画像

商品名

ツーリングドームST

ファル Pro.air 2

エリクサー2

コクーンテント100

ソロベース

トレッカー UA-63

パップテント ポーランド軍幕

パップテント ソロキャンプ

タッソ

ソロティピー

アルファTC

ライダーズワンポールテント

ヘキサイーズ

ソロドームテント

ピンチシート

特徴

・種類:ワンポール式ドーム ・簡単設営 ・前室、後室オープンで風通しが良い

・種類:ドーム ・軽量で設営が簡単 ・開閉できるベンチレーション付き

・種類:ドーム ・吊り下げフック式なので設営が簡単 ・広々とした前室

・種類:ドーム ・コスパに優れている ・持ち運びしやすいコンパクトサイズ

・種類:パップ ・コスパがいい ・ミリタリースタイルを楽しめる

・種類:パップ ・快適装備の本格的なテント ・キャノピー装備

・種類:パップ ・4シーズン対応冬もOK ・通気性、耐久性に優れている

・種類:パップ ・ペグなど装備でコスパ良し ・軽量で頑丈、耐水性もある

・種類:ワンポール ・デザインがオシャレ ・張り方のバリエーションが多い

・種類:ワンポール ・女性でも簡単に設営 ・フライシートとインナーシートが一体化

・種類:ワンポール ・燃えにくいTC素材 ・インナーテントが広め

・種類:ワンポール ・ツーリングにおすすめ ・軽量で前室が広め

・種類:タープ+インナー ・設営が簡単 ・前室広めで天井が高い

・種類:ドーム ・シェード付き ・おしゃれでコンパクト

・種類:タープ兼ツェルト ・とても軽量 ・デイキャンプにおすすめ

商品リンク

ソロキャンプ用テントは自分に合ったものを選ぼう!

ソロキャンプにおすすめの人気テントを紹介しました。たくさんある人気テントの中から自分に合うテントをみつけるためには、選び方のポイントを知っておくことが大事です。

どんな場所でどんな点を重視するのか、特に冬などは内暖房など置くためスペースが必要です。シーズンや目的なども踏まえて、自分にぴったりなソロキャンプ用テントをみつけましょう。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

関連するキーワード


ソロキャンプ

関連する投稿


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【愛知】新規オープン!ソロ専用のキャンプ場「ソロキャンフィールド鳳来」をレビュー!

【愛知】新規オープン!ソロ専用のキャンプ場「ソロキャンフィールド鳳来」をレビュー!

新規オープンのソロ専用のキャンプ場「ソロキャンフィールド鳳来」をレビューします!2024年2月16日、愛知県新城市にソロ専用のキャンプ場「ソロキャンフィールド鳳来」がオープンしました。ソロキャンプの様子や、サイト情報まで徹底解説します。


YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」の魅力を徹底解説‼ 12月22日待望の新シーズン公開

YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」の魅力を徹底解説‼ 12月22日待望の新シーズン公開

話題のYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」の魅力を監督インタビューを含めて徹底解説します。まだ「おやじキャンプ飯」を観たことがない方にも、続編が気になるファンの方にも、わかりやすく詳細をまとめてみたのでぜひチェックしてみてください。


最新の投稿


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。