「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

冬用シュラフおすすめ16選!冬キャンプを満喫できる最強アイテムも

冬用シュラフおすすめ16選!冬キャンプを満喫できる最強アイテムも

おすすめの最強冬用シュラフを16選紹介します!冬キャンプを快適に過ごせる人気商品や、コンパクトさに特化した商品を掘り下げています。また、冬用シュラフの選び方や防寒アイテムについても触れているので、ぜひ参考にしてみてください。


冬用シュラフのおすすめを紹介!

冬キャンプでは、体が冷えて眠れないという人も少なくありません。そんな時は、体を暖めてくれる冬用シュラフの使用がおすすめ。冬用シュラフとは、保温性の高い寝袋のことです。
他の暖房器具や防寒アイテムと組み合わせることで、より効果を発揮します。冬には欠かせない冬用シュラフの選び方やおすすめ商品を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。きっと、自分に合った冬用シュラフを見つけられます。

冬用のシュラフの選び方

まずは、冬用シュラフの選び方について掘り下げていきましょう。正しい選び方を知っていれば、より冬キャンプを楽しめるようになります。自分にとって、最強と思える冬用シュラフを見つけてみてください。選び方のポイントは、主に5つあります。どれも重要なので見逃さないようにしましょう。

選び方①シュラフの種類を確認

冬用シュラフには、主に3つの種類があります。一つは封筒型と呼ばれるもので、布団に近い寝心地を得られるタイプです。開くことができるので、温度調節が簡単となります。もう一つは人形型と呼ばれていて、体への密着性が高いです。保温性が高く、冬キャンプに最適なアイテムと言えます。
最後は、卵型と呼ばれる冬用シュラフです。卵のような形をしていて、収納面でとてもコンパクトだという特徴があります。また、中には伸縮性に優れているものも少なくありません。伸縮性があれば、自由に動き回ることができます。

選び方②中綿の素材で選ぶ

冬用シュラフでは、中綿を考慮する必要があります。主に、化繊とダウンの2種類です。化繊は保温性と耐久性が高く、価格もお手頃な中綿となります。ダウンは、軽くて持ち運びやすいです。その反面、価格が高いことが多く、保管も難しくてデメリットが多いので注意してください。

選び方③コンパクトさや重さをチェック

冬キャンプでは、冬用シュラフ以外にも防寒アイテムを持っていく人が多いでしょう。そうすると、荷物がかさばって持ち運ぶのが不便になります。そのため、冬用シュラフのコンパクトさや重さをチェックしてみてください。収納時にコンパクトになるものが、特におすすめな冬用シュラフです。

選び方④快適使用温度で選ぶ

冬用シュラフは、商品によって快適使用温度が異なります。耐えられる寒さの温度も書かれていることが多いです。しかし、冬キャンプなら、できるだけ快適に過ごせる温度を目安に購入しましょう。快適使用温度なら、寒さに震えることなくキャンプを楽しめます。

選び方⑤洗いやすさも確認

冬用シュラフを購入するなら、洗いやすさをチェックしましょう。化繊は、ホローファイバー、マイクロファイバー、ウルトラファインファイバーの3つに分かれます。特に、ウルトラファインファイバーは丸洗いができ、洗濯機を利用可能です。

冬用シュラフのおすすめ16選

次は、冬用シュラフのおすすめ商品を紹介します。特におすすめなものを16選ピックアップしているので、ぜひ参考にしてみてください。低い温度でも耐えられる最強シュラフを始め、コンパクトなシュラフもあります。どの冬用シュラフも、色々な人のキャンプスタイルに合わせた商品です。

CANWAY/シュラフ封筒型

シュラフ封筒型

¥5975

CANWAYのシュラフ封筒型は、初心者でも手が出しやすい価格です。軽量において最強の冬用シュラフで、その重さは2kgにもなりません。丸洗いができるのも人気のポイントで、外部の冷気から守ってくれます。防水に優れた最強冬用シュラフなので、ぜひこの機会に購入してみてください。

サイズ210×80cm
重量1.9kg
適応温度0度
20代/男性
20代/男性

コンパクトさが重要

評価:

ソロキャンプで利用するために、購入しました。かなりコンパクトに収納できるため、バックパックにも入ります。冬用シュラフはこれからもこれに決まりです。

ロゴス/丸洗いアリーバ

丸洗いアリーバ

¥11550

ロゴスの丸洗いアリーバは、その名前の通り丸洗いできる人気ポイントがあります。しっかりと体に密着してくれるため、保温性が高いです。-6度まで耐えられる最強冬用シュラフで、足の形状に合わせて作られています。そのため、寝るときのストレスがかかりません。

サイズ80×210cm
重量2.3kg
適応温度-6度
30代/男性
30代/男性

寝心地が最強です

評価:

足へのストレスがなくて、人気だと聞いていたので購入しました。思っているよりも保温性があり、ハンガーに吊るしやすい形状をしています。手入れが簡単なので、冬用シュラフとして愛用したいです。

コールマン/タスマンキャンピングマミー

タスマンキャンピングマミー

¥19107

コールマンのタスマンキャンピングマミーは、頭までしっかりと暖かさがあります。-15度まで耐えられる最強冬用シュラフで、寝返りも可能です。広さがあるのに保温性が高いことから、冬用シュラフを使ったことがある人からも人気となっています。

サイズ83×203cm
重量3.4kg
適応温度-15度
20代/女性
20代/女性

快適に寝れます

評価:

冬用シュラフは密着するものが多く、うまく寝れませんでした。しかし、こちらの最強冬用シュラフは、寝返りがうてるほど快適です。それでいてしっかりと暖かいので、他の人にもおすすめしたいと思っています。

ナンガ/UDD BAG630DX

UDD BAG630DX

¥56650

軽さを求めるなら、ナンガのUDD BAG630DXがおすすめです。冬用シュラフですが、寒さの残る春や秋にも利用できます。撥水加工が施されているため、水濡れから守ってくれることでしょう。もちろん、冬用シュラフなので、冬の寒さを感じることなく体を暖めることができます。

サイズ幅210×奥行き80cm
重量1.04kg
適応温度-5度
40代/男性
40代/男性

登山家からも人気だと聞いて

評価:

登山家にも人気のシュラフで、耐水性に優れています。軽くてコンパクトで、持ち運びやすい点も人気が高い理由の一つです。

ナンガ/オーロラライト450DX

オーロラライト450DX

¥37800

季節関係なくシュラフを利用したいなら、ナンガのオーロラライト450DXがおすすめです。良質なダウンを使っていて、3シーズンで利用できます。また、表の生地には防水コーティング素材を使っていて、ちょっとした雨や雪にも最適です。防水透湿性能もあり、快適に過ごせるでしょう。

サイズ幅210×奥行き80cm
重量865g
適応温度-5度
40代/女性
40代/女性

ソロキャンプにおすすめ

評価:

自分の中では、最強の冬用シュラフです。他にも人気のシュラフはたくさんありますが、1㎏にも満たない軽量さに惹かれました。これ以上軽いものはないと思うので、もっとこれからも愛用したいと思います。

JUYEE/ダウンシュラフ

ダウンシュラフ

¥10791

本格的な冬キャンプを楽しむのなら、JUYEEのダウンシュラフがおすすめです。最強冬用シュラフとして人気で、何と-25度まで耐えられるモデルとなります。封筒型なので、開けば掛布団や敷物としても利用可能です。ダウン素材のため、入った瞬間から暖かさを感じます。

サイズ幅80×奥行き210cm
重量2.7kg
適応温度-25度
50代/男性
50代/男性

本格的な冬に使いました

評価:

-25度まで耐えられるようなので、本格的な冬が到来したときに使用しました。肌触りが良くて、寝心地も最高です。枕代わりにも使えるため、他のシーズンでも使いたいと考えています。

ホークギア/マミー型寝袋

マミー型寝袋

¥4880

ホークギアのマミー型寝袋は、手軽に購入できる価格です。そのため、冬キャンプ初心者でも手が出しやすいでしょう。横は開けられるため、暑くなったときに温度調節がしやすいです。カラーバリエーションが豊富なのも人気な点で、ぜひ最強クラスの防寒性を体感してみてください。

サイズ幅145×奥行き185cm
重量1.62kg
適応温度-15度
30代/女性
30代/女性

最強クラスの防寒性

評価:

オールシーズン使用できるのに、冬用シュラフとしても優秀です。洗濯機で洗える素材なので、メンテナンスも必要ありません。さらさらとした肌触りは、思わず何度も触りたくなってしまうほどです。

Tooge/ダウンシュラフ

ダウンシュラフ

¥6292

Toogeのダウンシュラフは、価格が安いためコスパ最強です。2個連結できる他、レジャークッションにもできるためファミリーキャンプにも使えます。もちろん、広げれば毛布として上からかぶることも可能です。-25度まで耐えられる冬用シュラフなので、ぜひ冬に利用してみましょう。

サイズ幅210×奥行き80cm
重量2.7kg
適応温度-25度
40代/男性
40代/男性

家族で利用しています

評価:

連結させられるので、家族との距離が縮まります。しっかりとした保温性も兼ね備えているため、冬キャンプもこれで乗り越えられました。

ロゴス/ミニバンぴったり寝袋

ミニバンぴったり寝袋

¥15290

広いサイズの冬用シュラフを探しているなら、ロゴスのミニバンぴったり寝袋がおすすめです。ミニバンにぴったりはまるサイズで、分離してそれぞれの2つの寝袋としても使えます。適応温度はそれほど低くありません。しかし、他の防寒アイテムを併用することで暖かく過ごせます。

サイズ幅142×奥行き190cm
重量3.6kg
適応温度-2度
20代/男性
20代/男性

車中泊に使っています

評価:

車で寝泊まりするとき、ずっと暖房をつけてはいられません。そのため、こちらの冬用シュラフを購入しました。2人でも利用できるようなので、今度は妻と一緒に使用したいと考えています。

YOGOTO/ダウン寝袋

ダウン寝袋

¥8990

YOGOTOのダウン寝袋は、-25度まで耐えられる最強冬用シュラフです。防水性と通気性に優れているため、汗をかいてしまっても安心なアイテムと言えます。簡単に連結できる冬用シュラフなので、カップルや友人、家族とのキャンプにも最適です。

サイズ幅220×奥行き50cm
重量1.5kg
適応温度-25度
30代/女性
30代/女性

恋人と利用しています

評価:

現在はキャンプに使っていますが、防災用としても最適です。頭まですっぽりかぶれるので、耐水性に優れています。これからも、冬キャンプに愛用したいです。

コールマン/マルチレイヤースリーピングバッグ

マルチレイヤースリーピングバッグ

¥18660

コールマンのマルチレイヤースリーピングバッグは、4シーズンで活躍するアイテムです。3つあるレイヤーは、分解して使えます。もちろん、それぞれ組み合わせることも可能です。そのため、1つのシュラフで春から冬まで対応させたい人には、こちらのアイテムがおすすめと言えます。

サイズ幅90×奥行き200cm
重量4.9k
適応温度-11度
50代/女性
50代/女性

広々と使えます

評価:

広いサイズのアイテムなので、家族で利用するのに使っています。ぴったりと密着するタイプではありません。ただ、温度調節がしやすいので体温が高くなりやすい自分に合っていました。

イスカ/パトロール600

パトロール600

¥8030

イスカのパトロール600は、軽いことで人気の冬用シュラフです。低温でも保温性を向上させるため、ドラフトチューブを配置しています。また、足元はゆったりとしたサイズなので、快適な睡眠をもたらしてくれることでしょう。撥水性があるので、結露からの漏れを防いでくれます。

重量1.3kg
適応温度2度
20代/女性
20代/女性

人気のモデル

評価:

ボーイスカウトやガールスカウトからも人気です。本格的なキャンプや登山で使えるため、これからはいろいろなシーンで利用したいと考えています。

スノーピーク/セパレートオフトンワイド1400

セパレートオフトンワイド1400

¥64680

スノーピークのセパレートオフトンワイド1400は、広々使えるサイズが特徴的です。収納時はコンパクトなので、持ち運びやすさが抜群だと言えます。こちらの冬用シュラフを使用しているときは、温度を7度ほど高めてくれるでしょう。快適な睡眠をもたらしてくれます。

サイズ105×210cm(敷)、110×200cm(掛)
重量3.2kg
適応温度-8度
30代/男性
30代/男性

他の季節にも使いたいです

評価:

広く使えるので、動き回りたい自分に合っていました。レイヤーを接続するほか、別々でも利用できます。なので、冬以外のキャンプにも持っていきたいアイテムです。

モンベル/ダウンハガー800#1

ダウンハガー800#1

¥82470

暖かさとコンパクトさを求めるなら、モンベルのダウンハガー800#1がおすすめです。1kgにも満たない軽さなのに、-28度まで耐えられます。しっかりとホールドすれば、保温性が高まるアイテムです。また、伸縮性が高いため、好きなように動き回ることもできます。

重量918g
適応温度-28度
20代/女性
20代/女性

睡眠が快適になりました

評価:

伸縮性が高いため、かなり快適な冬用シュラフです。2000m級の冬山でも利用できるようなので、次は登山で使いたいと思います。軽量でコンパクトな点も、人気で購入した理由の一つです。

ロゴス/丸洗いソフトタッチシュラフ

丸洗いソフトタッチシュラフ

¥10890

ロゴスの丸洗いソフトタッチシュラフは、丸洗いできるタイプです。表面はさらさらなのに、中は柔らかい素材となっています暖かくて気持ち良いため、快適な冬キャンプを楽しみたい人におすすめです。便利な収納袋が付属しているので、コンパクトに持ち運ぶことも可能。

サイズ75×190cm
重量2.2kg
適応温度0度
50代/女性
50代/女性

肌触りが良いです

評価:

柔らかい素材でできているので、寝ている間に不快になりません。同じ商品を2つ連結すれば、2人用としても利用できます。

イスカ/エア810EX

エア810EX

¥69300

イスカのエア810EXは、厳しい冬の寒さや3000m級の山にも最適です。本体サイズが大きくなっているため、防寒アイテムを着ていても中に入ることができます。底冷えも防いでくれる他、軽量でコンパクトなタイプなのでとても持ち運びやすいです。

重量1.28kg
適応温度-25度
40代/男性
40代/男性

登山に利用しています

評価:

着ぶくれを想定して、大きく作られているようです。3回ほど利用しましたが、問題なく利用できています。それどころか、かなり快適なのでみんなにもおすすめしたいです

冬用シュラフのおすすめ比較表

ブランド

CANWAY

ロゴス

コールマン

ナンガ

ナンガ

JUYEE

ホークギア

Tooge

ロゴス

YOGOTO

コールマン

イスカ

スノーピーク

モンベル

ロゴス

イスカ

画像

商品名

シュラフ封筒型

丸洗いアリーバ

タスマンキャンピングマミー

UDD BAG630DX

オーロラライト450DX

ダウンシュラフ

マミー型寝袋

ダウンシュラフ

ミニバンぴったり寝袋

ダウン寝袋

マルチレイヤースリーピングバッグ

パトロール600

セパレートオフトンワイド1400

ダウンハガー800#1

丸洗いソフトタッチシュラフ

エア810EX

特徴

・軽量でコンパクト ・初心者におすすめ ・防水に優れている

・丸洗いできる ・保温性が高い ・足元がゆったりしている

・頭まですっぽり ・寝返りがうてる ・保温性が高い

・超撥水加工が施されている ・寒さに強い ・頭まで被れる

・3シーズンで利用可能 ・防水透湿性能に優れている ・快適に過ごせる

・-25度まで耐えられる ・入った瞬間に暖かい ・肌触りが良い

・カラーバリエーションが豊富 ・温度調節がしやすい ・手軽に購入できる

・汎用性が高い ・2個連結できる ・-25度まで耐えられる

・ミニバン専用のシュラフ ・分解できる ・広々使える

・連結ができる ・通気性に優れている ・防災用としてもおすすめ

・4シーズンに利用可能 ・分解できる ・広く使える

・軽くてコンパクト ・撥水性がある ・低温でも快適

・広々使える ・温度が7度高まる ・運びやすい

・伸縮性が高い ・-28度まで耐えられる ・動き回れる

・丸洗いできる ・内側が柔らかい素材 ・コンパクト

・厳しい寒さにも最適 ・広々サイズ ・コンパクトに持ち運べる

商品リンク

楽天(5,975円)

冬キャンプを満喫できるその他おすすめアイテム

冬用シュラフだけでは、寒さをしのげないという人もいるでしょう。そんな時は、他のアイテムを組み合わせるのがおすすめです。電気なしでも暖まれるアイテムを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。紹介する商品は、どれも優秀な防寒アイテムとなっています。

マルカ/湯たんぽ

湯たんぽ

¥2300

お湯を沸かせる環境なら、湯たんぽを使うのがおすすめです。湯たんぽは、中にお湯を入れて体を温める性質を持っています。マルカの製品は、溶融亜鉛メッキ鋼板素材なので、直火で温めることも可能です。ガスだけでなく、IHを使えるという点も人気ポイントとなります。

サイズ29.5×21.6×7.4cm
容量2.5L
素材溶融亜鉛メッキ鋼板
20代/女性
20代/女性

冷え性の味方

評価:

冬は一段と手足が冷えるので、こちらの湯たんぽを購入しました。ガスコンロとIHどちらにも使えるので、自宅でも利用しています。しっかりと体を暖めてくれるので、購入してよかったです。

キングキャンプ/インナーシュラフ

インナーシュラフ

¥9280

インナーシュラフは、触り心地の良いものが多いです。また、冬用シュラフをより保温性を高めることができます。キングキャンプのインナーシュラフを使えば、保温性を10度ほど高めることも可能です。インナーシュラフがあれば、新たに冬用シュラフを買わなくても寒さ対策が行えます。

サイズ80×215cm
重量470g
30代/男性
30代/男性

冬用シュラフにプラスで利用

評価:

冬用シュラフを持っていますが、心もとないのでこちらを購入しました。インナーシュラフがあると、体感温度が全然違います。新しい寝袋を買わなくて済みました。

サモルックス/ブランケット

ブランケット

¥4844

ちょっとした暖かさをプラスしたいなら、ブランケットの利用がおすすめです。ブランケットは、手軽に持ち運べるコンパクトで軽量なアイテムとなります。
それでいて大きいサイズのものが多く、体を包み込んでくれるでしょう。サモルックスのブランケットは、クルクルと巻いて収納可能です。

サイズ長さ180cm×幅150cm
重量0.64kg
40代/女性
40代/女性

底冷えからも守ってくれる

評価:

上下から包み込んでくれるブランケットです。そのため、底冷えも防いでくれます。長さが180㎝もあるので、ほとんどの人はすっぽりと入ることができるはずです。

冬用シュラフのおすすめ紹介まとめ

冬用シュラフは、冬キャンプに欠かせないアイテムです。メーカーによってそれぞれ特徴が異なるため、購入前に確認しておきましょう。防寒目的に利用するアイテムのため、保温性を重視するのがおすすめです。特に、適応温度や快適に過ごせる温度を参考にしてみてください。
冬用シュラフだけでは、寒さを感じてしまうこともあるかもしれません。そんな時は、他の防寒アイテムを組み合わせましょう。湯たんぽやカイロなど、人気で手軽なもので十分です。そうすることで、寒かった冬キャンプを快適に過ごせるようになります。

冬キャンプ・登山に便利な寝袋(シュラフ)の使い方を徹底調査!

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/sleeping_bag/%e5%86%ac%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%bb%e7%99%bb%e5%b1%b1%e3%81%ab%e4%be%bf%e5%88%a9%e3%81%aa%e5%af%9d%e8%a2%8b%ef%bc%88%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%95%ef%bc%89%e3%81%ae%e4%bd%bf/

快適な寝袋(シュラフ)の使い方についての特集です。各種素材や形状を比較しながら、寝袋の適した使い方について解説します。また、冬のキャンプや登山・テント内で活躍するための正しい使い方や、上手な洗濯方法についても併せて紹介していきます。

冬におすすめの化繊シュラフ10選!選び方のポイントもチェック

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/sleeping_bag/%e5%86%ac%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e3%81%ae%e5%8c%96%e7%b9%8a%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%9510%e9%81%b8%ef%bc%81%e9%81%b8%e3%81%b3%e6%96%b9%e3%81%ae%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3/

冬におすすめの化繊シュラフのについて紹介します。化繊シュラフの素材や形状、冬用シュラフの選び方についてまとめました。また、有名ブランドのおすすめ商品一覧と各ブランドの比較表も載せたので、冬キャンプのシュラフ選びの参考にしてください。

インナーシュラフのおすすめ10選!選び方や活用法も合わせて紹介!

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/sleeping_bag/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%95%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%8110%e9%81%b8%ef%bc%81%e9%81%b8%e3%81%b3%e6%96%b9%e3%82%84%e6%b4%bb%e7%94%a8%e6%b3%95/

インナーシュラフについてまとめました。インナーシュラフの素材や形の違いで、どのような差がでるのか徹底調査の結果を紹介します。また、季節に応じたインナーシュラフで快適な睡眠を得られるように、おすすめ商品についてもまとめてます。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に3,500tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

キャンプ飯でスパイス配合といえば、定番は「カレー」ですがメキシカン料理「チリコンカン」もスパイス配合を楽しめるレシピです。今回はマルチグリドルを使って、簡単で美味しく作れるチリコンカンレシピを紹介します。ぜひ皆さんも自分好みに仕上げてみてくださいね!


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 火起こし 自作・DIY 東京 車中泊 アクセサリー