「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

アイゼンの選び方と付け方は?爪の数による違いについても解説!

アイゼンの選び方と付け方は?爪の数による違いについても解説!

アイゼンの選び方と付け方を解説します!アイゼンを選ぶ上で重要な、爪の本数やタイプによって異なる装着の仕方を紹介します。どのような状況によってアイゼンの種類を選べばいいのかを参考に、初心者でも簡単にわかるつけ方をまとめました。


アイゼンの付け方や選び方を紹介!

雪山の必須アイテムであるアイゼンですが、必ず付け方や選び方の確認を行いましょう。目的にあったアイゼンを使用することで、安全に雪山を進めます。
アイゼンは爪の本数が様々あり、それによって付け方も異なります。そして、スノーピークやエバニュー、モンベルやカジタックスなど、いろいろなメーカーからアイゼンは販売されています。
冬山だけでなく、標高の高い夏山でもアイゼンは活躍します。しっかりと付け方や選び方の知識を身に着けましょう!

アイゼンの選び方

選び方①4本爪

アイゼンの中で、簡易アイゼンと呼ばれるものは4本爪です。チェーンスパイク、またはスノースパイクと呼ばれる爪が無いものに対して、登山向きなものです。
4本爪はあまり深くない雪の上で使用するのに向いており、標高の低い山や夏の雪渓に使用しましょう。

選び方②6本爪

雪が深くなれば、6本爪のものを使用してください。モンベルは4本爪や6本爪のものを多く扱っており、価格も高すぎず入手しやすくなっています。

選び方③12本爪

本格的な雪山を行う場合、アイゼンの爪の本数は10本から12本ほどのものを選びましょう。ブラックダイヤモンドなどから、爪の本数が多いものが販売されています。
10本を超えるアイゼンになると、前爪が付いており、急勾配が登りやすくなるのです。山の標高に合わせて、アイゼンの爪の数を考えるのが大切です。

アイゼンの付け方

付け方①ワンタッチタイプ

ワンタッチ式のアイゼンの付け方には、注意点があります。ワンタッチ式の場合、靴のつま先と後ろ側に装着するためのくぼみが必要です。
付け方はシンプルにアイゼンに足を乗せて、レバーを上げて、紐を締めるだけなので簡単です。
セミワンタッチ式と違って、足を持ち上げてつけることができるので、装着が素早く行えます。装着しやすい分、やや外れやすい、という欠点も覚えておきましょう。

付け方②セミワンタッチタイプ

セミワンタッチ式は、最初に調節プレートの穴に棒をさしてください。その後に登山靴をアイゼンに乗せて、前部のハーネスを靴に被せ、後ろも装着しましょう。
その後、ハーネスに紐を閉めます。このときにしっかりと閉めておくと、アイゼンが固定されてズレなくなります。ハーネスと紐で固定されれば完成です。
ワンタッチ式と異なり、前コバがなくても、後ろコバさえあれば装着できます。ワンタッチ式は素早く着脱でき、セミワンタッチ式は登山靴にあまり左右されないという違いがあります。

付け方③ラチェットタイプ

ラチェット式のアイゼンの付け方は、非常に簡単です。アイゼンに脚を乗せて、足の甲のベルトを2つ締めるだけです。
バンド式などと比較すると、荷物が少し嵩張るというデメリットはあります。しかし初心者でもベルト式はすぐに装着できるメリットがあります。また、ベルトの締め具合の微調整もすぐできるので、扱いやすくなっています。

付け方④バンドタイプ

バンドタイプのアイゼンの付け方を確認しましょう。バンドタイプのアイゼンは、10本爪未満のアイゼンに多く見られる付け方です。
靴の種類をほぼ選ばず装着できるのが魅力です。ただし、甲のやわらかいタイプの靴を選んでしまうと、血行障害を引き起こすことがあります。
紐を締めるだけで簡単に装着できるので、構造は難しくありません。アイゼンを履いて、紐を締めるだけで装着できます。

アイゼンの付け方や選び方を覚えよう!

アイゼンの付け方や選び方について紹介しました。時期や山の標高に合わせて、爪の数を判断しましょう。グリベルやベルツなど、アイゼンは様々なメーカーが販売しています。
付け方はもちろんですが、爪の本数や長さ、重さもしっかりと確認してください。安全に雪山登山を行うために、アイゼンの付け方は事前にしっかりと練習し、調整しましょう。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に3,500tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

キャンプ飯でスパイス配合といえば、定番は「カレー」ですがメキシカン料理「チリコンカン」もスパイス配合を楽しめるレシピです。今回はマルチグリドルを使って、簡単で美味しく作れるチリコンカンレシピを紹介します。ぜひ皆さんも自分好みに仕上げてみてくださいね!


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 火起こし 自作・DIY 東京 車中泊 アクセサリー