「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

登山向きマグカップおすすめ5選!材質やサイズなど選び方についても

登山向きマグカップおすすめ5選!材質やサイズなど選び方についても

登山に欠かせないマグカップを詳しく説明します。登山向きマグカップの選び方で重要になる、素材、容量、機能についても取り上げます。さらに、人気の登山用マグカップを5種類厳選して詳しく紹介します。登山の際のマグカップ選びの参考にしてください。


登山向きマグカップのおすすめを紹介!

マグカップは登山の必須アイテムで、大切な登山用品の一つとしてこだわりを持つ人も多いです。登山には時として、少々ハードなプロセスがあります。
そんな時に山小屋やキャンプ場で、お気に入りのマグカップを用いてコーヒーや紅茶を飲むと、心身ともにリフレッシュできます。この記事では、登山におすすめのマグカップを詳しく紹介します。

登山用マグカップの選び方

登山用マグカップは素材、サイズ、デザイン、カラー、収納方法などさまざまなタイプがあります。種類も多く機能性からおしゃれなデザインまで、バラエティーに富んでいます。ここでは、材質や素材、容量、機能について詳しく解説します。

選び方①材質・素材

食器類の金属といえば、ステンレスです。ステンレスは丈夫で使いやすく、見た目も美しいです。保温性が優れ、登山のようなアウトドアに向いています。同じ金属では、アルミ製もあります。アルミは軽く、価格もリーズナブルです。
最近人気なのが、チタン製のマグカップです。チタンは熱伝導率が低いため飲み口の部分が熱くなりにくく、飲みやすいのが特徴です。 
プラスチックタイプの特徴は、価格がきわめてリーズナブルな点です形や色のバリエーションが豊富な点も、プラスチックの利点です。ただし、保温性や耐熱性が低い点は、欠点といえます。また、プラスチック臭が残ることもあります。 

選び方②容量

登山用のマグカップの容量は、200~600mlまであり、自分が使う用途に合ったサイズが選べます。
主に選ばれているサイズは300mlで、このサイズだとあまり収納スペースを取りません。迷ったときは、300mlのサイズをおすすめします。
小さなサイズは持ち運びが楽で、収納スペースが小さくて済みます。コーヒーや紅茶など、飲み物を飲む際に最適です。大きなサイズはインスタントラーメン用の器としても使え、コッヘルとしても使えます。使う目的次第で大きさも選びましょう。

選び方③機能

マグカップにはシングル構造だけでなく、ダブル構造になっているタイプがあります。シングル構造はバーナーやストーブに乗せて直火で温められ、コッヘルの代用にもなります。
コッヘルとして使えるだけ持っていく荷物が減ります。一般的にシングル構造のマグカップは直火に対応可能で、そのまま火にかけて温め直せます。
ダブル構造タイプは、保温性も保冷性も優れています。スープやコーヒーなどの暖かい飲み物だけでなく、冷たい飲み物の保冷効果もあります。時間をかけてゆっくり飲むときにダブル構造はおすすめですが、直火にはかけられません。

登山用マグカップのおすすめ商品

おすすめの登山用マグカップ①スノーピークチタンシングルマグ

スノーピークチタンシングルマグ

¥2310

スノーピークチタンシングルマグは、軽さを追求したシングルウォールのカップです。使用されているチタンの厚さは0.4mmで、口に当たる部分は飲みやすい口当たりになっています。比較的小型のため収納は楽で、デザインも洗練されています。

容量220ml
サイズ径67.2×高さ79mm
重量45g
30代/男性
30代/男性

とても軽い

評価:

スノーピークのマグカップを使い、水を入れて飲んむとおいしく感じます。とにかく軽く、金属性ですが口当たりも悪くありません。おすすめの逸品です。

おすすめの登山用マグカップ②キャプテンスタッグステンレスマグカップ

ステンレスマグカップ

¥1310

キャプテンスタッグのステンレスマグカップは、真空二重構造になっています。保温効力は42度以上で1時間、7度以下の状態で1時間の保冷効力があります。素材がステンレス鋼でアクリル樹脂塗装が施され、スープなども飲みやすい広口タイプのデザインです。

容量350ml
サイズ120×87×高さ82mm
重量170 g梱包
20代/男性
20代/男性

カラーがお気に入り

評価:

デザインがかわいく、値段も手ごろで、機能性も満足いくものです。冷たいジュースも温かいコーヒーも使えました。保冷、保温機能共に申し分ありません。カラーが多く、ブルーとイエロー購入しました。

おすすめの登山用マグカップ③エバニューTi Wマグカップ

Ti Wマグカップ

¥4070

エバニュー(EVERNEW)のTi Wマグカップは日本製で、保温性能の高い二重構造で折りたたみ式のハンドル付きです。容量は300ml、素材はチタニウムを使用しています。質量は96gと軽量です。アウトドアだけでなく、家庭や職場でも使えます。

容量300ml
サイズ径76×高さ72mm
重量96g
20代/男性
20代/男性

超軽量

評価:

大きさもちょうどよく、とにかく軽量で持ちやすいデザインです。軽量ながら本体の作りはしっかりしていて、持ち手は耐熱性の赤いチューブが施されています。

おすすめの登山用マグカップ④サーモス真空断熱マグカップステンレス製

真空断熱マグカップ ステンレス製

¥1560

日本の金属加工のメッカ、新潟県燕市にあるサーモス(THERMOS)の真空断熱マグカップ。ステンレス製で保温、保冷力が優れています。67度以上の状態で1時間の保温効力があり、8度以下でも1時間の保冷効力があります。アウトドアでの使用に最適なタイプです。

容量350ml
サイズ径80×高さ100mm
重量200g
30代/男性
30代/男性

飽きないデザイン

評価:

登山で温かい飲み物を飲みたかったので購入しました。洗いやすいデザインになっています。シンプルなデザインなので飽きることなく長く使えると思います。

おすすめの登山用マグカップ⑤メイチャンズライフチタンマグ

チタンマグ

¥5166

Meichan's Life(メイチャンズライフ)のチタン製のマグカップは、直火対応可でキャンプなどアウトドアに最適です。デザインがおしゃれでかわいいと人気です。チタン製で軽量タイプ、収納ポーチも付いていて女性に人気です。

容量300ml
サイズ径78mm×高さ85mm
重量56.8g
40代/男性
40代/男性

デザインが良い

評価:

デザインもいいし使い易いカップです。とにかく軽くて持ちやすいデザインで、使い勝手が良いマグカップになっています。直火OKなのでちょっとした水を沸かすのに大変便利です。

マグカップにもこだわって登山を楽しもう!

登山では適宜水分を補給する必要があります。水分を取ると登山や縦走がスムーズに進行し、温かいコーヒーがあればキャンプのテント食もおいしくなります。
登山での水分摂取では、マグカップが活躍します。選び方一つで、登山の途中で一息つくときや、キャンプ場でコーヒーや紅茶を飲む際においしさが増します。自分好みのマグカップを選んで、楽しい登山を満喫しましょう。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。