「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

キャンプにおすすめのカセットコンロ21選!人気のイワタニ製品も!

キャンプにおすすめのカセットコンロ21選!人気のイワタニ製品も!

キャンプにおすすめのカセットコンロを21アイテム厳選しました。カセットコンロのタイプ別のおすすめ商品をレビューと共に紹介します。キャンプ用のカセットコンロを使うメリットや選び方、一緒に使うおすすめの風よけやテーブルもまとめました。


キャンプにおすすめのカセットコンロを紹介!

キャンプでバーベキューなど料理をする際、アルコールバーナーやウッドストーブを使おうと考える方は多いでしょう。しかし、準備も後片付けもとても大変です。そんなときにおすすめしたいのが、カセットコンロでの調理です。
Campers編集部で、おすすめのカセットコンロを21アイテム厳選しました。タイプ別のおすすめや、選び方・メリット、レビューも紹介しています。また併せて使う風よけやテーブルも解説します。

キャンプでガスコンロを使うメリット

メリット①:着火時間が短い

キャンプの調理の際、カセットコンロを使うメリットの1つとして、着火時間の短さを挙げることができます。特に薪を使用する場合、着火時間は長くなります。特に冬場はきちんと火を安定して起こすまでに時間がかかりやすいです。
カセットコンロならば、スイッチノブをひねればすぐに火を使えます。冬場のキャンプなど、お湯を使いたい場面でもすぐに使用することができます。

メリット②:片付けが簡単

キャンプで料理をする際は、薪や炭でバーベキューをすることが多いでしょう。ただ、薪や炭は灰の処理が大変で、キャンプ場ごとに決められた場所に捨てるか、または持ち帰らなければならない場合もあります。
カセットコンロならば、火を消してもうそれだけで持ち帰ることができます。使い終わって少しすれば本体も冷たくなるので、比較的すぐに持ち運ぶことができます

メリット③:火加減の調節が容易

薪や炭、そしてアルコールバーナーでは火の強弱は付けられますが、細かく調整はできません。また、すぐに火力に反映されないです。
カセットコンロのメリットは火力調整のしやすさにもあります。弱火から強火まで、火力調整のノブを回すだけで瞬時にそして自在に調整することができます

キャンプ用カセットコンロの選び方

選び方①:用途に合ったものを

用途に合ったカセットコンロを選択するのも大切です。ソロキャンプなのか、それともグループキャンプなのかによって、使うコンロは変わってきます。
また、キャンプで作る料理によっても選択肢は変わってきます。鍋を乗せて使いたい場合は、ノーマルタイプのコンロが良いでしょう。また、ホットプレート料理をしたい場合、あみやきをしたい場合にもそれぞれに合ったタイプのコンロがあります。

選び方②:風よけがあると良い

キャンプなど、屋外で調理をする際に悩まされるのは風です。風が強いと、火がどうしても消えてしまいます。その際に活躍するのが、風よけです。
コンロの周りを囲うように風よけを設置すると、風によってコンロの火が消えにくくなります安定して料理をすることができるので、おすすめです。

選び方③:火力と燃焼時間をチェック

火力や燃焼時間にも注目をしましょう。火力は弱から強まで、細かく設定できるものが良いです。冬キャンプでは料理が温まりにくいので、特に火力の強さを重視しましょう。
カセットボンベ1本あたりで何時間燃焼することができるのかも重要です。どれくらい料理をするのかで、持っていくカセットボンベの本数も決めていきましょう。

選び方④:手入れがしやすいかどうか

キャンプに持っていくカセットコンロは、特に手入れのしやすさを重視しましょう。なるべく構造がシンプルなもの、フッ素コーティングされているものなどが特に手入れがしやすいです。
五徳部分が取り外せて丸洗いできるタイプも、とても手入れがしやすいのでおすすめです。

選び方⑤:安全性が高いものを

選ぶ際に大切なことのひとつに、安全性を挙げることもできます。特に、キャンプの際は持ち運ぶことが前提となるので、より安全性に気を配る必要が出てきます。安全装置がついているものを選択すると良いでしょう。
安全装置は、スイッチノブが完全にオフになっていないと、ガスボンベを取り外すことができないようになっています。そうすることで、ガス漏れを防ぐ働きとなっています。

選び方⑥:持ち運びしやすいか

キャンプに於いて、なんと言っても持ち運びのしやすさ、というのが特に重視されます。持ち運びしやすいものとは、コンパクトで軽量なものです。
グループキャンプからソロキャンプまで、様々なタイプのキャンプに応じてコンロを選びましょう。車で移動するのか、それとも自転車やバイクなのか、移動手段によっても選択肢は変わります。
その時のシチュエーションで、最適なコンパクトで軽量なタイプを選択していきましょう。

キャンプ用カセットコンロおすすめ【レギュラータイプ】

①イワタニ カセットフー マーベラスII

カセットフー マーベラスII

¥13680

コンロのトップを覆うカバーは、風よけにすることができます。また、防風リングを付けることで二重に風を避けることが可能です。炎を短くしているので、冬キャンプでも使いやすい仕様となっています。
取っ手がついているので、持ち運びしやすいです。おしゃれなデザインも人気です。

サイズ32.9 x 38 x 11 cm
重量2.8kg
20代/男性
20代/男性

合理的な作りが良い

評価:

カセットコンロのカバーが風よけになったり、キャンプやバーベキューで使用することを前提とした合理的な作り。冬場もすぐに暖かい料理が作れるのが魅力です。

②スノーピーク HOME&CAMPバーナー

HOME&CAMPバーナー

¥19847

アウドドア用品の人気ブランドスノーピークのカセットコンロです。おしゃれな見た目ですが、台の上に乗せると安定感があります。コンパクトに折りたたむことが可能。冬場や強風の際は風防を併せて使うことをおすすめします。

サイズ高さ12.7×幅15.2×奥行き27.9cm
重量1401.6
40代/女性
40代/女性

テーブルの上でも安心して使えます

評価:

とてもおしゃれだし、なによりもコンパクトにたためるのがGOOD。荷物が多くなりがちなキャンプにおすすめです。 ただ、冬場のキャンプでは外に熱が逃げてしまうような気もしてしまうので、風よけも一緒に使っています。

③イワタニ アウトドアこんろ タフまる

アウトドアこんろ タフまる

¥8789

キャンプ・アウトドアで使うことを前提として設計されたカセットコンロです。ダブル風防ユニットがついており、強風の中のキャンプでも使うことができます。コンロ本体を入れているケースがそのまま風よけとして使うことが可能です。
耐荷重20kgなので、ダッチオーブン料理を楽しむことができます。

サイズ幅341×奥行283×高さ129mm
重量2.4kg
50代/男性
50代/男性

とにかくタフなカセットコンロ

評価:

ダッチオーブンのような重たい鍋も載せることができます。冬場のキャンプでも、寒冷タイプのカセットガスを使わなくても大丈夫でした(若干、火が弱い気もしましたが)。とにかくタフ。ケースがついているので、持ち運びも楽でおすすめです。

④アラジン ポータブルカセットコンロ ヒバリン

ポータブルカセットコンロ ヒバリン

¥17600

パット見た印象では、カセットコンロだとは気が付かないフォルム。これは、七輪や火鉢をイメージしてデザインされたタイプのコンロです。天板中央の点火部が凹んでいるので、風に直接あおられにくいフォルムになっています。
別売のアクセサリーも豊富に取り揃えられています。冬場のキャンプに特におすすめです。

本体サイズW278×D295×H188mm
重量2.8kg
20代/女性
20代/女性

コロンとした形がおしゃれ!

評価:

コロンとした形のコンロはとても珍しくて購入しました。とてもおしゃれなので、女子キャンプのときには特に盛り上がるアイテムです。プチバーベキューをしたり、冬場はみんなでお餅を焼いたりします。

⑤イワタニ カセットフー 達人スリムII

カセットコンロ カセットフー 達人スリムIII

¥3078

イワタニのカセットフーシリーズの中で、最も薄く作られています。軽いので、キャンプの際に持ち運びしやすいです。トッププレートはフッ素コーティングされているので、お手入れもとても楽です。

サイズW33.5×H8.4×D27.5cm
重量1.3kg
50代/男性
50代/男性

スリムでおしゃれなデザイン

評価:

スリムでおしゃれなデザイン。キャンプだけではなく、普段家庭でも使うことができると思い購入しました。キャンプの料理の後には、取り敢えずさっと拭けば片付けが終わる手軽さも良い。

⑥kovea キューブ

キューブ

¥10180

シンプルでおしゃれな外観のコンロ。家庭でもキャンプでも使うことができます。とてもコンパクトなので、持ち運びしやすいです。別売りの専用ケースもあるので、キャンプの際にはケースを使用して持ち運ぶことをおすすめします。

サイズ27 x 24.1 x 12 cm
重量1.09kg
30代/女性
30代/女性

一目惚れしました

評価:

おしゃれでシンプルなフォルムに一目惚れして購入しました大きなフライパンは乗せられないのですが、キャンプで使うクッカーくらいの大きさなら大丈夫です。

カセットフープチスリムII

¥3040

とてもコンパクトで軽量なコンロ。直径20cmまでの鍋の使用が可能です。特に、ソロキャンプにおすすめの大きさです。

サイズ279×85×185mm
重量1.0kg
20代/男性
20代/男性

ソロキャンプで活躍

評価:

すごくコンパクト。クッカーを載せるのにちょうどよい大きさ。ソロキャンプ向きです。

⑧イワタニ フラットツインS

フラットツインS

¥18601

カセットコンロ2台が1つにまとまっているアイテムです。水皿が深くなっているので、風の影響を受けにくく、キャンプでも十分に使うことが可能です。

サイズ627×439×409mm
重量6.9kg
40代/女性
40代/女性

慌ただしいファミリーキャンプにぴったり!

評価:

お湯を沸かしながらもう片方ではパンケーキを料理したり、バーベキューしたり、とにかく慌ただしいファミリーキャンプに大活躍しています。

⑨SOTO FUSION ST-330

FUSION ST-330

¥9900

分離型のストーブです。カセットガスを使用するので、とても経済的です。耐風設計なので、屋外での使用にも最適です。

サイズ(使用時)幅410×奥行120×高さ90mm
重量250g
20代/男性
20代/男性

信じられないくらいコンパクト!

評価:

ボンベがある方と点火部分が分かれているタイプのコンロ。信じられないくらいコンパクトになるので、ツーリングキャンプにも持っていきやすいです。

⑩イワタニ ジュニアコンパクトバーナー

ジュニアコンパクトバーナー

¥5980

カセットガスをつなげて使うタイプのコンロです。小さいですが、1Lの水がたった4分で沸騰するほどの火力を持ち合わせています(室内無風の場合)。ソロキャンプでも頼れる1台です。専用のハードケース付きなので、持ち運びの際も壊れる心配はありません。

サイズ(使用時)幅155×奥行155×高さ127mm
重量約274g
20代/男性
20代/男性

火力が強い!

評価:

見た目はシンプルだけど火力は強いです。冬のキャンプでは風防と共に使えばきちんと料理できます。見た目もおしゃれで良い。

⑪イワタニ カセットフー タフまるJr.

カセットフー タフまるJr.

¥8160

アウトドア用コンロとして人気の「タフまる」の小型タイプ。特にソロキャンプに向いています。耐荷重10kgなので、ダッチオーブン料理も可能です。風防にもなるキャリングケース付き。

サイズ286x192.5x122mm
重量1600g
20代/男性
20代/男性

ソロキャンでお世話になっています

評価:

ソロキャンプで料理をする時に使っています。ある程度の風にも耐えるので、重宝しています。

⑫キャプテンスタッグ 風月

風月

¥5522

人気アウトドアブランドのキャプテンスタッグのカセットコンロ。とても小さく、ソロキャンプ向けです。小さいですが、一般的なコンロと遜色ない性能。アウトドア向けなのでとてもタフです。

サイズ幅225×奥行190×高さ105mm
重量1.0kg
40代/女性
40代/女性

ボックスティッシュ位の大きさ!

評価:

ボックスティッシュ位の大きさで、ソロキャンプに持っていくのに本当に負担感がないです。バーベキューをするというよりは、クッカーで軽く料理をするのに向いています。

⑬グリーンウッド カセットコンロ GC-TH1

カセットコンロ GC-TH1

¥2010

とてもスリムな設計。スリムですがハイパワーなので、バーベキューでも活躍します。本体が薄いので、高さのある鍋が使いやすいのが特徴。

サイズW330×D274×H86mm
重量254g
50代/女性
50代/女性

芋煮会で使いやすかった!

評価:

本体がとても薄いから、芋煮会キャンプをするときにとても重宝しました。芋煮用の鍋ってとても高さがあるのですが、これならば使いやすかったですよ。

⑭東海 カセットこんろコン郎ミニ

カセットこんろコン郎ミニ

¥3162

とても小さいタイプのひとり用のミニコンロです。直径20cmまでの鍋を使用することができます。しっかりとした作りで、安定感があります。

本体サイズ24.6×19.6×8.9cm
30代/男性
30代/男性

コンパクトで丈夫!

評価:

とにかくコンパクトで丈夫な所が良いです。20cmくらいまでのクッカーだったら安定して乗せられるので、ソロキャンに向いていると思います。

キャンプ用カセットコンロレギュラータイプ比較表

ブランド

イワタニ カセットフー マーベラスII

スノーピーク HOME&CAMPバーナー

イワタニ アウトドアこんろ タフまる

アラジンポータブル カセットコンロ ヒバリン

イワタニ カセットフー 達人スリムII

kovea キューブ

イワタニ カセットフー プチスリムII

イワタニ フラットツインS

SOTO FUSION ST-330

イワタニ ジュニア コンパクトバーナー

イワタニ カセットフー タフまるJr.

キャプテンスタッグ 風月

グリーンウッド カセットコンロ GC-TH1

東海 カセットこんろ コン郎ミニ

商品画像

特徴

トップカバーが風よけに ・取っ手付きで運びやすい

五徳を折り畳める ・直立して収納できる

・ダブル風防ユニット ・耐荷重20kg ・ケース付き

七輪や火鉢のようなコンロ ・アクセサリーが豊富

ヒートパネルタイプ ・薄型でコンパクト ・高い燃焼率

コンパクト ・家庭でも キャンプでも使える

・コンパクトで軽量 ・直径20cmまでの鍋使用可

コンロ2台分が1つに! ・風よけ付き

耐風設計 ・マイクロレギュレーター

・強い火力 ・専用ハードケース付き

・ソロキャンプ用のタフまる ・耐荷重10kg

・ソロキャンプ向け ・小さいが操作性は良い

腐食に強い ・ハイパワー

・コンパクト ・安全装置付き ・一人用

商品リンク

キャンプ用カセットコンロおすすめ【プレートタイプ】

①アラジン ポータブルガスホットプレート プチパン

ポータブルガスホットプレート プチパン

¥22440

とてもおしゃれなカセットタイプのホットプレートです。メーカーはキャンパーに人気のストーブブランドのアラジンです。気軽にキャンプでホットプレート料理を楽しむことができます。
平プレートと鍋プレートが付属しており、冬場に鍋キャンプもおすすめです。

サイズ420×216×205mm
重量2.7kg
30代/女性
30代/女性

とてもおしゃれでコンパクト!

評価:

ホットプレート料理用の平プレートと、鍋料理用の鍋プレートがついています。とてもおしゃれでコンパクトで気に入っています。特に鍋ができるので冬キャンプには本当におすすめです。

②イワタニ ビストロの達人Ⅱ

ビストロの達人II

¥14200

ビストロの達人オリジナルのプレート「シャローグリルパン」がとても便利です。プレートとしても、グリル鍋としても使用することができます。キャンプの朝、パンケーキを焼いたり、餃子を焼いたりする他、鍋物もすることが可能。
シャローグリルパンを外すと普通のカセットコンロになるのも魅力です。

本体サイズ幅406×奥行320×高さ187mm
重量3.4kg
40代/女性
40代/女性

ガスのホットプレートとしてもカセットコンロとしても使える

評価:

プレートを外すと五徳がついている普通のカセットコンロになります。これ1台でかなり使い方のバリエーションが広いです。

③イワタニ 焼き上手さんα

焼き上手さんα

¥8550

ガスカセットタイプのホットプレートです。ホットプレートのみの機能なので、価格が安く抑えられるのが魅力です。焼肉やバーベキューの他に、パンケーキや餃子など様々な料理に対応しています。
プレートはフッ素加工なので、お手入れが簡単なのもおすすめのポイントです。

本体サイズ47.1×奥行32.5×高さ16.9cm
重量約4.1kg
30代/女性
30代/女性

電気タイプより火力が強くて使いやすい

評価:

電気タイプのカセットコンロと比べて、火力が強く、焼きムラも出にくいです。カセットタイプなので、キャンプに持っていけるのも良いですね。プレートもフッ素加工なので洗いやすい。

④アラジン ポータブルガスホットプレート

ポータブルガスホットプレート SAGCP21BW

¥16500

発熱量は1800kcal/hのハイパワー。冬キャンプで気温が低いときでも、すぐに暖かい料理を食べることができます。超厚プレートなので、蓄熱効果が高く、食材の旨味そのまま料理することができます。

本体サイズ幅48.6×奥行33×高さ20.7cm
重量5.1kg
30代/男性
30代/男性

じんわりゆっくり弱火で焼くのにも良い!

評価:

ホットプレートにして厚めのプレートがついています。蓄熱効果が高いので、弱火でじっくりと焼いていくのも、強火でガンガン焼くのもできて、料理に合わせて使い分けています。ただ、キャンプに持っていくのには少々重たい。

キャンプ用カセットコンロプレートタイプ比較表

ブランド

アラジン ポータブルガスホットプレート プチパン

イワタニ ビストロの達人Ⅱ

イワタニ 焼き上手さんα

アラジン ポータブルガス ホットプレート

商品画像

特徴

平プレートと鍋プレート付属 ・おしゃれでコンパクト

・円形で洗いやすい ・ホットプレートとしても使用可能 ・普通のカセットコンロにもなる

フッ素加工のプレート ・直火式で火力が強い

・ハイパワー ・蓄熱プレート

商品リンク

キャンプ用カセットコンロおすすめ【バーベキュータイプ】

①ニチネン ジュージューボーイII KC-111

ジュージューボーイII KC-111

¥4830

2本のストレートバーナーで焼くことができるカセットコンロです。海でのキャンプにも最適で、貝焼きやバーベキューをすることができます。熱源は下にあり、下からじんわりと中まで料理することができます。コンパクトなので、持ち運びも楽です。

サイズ394×138×234mm
重量2.6kg
50代/男性
50代/男性

海鮮バーベキューにぴったり!

評価:

海キャンプで、貝焼きなどの海鮮バーベキューを楽しむときに使っています。じっくりと料理の中まで火が通りやすいので、サザエなどのゴツゴツした貝も料理しやすいです。コンパクトなので、車に載せても邪魔になりません。

②イワタニ スタンドBBQ グリルスター

スタンドBBQ グリルスター

¥32082

スタンドと本体が脱着可能なおしゃれなタイプです。スタンドタイプとテーブルトップタイプと使い分けることができます。
スタンドタイプでは、カセットコンロのテーブルを別に用意する必要がないので、手軽にキャンプの際に使用することができます。テーブルトップタイプは、みんなでワイワイ囲みながらバーベキューをする際におすすめです。

サイズ(使用時) 約81.6×奥行 51.9×高さ107.2cm
サイズ(収納時)幅 51.9×奥行 24×高さ118cm
重量10500g
20代/女性
20代/女性

様々なシチュエーションで使えて楽しい!

評価:

スタンドに乗せて使ったり、テーブルの上に置いて使ったりすることができるから、バーベキューパーティーをする時、いろいろな使い方ができるから便利です。カセットコンロだけど、結構盤面が広いので、たくさん焼けるのも良い!デザインもおしゃれです♪

③イワタニ 炉ばた焼器 炙りや CB-ABR-1

炉ばた焼器 炙りや CB-ABR-1

¥6358

イワタニの「炉ばた焼器炙りや」は、網と焼き鳥台がセットになっている人気商品です。串焼きのバーベキューや、海鮮焼きタイプの料理も楽しむことが可能です。コンパクトなので、車の中に置いても場所を取らないです。

本体サイズ幅409×奥行214×高さ134mm
重量約2.4kg
30代/男性
30代/男性

海キャンプで活躍しました!

評価:

海キャンプの際、近くの漁協で買った貝やイカなどの海鮮を焼くのにとても役立ちました。串を安定して置くことができる台もセットになっているので、串刺しにした具材もバーベキューできますよ。

キャンプ用カセットコンロバーベキュータイプ比較表

ブランド

ニチネン ジュージューボーイII

イワタニ スタンドBBQ グリルスター

イワタニ 炉ばた焼器 炙りや

商品画像

特徴

・2本のストレートバーナー ・焼きムラが出にくい

本体脱着可能 ・火力が強い

輻射熱で七輪のように焼ける ・網焼きも串焼きもできる

商品リンク

キャンプ用カセットコンロと合わせて使いたい風よけ

①ZhiTeng 風除板 収納袋付き (10枚のプレート)

風除板 収納袋付き (10枚のプレート)

¥2300

10枚のアルミニウム合金製のプレートで構成されており、冬場の風の強いときなどに活躍します。コンパクトに畳むことができ、軽量で収納袋も付属しているので、キャンプで持ち運ぶ際に負担になりません。

展開時のサイズ82×24cm
重量280g
材質アルミニウム合金
40代/男性
40代/男性

フレキシブルに使える風よけ!

評価:

10枚のアルミ製の板で構成されている風よけです。冬場の風が強いキャンプでも、きちんと風よけしてくれます。コンロの形状に合わせてフレキシブルに設置できるのが良いです。

②キャプテンスタッグ ウインドスクリーンM-8313

ウインドスクリーンM-8313

¥4129

カセットコンロ用のロゴスの風よけです。厚みがありストッパーがついているので、強風のときにもしっかりと自立することができます。折りたたんでコンパクトに持ち運ぶことが可能です。

サイズ(展開時)95×26.3×0.4cm
重量680g
素材アルミ
30代/男性
30代/男性

そこそこ強風のときでも!

評価:

冬キャンプでそこそこ風が強いときに使いましたが、ストッパーもついているし、きちんと風よけの役割を果たしていました。コンロの火も安定して使うことができるので、とてもおすすめです。

③196 木製 折りたたみウィンドスクリーン

木製 折りたたみウィンドスクリーン

¥12580

キャンプ用の風よけでは珍しい土佐ひのき製です。細かい蛇腹になっているので、コンロの大きさに合わせることができます。おしゃれなキャンプに特におすすめのアイテムです。
この風よけには、転倒防止用のロープをつけることができるので、安全対策もバッチリです。

サイズ幅72cm x 高さ40cm x 厚み0.8cm
材質ひのき・ウォールナット
50代/男性
50代/男性

冬キャンプでも大活躍の風よけ

評価:

風が強くなりがちな冬キャンプでも大活躍の風よけです。転倒防止用のロープをつけることができるので安心です。ひのきでできているのが珍しい。しっかりと風よけをしてくれるので、強風のなかでもしっかり料理ができます。コンパクトに畳むことも可能。

カセットコンロ用おすすめ風よけ比較表

ブランド

ZhiTeng 風除板

キャプテンスタッグ ウインドスクリーン M-8313

196 木製 折りたたみ ウィンドスクリーン

商品画像

特徴

アルミ製で軽量な風よけ ・小さく折り畳むことができる

ストッパーで固定できる ・厚みがあり、しっかりとした作り

ひのき製 ・折りたたみ可能

商品リンク

キャンプ用カセットコンロと合わせて使いたいテーブル

① LOGOS キッチンパーティーカウンター 9047

キッチンパーティーカウンター 9047(ヴィンテージ)

¥9790

大人が立って料理をするのに丁度いい高さのキャンプ用テーブルです。取外し可能な風よけがついているので、カセットコンロを使った調理に最適です。コンパクトに畳むことが可能で、収納用のおしゃれなバッグも付属。

サイズ(組立時)幅70×奥行70×高さ86/114.5cm
サイズ(収納時)幅24×奥行12×高さ85cm
重量6.2kg
耐荷重30kg
20代/女性
20代/女性

とてもおしゃれで機能的

評価:

レトロタイプの模様がとてもおしゃれで、それに惹かれて購入しました。実際に使ってみると、風よけは取り外しができて必要に応じてフレキシブルに使えるし、コンパクトに収納できるのもいいです。冬キャンプでは、基本的に風よけは付けたままにしています。

②VISIONPEAKS タフテーブル90 VP160401I02

タフテーブル90 VP160401I02

¥5990

高さが65cmと37cmに調整することができます。最近流行しているロースタイルでのバーベキューもすることができます。メッシュ天板なので熱にも水にも強いのが特徴です。コンパクトに収納ができるので、車にも積みやすいです。

サイズ ( High style )90×60×H65cm
サイズ ( Low style )90×60×H37cm
収納寸法63×47×6.5cm
重量3.2kg
耐荷重35kg
40代/男性
40代/男性

メッシュ天板が想像よりもずっとよかった!

評価:

メッシュ天板はたわんでしまうのではないかと思っていましたが、そういうこともなかったです。 熱に強いので、カセットコンロを乗せても特に心配することなく使えて良かったです。冬キャンプで鍋を囲みたいときにすごく使えます。

③山善 BBQホリデイテーブルBBT-1280

BBQホリデイテーブルBBT-1280

¥7999

簡単に設置ができるフォールディングタイプのテーブル。コンロを設置することができるラックがあり、その部分をひっくり返すだけでラックとテーブルの2WAYで使用ができます。高さも2段階に調整可能です。

天板サイズ 幅120 奥行80cm
バーベキューラックサイズ幅50 奥行34 深さ13cm
20代/男性
20代/男性

コンロが設置できるラックがあるのが便利

評価:

テーブルの真ん中の部分を外してひっくり返すと、カセットコンロを置くことができるくぼみができます。耐熱性もあるので、バーベキューや料理を温めながらみんなでテーブルを囲むことができます。

キャンプ用カセットコンロの台比較表

ブランド

LOGOS キッチンパーティー カウンター 9047

VISIONPEAKS タフテーブル90

山善 BBQホリデイテーブル BBT-1280

商品画像

特徴

風よけ付き ・コンパクトに収納可能

2段階に高さ調整可能 ・熱に強いメッシュ天板

・コンロを設置できる ・耐熱約150度

商品リンク

キャンプ用カセットコンロQ&A

キャンプで使用する際、特に気をつけることはありますか?

キャンプで使用する際に気をつけたいのは、カセットコンロの他に薪や炭の熱源をコンロのすぐ隣では使わない、ということです。
肉を炭火で焼きながら、隣で鍋物をコンロで作るというのはよくある光景でしょう。ウッドストーブなど、薪や炭を熱源とするものはかなり熱くなるので、カセットボンベを温めてしまい、爆発の恐れがあります。両方使う場合には、距離をとって使うようにしましょう。

カセットガスの取り扱いについて教えて下さい。

カセットガスボンベの取り扱いで気をつけたいポイントは、特に暑い日の場合、いくつかあります。
1つ目は、車の中に置き放しにしないことです。エンジンを止めた車の中は空調が効いていないので、すぐに高温になってしまいます。その中にはカセットガスボンベを放置しないようにしましょう。
2つ目は、直射日光に当て続けないことです。直射日光に当て続けると、カセットガスの缶自体が高温となっていまいます。車の中から持ち出したら、日陰で風通しの良いところに置いておきましょう。
3つ目は、子供の手が届かないところに置くことです。テントなどの設営でどうしても目を離す場面も出てきてしまいます。刃物など危険なツールと共に、子供の手が届かない場所にカセットガスも置きましょう。

キャンプ用カセットコンロおすすめまとめ

キャンプ用のカセットコンロのおすすめ21アイテムを紹介しました。ノーマルなタイプからバーベキュー用・ガスカセットタイプのホットプレートなど、キャンプの形式や人数に応じて選ぶことができます。風よけやカセットコンロ用のテーブルも、併用していきましょう。

イワタニの炉端焼き炙りやが人気!キャンプで本格焼き鳥を味わおう

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/grill/%e3%82%a4%e3%83%af%e3%82%bf%e3%83%8b%e3%81%ae%e7%82%89%e7%ab%af%e7%84%bc%e3%81%8d%e7%82%99%e3%82%8a%e3%82%84%e3%81%8c%e4%ba%ba%e6%b0%97%ef%bc%81%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e3%81%a7%e6%9c%ac/

炉端焼き炙りやのスペックや魅力について徹底調査しました。炉端焼き炙りやの使い方や価格、使用する時の注意点も詳しく解説!炉端焼き炙りやの手入れ方法についても、詳しく紹介しているので、キャンプなどで使用する際は参考にしてください。

キャンプ用ガスコンロ・バーナーおすすめ16選!人気の最強アイテムも

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/grill/%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e7%94%a8%e3%82%ac%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bb%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%8116%e9%81%b8%ef%bc%81%e4%ba%ba/

キャンプ用ガスコンロやバーナーのおすすめアイテムを紹介します。キャンプの際のガスコンロの選び方や注意点などを詳しくまとめました。また、ジャンル毎に最強アイテムをまとめたので、これからガスコンロやバーナーを購入したい人というはぜひチェックしてください。

ST-310の改造方法まとめ!シリコンチューブで自分流にカスタマイズ

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/burner/st-310%e3%81%ae%e6%94%b9%e9%80%a0%e6%96%b9%e6%b3%95%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%81%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%96%e3%81%a7%e8%87%aa%e5%88%86%e6%b5%81/

SOTOのバーナーST-310の改造方法を紹介します!改造方法だけでなく、基本スペックも説明しており、初めてバーナー選ぶ人でもわかりやすくまとめました。改造に使用する商品も紹介しているので、ST-310を自分好みにカスタマイズしてみましょう。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 火起こし 東京 車中泊 キャンプ料理 レシピ アクセサリー