「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

カートンドッグがキャンプの朝食におすすめ!レシピと必要アイテム!

カートンドッグがキャンプの朝食におすすめ!レシピと必要アイテム!

カートンドッグがキャンプの朝食におすすめな理由を解説します。牛乳パックさえあれば、カートンドッグの詳しい作り方や必要アイテムを説明!また、ホットサンドや肉巻きおにぎりなど、カートンドッグの作り方をアレンジしたメニューも紹介しています。


カートンドッグのレシピを紹介!

キャンプの朝食におすすめなカートンドッグを紹介します!カートンドッグ作りは、朝から面倒な炭や薪の準備する必要がありません。 
コッペパンにウインナーとお好みの具材を入れてホットドッグを作り、アルミニウムと新聞紙を巻いて、牛乳パックで燃やすだけです。とっても簡単に出来るので、キャンプの朝食におすすめです。 

カートンドッグの基本の作り方レシピ

カートンドッグを作るために準備するもの

  • 牛乳パック
  • アルミホイル
  • 新聞紙
  • 焚き火台
  • ノズルの長いライター
  • グローブ
  • コッペパン
  • ウィンナー
  • キャベツやレタスや玉ねぎのスライス(お好みで)
  • ケチャップ
  • マスタード
牛乳パックに直接火をつけるので、ノズルの長いライターの使用がおすすめです。水をよくふき取って乾燥させた牛乳パックを使いましょう。新聞紙の半分をはあらかじめ軽く水で濡らして下さいね。カートンドッグがふわふわに蒸し上がります。
新聞紙がない場合は、代用品にアルミニウムのみでも大丈夫です。その時は、アルミニウムを2重にして空気が入るように軽く巻くのポイントです。

作り方の手順

  • コッペパンに野菜やウインナーなど好みの具材を入れる。
  • コッペパンをアルミホイル、新聞紙、アルミホイルの順で巻く。
  • 巻いたコッペパンを牛乳パックに入れる。
  • 焚き火台に置いて、牛乳パックに火を着ける。
  • 牛乳パックと新聞紙が完全に燃えたら、グローブかトングで取り出す。
  • アルミホイルを開いて、最後にケチャップやマスタードをかける。
複数の牛乳パックを焚き火台の上にのせる時は、間隔を空けて置いて下さい。牛乳パックが燃えすぎて、パンが焦げる原因になります。
牛乳パックが完全に燃えた後、アルミニウムが大変熱くなっています。取り出す時は、やけど予防にグローブやトングを使いましょう。
カートンドッグの具材にチーズやベーコンを入れて、チーズドッグやベーコンドッグにアレンジも可能です。 

カートンドッグのアレンジ方法

ホットサンド

コッペパンを食パンに変えて簡単に作れるホットサンドです。作り方は、食パンにお好みの具材を入れて、食パンを半分に折ります。後は、カートンドッグ同様の手順で出来上がります。
具材には、ハム、チーズがおすすめです。他にもトマト、ベーコン、卵など。色々なバリエーションが楽しめます。

肉巻きおにぎり

ホカホカの肉巻きおにぎりにアレンジも可能です!作り方は、カートンドッグ同様の手順です。すでに調理されている市販の肉巻きおにぎりを使用して下さい。おにぎりに焼き焦げができるよう、アルミホイルを1重にし、火力を強くするために小枝を燃料に追加しましょう。

カートンドッグに関するQ&A

週末、キャンプに行きました。朝食にカートンドッグを作ったのですが、パンが焦げすぎて失敗してしまいました。コツを教えて下さい。

アルミホイルをパンに巻くときは、包み込むようにしっかりと巻いて下さい。また、アルミホイルを1重巻きだけでは、火力が強すぎて焦げる原因です。アルミホイル、新聞紙、アルミホイルの順で2重に巻くのが焦げすぎないポイントです。    

カートンドッグを作る時に、牛乳パック以外に他の代用品はありますか?

牛乳パックの代用品にダンボールがおすすめです。燃えがよく、使い勝手がいいのは小さいダンボールがです。大きいダンボールは、燃焼時間がとてもかかり、牛乳パックの大きさに作り直すにも手間がかかります。

カートンドッグをキャンプの朝食で作ってみよう!

カートンドッグ作りは、朝から面倒な薪や炭の準備、アルミホイルが紙皿代わりになるので後片付けの必要もありません!
コッペパンにお好みの具材を入れたり、ホットサンドやおにぎりにアレンジも可能。朝から手間をかけずに朝ごはんを作りたい方、子供連れでキャンプをする方に最適です。

焚き火料理レシピ20選!スキレットなどおすすめの調理器具も紹介!

https://news-magazine-campers.com/recipes/%e7%84%9a%e3%81%8d%e7%81%ab%e6%96%99%e7%90%86%e3%83%ac%e3%82%b7%e3%83%9420%e9%81%b8%ef%bc%81%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%aa%e3%81%a9%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e3%81%ae/

焚き火を利用した料理のレシピを20個紹介していきます。焚き火で調理をする際のポイントも徹底解説!焚き火料理に人気でおすすめのスキレットやダッチオーブンといった、おすすめの調理器具もまとめていますので、参考にしてみてください。

ホットサンドメーカーを使った料理レシピ!美味しいおつまみも!

https://news-magazine-campers.com/recipes/%e3%83%9b%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%82%92%e4%bd%bf%e3%81%a3%e3%81%9f%e6%96%99%e7%90%86%e3%83%ac%e3%82%b7%e3%83%94%ef%bc%81%e7%be%8e%e5%91%b3/

ホットサンドメーカーを活用した絶品料理のレシピを解説します。ホットサンドメーカーを使用したホットサンドのレシピはもちろんのこと、おつまみやスイーツなどの料理までまとめました。キャンプにおすすめのホットサンドメーカーも紹介します。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


100均 ブランド 東京 車中泊 アクセサリー 日帰り 関東 火起こし