「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

メタルマルが釣れる!人気カラーや相性の良いおすすめロッドも

メタルマルが釣れる!人気カラーや相性の良いおすすめロッドも

海のルアー釣りには欠かせない、メタルマルの魅力について解説しています。また、メタルマルのおすすめカラーや使い方について丁寧に解説し、相性の良いロッドも紹介。バリエーション豊富なカラーの中からお気に入りを見つけることができるので、ぜひ一度使ってみてください。


メタルマルの人気カラーやおすすめロッドを紹介!

「魚種限定解除」のキャッチコピーの通り、海のルアーフィッシングでは、大活躍のメタルマル。その魅力と効果的な使い方に迫ります。
また人気のカラーと、メタルマルに合わせるべきロッドまでを丁寧に解説。これを読んで、あなたのルアーボックスにぜひメタルマルを加えてみてください。

メタルマルの魅力

メタルマルは、ブリーデンから発売されるスピンテールジグの一種です。スピンテールジグとは、メタルボディーに金色のブレードがついたタイプのルアーのこと。
しかし、メタルマルは一般的なスピンテールジグとは異なり、エギに似た独特のフォルムをしています。このフォルムから生まれる動きが、多くの魚を釣り上げる魅力になっています。

メタルマルの魅力①釣れる魚の種類が豊富

アジ、シーバス、クロダイ、ヒラメ、コチ、サバ、ハマチ、メバルなどの、小魚を食べる魚は全般に釣り上げることができます。加えてハゼ、フグ、ベラなどの、小魚をエサとしない魚までも釣ることができ、対象魚が多いことが、どこでも使える一つの魅力になっています。

メタルマルの魅力②高い操作性能

2つめの魅力は、メタルマルの高い操作性能です。メタルマルは、独特の形のボディで動きを演出するのに加え、ブレードが回転振動するため、ただ巻きも有効です。
その上、釣り手の意思を表現するように、リフト&フォールも簡単にこなします。ジャークも、ワンピッチジャークからジャカジャカ巻きなど、低速から高速まで様々な動きを表現できます。

メタルマルの魅力③圧倒的な飛距離

3つめの魅力としては、その圧倒的な飛距離が挙げられます。メーカー公式サイトによると「無風平地で、100m越えの超遠投が可能な設計」となっています。
他社のスピンテールジグが、80m前後の飛距離が多いのと比較すると、メタルマルの飛距離は頭一つ秀でており、釣り場で協力な武器になることは間違いありません。

メタルマルの魅力④ウェイトのラインナップ

さらに、ウェイトのラインナップが豊富であることも、メタルマルをおすすめするポイントです。
13g、19g、28g、40g、60gと5種類の重さがあり、アジやメバルなどの小さな魚から、ハマチなどの大きな魚まで、さまざまな対象魚に対応できます。実績の出たカラーを、別のサイズでも使用すると、釣れる可能性も高まります。

メタルマルの人気カラー

メタルマルは、カラーバリエーションも多く、どのカラーでも実績が出るところが人気の秘訣です。その中でも特に人気で、1つは持っておくべきカラーを6つ紹介します。

メタルマルの人気カラー①ピンクイワシ

Metalmaru(メタルマル) 28g 14(ピンクイワシ)

¥1210

シルバーホロボディにピンクのカラーは、多くのルアーにも採用され、定番中の定番カラーです。釣り好きなら、真っ先にルアーボックスに入れたくなるでしょう。
ホロボディはアピール度が高く、ボディのキラメキが遠くの魚にもアピールするため、釣り場で最初に投入するカラーとしても適しています。青物、ヒラメ狙いの場合は外せません。

サイズ65mm
重量28g
フックダブルフック(SD−33TN#5相当)/トリプルフック(ST−36TN#8相当)
30代/女性
30代/女性

初めてのショアジギングで…

評価:

初めて行くショアジギングで、釣れるかどうか不安でしたが、見事カマスを釣ることができました。それ以来、絶対の信頼を置いているルアーです!必ず持っていきます。

メタルマルの人気カラー②グリーンフレーム

メタルマル(Metalmaru) 19g 15 グリーンフレーム

¥1100

グリーン系のカラーは目立たないため、釣具店では在庫が残っていることも多いです。しかし、そのポテンシャルは高く、ピンクイワシなどの鮮やかなカラーに食ってこない、ルアー慣れした魚をヒットさせるには、大事なカラーとなります。グリーンフレームは、グリーン系カラーでありながら、ベースはホロなのでアピール要素も持ち合わせています。

サイズ50mm
重量19g
フックダブルフック[SD-36TN#10]/トリプルフック[ST-36TN#12]
30代/男性
30代/男性

マダイに、ハマチに、効果絶大

評価:

ボートジギングにて使用しました。当日は状況も渋く、釣果が伸びませんでしたが、グリーンフレームでなんとか結果を出せました。マダイが釣れたのにはびっくり。やはり、信頼のおけるメタルマルですね。

メタルマルの人気カラー③ステルスグリーン

Metalmaru(メタルマル) 19g 07(ステルスグリーン)

¥1100

グリーン系の中で、グリーンフレームよりさらに目立たないカラーが、ステルスグリーンです。よりスレた魚に効果的と言えます。水深のある場所では、落ち着いたグリーンがシルエットのように見え、テールのブレードが目立ちます。
そのため、エサとなる小魚のサイズが小さい場合でも、大きなg数を使うことができ、遠投と両立できます。

サイズ50mm
重量19g
フックダブルフック(SD−36TN#10)、トリプルフック(ST−36TN#12)
20代/男性
20代/男性

こいつに救われました

評価:

大型魚の群れがいるとの情報でしたが、当日釣り場に行ってみると気配なし。代わりにいたのは、2まわりほど小さな群れでしたが、ステルスグリーンでシルエットサイズを落とすと、ガツンときました。これ持ってなかったら対応できなかったかな、って感じです!

メタルマルの人気カラー④プラチナブルー

メタルマル 28g 13プラチナブルー

¥1210

プラチナ色のボディに、ブルーの背面カラー、とてもオーソドックスなカラーと言えます。まさに、エサとなるイワシや小アジを再現したようなカラーです。
こうした実際のエサに似せたタイプのカラーは、場面を問わず使用できるのが特徴です。対象魚に、エサであることを見切られにくいため、昼間や海の色がキレイな場合に使用すると効果的です。

サイズ65mm
重量28g
フックダブルフック(SD−33TN#5相当)/トリプルフック(ST−36TN#8相当)
40代/男性
40代/男性

ベーシックなカラーで、何にでも対応できる

評価:

これ1つでいろいろな魚を釣ってます。今では、朝から昼のイワシパターンはこれ一択です。ブリ、シーバスなんでも来い!置いてないお店もあるのがちょっとNGポイント。

メタルマルの人気カラー⑤プラチナキャンディ

メタルマル 13g #11 プラチナキャンディ

¥990

プラチナ色をベースに、赤・黄・緑・ピンクなどのさまざまなカラーが混ざり、カラフルなキャンディのようです。一見、小魚とは似つかない色ですが、古くから多くのルアーに採用され、そして実績があります。
特に、シーバスや青物を狙うルアーでは、標準的なカラーです。アピール系ですが、ホロではなく、プラチナベースがややアピールを抑えています。

サイズ55mm
重量13g
フックダブル:SD-33TN#8相当、トリプル:ST-46TN#12
20代/男性
20代/男性

ナイトにはとりあえず、これ!

評価:

シーバスを釣りに行くと、ナイトで最初に投げるカラーとして使ってます。アピール力が高いので、一投目でどん!ということも。狙い通りに出ると嬉しいよね。

メタルマルの人気カラー⑥プラチナ紫陽花

メタルマル 28g 12プラチナ紫陽花

¥1210

友人と釣りに行った時、人に攻められたポイントを、後から攻める時、違うカラーを投入することは重要です。見たことのないカラーのルアーには、魚も思わず反応することがあります。
プラチナ紫陽花は、ブルー系で目立つところがないため、低活性の魚に対して効果が高く、ポイントを移動する前には、一度投げておきたいカラーになります。

サイズ65mm
重量28g
フックダブルフック(SD−33TN#5相当)/トリプルフック(ST−36TN#8相当)
40代/男性
40代/男性

スレに対応できるカラー

評価:

ヒラメやコチに使ってますが、土日のサーフは人だらけで、カラーが重要になりますね。そんな時に、こう行ったマイナーカラーがあると助かります。個人的には、定番カラーよりもこっちの方がたくさん釣れているかもしれません。

メタルマルと相性の良いおすすめロッド3選

メタルマルと相性の良いおすすめロッド①ダイワ・ラテオ

ラテオ 96ML・R

¥21002

ラテオは、ダイワのルアーロッドの中でも特にコストパフォーマンスが高く、人気のモデルです。8.6ftから11ftまで、さまざまな長さのラインナップがあるのも、特徴の一つです。シーバスのみならず、ヒラメやコチなど、多くの魚を狙うことができます。
メタルマルの28gまでを中心に使用するならMLモデルを、40gまでの使用を想定するなら、Mモデルを選ぶと使いやすいでしょう。

全長2.9m
自重129g
適合ルアー7-35g
30代/男性
30代/男性

ワンランク以上、上のロッドと遜色なし

評価:

¥20,000前後で購入できるロッドでは、非常に出来がよく、ハイエンドロッドのようなこだわりも見られてコスパは最高です。長さ違いで、2本を使い分けています。

メタルマルと相性の良いおすすめロッド②シマノ・コルトスナイパーXR

20 コルトスナイパー XR S106M/PS / ショアジギングロッド

¥29752

コルトスナイパーXRは、自転車ギアでも有名な、シマノから発売されている本格派ショアキャスティングロッド。軽くてシャープなロッドの振り抜きは、ラテオよりも大型魚を想定した作りながら、1日使っても疲れにくい設計になっています。
9.6ftから10.6ftが選択できます。MHタイプのロッドを使えば、60gのメタルマルも不安なく飛距離を出すことができ、青物などの大物とのやりとりも安心でしょう。

全長3.2m
重量270g
適合ルアーMax70g
30代/男性
30代/男性

前日からワクワクします。

評価:

久しぶりのNewロッド購入。サーフからヒラメとワラサ狙い。いい群れにあたるといいなーと、前日からワクワクしています。ジグはどれにするかな。とりあえず、新作のメタルマル60gと、闘魂ジグは外せない。

メタルマルと相性の良いおすすめロッド③メジャークラフト・ソルパラ

メジャークラフト ソルパラ ハードロックモデル SPX-762ML/S

¥8909

ソルパラは、メジャークラフトの代名詞とも言える、有名ルアーロッドです。このモデルは、船から扱うことを前提とした、短く取り回しのしやすいモデルもラインナップされています。
メタルマル13gに合わせたライトモデル、60gに合わせたパワーモデル、最適な一本が見つかるはずです。また、魚種に合わせた設計になっているため、自分が狙う対象魚に合わせて、選びやすいところもおすすめポイントです。

全長2.3m
適合ルアー3-20g
20代/女性
20代/女性

軽くて使いやすい、手に取りやすい価格

評価:

軽くて使いやすく、良く釣れる。まだ数回しか使ってませんが、こんなに大きいのが釣れるなんて驚きました。どこで釣りをするにも持っていきたくなる、そんなロッドです。

メタルマルの使い方

メタルマルの使い方①ただ巻き

メタルマルがどんな場面でも釣果を出しやすい理由として、ただ巻きのレベルが高いことが挙げられます。まず釣り場に着いたら、ただ巻きから開始すればOK。ボディのキラメキと、ブレードの安定した波動でアピールします。
ただ巻きも、スローから超高速までいろんな使い方を試してみることが、釣果への近道です。その時の魚のコンディションに、最適な速度が必ず見つかるはずです。

メタルマルの使い方②リフト&フォール

ただ巻きで結果が出ない時や、魚がいる層をすぐにメタルマルが通過してしまうような時は、リフト&フォールが効果的です。
ただ巻きではついてくるだけだった魚も、ルアーの動きが止まってフォールした瞬間に、食ってくることがよくあります。反射食いの習性を使った釣り方です。
リフト&フォールでは、魚がいる層にルアーをキープすることができるため、何度も食わせのチャンスを作ることができ、釣果を上げやすい使い方です。

メタルマルの使い方③ワンピッチジャーク

ワンピッチジャークは、最も基本的なジャークの方法です。ロッドを1回ジャークするのに合わせて、リールを1回転させてルアーを動かしていきます。リズミカルに動かして、魚に注目させるのがポイントです。
ワンピッチジャークには、「食わせの間」というのが必要です。ジャークに興味を示してついてきた魚の目の前で、一瞬動きを止める方法で、この瞬間にメタルマルがフォールするため、魚が食いつくという仕掛けです。動画でも紹介されているので、繰り返し見て習得してください。

メタルマルの使い方のQ&A

何色ぐらい持って釣り場に行けば良いですか?

カラーは多ければ多いほど、サイズもたくさんあるに越したことはないです。まずは、自分の狙う魚や通う釣り場に合わせて、5色くらいを選んで釣りに行ってみましょう。
人気カラーから選べば、魚からの反応は得られるはず。その中でお気入りのカラーができたら、サイズ違いなどを揃えていくと良いでしょう。

メバルを釣る時の注意点はなんですか?

メバルは、小さめの小魚をエサにしていることが多いので、メタルマル13gの小さめのものを選ぶと良いと思います。
またメバルは、障害物周りにいることが多いので、根掛かりに注意です。シングルフックモデルを選んだり、予備のメタルマルを多めに持っていくなどの工夫をすると、釣りを楽しめます。

メタルマルのブレードを取っても釣れますか?

ブレードを取っても釣れないことはないですが、ブレードはメタルマルの心臓部分ですので、付けた状態で使うことをオススメします。また、使用中に根掛かり等でブレードが取れてしまった場合は、釣具店などでブレード単体を買うという方法もあります。

メタルマルで釣りを楽しもう!

メタルマルのおすすめカラーと使い方について紹介しました。メタルマルは、本当にたくさんの種類の魚が釣れる、最高のルアーです。
手持ちのお気に入りロッドと合わせるもよし、新たにおすすめロッドを買うもよし。あなたも「魚種限定解除」して、たくさんの魚を釣ってみませんか?

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。