「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

焚き火ができるテントまとめ!間違いないおすすめブランドは?

焚き火ができるテントまとめ!間違いないおすすめブランドは?

焚き火ができるテントを徹底的に紹介!上部と距離のある前室風テントやソロキャンプにおすすめなワンポールテントについて掘り下げていきます。また、焚き火を行う際の対策についても触れているので、気になるという人はぜひ参考にしてみてください。


焚き火に強いテントを紹介!

焚き火はテント内では行えないと考えている人もいることでしょう。しかし、dodやノルディスク、テンマクデザインから焚き火にも耐えられる強いテントが販売されています。おすすめテントを紹介するとともに、中で焚き火をする際のリスクと対策にも触れましょう。
ソロキャンプで使えるものや前室があるものまでさまざまなので、中で焚き火をしたいという人はぜひ参考にしてみてください。

テント内で焚き火をする際のリスクと対策

まずは、テント内で焚き火をする際のリスクと対策について掘り下げていきましょう。事前にリスクと対策を知っておくことで、危険を回避することができます。リスクはかなり危険なものとなっているので、使用する際は注意するようにしましょう。

①炎がテントに燃え上がる可能性

初めに危険性として挙げられるのが、炎が燃え上がってしまうという可能性についてです。焚き火は炎がどれだけ立ち上がるのか予測できないため、気づいた時にはテントに炎が燃え移ってしまうということも。
そのため、焚き火を行う際はできるだけ火を小さくすることをおすすめします。また、焚き火の周りと上にブロックを乗せるという対策方法もおすすめです。他にも、上部と焚き火まで距離があるものを選ぶという対策もあります

②一酸化炭素中毒になる可能性

焚き火をする際に締め切ってしまうと、一酸化炭素中毒になる可能性があります。炎は酸素を使って燃え広がるため、中の一酸化炭素が急激に多くなるでしょう。一酸化炭素中毒は火事でも亡くなる人が多い現象なので、きちんとした換気を行う必要があります。
一酸化炭素中毒を避けるためには、穴の空いているテントを使用するのがおすすめです。また、前室がついているものなら入り口が大きく開いているので、空気を循環させることもできます。

③飛び火の危険性

テント内の焚き火は、飛び火してしまう可能性があります。火の粉はどこに飛ぶのかわからないため、気づいた時にはテントが穴だらけになってしまうことも。そのため、テント内で焚き火を行う場合は穴が空かないように火の粉に強いアイテムを選ぶようにしてください。
事前に対策を行っておくことで、快適に焚き火を行うことができます。dodやノルディスク、テンマクデザインなどから販売されているので、そちらもチェックしてみてください。

焚き火に強いテントの選び方

テント内で焚き火を行う際、どの点を重視して選べばいいのか迷ってしまうという人もいることでしょう。そのため、ここからは焚き火に強いテントの選び方について掘り下げていきます。特に、焚き火まで距離のあるアイテムや前室のあるアイテムなどがおすすめです。

選び方①素材の種類

まずは、テントの素材の種類についてです。テントには主にポリエステル、ポリコットン、コットンの3種類が使われます。その中で最も火に強い素材はコットンで、少し高価なのが特徴的です。ポリコットンも火に強く、コットンより少し安価な値段で売られています。
焚き火を行うのなら、この2種類から選ぶようにしましょう。ポリエステルは最も安価ですが、火に弱いのでテント内の焚き火には向いていません。

選び方②重さ

次は、重さについてです。ポリエステルは最も軽いため、選ぶという人も多いでしょう。しかし、焚き火を行う際はポリコットンとコットンが必須です。最も重いのは火に一番強いコットンで、ポリコットンの方が少し軽くなっています。
そのため、軽さを重視するのであればポリコットンがおすすめだと言えるでしょう。キャンプで荷物を軽量化したい人は、ぜひポリコットンのアイテムを選んでください。

選び方③補強のしやすさ

テントは、アイテムによって補強を行うことができます。補強する際は補強テープを利用するのがおすすめです。万が一穴が空いてしまってもリペアシートで修復することができるので、焚き火を行う予定がある場合は事前に購入しておきましょう。

選び方④風に強いかどうか

購入する際は風への強さを考慮する必要があります。ワンポールは設営が簡単なのですが、風で倒れてしまう可能性が高まるでしょう。そのため、風の強い日に利用する予定がある場合は、物ポールやティピー型の利用がおすすめです。

選び方⑤設営のしやすさ

設営のしやすさも、購入時に確認する必要があります。特にソロキャンプや初心者の場合は設営を簡単にしたいため、ワンポールを選ぶのがおすすめです。ワンポールは軽量だという特徴もあるので、持ち運びやすいものを探しているという人も購入してみてください。

焚き火に強いおすすめテント【DOD】

まずは、dodのおすすめ商品について掘り下げていきましょう。dodは信頼の厚いブランドなので、様々なキャンプアイテムを販売しています。また、dodは初心者から上級者にまで愛されているので迷った時はぜひdodの商品を購入してみてください。

①ヌノイチ Sサイズ

ヌノイチS カーキ T2-593-KH

¥22391

こちらの商品は、ソロキャンプから複数人で行うキャンプにおすすめな商品です。炎とテントとの距離が広く取られているので、火事になる危険性も少ないです。また、設営方法によっては前室を作るような形にすることもできます。そのため、利用方法に合わせた設営を行いたいという人からも人気です。

Men
Men

設営が難しいけど買ってよかった

評価:

色々な設営方法があるので、状況に合わせて形を変えたい人におすすめです。広いのでテント内で焚き火をすることができ、焚火とテントの距離を保つこともできました。ソロキャンプなら広々使えますし、人とキャンプを楽しむことも可能です。

②チマキテント

DOD(ディーオーディー) チマキテント T2-656-TN

¥19939

ソロキャンプにおすすめな商品ですが、同じテントを組み合わせることで複数人で楽しむこともできます。小さいテントなのでテント内というよりは、テントの入り口部分で焚き火をすることになります。こちらはワンポールのテントなので設営が簡単で、特にソロキャンプ初心者におすすめです。

Lady
Lady

プライベート空間を楽しめた

評価:

みんなでキャンプをする際に利用しました。同じテントを購入して繋げていたので、プライベート空間を守りながら楽しめたと思います。また、ワンポールで設営が簡単という点もポイントが高かったです。

③T2-604-TN タン

DOD T2-604-TN タン [カマボコテントソロTC]

¥41980

ソロキャンプを行うのなら、こちらのテントがおすすめです。入り口部分を広げることができ、そこで焚き火を行うことができます。メッシュが使われているのですが、冬は暖かく利用で切りように工夫も施されていて年中キャンプを行う人におすすめです。

焚き火に強いおすすめテント【ノルディスク】

大人数で焚き火を行いたいのなら、ノルディスクというブランドがおすすめです。設営が簡単なアイテムが多く、広さを確保できるのでファミリーや友人とキャンプを楽しむという人が多いです。

①Asgard 12.6(アスガルド)

NORDISK ノルディスク Asgard 12.6(アスガルド)6人用パオ型コットンテント

¥118800

こちらの商品は、最大で6人まで利用できます。かなり大きいサイズのテントとなっているため、ソロキャンプでは設営が難しいです。しかし、ワンポールテントではないものの設営がシンプルとなっています。テント内で焚き火を行う際は、必ず入り口をしっかりと開けておくようにしてください。高さがあるので焚き火までの距離があり、安心してテント内で焚き火が行えるでしょう。

30代/男性
30代/男性

設営が少し手間でした

評価:

家族でキャンプを行う際に購入しました。上まで距離があるため、テント内でも安心して焚き火を行えます。ただ、ワンポールにVじのポールがあるだけなのですが、ペグ打ちなどがかなり手間だったので手伝ってくれる人がいないと難しいです。

②Ydun 5.5 (ユドゥン)

NORDISK ノルディスク Ydun ユドゥン 5.5 ナチュラル 142022

¥82999

こちらの商品は、前室のあるテントがある人におすすめです。かなり広いテントとなっているので、入り口をしっかり広げて前室のような使い方をすることができます。ただし、上の距離がそれほど遠くないので焚き火はテント内というよりも、入り口辺りで行うようにしてください。また、ワンポールではないので設営が少し難しいので注意が必要です。

40代/女性
40代/女性

家族で利用しました

評価:

かなり広いテントなので、家族でもゆったりと利用できました。両側から入り繰りを開けることができるので、テント内で焚き火を行っても空気をしっかりと入れ替えることができます。ただ、綺麗に設営するのは少し難しかったのでもう少し設営を練習したいと思います。

③Alfheim 19.6 (アルフェイム)

NORDISK(ノルディスク) Alfheim 19.6

¥140800

こちらは焚き火を行う際におすすめな商品です。入り口部分がしっかりと開いているので、空気の入れ替えが可能です。また、焚火ができるくらいしっかりと上の距離が開いています。ワンポールなので設営が簡単で、ソロキャンプで購入するという人が多いです。そのため、ソロキャンプでワンポールもものを購入したいという人はぜひ検討してみてはどうでしょうか。

20代/女性
20代/女性

焚き火ができました

評価:

焚き火ができるアイテムを探していたのですが、こちらがソロキャンプに良いと思います。ワンポイントなので女性でも簡単に設営可能でした。広さがあるのでワンポールでもファミリーや友達と利用できるのではないかと思います。

焚き火に強いおすすめテント【テンマクデザイン】

テンマクデザインは様々なキャンプ用品を販売しているブランドです。今に合ったニーズを留めるというコンセプトを掲げているため、自分に合った商品を見つけやすいでしょう。

①サーカス TC BIG

テンマクデザイン サーカスTC

¥26544

こちらは、前室のあるアイテムを探している人におすすめな商品です。通気性のあるアイテムとなっているため、焚き火の際に空気をしっかりと入れ替えることができます。また、前室を付けることでより安心して焚き火が行えるでしょう。焚き火を目的としてこちらの商品を購入する際は、別で販売されている前室のアイテムを購入してみてください。

30代/男性
30代/男性

キャンプを頻繁に行う人におすすめ

評価:

焚き火ができるアイテムの中では比較的値段が安く、気軽に購入できました。夏は涼しく利用できるのですが、冬も暖かいので年中キャンプを楽しむ自分にはピッタリでした。

②サーカス コットン

tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)サーカス コットン

¥34980

こちらの商品は最も燃えにくいコットンが利用されていて、焚き火を行うことができます。しっかりと入り口を閉めることができるので、一年中快適に過ごすことができるでしょう。ただし、焚き火を行う際は入り口を開けてを行うようにしてください。

Lady
Lady

複数人で利用可能

評価:

おしゃれなデザインに惹かれて購入しました。ワンポールなので設営が簡単で、広いため友人と利用してもゆったりできて良かったです。別売りでメッシュなども売られているので、今度購入しようと思います。

③ペポ (PEPO)

tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン) PEPO ペポ

¥87780

こちらは広く利用したいという人におすすめな商品です。A型のテントなので中で焚き火を行うことができ、入り口は巻き上げ式なので空気の入れ替えも抜群です。また、出入り口パネルを前室風にすることもできるため、前室で焚き火を行いたいという人にもおすすめです。

40代/男性
40代/男性

かなり快適に過ごせます

評価:

背面部分の出入り口は全面的に開放することができるので、大きなアイテムを中に入れることもできます。また、撥水加工が施されているため、雨の日でも焚き火をすることができました。

焚き火に強いおすすめテント比較表

ブランド

dod(ディーオーディー)

dod(ディーオーディー)

dod(ディーオーディー)

NORDISK (ノルディスク)

NORDISK (ノルディスク)

NORDISK (ノルディスク)

tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)

tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)

tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)

画像

商品名

ヌノイチS

チマキテント

T2-604-TN タン

Asgard 12.6

Ydun ユドゥン 5.5

Alfheim 19.6

サーカスTC

テキストサーカス コットン

PEPO ペポ

特徴

ソロキャンプにおすすめ ・形を変えることができる

初心者におすすめ ・入り口を広く開くことができる

2ルームにできる ・年中利用可能

・デザインがおしゃれ ・最大6人まで利用可能

ファミリーで利用できる ・広いのでゆっくり過ごすことが可能

ワンポールで設営が簡単 ・空気の入れ替えができる

・安価で購入できる ・夏も冬も快適

・おしゃれなデザイン ・燃えにくいコットンを採用

前室風にできる ・背面出入り口全開で開放感

商品リンク

焚き火に強いテントのQ&A

どの素材なら大丈夫なの?

ポリコットンとコットンがおすすめです。ただし、ポリコットンは燃えやすいポリエステルが含まれているので、コットンよりは燃えやすいというデメリットがあります。できるだけ燃えにくいアイテムを使いたいという人は、コットンを利用しましょう。

テント内で焚き火しても大丈夫?

中で焚き火を行ってしまうと、一酸化炭素中毒になる可能性があります。そのため、入り口付近で行うようにしてください。また、前室や前室風の屋根を作れるテントが特におすすめです。他にも上部と焚き火の距離を取れる広いものを利用するようにしましょう。

焚き火に強いテントのおすすめまとめ

dodやテンマクデザインから、焚き火に強いテントが販売されています。広くて距離のあるアイテムなら焚き火を行うことが可能です。ただし、焚き火に強いからといって対策を怠らないようにしてください。しっかりと対策を行っておくことで、安全に焚き火ができます。
対策はいくつかあるので事前に確認しておきましょう。また、おすすめテントをいくつか紹介しているので、気になるという人はぜひこの機会に購入することをおすすめします。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

関連するキーワード


ブランド

関連する投稿


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


日本発ブランド「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)」!おすすめのテント17選

日本発ブランド「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)」!おすすめのテント17選

「テンマクデザイン」は、大型テントなどで知られる、キャンパーから幅広く注目されているブランドです。今回は、そんな「テンマクデザイン」のおすすめテントを17選紹介します。テントの性能や特徴なども詳しく解説しますので、参考にしてください。


シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

無印良品の収納やボックスはキャンプ用品としても大活躍します。キャンプ場の景色にとけこむシンプルで上質なデザインはお洒落さをぐっと底上げしてくれます。この記事では、これからキャンプ用品を集めたい人に向けて「無印用品のおすすめキャンプ用品をたっぷり12種類」大公開します!


ロゴスのおすすめキャンプ用品23選!初心者にもベテランキャンパーにも

ロゴスのおすすめキャンプ用品23選!初心者にもベテランキャンパーにも

ロゴスのおすすめキャンプ用品について解説します。アウトドアブランド「ロゴス」は、多くの人が使えるように良心的な価格設定など、ロゴスの魅力について説明。また、初心者やベテランキャンパーにおすすめのキャンプ用品を紹介します。


SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価・使い方まとめ!

SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価・使い方まとめ!

SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価や使い方を徹底解説します!キャンプ好きの方なら多くの方が知っているマイクロレギュレーターストーブは、キャンプの時に持って行くと大活躍間違いなしのシングルバーナーです。購入しようか迷っていた方は必見です!


最新の投稿


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に3,500tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

キャンプ飯でスパイス配合といえば、定番は「カレー」ですがメキシカン料理「チリコンカン」もスパイス配合を楽しめるレシピです。今回はマルチグリドルを使って、簡単で美味しく作れるチリコンカンレシピを紹介します。ぜひ皆さんも自分好みに仕上げてみてくださいね!


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 火起こし 自作・DIY 東京 車中泊 アクセサリー