「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

スナイプハンガーや焚き火シートは機能性が抜群!「シナノワークス」のおすすめギア17選

スナイプハンガーや焚き火シートは機能性が抜群!「シナノワークス」のおすすめギア17選

キャンプギア専門のブランド「シナノワークス」おすすめのギアを紹介します。さまざまなこだわりのギアを扱うシナノワークスのハンガーラックや焚き火シート、スナイプハンガーなどキャンプで便利なギアをまとめてみました。ぜひチェックしてみてください。


スキー用品やトレッキングポールでおなじみの「シナノ」

株式会社シナノは、スキー用品などを扱っている老舗のアウトドアメーカーです。トレッキングポール、ウォーキングポールなどを製造しています。どれも手にフィットするグリップで、疲れにくい作りが特徴です。

本記事では、シナノから誕生したキャンプに特化した「シナノワークス」のおすすめを紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。

安心安全な「国産」ブランド

シナノワークスの製品は、国内産であることが特徴です。日本人の好みや、スタイルに寄り添った製品が多く制作されています。

また、自社工場で製作するため、丁寧なモノ作りを実現しています。また、アフターサービスを円滑に受けられるのも嬉しいポイントです。

カスタムが楽しい連結ギアも注目!

シナノワークスのギアが持つ魅力は、自由なカスタムにあります。ギア同士を連結させることで、サイズ感をアップさせ、使い勝手を良くすることが可能。サイズや高さを変えられるなど、自由度の高さは大きな魅力です。

【ハンガーラック】シナノワークスのおすすめギア

シナノワークスのハンガーラックは、優れた加工技術によって、耐久性が高くキズが付きにくいことが特徴です。ここからは、シナノワークスおすすめのハンガーラックを6選紹介します。

スナイプ ハンガー

好みの幅や高さに変形可能なハンガーラックです。少ないパーツで構成されているので、初心者キャンパーでも手軽に組み立てることができます。高さ68~99㎝まで好きな長さで調節することが可能。

こだわりを持って考えられたアジャスト機能は、高い職人気質を感じさせるクオリティの高さとなっています。


使用サイズ幅:68~99cm 高さ:73cm・95cm・130cm
本体重量約940g
耐荷重10kgf
価格¥15,950(税込)/ブラック・グリーン ¥17,050(税込)/ブラウン
シナノワークス公式サイト

スナイプハンガー ソロ

先述したスナイプハンガーのソロキャンプ仕様の「スナイプハンガー ソロ」です。こぢんまりとしたサイズ感で、場所も取りません。

コンパクトながらカスタムの楽しさが詰まったワクワクするギアで、シェラカップなどのハンギングはもちろん、焚き火台にジャストなサイズであるため、トライポットを使用することも可能です。


使用サイズ幅:35~52cm 高さ:38cm・60.5cm
本体重量約550g
耐荷重20kgf
価格¥13,200(税込)ブラック ¥14,300(税込)ブラウン
シナノワーク公式サイト

スナイプハンガー ホーム

「スナイプハンガー ホーム」は、自宅での使用を目的とされたスナイプハンガーです。フローリングの床などでの使用に合わせ、ゴムを先端に使用しています。これは、滑りにくさや傷つきにくさへの配慮です。

また、カラーバリエーションが豊富なので、インテリアなどに合わせて、カラーを選ぶことができます。


使用サイズ幅:680~990mm 高さ:730mm・950mm・1300mm
本体重量約960g
耐荷重10kgf
価格¥22,000(税込)
シナノワークス公式サイト

ハンガーラック用ブリッジバー

スナイプハンガーなどのカスタムを楽しめる「ブリッジバー」は、ハンガーラックを拡張できるオプションパーツです。3倍に拡張可能な自由度と、軽量さも魅力。キャンプの規模や、人数に合わせて使えるためさまざまなキャンプスタイルに使えます。


使用サイズ幅:73~105cm 高さ:14cm
耐荷重約170g /1本
価格¥11,000(税込)
シナノワークス公式サイト

【BRIDGE BAR専用】天板DIY-kit

ブリッジバー専用の「【BRIDGE BAR専用】天板DIY-kit」は、ぜひ持っていたい便利でおしゃれなオプションパーツです。専用ジョイントKitがついているので、取り付けが簡単。加工しやすい材質なので、カスタムが容易にできます。


天板サイズ90cm×18cm×1.8cm
本体重量約1,100g/取り付けパーツ含む
価格¥4,400(税込)/単品
シナノオンラインストア

SH-HOOK (ハンガーラック用フック)

ユーザーの希望から開発された「SH-HOOK」は、ハンガーラック使用を重視したしっかりとした金属製が特徴です。耐久性が高く、無骨で重厚感あるデザインも人気。さらに、2種類ある爪の部分のひとつは、ボトルオープナーとして使用できます。


サイズフック部 35×60×3mm ベルト部 20×155mm(伸ばした状態)
耐荷重2kg
フック数2個
価格¥3,300(税込)
シナノワークス公式サイト

【ランタン関連】シナノワークスのおすすめギア

シナノワークスのランタンは、虫が近づくのを防止する機能など、機能性に優れたものもあります。シナノワークスおすすめのランタンやランタン関連のギアをピックアップしました。

スナイプスタンド

スナイプスタンド」は簡単操作が魅力なランタンスタンドです。シチュエーションによって高さを変えられることは、明るさのストレスを軽減してくれる嬉しいポイント。設置後、高さ調整が可能で、シチュエーションに合わせた明かりの空間を満喫できます。

また、気になる設営問題も、自社オリジナルの地面に早く食い込むペグによって、簡単に設営することができるので安心です。


使用高194~143cm・123~100cm・55cm
本体重量750g
耐荷重1~6kg(使用レンジによる)
価格¥23,100(税込)
シナノワークス公式サイト

マッフル (ゴールゼロ用ランタンシェード)

屋外利用にうってつけの「マッフル 」は、ゴールゼロのLEDライトにぴったりフィットするシェードです。。ランタンとしての機能だけでなく、明かりに虫が拒絶する成分を放出する防虫効果を備えています。

身体にも優しい成分を利用しているため、お子さんがいても安心して使えます。


サイズ50×50×70mm
材質忌避剤配合樹脂
価格¥1,650(税込)
シナノワークス公式サイト

あわせて読みたい関連記事

【ゴールゼロ】おすすめのシェード5選!超人気ランタンをおしゃれにしよう

https://news-magazine-campers.com/articles/1692

人気のゴールゼロのランタンについて、徹底的に解説します。キャンパーから高評価のゴールゼロの魅力を、余すことなく説明しました。また、ゴールゼロ専用のおすすめシェードも詳しくまとめているので、ぜひ夜のキャンプライフに活用するためにも参考にしてみてください。

【焚き火】シナノワークスのおすすめギア

焚き火に関するシナノワークスのギアは、耐熱性が高く安全に使用できるものばかりです。そこで、焚き火をするのにぴったりのシナノワークスのおすすめギアを紹介します。

ファイアスタンド シリンダー

シンプルな構造が特徴の「ファイアスタンド シリンダー」です。アルミシャフトを使用したコンパクトで軽量さが魅力。ソロ、もしくはデュオキャンプに適したサイズ感で、太い4本の脚によって安定感があるため安定感があります。


使用サイズ 本体/幅:約35cm 奥行:約37cm 高さ:約26cm メッシュ/30×30cm
本体重量
515g
耐荷重5kgf
価格¥18,150(税込)
シナノワークス公式サイト

焚火シートSOLO

環境に優しい「焚火シートSOLO」は、特殊加工により耐火性や耐炎性に優れたシートです。ソロ用のコンパクトサイズなので、ソロキャンパーにぴったり。優れた炭化繊維を使用しているため、耐熱性も期待できます。


使用サイズ450×350mm
連続使用温度
約250℃
価格¥2,970(税込)
シナノワークス公式サイト

焚火シートラージ

先述した焚火シートSOLOをサイズアップした「焚火シートラージ」です。より大きな焚き火台にも対応できるシートなので、複数人利用に向いています。


使用サイズ690×600mm
連続使用温度
約250℃
値段¥5,940(税込)
シナノワークス公式サイト

焚火陣幕 KUROMAKU

焚火陣幕 KUROMAKU」は、風から炎を守り安定した炎を継続させるためのアイテムです。防炎コーティングされた帆布と軽量なアルミを組み合わせた焚き火陣幕。きれいに炎のシルエットを保つこともでき、漆黒の生地がより炎を際立たせます。


幕帯サイズ幅 210cm/高さ 55cm
本体重量590g
価格¥19,800(税込)
シナノワークス公式サイト

スナイプ トライポッド

高さの変更が可能な「スナイプ トライポッド」です。対象と炎との距離を変えられるので、薪の量を増やすことなく火加減の調整ができます。3段階の高さ調整が可能。そのため、ギアによって最適な位置をみつけることができます。


使用サイズ (LOW/MID/HIGH)  幅:約50/60/80cm 奥行き:約43/52/70cm 高さ:約79/102/137cm (全高):約77/100/135cm (天板まで)
本体重量
880g
耐荷重10kgf
価格¥16,500(税込)
シナノワークス公式サイト

ファイアブラスター アソビ

ファイアブラスター アソビ」は、キャンプシーンでの遊び心を刺激してくれる火吹き棒です。簡単に軽い息だけで火吹き可能なので女性や初心者でも、火吹き体験を堪能できるでしょう。


使用長600mm(分割時:350mm)
重量120g
価格¥6,380(税込)
シナノワークス公式サイト

【ポール】シナノワークスのおすすめギア

シナノワークが扱っているポールは、過酷なシチュエーションでも耐えられる強度が自慢です。こちらでは、シナノワークスが製造しているおすすめのポールを紹介します。

メインポール 240

100年以上の歴史があるシナノのポールは、過酷なアウトドアシーンで使用され続けた実績があります。「メインポール240」は、強度が高く安心して使用できるアウトドア用ポールです。サビにくい加工によって、長く愛用できることもメリットです。


使用サイズ120/180/240cm 収納長:66cm
本体重量1140g
価格¥14,300(税込)
シナノワークス公式サイト

サブポール 185

サブポール 185」は、サブポールですが個性あるデザインがメイン級の存在感を発揮しているポールです。タープ内空間の広さの調節などアレンジに役立つアイテム。独自構造により高い強度を実現しています。


使用サイズ

1,550~1,850mm(5cmごと6段)

1,030~1,330mm(5cmごと6段)

本体重量
約360g
価格¥9,350(税込)
シナノワークス公式サイト

サブポール 120

超軽量コンパクトな「サブポール 120」は、より細かな調節が可能です。上記で説明したポールと組み合わせることで、幅広いアレンジができます。また、収納性が高いためバイクキャンプなどにもうってつけです。


使用サイズ108~120cm(4cmごと4段)
本体重量約200g
価格¥13,750(税込)
シナノワークス公式サイト

あわせて読みたい関連記事

キャンプツーリングの持ち物を最低限にしたい!必要な物といらないものとは

https://news-magazine-campers.com/articles/1673

バイクを楽しみながらキャンプする「キャンプツーリング」で悩むのは、持ち物ではないでしょうか。できるだけ持ち物を減らしたいと思っても、初心者の場合わからないということもありますよね。キャンプツーリングの持ち物を最低限にするコツをまとめてみました。

キャンパーなら一つは持っておきたいシナノのギア!

シナノワークスおすすめのギアを紹介しました。シナノワークスのギアは、こだわりがあるデザインや機能性が魅力ですね。幅広いキャンパーに馴染みやすく使いやすさがあるため、快適なキャンプを楽しめます。

まだ、シナノワークスのギアを試していない方は、おすすめを参考にチェックしてみてはいかがでしょうか。

この記事のライター

映画好きでお酒好きの、物書きです。

最新の投稿


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。