「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

キャンプツーリングの持ち物を最低限にしたい!必要な物といらないものとは

キャンプツーリングの持ち物を最低限にしたい!必要な物といらないものとは

バイクを楽しみながらキャンプする「キャンプツーリング」で悩むのは、持ち物ではないでしょうか。できるだけ持ち物を減らしたいと思っても、初心者の場合わからないということもありますよね。キャンプツーリングの持ち物を最低限にするコツをまとめてみました。


キャンプツーリングの持ち物選びのコツが知りたい

キャンプツーリングとは、バイクで行くキャンプスタイルです。バイクでの移動も楽しめるキャンプツーリングは、バイク好きの人にとっては最高のアウトドアとなります。そんな楽しいキャンプツーリングですが、多くの方が悩むことがあります。

この記事では、悩みの種となるキャンプツーリングの持ち物選びのコツについて紹介します。車と違って、バイクの場合運べる持ち物は容量が少なくなるため、厳選することが必要です。しかし、初めてのキャンプツーリングでは持ち物をどうやって選べばいいのか悩んでしまいますよね。

持ち物の選び方やおすすめのアイテムなどを参考に、キャンプツーリングの持ち物を効率よくまとめるためにチェックしていきましょう。

キャンプツーリングの魅力とは?

まずは、キャンプツーリングの魅力について紹介します。バイクで行くキャンプには、どんな楽しみがあるのでしょうか。キャンプツーリングが気になる方はみていきましょう。

魅力①:自分のペースで楽しめる

キャンプツーリングの魅力は自由度の高さにあります。キャンプツーリングは、ソロもしくは少人数のことが多いので自分のペースで動けることがメリットです。特にソロの場合は、人に気を遣うことなく動けるため自由度が高くなります。

大人数で楽しむキャンプもよいのですが、自分のペースで動きたい方はキャンプツーリングは適していると言えるでしょう。

魅力②:めんどくさいことが魅力

車で行くキャンプと比べてバイクで行くキャンプはめんどくさいことがたくさんあります。そのなかでも、持ち物のセッティングはめんどうなものです。しかし、そんなめんどうなことをしてでもキャンプツーリングは達成感を感じたときの醍醐味があります

天候の心配などもあり予測できない状況も起こりうるため、車で行けばラクなのにと思いますが、それらのめんどくささを超えてもバイクで行くキャンプには、底知れない魅力があるわけです。

魅力③:コストを抑えることができる

キャンプツーリングのメリットは、コストが安く済むことです。キャンプ場の駐車場代が車に比べて安いことが多く、燃料費などの交通費も安く済みます。そのため、車で行くキャンプよりもお金がかからないことが、ツーリングの良さでもあります。

また、キャンプギアなどもコンパクトなもので済むためコストを抑えることが可能です。ファミリーキャンプなどは、大きなテントが必要ですがキャンプツーリングの場合はソロのことが多いため、小さなテントで済ませることができます。

トータル的にコストを抑えることができることは、大きなメリットです。

魅力④:移動の自由さがある

キャンプツーリングの大きな醍醐味は、移動の自由さだと言えるでしょう。バイクで走りながら道中に気に入った場所をみつけたら、立ち止まって自由に散策できることが魅力です。車でももちろんできますが、小回りがきかないため簡単に立ち寄れないこともあります。

また、仲間がいる場合は勝手に立ち寄るのは気が引けますよね。その点、キャンプツーリングの場合は自由に道中を楽しむことができます。この自由さがキャンプツーリングの大きなメリットです。

キャンプツーリングのデメリットも知っておこう

メリットも多いキャンプツーリングですが、デメリットもあります。バイクの場合、持ち物をたくさん持って行くことができないため、しっかりと厳選しなければいけません。そのため、念のため持って行こうというような余裕がないため持ち物で悩むことがよくあります。

そして、バイク移動は天候の変化に対応しなければいけないリスクがあり、急な雨などに備える必要があります。また、キャンプ場に到着してから予想外の雨となった場合、車中泊しようということもできません。そのため、天候のリスクを考えた準備が車以上に必要となることがデメリットです。

【道具一式】キャンプツーリング最低限の持ち物リスト

  • テント
  • シュラフ
  • チェア
  • テーブル
  • マット
  • バーナー
  • クッカーやスキレットなどの調理器具
  • まな板やナイフ
  • ランタン

キャンプツーリングの基本的な持ち物をピックアップしましたが、どのようなキャンプスタイルをしたいのかによって変わってきます。テントやシュラフは確実に必要ですが、調理器具に関してはそれぞれのスタイルによって異なります。

調理はしないということであれば減らすことができますし、キャンプ飯が醍醐味という方はそれなりの道具が必要となりますよね。キャンプツーリングの持ち物は、いかにコンパクトにできるかということがポイントになるため、チェアやテーブルなどもコンパクトで軽量なものを選ぶことが重要です。

まずは、最低限必要なアイテムから準備をして優先順位をつけて揃えるとよいでしょう。ほとんどの人が経験によってベストな持ち物選びができるようになります。焚き火台も使いたいなと思うなど、経験をしていくうちにいろんなことを思いつくようになり、持ち物の優先順位も変わっていきます。

少しずつ経験をしながら、持ち物の工夫をしていけるようになるでしょう。

キャンプツーリングでいらない持ち物とは

キャンプツーリングでいらないと感じるか感じないかは、キャンプスタイルによっても違います。多くのソロキャンパーが思ういらないと感じやすいのは、タープです。もちろんキャンプ場によって必要性を感じることもありますが、1人の場合タープがなくても前室があればさほど必要性を感じません、

そして、もうひとつ悩む人が多いのは焚き火台です。これも、人によって必要性が異なるのでいらないと思う方もいますよね。また、道具をおしゃれに飾るスタンドなどもいらないものになるでしょう。キャンプツーリングで持ち物を賢く積みたいなら、ミニマムリストを目指すことが大事ですね。

最終的に寝られればいいというワイルドなスタイルに戻って持ち物を考えてみるとよいでしょう。

軽量化できるおすすめのテント

キャンプツーリングおすすめのテントを紹介します。コンパクトで軽量化できるテントをピックアップしました。ソロキャンパーに人気があるタイプを厳選しています。

①テント:バンドック/ツーリングテント

ツーリングテント

¥7700

バンドックの少人数向けのテントです。1~2名に対応するサイズなので、キャンプツーリングの方におすすめ。前後方どちらも開閉でき、前室も前モデルよりも広くなっています。インナーテントはメッシュ素材を使っているため換気性がよくなります。

また、フライシートはUVカット加工され、多少の雨ならしのぐことが可能です。値段が手頃で機能性があるため、コスパがいいテントとして人気があります。

サイズ1970×1100×1050mm
重量約2.3kg
耐水圧フライ・フロア1000mm、インナー450mm
男性
男性

設営が簡単で安い

評価:

設営が簡単で値段も安いので、初心者の自分にはよかったと思っています。多少の雨くらいなら、問題なく過ごせました。サイズ的には1人がいいかなとは思います。

②テント:DOD/ライダーズワンポールテント

ライダーズワンポールテント

¥17979

人気ブランド「DOD」のバイクツーリングテントです。ソロ用のため、軽量でコンパクトになることがメリット。ツーリング仕様の2ルームポールテントは、広い前室が魅力です。別売りのキャノピーを加えれば、さらに広く使うことができます。

そして、設営も簡単設計なので初心者の方でも手間がかからず使用できます。耐水圧も高めなので、ある程度の雨にも対応可能です。

サイズ(約)W2900×D2900×H1830mm
重量(約)2.6kg
最低耐水圧アウター:2000mm、フロア:3000mm
男性
男性

居住空間が広くて快適

評価:

キャンプツーリング用のテントを今まで5つ使用しましたが、これが一番良かったです。軽くてコンパクトなので、キャンプ場でも区画サイトに納まります。コンパクトですが居住空間は予想より広めで快適です。日本メーカーでこの値段というのも驚きですが、機能も含めて非常にコスパがいいのではないかと思いました。

③テント:MSR/HUBBA NX TENT

HUBBA NX TENT

¥64800

登山家からの評価が高いMSRの超軽量ソロ用テントです。耐久性などの機能に対して定評があるだけに、ハイスペックさが魅力。ダブルウォールでありながら超軽量さを実現したクオリティの高いテントとなっています。機能だけでなく、おしゃれなフォルムやカラーも人気の理由です。

ラグジュアリーな価格ですが、本格的にキャンプツーリングを続けたい方にととってはプライス以上の価値を感じることになるでしょう。

サイズ216 x 76cm(床面積)
重量1.29 kg
材質ナイロン
男性
男性

軽くてしっかりしている

評価:

最初は生地が薄いと感じましたが、さすがのMSR、まったく問題ありませんでした。ダブルウォールなのに、この軽さというのは本当に驚きです。機能性も軽さも最高なので、値段はしますが買いではないかと思います。

コンパクトなおすすめの寝袋

キャンプツーリングにおすすめの寝袋を紹介します。寝袋はシーズンによってはどうしても重さが出てしまうこともありますが、比較的軽量でコンパクトな寝袋をピックアップしました。

①寝袋:キャプテンスタッグ/アクティブマミーシュラフ600

アクティブマミーシュラフ600

¥3899

キャプテンスタッグの3シーズン対応の軽量な寝袋です。軽さとコンパクトさが魅力なので、キャンプツーリングにおすすめ。冬以外の3シーズン対応なので、ツーリングシーズンにぴったりです。ファスナーには、放熱と冷気をカットする機能があり、内側には貴重品などを収納できるポケットもあります。

そして軽くて強度が強いだけでなく、撥水性や通気性にも長けていることもおすすめポイントです。

サイズ(約)幅80×長さ210cm
重量(約)1.1kg
使用目安温度(約)5度まで
男性
男性

温かい時期にちょうどいい

評価:

冬や寒い時期は向きませんが、暖かい時期であれば問題なく使えます。軽いことと値段の手頃さが魅力です。春から夏のキャンプならおすすめできます。

②寝袋:イスカ/ウルトラライト

ウルトラライト

¥11000

寝袋と言えばイスカが浮かぶというほど、人気のあるブランドの「ウルトラライト」は軽量さとコンパクトさを追求した寝袋です。非常にコンパクトに収納できるため、キャンプツーリングにおすすめ。夏利用がメインとなるため、時期によっては寒さ対策は必要です。

また、耐久性も高いのでケアさえしっかり行えば長く愛用できるでしょう。

サイズ(最大)80(肩幅)×202(全長)cm
平均重量600g
最低使用温度10℃
男性
男性

コンパクトで軽い

評価:

温かいシーズンの登山用に購入しました。軽くてコンパクトになるため、非常に重宝しています。まだ使用したばかりなので、耐久性はわかりませんが満足しています。

③寝袋:ロゴス/ウルトラコンパクトシュラフ

ウルトラコンパクトシュラフ

¥11755

軽量さに定評があるロゴスの「ウルトラコンパクトシュラフ」は、封筒型の寝袋で軽くて暖かいことが特徴です。極細の繊維を使用しているため、薄くても温かいことがメリット。かさばらずに収納できるため、キャンプツーリングにおすすめです。

自宅での丸洗いも可能なので、取り扱いもラク。同じ寝袋を連結することもできるので、ソロ以外でも活用できます。

サイズ(約)幅80×長さ190cm
重量(約)950g
使用温度目安6℃
男性
男性

とにかくコンパクト

評価:

今まで使用していた寝袋と比べてコンパクトさは半分くらいでした。コンパクトなのに暖かさがあり、満足しています。これだけコンパクトになるのはありがたいですね。

コットよりもマットが便利!おすすめのマット

キャンプツーリングの場合、コットはかさばるためマットがおすすめです。快適なキャンプツーリングのためにおすすめのマットを紹介します。底冷えやデコボコした地面の対策となるマットをチェックしてみましょう。

①マット:サーマレスト/プロライト

プロライト

¥18680

寝袋の下やテント内などで便利な自動膨張式のマットです。断熱性が高く軽量なことが特徴で、コンパクト収納可能なアトモスフォームを取り入れています。アウトドア好きの人たちに人気が高く、クオリティの高さに対する評価があります。

コンパクトで軽く性能がよいため、キャンプツーリングにおすすめです。

サイズ51×119cm
重量350g
材質合成繊維
男性
男性

改良後膨張も早くなった

評価:

以前のタイプはなかなか膨らまないなどの口コミがあり躊躇していましたが、改良されたとのことで購入を決めました。膨張も早く、寝心地も快適です。幅のサイズなど個人差があるのかもしれませんが、私は小柄なのであまり気になりません。バイクツーリングが中心なので、コンパクトなことは非常にありがたいです。

焚き火は外せない!小さくておすすめの焚き火台

持ち物はコンパクトにしたいけど、やっぱり焚き火は外せないという方におすすめの焚き火台を紹介します。なるべくコンパクトになる焚き火台をピックアップしました。

①焚き火台:ユニフレーム/ネイチャーストーブ

ネイチャーストーブ

¥6600

とにかくコンパクトさを優先したい方におすすめの焚き火台です。風力を利用し、まつぼっくりや枯れ葉など自然の力を利用していることから、エコロジカルなストーブとなっています。ソロキャンプでコンパクトに焚き火をしたいという方にちょうどいいタイプです。

サイズ130×130×160mm
重量320g
材質ステンレス鋼
男性
男性

小型ながらよく燃える

評価:

自転車ツーリングなので、とにかく小型の焚き火台を探していました。簡単な調理にも使えますし、焚き火気分も味わえます。小さいながらよく燃えるので十分使えます。事前に小枝など多めに用意しておくと安心です。

②焚き火台:DOD/ 秘密のグリルちゃん

秘密のグリルちゃん

¥4149

おしゃれなアウトドアブランド「DOD」のコンパクトな焚き火台です。バイク用品メーカーが考えた、ツーリングにおすすめのコンパクトな焚き火台。特殊耐熱性のメッシュがあり、大きな焚き火編があるので薪を乗せやすいこともメリットです。

コンパクトも大事だけど、本格的な焚き火も楽しみたい方にぴったり。取り外しが可能なので、丸洗いできることもメリットです。

サイズ(約)W240×D240mm
重量(約)590g
材質ステンレス
男性
男性

満足な逸品

評価:

見た目に反して、いい意味で期待を裏切ってくれました。なんとなく安っぽい感じがして不安でしたが、組み立ても簡単にできますし、薪も思った以上に置くことができます。値段も手頃で、とにかくコンパクト!持ち物の負担にもならないのでおすすめですね。

バイクにうまく持ち物を乗せる方法とは

キャンプツーリングデビューを考えているけど、持ち物がどうしてもうまく乗せられないという方結構いますよね。こればかりは、経験を積んでレベルアップしていくことなので、失敗を繰り返しながらベストな状態をみつけることになるでしょう。

持ち物を賢くバイクの積むためには、事前の準備が大事。荷物を固定するためのネットやシートバッグなどを用意しましょう。フックなどで留める箇所が足りなければ、増やすなど工夫することで荷物が安全に積みやすくなります。

また、シートバッグにマットなどを固定するためのベルトなども便利です。持ち物が納まらないときは、サイドバッグを利用することで、すぐ取り出したいアイテムをそちらに移動して整理するとよいでしょう。ただし、バイクの積載に関するルールに違反しないこと

荷物を乗せていい場所、高さや重さなどの許容範囲についてはしっかり守るようにしてください。

コンパクトさを極めてキャンプツーリングを楽しもう!

キャンプツーリングの持ち物について紹介しました。バイクで自由に走ることができるキャンプツーリングは、車では体験できないアウトドアの醍醐味があります。また、ソロキャンプであれば、自分好みのキャンプを満喫することができますよね。

これからキャンプツーリングをはじめたいと考えている方は、持ち物の準備やバイクへの積載方法を知っておくと便利です。爽快で開放的なキャンプツーリングをするために、ミニマムリストを目指して持ち物を選びましょう。

雨や強風時のキャンプにおすすめのテントは?ソロやファミリー向けあわせて8つ紹介!設営時の注意点も

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/tent/rain-camp-tent/

雨や強風時のキャンプにおすすめのテントを紹介します。キャンプで晴れていたとしても急に天候が変化することもありますよね。そんなときのことも考えて、雨や強風に強いテントを準備しておくのがおすすめです。雨に強いテントをシチュエーション別にまとめてみました。

ナンガ・モンベル・イスカの寝袋を徹底比較!おすすめのシュラフも紹介

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/sleeping_bag/nanga-monbell-isuka-sleepingbag/

ナンガ・モンベル・イスカの寝袋を徹底比較します。国内三大寝袋メーカーのナンガ・モンベル・イスカは、アウトドアフリークによく知られたブランドです。寝袋選びに頭を悩ます方のために、それぞれの特徴やおすすめポイントを比較しました。お気に入りをみつける参考にしてください。

雨キャンプの楽しみ方&対策法18選!設営のポイント・持ち物は?

https://news-magazine-campers.com/camping_knowledge/%e9%9b%a8%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e3%81%ae%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%81%bf%e6%96%b9%ef%bc%86%e5%af%be%e7%ad%96%e6%b3%9517%e9%81%b8%ef%bc%81%e8%a8%ad%e5%96%b6%e3%81%ae%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3/

雨キャンプの楽しみ方から対策法まで紹介していきます。雨キャンプのテントやタープの設営ポイントはどのような点にあるのか?また、必需品とされる持ち物までまとめています。撤収についても解説しているので、ぜひ参考にして雨キャンプを目いっぱい楽しんでください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


100均 ブランド 東京 車中泊 アクセサリー 日帰り 関東 火起こし