「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

山形県おすすめのキャンプ場【2023】山も海も楽しめる魅力的なスポットを紹介

山形県おすすめのキャンプ場【2023】山も海も楽しめる魅力的なスポットを紹介

山形県のおすすめキャンプ場の紹介です。海水浴が楽しめる海にほど近いキャンプ場や、無料で楽しめるキャンプ場、コテージが快適なキャンプ場など、自然溢れる山形の魅力が詰まったキャンプ場をまとめました。また、その他おすすめスポットも紹介していますので、合わせてチェックしてください。


山形県のキャンプ場は大自然が魅力

山形県は美しい山々に囲まれており、豊かな自然に恵まれた地域です。そのため、大自然の中でキャンプが楽しめる場所が多くあります。また、山だけでなく日本海に面したキャンプ場もあり、キャンプ場によっては海水浴も楽しめます。

さらに、1県の中を流れる川としては最長の最上川もあり、山形キャンプでは豊かな自然が満喫できるでしょう。

山形キャンプおすすめの理由

山形県でキャンプをするにあたって、どんなおすすめポイントがあるのか紹介します。山形キャンプの魅力を知って、次のキャンプ旅の参考にしてください。

おすすめの理由①:美しい山々に囲まれている

山形県は樹氷で有名な蔵王をはじめ6つの百名山を含む山々に囲まれており、なんと県の面積の72%を山地が占めています。そのため県内にある盆地の数は8つと国内でもトップクラス。山形県内で山を見ない日は無いとも言われています。

唯一日本海に面した庄内平野でさえ3方には美しい山々が連なっており、山形県では四季折々の美しい景色が堪能できます。

おすすめの理由②:森林が多いため林間サイトも多め

山々に囲まれ自然豊かな山形県のキャンプ場は、林間サイトも多いです。林間サイトは、木々に囲まれているので、日差しが遮られ涼しく過ごすことができます。そして、その木々を利用してハンモックなどのキャンプコーディネートがしやすいです。

また、森林浴で気分もリフレッシュできます。春は草花、夏は大自然の中で緑溢れる森林浴、秋は紅葉、冬は雪化粧をした山々など四季折々の景色が堪能でき、より自然に近いアウトドアが楽しめます。

おすすめの理由③:日本海を望むキャンプ場もある

山々に囲まれた山形県ですが、日本海に面した地域もあります。唯一日本海に面した「庄内平野」にはキャンプ場もいくつかあり、夏は海水浴も楽しめます。シーズン以外も波の音を聞きながら、水平線に沈む夕日をゆっくり眺めたりと海の近くでのキャンプは魅力満載。

また、海にいるのに振り返れば山々がそびえたつ、山形ならではの風景はなんだか不思議な気持ちになります。

【山形】おすすめの魅力的なキャンプ場5選

自然が豊かで、海・山・川と三拍子そろった山形県。ここからは、そんな山形県でおすすめのキャンプ場を紹介します。どんなテイストのキャンプにするかお悩みの方はぜひ参考にしてください。

①林間サイトが人気のキャンプ場:月山・弓張平オートキャンプ(西村山郡西川町)

男性
男性

涼しく気持ちの良いキャンプでした

評価:

最高気温30度越えの真夏日でしたが、ナラばやしサイトの木陰の多い場所を選んだということもあり、とても涼しく快適でした。空気も澄んでいて夜は満天の星。川のせせらぎを聞きながら気持ちよく眠ることが出来ました。

住所

山形県西村山郡西川町志津172−1

電話番号

0237-75-2003

料金

入場料:500円(大人)     250円(高校生まで)     小学生未満 無料 ※ 6月、9月、10月の平日は     250円(大人)     125円(高校生まで)     小学生未満 無料 オートサイト:1区画 4,000円(フラワーサイト、ナラばやしサイト) フリーサイト:1区画 3,000円 コテージ:1棟 10,000円 AC電源使用: 1,150円(フラワーサイトのみ)

シーズン利用

6月1日~10月31日

アクセス

車:JR左沢線寒河江駅より約50分   山形自動車道月山ICより約5分

公式サイト

月山・弓張平オートキャンプ公式サイト

②海が見えるキャンプ場:庄内夕日の丘オートキャンプ場(酒田市)

男性
男性

ナイスロケーション!

評価:

飛行機の離着陸が間近で見られ、こんなロケーションのキャンプは、なかなか体験できないと思います。 子供たちだけでなく大人も大興奮で楽しめました。キャンプ場も管理棟も清掃が行き届いており気持ちよく過ごせました。近くに大きなイオンがあり、買い出しにも便利。レンタル品も充実しているので、初心者の方にもおすすめです。

住所

山形県酒田市浜中粮畑33

電話番号

0234-92-4570

料金

入場料:420円(大人)     210円(高校生まで) サイト利用:1区画 3,250円       ※7・8月以外の平日 1,630円 AC電源使用:1区画 1,150円

シーズン利用

4月~11月初旬

アクセス

車:庄内空港ICより約20分

公式サイト

庄内夕日の丘オートキャンプ場公式サイト

③コテージが人気のキャンプ場:西浜コテージ村・キャンプ場(飽海郡遊佐町)

女性
女性

毎年行ってます

評価:

夏は、海水浴にサビキ釣り、花火に温泉、これ全部徒歩圏内で楽しめます。コテージは夏の予約が人気で早くしないとなかなか取れないです。近くの道の駅の岩ガキがめちゃくちゃ大きくて美味しかったのでおすすめです!炊事場は、ガスコンロがあり無料で使えるのが嬉しかったです。

住所

山形県飽海郡遊佐町吹浦字西浜2-62

電話番号

0234-77-3600

料金

キャンプ:800円/人(大人)      500円/人(小学生) コテージ:12,000円~(人数、時期により変わります)

シーズン利用

夏季:4月1日~10月31日 冬季:11月1日~3月31日

アクセス

車:酒田みなとICより約15分 電車:JR葉越本線「吹浦駅」より徒歩約10分

公式サイト

西浜コテージ村・キャンプ場公式サイト

④温泉が楽しめるキャンプ場:白川ダム湖畔オートキャンプ場(西置賜郡飯豊町)

女性
女性

素晴らしいキャンプ場

評価:

素晴らしいキャンプ場でした。温泉もあり、リラックスできました。トイレも綺麗でした。

住所

山形県西置賜郡飯豊町数馬218-1

電話番号

0238-77-2124

料金

オートサイト:使用料 520円/人(小学生以上) サイト料 2,610円(電源付き) 2,090円(電源なし) フリーサイト:使用料 330円/人(小学生以上) テント1張り 1,670円

シーズン利用

4月上旬~10月下旬

アクセス

車:JR米坂線「羽前小松駅」より約30分

公式サイト

白川ダム湖畔オートキャンプ場公式サイト

⑤無料のキャンプ場:レークピア白水公園キャンプ場(東根市)

男性
男性

電波が届かないがそれが良い!

評価:

携帯電話は圏外で、俗世間から隔離できました。人も少なく、癒しのスポットです。

住所

山形県東根市泉郷元後沢アザミ沢1484-3

電話番号

0237-42-1111

料金

無料

シーズン利用

5月上旬~10月末

アクセス

車:東根ICより約40分

公式サイト

レークピア白水公園キャンプ場公式サイト

山形キャンプに行くなら立ち寄りたいスポット

せっかく山形でキャンプをするなら他の観光スポットも合わせて立ち寄りたいですよね。山形ならではのスポットをまとめました。行かれる際はぜひ参考にしてください。

①:鶴岡市立加茂水族館

日本海に面した海岸にある山形県唯一の水族館です。この水族館は常時60種類以上のクラゲが展示されており、クラゲの展示種数が世界1としてギネス認定もされています。プラネタリウムならぬ「クラネタリウム」では、キラキラと輝きゆらめく魅力的なクラゲの展示がされています。

約1万の水クラゲが展示されている「クラゲドームシアター」やミズクラゲの成長段階ごとに観察できる「クラゲ栽培センター」で赤ちゃんクラゲが拡大して見られます。

住所

山形県鶴岡市今泉大久保657−1

電話番号

0235-33-3036

料金

大人:1,000円 小・中学生:500円 幼児:無料 営業時間 9時~17時 ※最終入館 16時

アクセス

車:JR羽越本線「鶴岡駅」より約30分   庄内空港より約20分

公式サイト

鶴岡市立加茂水族館公式サイト

②:最上川峡芭蕉ライン観光(最上川舟下り)

松尾芭蕉をはじめとする多くの詩人に詠われた「最上川」。松尾芭蕉も舟でこの最上川を下り、あまりの流れの強さに「五月雨をあつめて早し最上川」と詠っています。

最上川峡芭蕉ライン舟下りは、この最上川を船頭の舟唄と名調子な語りを聞きながらゆっくりと下ることができ、船上からの景色とその歴史を楽しむことができます。季節ごとに変わる景色は、見ものです。冬は「こたつ舟」の運航もあります。

住所

山形県最上郡戸沢村古口86−1

電話番号

0233-72-2001

乗船料金

大人:2,200円 子供(小学生まで):1,100円 ※片道料金

営業時間

4月~11月:8時30分~17時 12月~3月:9時~16時30分 ※舟の運航時間とは異なります

アクセス

車:東根ICより約60分

公式サイト

最上川峡芭蕉ライン観光公式サイト

③:ナカノフルーツ(仲野観光果樹園)

山形はフルーツ、特に「さくらんぼ」が有名です。内陸は、夜が涼しく昼夜の寒暖差が大きく、この条件は果物をはじめとする農産物の糖度を上げてくれます。ナカノフルーツは約8種類のさくらんぼを栽培しており、時期によっては数種類の甘いさくらんぼが食べ放題です。

雨よけのテントが完備されているので、雨の日も安心です。売店・カフェもリニューアルオープンし、果物をふんだんに使ったオリジナルスイーツと果物狩りが楽しめます。

住所

山形県天童市大字川原子1784-5

電話番号

023-656-2775

料金

【さくらんぼ狩り30分食べ放題】 大人:2,000円 子供(小学生以上):1,500円 幼児(3歳以上):1,000円 2歳以下:無料 ※プランが変わりますと料金が変わります。サイトで確認してください。

営業期間・時間

【さくらんぼ狩り】 2023年6月10日~6月30日 受付時間:9時~15時(食べ放題1時間)      9時~15時(食べ放題30分) 【もも狩り】 8月上旬~9月上旬 【ぶどう狩り】 8月上旬~9月上旬 予約時に確認してください

アクセス

車:山形空港より約15分

公式サイト

ナカノフルーツ公式サイト

山形のキャンプ場で非日常を味わおう!

山だけでなく、海や川もあり、様々なキャンプが堪能できる山形県の紹介をしましたその他、登山や、釣り、川下りやフルーツ狩り、季節によってはもっと沢山のアウトドアが楽しめます。 山形県に行ったことの無い方もこれを機に、自然豊かでフルーツも美味しい山形県へ行ってみてはいかがでしょうか。

宮城のおすすめキャンプ場8選!人気コテージや無料スポットも紹介

https://news-magazine-campers.com/campsite/hokkaido_tohoku/camp_miyagi/

穏やかな気候が特徴の宮城県は、全国でも有数のキャンプ場の宝庫です。コテージ泊やオートキャンプなど様々なキャンプスタイルが楽しめます。この記事ではキャンパーズが厳選した、宮城の自然を肌で感じられるおすすめのキャンプ場を紹介します。

秋田県おすすめのキャンプ場【2023年】初心者やファミリーが楽しめるスポットも

https://news-magazine-campers.com/campsite/hokkaido_tohoku/akita-camp-2023/

秋田県のおすすめのキャンプ場を紹介します。秋田県はコテージやバンガローなど初心者にもおすすめのキャンプ場を予約することができます。本記事では、秋田県のキャンプ場のメリットを解説し、厳選したおすすめのキャンプ場を紹介します。

岩手県おすすめのキャンプ場【2023】人気のコテージや温泉が楽しめるスポットも

https://news-magazine-campers.com/campsite/iwate-camp-cotage/

岩手県のおすすめキャンプ場を紹介します。自然豊かな岩手県の無料のキャンプ場、海辺のキャンプ場、温泉があるキャンプ場、そしてペットと一緒に楽しめるキャンプ場を紹介します。あわせて、岩手県のおすすめスポットもお伝えするので、ぜひキャンプと一緒に訪れてみてください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

関連するキーワード


北海道・東北のキャンプ場

関連する投稿


【北海道】大人が本気で遊べる!童心に返る「白老キャンプフィールド ASOBUBA」体験レポート

【北海道】大人が本気で遊べる!童心に返る「白老キャンプフィールド ASOBUBA」体験レポート

北海道、大人が本気で遊べて童心に帰れるがコンセプトの「白老キャンプフィールド ASOBUBA」の体験レポートを紹介します。2020年7月にオープンした通年営業のキャンプ場です。今回は実体験をもとにキャンプ場の紹介やおすすめをまとめてましたので参考にしてください。


【北海道】道央エリアでツーリングキャンプをしよう!おすすめキャンプ場を紹介

【北海道】道央エリアでツーリングキャンプをしよう!おすすめキャンプ場を紹介

北海道・道央エリアでツーリングにおすすめのキャンプ場を紹介します。ツーリングでは道北や道東などが人気ですが、道央も負けず劣らず人気のスポットが点在しています。そんな道央の魅力とともにおすすめのキャンプ場をまとめてみました。


【北海道】道北ツーリングおすすめのキャンプ場6選!バイカー憧れのスポットを巡ろう

【北海道】道北ツーリングおすすめのキャンプ場6選!バイカー憧れのスポットを巡ろう

北海道の道北エリアにあるツーリングにおすすめのキャンプ場を7つ厳選しました。観光がてら名スポットを巡った後は愛車を眺めながら北海道の大自然の中で有意義なひとときを過ごせるでしょう。北海道に訪れた際には本記事を参考にお気に入りのキャンプ場を見つけてみてください。


【北海道】道南エリアのツーリングおすすめキャンプ場7選!バイク好きは必見

【北海道】道南エリアのツーリングおすすめキャンプ場7選!バイク好きは必見

北海道・道南エリアにあるツーリングキャンプおすすめのキャンプ場を紹介します。ツーリング人気が高い北海道は、本州とは異なる魅力的な景色が魅力です。道南エリアでツーリングを楽しむポイントやツーリングキャンプにぴったりのキャンプ場をまとめてみました。


【北海道】道東でツーリングキャンプするならこのキャンプ場!おすすめをピックアップ

【北海道】道東でツーリングキャンプするならこのキャンプ場!おすすめをピックアップ

道東にあるツーリングキャンプにおすすめのキャンプ場を紹介します。ライダーだったら行かずにはいられない聖地や峠が沢山。大自然が満喫できる道東はツーリングに最適です。知道東を巡るにあたって日程の目安なども載せていますので、参考にしてください。


最新の投稿


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


100均 ブランド 東京 車中泊 アクセサリー 日帰り 関東 火起こし