「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

ヘリノックスのチェアがおすすめの理由とは?魅力や厳選アイテムを紹介

ヘリノックスのチェアがおすすめの理由とは?魅力や厳選アイテムを紹介

ヘリノックスのチェアの魅力や種類について詳しく紹介します。キャンパーなら一度は憧れるブランド!今回はそんなヘリノックスのブランドの種類から、目的に合ったチェアの形について紹介していきます!チェアを探されている方はぜひ参考にしてみてください。


ヘリノックスのチェアはなぜ評価が高い?

最近は流行りもあってキャンプ用のチェアは様々なものが売られていますね。 そんな中でもヘリノックスはとても高い人気を誇っています。 その理由として、持ち運びしやすく、重量が軽いこと。 そして強度が高く安定性があり、1日中座って居られる快適さが挙げられます。 これがヘリノックスの評価が高い理由ではないでしょうか。

ヘリノックスのチェアが魅力的な理由

キャンプ場でも見かけることの多いヘリノックスのチェア。 見かける度に、憧れも大きくなっていませんか。 それでは、そんなヘリノックスの魅力について詳しく見ていきましょう。

理由①:軽量で持ち運びしやすい

ヘリノックスのチェアで携帯性の高いモデルは500gを切ります。 収納時のサイズも片手で持てる大変コンパクトなサイズ感です。 この軽さを実現させているのが、チェアのフレームに使われている超軽量アルミニウム合金の存在です。 通常アウトドアギアでは、様々な金属が使用されています。 その中でも軽い金属のみを使用するとどうしても強度が劣ってしまい、強度を上げようとすると今度は重量が重くなってしまいます。 軽さと強度を両立させるために独自に開発されたのがチタンやアルミニウム、銅などの素材を混合した超軽量アルミニウム合金「TH72M」なのです。

理由②:丈夫で壊れにくい

「TH72M」は、軽いだけでなくアウトドアでの使用に耐える高い耐久性を持ち合わせています。 ヘリノックスで一番スタンダードなモデルである「チェアワン」は耐荷重が145kgもあります。 実はヘリノックスは、合金加工の業界を牽引する「DAC社」が立ち上げたブランドで、世界中のアウトドアメーカーでテントポールやトレッキングポールとして採用されており、高い技術力を持っています。

理由③:快適な座り心地

ヘリノックスといえば、座り心地が良いことでも有名ですね。 これは丈夫なポールによって可能となった座面釣り下げ式の構造のお陰です。 すっぽりと体を包み込むような快適な座り心地となっています。 また、特徴的な構造をしており、左右を繋ぐ1本のポールによって前後の足がセットになり、 2本ずつ独立した構造です。 それにより、石で不安定な河原など足場が悪くても前後どちらかの足は地面を捉えて安定した座り心地を実現しています。

ヘリノックスのチェアは2つのテイストがある

実はヘリノックスのチェアには2つのテイストがあることをご存じでしたか? それぞれどんなシーンでの使用を想定しているかで見た目も機能も違ってきます。 自分に合うのは、どちらのヘリノックス商品か考えながらみてください。

①ホーム・デコ&ビーチ:日常にもアウトドアにも

ホーム・デコ&ビーチの商品は、色合いが明るく、生地も素材はポリエステルでありながらコットンのような触り心地が特徴です。 見た目にも高級感があり、リビングでの使用にもマッチします。 もちろん自宅での使用だけでなく、アウトドアでの使用もOK。 その日の気分や用途でリビングでのくつろぎスペースからアウトドアへ、シーンを選ばずに使えることが強みです。

②タクティカルサプライ:ミリタリーテイストのニュアンス

タクティカルサプライは採用されているカラーも迷彩やカーキ、ベージュなどミリタリーテイストで、アウトドアシーンでの使用にとてもよくマッチします。 機能としても両サイドの背面にポケットがついていたり、収納袋の背面にはベルクロがついていたりと、タクティカルサプライにのみついているオプションも魅力的です。

【厳選】ヘリノックスおすすめのチェア

ヘリノックスのチェアは、大きく分けてローチェアとハイチェアに分けられます。 ローチェアは座面が地面と近く、焚火を楽しんだりするロースタイルの方におすすめです。 ハイチェアは座面が高め、テーブルでの食事がしやすく立ち上がりやすいのが特徴です。 おすすめのチェアを5種類紹介しますので、選ぶ際の参考にしてください。

おすすめ①:ヘリノックス/チェアワンHome

チェアワン Home

¥18480

ヘリノックスのチェアで基本となる形のチェアワンのホーム・デコ&ビーチのモデルです。 肩からお尻まですっぽりと体を包み込まれるような安心感のあるチェアです。 カラーリングもおしゃれでリビングにも溶け込むデザイン。 キャンプでも使えてインとアウトをシームレスに繋いでくれます。

サイズ【使用時】幅51×奥行52.5×高さ65cm 、【収納時】幅38×奥行11×高さ10cm
重量【スタッフバッグ含めた総重量】1050g
耐荷重 145kg
座面高 33.5cm
40代/女性
40代/女性

部屋の中で使ってます

評価:

座り心地はなかなか良いです。ガッツリ大きなソファーを買うよりも、こちらの方が移動させやすく簡易性にも優れていて秀逸です。

おすすめ②:ヘリノックス/タクティカルチェア

タクティカルチェア

¥17380

タクティカルサプライのラインから基本となるモデルの紹介です。 形は先ほどのチェアワンHomeとほとんど同じですが生地の質感やカラーリングもミリタリーテイストになっており、 側面のポケットや収納袋にベルクロが付いているなど、よりアウトドアシーンにマッチするよう設計されています。

サイズ【使用時】幅52×奥行53×高さ67cm、【収納時】幅35×高さ14cm
重量【本体のみ】910g、【スタッフバッグ含めた総重量】1020g
耐荷重145kg
座面高34cm
40代/男性
40代/男性

最高です

評価:

やはり最高の座り心地です。いつも車に積んでおり、気に入った場所でヘリノックスに座りコーヒーを楽しんでいます。

おすすめ③:ヘリノックス/チェアゼロ

チェアゼロ

¥17380

チェアワンとほとんど同じサイズで、快適な座り心地はそのままに、軽量化を重視したモデルです。 なんと重さは驚異の490g!ペットボトル1本より軽いです。 シートは通常モデルより薄手になりますが、丈夫なポリエステル・リップストップを使用し軽量性と強度を両立させています。 また、ポールの肉厚も薄くし、徹底的に軽量化を図っています。 この軽さはどこにでも持っていきたくなる軽さですね。登山やツーリングなど極力荷物を軽くしたいけど、座り心地も重視したい方におすすめです!

サイズ【使用時】幅52×奥行48×高さ64cm 、【収納時】幅35×奥行10×高さ10cm
重量【本体のみ】490g、【スタッフバッグ含めた総重量】510g
耐荷重120kg(静荷重)
座面高28cm
40代/男性
40代/男性

軽くてコンパクトなのに座り心地も最高!

評価:

ソファーでリラックスしているのと変わらないくらい座り心地が良く最高です。とても軽いため、気軽に持ち出せて良いです。組み立ても慣れてしまえば簡単で、片手で振るだけでフレームは差し込みが完了しました。 ちょっと高価だけど買う価値ありです。

おすすめ④:ヘリノックス/チェアツーホーム

チェアツー Home

¥22880

チェアワンをベースに、背もたれを高くして首から上も支える形状となっており、 よりリラックスした体勢でくつろげるチェアです。 別売のロッキングフットを組み合わせることでロッキングチェアになります。

サイズ【使用時】幅64×奥行54.5×高さ84cm 、【収納時】15φcm×高さ46cm
重量【スタッフバッグ含めた総重量】1265g
耐荷重145kg
座面高34cm
女性
女性

チェアワンよりも!

評価:

チェアワンは座り心地がとても良く最高なのですが、首を預けられないことが唯一の欠点でした。チェアツーではそれが解消されて大満足です。体を包み込まれる座り心地はチェアワン同様、オプションでロッキングフットを取り付けたので、これで快適に焚火や星を眺められそうです。 また、収納時のコンパクトさもチェアワンとさほど変わらずかさばりません。

おすすめ⑤:ヘリノックス/サンセットチェアHome

サンセットチェア Home

¥27940

こちらは、先ほど紹介したチェアツーよりさらに横幅と背もたれが高くなり、座面はさらに13cm高く設計されています。 立ち上がりやすくリビングからキャンプまで幅広く使用していただけます。 組み立て式のアウトドアチェアとは思えないほど快適な座り心地です。

サイズ【使用時】幅71×奥行59×高さ97cm 、【収納時】直径15cm×高さ460cm
重量【スタッフバッグ含めた総重量】1660g
耐荷重145kg
座面高45cm
女性
女性

買うならコレ

評価:

想像以上に良い商品でした!軽くて組み立ても簡単、座り心地も抜群です!リビングで使用しても遜色ないので、重たいソファーは手放そうかな、、と検討するほど。ベランダでのリラックス時にも使う予定です。

ヘリノックスのチェアで快適なキャンプを楽しもう!

ヘリノックスの魅力は伝わりましたか? ゆっくりリラックスして過ごすアウトドアシーンでは、ヘリノックスの座り心地は頼りになりますね また、ヘリノックスは見た目も良く、ブランド力も高い為、持っているだけで所有欲も満たされます。 ギアは機能も大切ですが、好きな見た目であったり、使っていて気分が良くなる物を持つことも重要です。 これを機に自分に合ったヘリノックスのチェアを探してみてはいかがでしょうか。

【必見】チェアリングおすすめの椅子7選!選び方や楽しみ方も解説

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/chair/chairing-chair/

人気のチェアリングにおすすめのアウトドア椅子を紹介します。チェアリングするためには、快適で使いやすい椅子が必要です。チェアリングを快適に過ごすための椅子を選ぶポイントや楽しみ方をまとめてみました。チェアリングにトライしてみたい方は参考にしてください。

チェアリングに持って行きたい持ち物とは?おすすめのアイテムも紹介

https://news-magazine-campers.com/outdoor/chairing-item/

手軽なアウトドアとして人気の「チェアリング」を快適に楽しむための持ち物を紹介します。アウトドア椅子さえあればできるチェアリングですが、より快適に楽しむためには持ち物が重要です。チェアリングにおすすめの持ち物をまとめてみました。

【千葉】チェアリングするならここに決まり!おすすめのスポットや道の駅も紹介

https://news-magazine-campers.com/outdoor/chiba-chairing-spot/

千葉県おすすめのチェアリングスポットを紹介します。海も山もある千葉県は、都心からもアクセスしやすい便利さがあります。海を望むスポットや、山に囲まれたスポットなどチェアリングにぴったりなスポットをまとめてみました。合わせておすすめの道の駅も紹介しています。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。