「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

【2023】山口県おすすめのキャンプ場!道の駅併設や離島など魅力がいっぱい

【2023】山口県おすすめのキャンプ場!道の駅併設や離島など魅力がいっぱい

山口県のおすすめキャンプ場を紹介します。自然に恵まれた山口県にはさまざまなキャンプ場があり、初心者からベテランまで楽しめることが特徴です。まだ山口キャンプを体験していない方のために魅力やおすすめをまとめてみました。新たなキャンプ場を見つけたい方は必見です。


温暖で過ごしやすい山口県のキャンプ場を紹介

山口県は、日本海と瀬戸内海に囲まれた自然豊かで温暖な場所です。本州最西端にある山口は、さまざまな観光スポットが点在する魅力的なスポット。そんな山口県には、自然豊かでバラエティ豊かなキャンプ場から選ぶことができます

この記事では、山口県おすすめのキャンプ場や魅力的なスポットを紹介しています。関東方面からは距離があるためなかなか馴染みがないかもしれませんが、遠出のキャンプを試してみたい方におすすめな場所なのでぜひチェックしてくださいね。

山口県ってどんなところ?魅力や特徴とは

山口県に行ったことがない方のために、山口の魅力や特徴について紹介します。まだ見ぬ山口の良さを知って、キャンプ旅の参考にしてください。

山口県の魅力①:温暖な気候で1年中過ごしやすい

山口県は、1年を通して比較的温暖であることが特徴です。そのため、通年営業のキャンプ場もある点も魅力ですね。そして、山口の面積約7割近くが森林などの自然で、多くの離島があることも他県とは違うポイントです。

そんな自然が魅力の山口県なので、キャンプの環境にも適していると言えます。

山口県の魅力②:日本海と瀬戸内海に囲まれている

山口県は、瀬戸内海と日本海に面した国内でも有数の海岸線があることでも知られています。瀬戸内海側には美しいビーチなどがあり穏やかな海岸線となっていますが、日本海側は奇岩や断崖などが見られる険しさがあり2つの違った海の魅力を楽しむことができます。

そのため、海産物が豊富であることも魅力で両方の海から獲れる魚介類を楽しめることがメリットです。

山口県の魅力③:道の駅発祥の土地!道の駅が豊富

キャンパーさんたちにも大人気の道の駅ですが、国内ではじめて道の駅として登録された「道の駅阿武町」があるのが山口県です。県内には24か所もの道の駅があることも特徴となっています。道の駅阿武町には、キャンプ場も併設されているのでキャンパーさん達にも注目されている道の駅です。

【山口】知らないと損するおすすめキャンプ場5選

山口県おすすめのキャンプ場を紹介します。関東や関西などの大きなエリアと違い、なかなか知られていないキャンプ場がたくさんあります。知って得するおすすめのキャンプ場をピックアップしたので、みていきましょう。’

①海辺のキャンプ場:片添ヶ浜海浜公園オートキャンプ場(周防大島町)

女性
女性

南国気分を味わえる

評価:

海がすぐ目の前のキャンプ場です。夏の利用だったので、海水浴をしてテントに戻り水着のままで過ごせるような環境でした。ヤシの木もあって南国でキャンプしている気分が味わえて最高でした。近くに温泉もあるのでとても便利です。キャンプ場は清潔で管理が行き届いている印象です。

住所

山口県大島郡周防大島町平野1160-1

電話番号

0820-78-0985

料金

フリーサイト:3,660円 個別サイト:5,230円 コテージ:13,610円~

シーズン利用

通年営業(定休日なし)

アクセス

車:山陽自動車道・玖珂ICより約55分

公式サイト

片添ヶ浜海浜公園オートキャンプ場公式サイト

②離島にあるキャンプ場:のんびらんど うましま(田布施町)

女性
女性

自然の恵みに感動する

評価:

島内には車の乗り入れができないので、荷物を運ぶ不便さがありますが、環境を守るために大切なことだと学びました。普段、便利さに慣れているだけに不便だと感じることはありますが、それがいいんですね。空と星が素晴らしく綺麗で、感動ものです。自然や環境を考えるいい機会にもなるので、お子さんと一緒に訪れてみるといいのではないかと思いました。予約は早めがおすすめです!

住所

山口県熊毛郡田布施町馬島71

電話番号

0820-55-5475

料金

テントサイト:2,200円 キャビン:6,600円(エアコン使用の場合∔2,200円)

シーズン利用

4月下旬~10月中旬まで

アクセス

山陽自動車道・熊毛ICより田布施町麻里府港渡船場まで行き、フェリーで約8分

公式サイト

のんびらんどうましま公式サイト

③コテージがおすすめのキャンプ場:深谷峡温泉 清流の郷(岩国市)

男性
男性

快適な設備のコテージ

評価:

川遊びができ、昆虫など自然の中で楽しむことができるので子供が大喜びでした。コテージは、設備がしっかりしていてふかふかの布団で快適に眠ることができました。管理が行き届いているなと感じることがあり、窓の隙間にテープを貼ってくれてあるなどありがたい気遣いでした。全体的にファミリー利用が多いように思いました。

住所

山口県岩国市錦町宇佐郷1075

電話番号

0827-74-5100

料金

コテージ:7,500円~ キャンプサイト:5,000円~ ソロキャンプ(平日限定プラン):1,500円~ ※シーズンなどによって異なる

シーズン利用

通年営業(定休日なし)

アクセス

車:中国自動車道六日市ICより約20分

公式サイト

深谷峡温泉 清流の郷 コテージせせら公式サイト

④絶景!自然豊かなキャンプ場:千畳敷高原キャンプ場(長門市)

男性
男性

眺めが最高のキャンプ場

評価:

日本海を一望できる開放感あるキャンプ場でした。眺めがよく料金が安いので、とてもいいキャンプ場だと思います。設備はシンプルですが、清潔に保たれています。キャンパーさんのレベルが高いのか、トラブルなどもなく快適に過ごすことができました。シャワーがないので、女性などは近隣の温泉を使えるので大丈夫かと思います。

住所

山口県長門市日置中1138-1

電話番号

0837-37-3824

料金

テント1張1泊につき/1,000円 デイキャンプは無料

シーズン利用

通年営業(定休日なし)

アクセス

車:美祢ICから車約60分 電車:長門古市駅から車で約10分

公式サイト

千畳敷高原キャンプ場公式サイト

⑤道の駅にあるキャンプ場:ABUキャンプフィールド(阿武町)

女性
女性

おしゃれで快適なキャンプ場

評価:

とても綺麗でおしゃれなキャンプ場でした。犬も一緒に連れて行きましたが、結構ワンちゃん連れの方が多くて安心しました。カフェもおしゃれで、女性におすすめです!Bサイトを利用しましたが、テントとタープを張ってもゆとりがあるのでゆったり過ごせます。炊事場が綺麗でエアコン付きなので快適でした。道の駅には温泉もありますし、買い物もできます。ただ、食材は朝買わないと売り切れてしまうので、なかったら近くのスーパーまで行けば買うことができます。また行きたいキャンプ場です。

住所

山口県阿武郡阿武町奈古2248-1

電話番号

08388-2-3000

料金

フリーサイト:4,400円 電源付きサイト:5,500円 ソロプラン:2,750円 手ぶらキャンプ:48,000円 デイキャンプ:2,750円 ※5名利用までが基本料金に含まれる

シーズン利用

通年営業(水曜定休) ※祝日や連休の場合は営業

アクセス

新山口駅から車で約1時間10分

公式サイト

ABUキャンプフィールド公式サイト

山口県のマストな観光スポット

山口キャンプの後は、おすすめのスポットに立ち寄ってみましょう。見どころが多い山口なので、キャンプだけではもったいない!ぜひ、人気のスポットも合わせて思い出作りをしてください。

①:秋芳洞(美祢市)

山口県の有名観光スポットのひとつ「秋芳洞」は、秋吉台の地下に続く大鍾乳洞です。洞窟内の温度は1年中17度なので、夏は涼しく冬は暖かいため快適に観光することができます。洞窟内には不思議な形をした造形物がたくさんあり、その様子に圧倒されるでしょう。

合わせて、カルスト台地の秋吉台も道中で見ることができるのでおすすめです。

住所

山口県美祢市秋芳町秋吉3449番地1

電話番号

0837-62-0115(秋吉台観光交流センター総合案内所)

料金

大人(高校生以上):1,300円 中学生:1,050円 小学生:700円

営業時間

8:30~17:30(3~11月) 8:30~16:30(12月~2月)

アクセス

車:小郡萩道路「秋吉台」ICから約5分 電車:新山口駅より路線バス「秋芳洞」で下車

公式サイト

秋吉台公式サイト

②:元乃隅神社(長門市)

山口県長門市にある「元乃隅神社(もとのすみじんじゃ)」は、世界中から注目されている123基の鳥居が並ぶ願望成就の大神です。公共交通機関では行けない場所にあるので、車もしくはタクシーとなりますが、それだけに貴重なスポットと言えるでしょう。

鳥居にある上部には賽銭箱があり、6mある賽銭箱に入ると願いが叶うと言われています。ぜひ、キャンプの帰りなどに立ち寄ってチャレンジしてみてください。

住所

山口県長門市油谷津黄498

電話番号

0837-26-0708

アクセス

車:美祢ICから約60分 電車:長門古市駅から約20分

公式サイト

元乃隅神社公式サイト

③:唐戸市場(下関市)

山口県下関にある「唐戸市場」は、フグの市場として知られる有名なスポットです。活気がある市場では、一般の方にも小売りをしているので新鮮な海産物などを購入することができます。週末には、活きいき馬関街が行われ、さまざまな屋台が並びます。

その中でも大人気なのは、新鮮な海鮮を使った寿司です。少し足を伸ばして下関のおいしいお寿司を試してみるのがおすすめ。早朝に訪れることができれば、活気のあるセリの様子も見られます。

住所

山口県下関市唐戸町5-50

電話番号

083-231-0001

営業時間

5:00~15:00(日曜日は8:00~、水曜不定休、お盆・年末年始は休み)

アクセス

車:中国道下関ICより 15分 電車:JR下関駅よりタクシーで約10分

公式サイト

唐戸市場公式サイト

山口県のキャンプ場でゆったり過ごそう!

山口県のキャンプ場を紹介しました。自然に恵まれた山口県のキャンプ場は、景色や環境を満喫できるシチュエーションが魅力ですね。温暖な気候は、初心者やファミリーにとってキャンプしやすい要因なのでキャンプデビューにもおすすめできます。

見どころも多い山口県は魅力がたくさんあります。山口キャンプが未体験の方はぜひ山口まで足を伸ばしてみませんか。新たなお気に入りのキャンプ場をみつけて山口キャンプを満喫しましょう。

道の駅でキャンプ5選!Youtuberおすすめのアウトドアも楽しめるスポットを紹介

https://news-magazine-campers.com/campsite/michinoeki-camp-youtuber/

Youtubeチャンネル「拝啓、道の駅から」を開設しているYoutuberのだんぺいさんとスーザンさんおすすめのキャンプができる道の駅を紹介します。数々の道の駅でのキャンプ体験を紹介しているお2人だからこそわかる貴重な内容となっています。道の駅キャンプの参考にしてください。

【九州】キャンピングカーを借りてRVパークで車中泊!おすすめや注意点を紹介

https://news-magazine-campers.com/campsite/kyushu_okinawa/kyushu-rvpark/

九州エリアおすすめのRVパークを紹介します。さまざまな観光スポットが点在する九州をキャンピングカーで周遊できたら最高ですよね。九州でおすすめのRVパークや、キャンピングカーレンタルに関する注意点や方法などをまとめてみました。

【九州】温泉も楽しめるキャンプ場を紹介!寒い時期には温泉付きがおすすめ

https://news-magazine-campers.com/campsite/kyushu_okinawa/kyushu-camp-hotspring/

九州エリアにある温泉も楽しめるキャンプ場を紹介します。寒い季節のキャンプは、体が冷えてしまい体調を崩してしまったということもありがちです。九州エリアの温泉付きキャンプ場をピックアップしたので、快適な冬キャンプを楽しみたい方はぜひ参考にしてください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

関連するキーワード


中国・四国のキャンプ場

関連する投稿


【愛媛】無料キャンプ場!遊具が豊富で子供も楽しめる「かすみの森公園」デイキャンプレビュー

【愛媛】無料キャンプ場!遊具が豊富で子供も楽しめる「かすみの森公園」デイキャンプレビュー

松山市内から約30分ほどで行ける重信川沿いの公園「かすみの森公園」で友達ファミリーとデイキャンプをしました。木々に囲まれた広々とした公園でおいしいご飯を食べて飲んで騒いで楽しみました。遊具もたくさんあり子ども連れにはうれしい公園です。ぜひ参考にしてください。


【愛媛】納得のコスパ!サービスエリアに隣接する「モンベル石鎚」をレビュー

【愛媛】納得のコスパ!サービスエリアに隣接する「モンベル石鎚」をレビュー

サービスエリアに隣接する「モンベル石鎚」で3世代キャンプを楽しみました。小さい子がいるとなかなかゆっくりキャンプも楽しめないですよね。おばあちゃんやおじいちゃんも連れて子どもも大人も大満足のキャンプ体験をレポートしました。


自然豊かな高知キャンプ場おすすめ17選!人気コテージや無料スポットなども紹介

自然豊かな高知キャンプ場おすすめ17選!人気コテージや無料スポットなども紹介

高知で人気のキャンプ場や、無料スポット、おすすめのコテージなど17選を紹介します。何と言っても高知の魅力は、唯一無二の絶景が見られること!パワーあふれる大自然の中の絶景キャンプ場が沢山ありますので、キャンプ場選びの参考にしてください。


【2023年】香川県の人気キャンプ場を紹介!無料施設やコテージも

【2023年】香川県の人気キャンプ場を紹介!無料施設やコテージも

香川県の人気キャンプ場を紹介します。香川県といえば小豆島やうどん生産でも有名です。また海や山の自然や絶景も味わえます。コテージ付きキャンプ場や料金が無料や格安キャンプ場などおすすめの施設をまとめました。香川県にお出かけする際の参考にしてみてください。


【2023年最新版】徳島おすすめキャンプ場!無料スポットや人気コテージも紹介

【2023年最新版】徳島おすすめキャンプ場!無料スポットや人気コテージも紹介

伝統文化や自然が豊富な徳島県には、1度は訪れたい魅力的なキャンプ場がたくさんあります。この記事ではキャンパーズが厳選した、おすすめのキャンプ場をポイントと併せて紹介しているので、キャンプ場選びでお悩み中の方はぜひ参考にしてみてください。


最新の投稿


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


100均 ブランド 東京 車中泊 アクセサリー 日帰り 関東 火起こし