「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

【2023】関西京都おすすめのキャンプ場!海も山も満喫できる

【2023】関西京都おすすめのキャンプ場!海も山も満喫できる

京都のキャンプ場について、詳しくまとめます。京都のキャンプ場の特徴や楽しみ方を、わかりやすく解説しました。また、京都に点在するおすすめのキャンプ場やスポットもピックアップしているので、ぜひとも今後の参考にしてみてください。


京都のキャンプ場は自然がいっぱい

京都はさまざまな歴史建造物があり、観光地としても非常に有名な地域です。旅行で行く人も多いのですが、京都にはおすすめのキャンプ場も点在しています。

海や温泉が楽しめたり、無料で満喫できたりするキャンプ場もあるので、アウトドア好きから非常に人気です。

この記事では、京都のキャンプ場を取り上げて詳しく紹介します。また、京都のキャンプ場の特徴などを深く掘り下げました。ぜひ、チェックしてみてください。

京都のキャンプ場はこんな特徴がある

京都のキャンプ場は、どこも魅力的です。自然を楽しめる個性的なキャンプ場が多いからです。こちらでは、京都のキャンプ場の特徴を3点紹介します。

京都キャンプ場の特徴①:山も海も川もある

京都は寺院などの伝統的な建造物などのイメージが比較的強いですが、自然も非常に多い地域です。なぜならば、山に囲まれており、海にも接しているからです。そのため、アウトドアに適しています。

また、初心者でも安心してキャンプを満喫できる施設も多くあります。アウトドアの経験が浅い人にも、おすすめです。

川遊びができるキャンプ場もあるので、子供たちを連れて遊ぶにも向いているでしょう。京都のキャンプ場では、自然を思う存分味わいながらキャンプを堪能できます。

京都キャンプ場の特徴②:観光スポットが多い

観光も同時に楽しめるのも魅力の1つです。京都という土地柄のため、観光地が周りに多くあるからです。京都の自然を楽しみながら、観光も味わえるので贅沢な時間を過ごせるでしょう。車があれば行動範囲も広がり、楽しみも増します。

もちろん電車移動でもスケジュールを、上手く組み立てることができれば、アウトドアと観光を同時に満喫することも可能です。京都のキャンプ場で遊びに行ったら、キャンプと観光地巡りを体験し有意義な時間を過ごしてみてください。

京都キャンプ場の特徴③:バラエティ豊かなキャンプ場

京都のキャンプ場は、目を見張るようなキャンプ場も多々あります。温泉を楽しめたり、可愛らしいコテージで寝泊まりができたいなどバラエティに富んだキャンプ場が多くあることが特徴。海に面したキャンプ場もあるので、山の景色とは違った光景を目にすることもできます。

このように、山の中のキャンプ場では登山や川遊びが楽しめ、海に面したキャンプ場では海水浴など海のアクティビティも満喫できることがメリットです。京都にはさまざまなキャンプ場があるので、時期によってさまざまな場所でキャンプライフを送っても良いでしょう。

【京都】関西人気のおすすめキャンプ場5選

関西地域の中でも人気の京都のキャンプ場は、魅力的で多くのキャンパーがアウトドアを堪能しています。なかには、無料でキャンプが味わえる施設もあります。そこで、京都のおすすめキャンプ場を5選ピックアップしました。

①無料キャンプ場:静原キャンプ場(京都市)

ボーイスカウトや野外学習などで利用される料金無料の「静原キャンプ場」です。通常のキャンパーも利用できますが、申請をする必要があるので必ず行く前に手続きを行ってください。場内の設備は、トイレはありますが、シャワー室やレジャー施設などもなくレンタルも行っていません。

多少の不便さはありますが、自然の中でのキャンプを濃密に味わえるのが特徴です。上級者向けのキャンプ場といえるでしょう。

  • 静かなキャンプを求めている人には最適
  • ソロキャンプ好きにおすすめ
  • レジャーよりも自然を楽しみたい人におすすめ

住所

〒601-1121 京都府京都市左京区静市静原町1172

電話番号

075-662-8801

アクセス

静原学校前(京都バス)から徒歩で約20分

チェックイン/チェックアウト

10:00/14:00

公式サイト

ボーイスカウト京都連盟公式サイト
30代/男性
30代/男性

安心して静かに過ごせる

評価:

自然に身をあずけて、ゆっくりとキャンプを楽しめます。また、車で10分前後のところにコンビニもあるので、安心できます。

②海辺に近いキャンプ場:砂方オートキャンプ場(京丹後市)

「砂方オートキャンプ場」は、夏季営業のみですが海に面しておりマリンスポーツが楽しめます。そのため、夏には快適なキャンプライフを送れるでしょう。

目の前には日本海が広がっており、水平線にみえる夕日は絶景です。スーパーまで車で10分ほどで行けるのも嬉しいポイントです。

  • 釣りが楽しめる
  • アウトドアだけではなく観光もできる
  • 穴場キャンプ場

住所

〒627-0201 京都府京丹後市丹後町間人4778-1

電話番号

0797-85-0765

アクセス

電車:網野駅から車で約15分 車:山陰近畿自動車道「京丹後大宮」ICから約30分

チェックイン/チェックアウト

12:00/11:00

料金

海サイト 5,000円/山サイト 4,000円

20代/女性
20代/女性

観光地が近い

評価:

アウトドアを楽しみつつ、観光地巡りもできます。天橋立も車で40分ほどの場所にあるので、思う存分楽しめます。

③温泉付きのキャンプ場:あやべ温泉キャンプ場(綾部市)

20代/女性
20代/女性

利用しやすい

評価:

日帰りか泊まりを選べて、レンタルも行っているので使い勝手が良いです。電源付きサイトも用意されているので、非常に便利です。

住所

〒623-1131 京都府綾部市睦寄町在ノ向10

電話番号

0773-55-0262

アクセス

電車:真倉駅から車で約30分 車:京都縦貫道「京丹波わちインター」より約30分

営業時間

11:00~翌10:00(デイキャンプ 10:00~17:00)

料金

1泊 3,000円/日帰り 1,500円

公式サイト

あやべ温泉キャンプ場公式サイト

④コテージのキャンプ場:京丹後森林公園スイス村(京丹後市)

40代/女性
40代/女性

安心できる

評価:

アウトドアを楽しみながら、睡眠はコテージ内でぐっすり眠れます。寒さや暑さも防げるので、安心できます。

住所

〒627-0102 京都府京丹後市弥栄町野中2562

電話番号

0772-66-0036

アクセス

電車:峰山駅から車で約25分 車:宮津与謝道路「京丹後大宮IC」から約35分

チェックイン/チェックアウト

15:00/10:00

料金

1泊大コテージ10名利用 44,000円(11名以降は追加料金1人2,200円)

公式サイト

京丹後森林公園スイス村公式サイト

⑤大自然が魅力のキャンプ場:加悦双峰公園(与謝野町)

30代/男性
30代/男性

キャンピングカー乗り入れOK

評価:

キャンピングカーでのアウトドアが好きな人におすすめです。キャンピングカーサイトは、1泊4,500円で利用できます。

住所

〒629-2423 京都府与謝郡与謝野町字与謝292-2

電話番号

0772-43-1581

アクセス

電車:大江山口内宮駅から車で約35分 車:山陰近畿自動車道・与謝天橋立ICより約35分

チェックイン/チェックアウト

14:00/12:00(バンガロー 15:00/10:00)

料金

テントサイト 2,500円

公式サイト

与謝野町観光協会公式サイト

京都穴場おすすめのスポット

京都には穴場のスポットも多数点在しています。キャンプだけではなく、時間をみつけて観光地を巡れば、新鮮な気持ちにもなれるでしょう。そこで、京都穴場スポットを3点紹介します。

①:白龍園

「白龍園」は四季を感じられる日本庭園です。アウトドアでアグレッシブな体験をしつつ、趣を感じられる体験をするのも良いでしょう。風情があり、心が落ち着く空間が演出されています。

住所

〒601-1113 京都府京都市左京区鞍馬二ノ瀬町106

電話番号

075-741-2863

アクセス

二ノ瀬駅から徒歩で約7分

料金

大人 1,600円・小人 800円(未就学児童は無料)

公式サイト

白龍園公式サイト

②:新風館

歴史的なレトロな雰囲気と、今どきのモダンな魅力を併せ持った「新風館」です。ホテルや飲食店、映画館などがある複合施設です。

おしゃれなスポットとして人気なので、インスタ映えもするといった意見もみられます。都心に位置している施設なので、電車でキャンプ場へ行く場合には通いやすいでしょう。

住所

〒604-8172 京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2

電話番号

075-585-6611

アクセス

烏丸御池駅から徒歩で約1分

営業時間

ショップ 11:00〜20:00/レストラン 8:00〜24:00

公式サイト

新風館公式サイト

③:法輪寺

「法輪寺」は人があまり多くなく、桜や紅葉の光景を味わえる穴場スポットです。法輪寺には展望台があり、そこから嵐山全体の絶景を見渡せます。高台から見る嵐山の光景は、圧巻でしょう。また、15分ほどで拝観できるので気軽に立ち寄れます。

住所

〒616-0006 京都府京都市西京区嵐山虚空蔵山町

電話番号

075-862-0013

アクセス

嵐山駅から徒歩で約8分

料金

大人 500円/中高生 400円/小人 200円

公式サイト

法輪寺公式サイト

京都のキャンプ場でめいっぱい遊ぼう!

京都のキャンプ場は、観光地も近くにあり楽しみもたくさんですね。その上、自然も豊かなので、有意義なキャンプライフを送ることができます。京都にはソロでも複数人でも存分に堪能できるキャンプ場が多いので、アウトドア好きにはうってつけです。

また、キャンプを通して非日常を満喫したい人にもおすすめです。機会がありましたら、京都のキャンプ場に足を運んでめいっぱい遊んでみてください。

【関西】徒歩キャンプおすすめのキャンプ場!人気のバックパックも紹介

https://news-magazine-campers.com/campsite/kansai/kansai-walk-camp-backpack/

関西の徒歩で行くことができるキャンプ場を紹介します。電車やバスなどの公共機関を使ってアクセスできるキャンプ場なら、車がない方でも気軽に行くことができますよね。アクセスが簡単なキャンプ場をまとめてみました。おすすめのバックパックも併せてチェックしてください。

【関西】デイキャンプで川遊びできるキャンプ場8選!ファミリーも大人も楽しもう

https://news-magazine-campers.com/outdoor/kansai-daytrip-camp-river/

関西の日帰りで川遊びができるキャンプ場を紹介します。夏休みなどは川遊びを楽しみにしている方も多いですよね。関西エリアにあるデイキャンプ可能な川遊びできるキャンプ場をまとめてみました。ファミリーでも大人同士でも川遊びを満喫できるキャンプ場です。

【関西】安い料金が魅力のグランピング施設8選!リーズナブルに楽しむコツも紹介

https://news-magazine-campers.com/campsite/kansai/kansai-glamping-cheap/

関西の安い料金が魅力のグランピング施設を紹介します。グランピングはコストがかかると思っていませんか。実はリーズナブルに過ごせる施設もあります。関西の手頃なグランピング施設やリーズナブルに楽しむコツについてまとめてみました。GWなどのプランの参考にしてください。

この記事のライター

映画好きでお酒好きの、物書きです。

最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。