「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

【関西】穴場のオートキャンプ場8選!誰よりも早くチェックしよう

【関西】穴場のオートキャンプ場8選!誰よりも早くチェックしよう

関西エリアにある穴場のオートキャンプ場を紹介します。関西にはたくさんのキャンプ場がありますが、あまり知られていないキャンプ場もあるんです。とっておきのキャンプ場をピックアップしています。穴場のキャンプ場が気になる方はチェックしてください。


関西にある穴場のキャンプ場に行ってみたい!

いつもとは違うオートキャンプ場に行ってみたい、混雑しないおすすめのキャンプ場をみつけたい、そんな風に思う方もいますよね。人気があるオートキャンプ場は、週末となれば混雑していることがほとんど。できれば、ゆったりと静かにキャンプしたいと思うものです。

穴場と言われる定義は曖昧ですが、あまり知られていない、混雑していない、実はすごくいいなどといった理由で穴場と言われている関西のオートキャンプ場を紹介します。穴場と言われる理由や、おすすめポイントなどぜひ参考にしてください。

【関西】ひっそり過ごせる穴場オートキャンプ場2選

関西エリアのひっそりと過ごせる穴場のオートキャンプ場を紹介します。静かに過ごしたい方におすすめのオートキャンプ場です。

①近露オートキャンプ場(和歌山県):抜群の雰囲気があるキャンプ場

和歌山県熊野古道の中央付近にある「近露オートキャンプ場」は、山・川・森といった自然に囲まれた抜群のロケーションが魅力です。穴場と言われるポイントは、アクセスが簡単とは言えないこととなかなかの秘境ぶりなこと。

オートサイトとバンガローがあり、比較的自由度が高いキャンプ場です。ここの魅力は、なんといっても満天の星空と綺麗な川での川遊びです。静かな山間なので、ゆったりと過ごしたい自然派のキャンパーにおすすめとなっています。

繁忙期は予約でいっぱいになることもありますが、オフシーズンや平日などを狙えばかなり静かなキャンプを楽しめるでしょう。

住所

和歌山県田辺市中辺路町近露68

電話番号

0739-65-0800

料金

・施設利用料:大人500円、小人300円 ・オートサイト:3,500円 ※変更ある可能性があるので要確認

設備

・管理棟 ・トイレ ・炊事場

アクセス

最寄りのIC:南紀田辺IC

公式サイト

なし

②てんきてんき村オートキャンプ場(京都府):道の駅に隣接している

京都府丹後にある「てんきてんき村オートキャンプ場」は、日本海が目の前に広がる穴場のオートキャンプ場です。キャンプ場の隣には道の駅が隣接されていることも穴場の理由。通年営業であるため、冬キャンプもできます。

寒い冬は、車中泊スポットとしても利用され、通常料金よりも手頃な価格で利用できます。道の駅が隣にあるのは、かなり便利なポイント。地酒や地元の郷土料理などをキャンプで楽しむのも醍醐味となるでしょう。

また、周辺には丹後の観光スポットもあるので、足を運んでみることもおすすめです。ハイシーズンなどを除けば、混雑はあまりないキャンプ場となっています。

住所

京都府京丹後市丹後町竹野313-1

電話番号

0772-75-2525

料金

オートサイト:2,000円~ ※シーズンによって異なる

設備

・管理棟 ・炊事場 ・トイレ(道の駅にもあり) ・海水浴用のシャワーと更衣室

アクセス

車:京丹後大宮ICより約40分

公式サイト

てんきてんき村オートキャンプ場公式サイト

【関西】ペット可の穴場オートキャンプ場2選

関西エリアのペットと泊まれる穴場のオートキャンプ場を紹介します。ペットと一緒にのびのびと過ごしたいキャンパーさんにおすすめです。

①毛原オートキャンプ場(和歌山県):蛍鑑賞や釣りもできる

和歌山県にある「毛原オートキャンプ場」は、釣りや蛍鑑賞ができる自然豊かなペット可のキャンプ場です。オートサイトとテントサイトがあり、オートサイトにはあずま屋もあります。設備はトイレと炊事場といった至ってシンプルなキャンプ場です。

シャワーはありませんが、近くにある美里の湯かじか荘では日帰り温泉の利用ができます。ペットと一緒に自然の中でキャンプを楽しめるのは、ペットにとってもいい環境だと言えるでしょう。リード着用などのルールがあるので、必ず確認してから予約をしてください。

住所

和歌山県海草郡紀美野町小西187毛原オートキャンプ場

電話番号

073-498-0102(かじか荘)

料金

・利用料:大人(高校生~)500円、小人(4才~中学生)250円 ・オートサイト:3,300円

設備

・管理棟 ・炊事場 ・トイレ

アクセス

車:海南東ICより約45分

公式サイト

毛原オートキャンプ場公式サイト

②グリーンパークハチ北(兵庫県):山の中の秘境

兵庫県にある「グリーンパークハチ北」は、大自然を感じられるまるで秘境のようなオートキャンプ場です。隣にはもののけの森があり、足を伸ばせばマイナスイオンたっぷりの昇竜の滝などもあります。

音楽イベントなどが開かれることもある開放的な場所です。オートサイトの他、ソロサイト・グランドサイトがあります。どのサイトもAC電源はありません。設備はシンプルですが、レンタル用品の扱いはあります。ペット大歓迎ですが、リード着用などのルールは守るようにしましょう。

住所

兵庫県美方郡香美町村岡区大笹たたら

電話番号

090-5005-1822

料金

・大人(中学生以上):700円 ・子供(小学生):500円 ・小学生以下:無料 ・サイト料金:2,500~4,500円 ※シーズンによって異なります

設備

・管理棟 ・トイレ ・炊事場 ・シャワー ・かまど ・薪販売 ・レンタル

アクセス

北近畿豊岡自動車道「八鹿氷ノ山IC」から約40分

公式サイト

グリーンパークハチ北公式サイト

【関西】穴場の格安オートキャンプ場2選

関西エリアにある穴場の格安オートキャンプ場を紹介します。あまり混雑していない場所で、なるべくコストを抑えたいキャンパーさんにおすすめです。

①くつわ池自然公園キャンプ場(京都府):予約不要でゆったり過ごせる

京都にある「くつわ池自然公園キャンプ場」は、予約がいらない広大な敷地の公園内にあるキャンプ場です。京都では知られる公園なので、ハイシーズンや週末などは利用者が多くいます。穴場の狙いめは、オフシーズンの平日です。

京都市内からアクセスがよく、料金が安いだけでなく、チェックインが朝8時半からという嬉しいポイントがあります。混雑していない平日に朝から利用すれば、ゆったりまったりしたキャンプを満喫することが可能です。

住所

京都府綴喜郡宇治田原町郷之口末山3

電話番号

0774-88-3895

料金

・入園料:大人400円、小人200円 ・テント1張:1,000円

設備

・シャワー(有料) ・炊事棟 ・トイレ ・遊具 ・プール

アクセス

車:京奈和自動車道・田辺西ICより約25分

公式サイト

末山くつわ池自然公園公式サイト

②松原オートキャンプ場(滋賀県):渓流釣りもおすすめ

滋賀県にある「松原オートキャンプ場」は、美しい愛知川が目の前に流れる自然いっぱいの格安キャンプ場です。夏場やハイシーズンなどは、ファミリーなどで賑わうキャンプ場ですが、オフシーズンは静かでゆったり過ごすことができます。

釣り好きの方なら、渓流釣りもおすすめです。まったりと非日常を味わいたいキャンパーさんにぴったりの穴場のオートキャンプ場となっています。

住所

滋賀県東近江市杠葉尾町

電話番号

080-4028-3886

料金

・利用料金:200円 ・サイト料金:1,500円 ・駐車場料金:500円

設備

・管理棟 ・トイレ ・炊事場

アクセス

名神高速・八日市ICから車で約30分

公式サイト

松原オートキャンプ場公式サイト

【関西】景色が素晴らしい穴場オートキャンプ場2選

関西エリアの景色が素晴らしい穴場のオートキャンプ場を紹介します。素敵な景色を眺めながらキャンプを満喫したいキャンパーさんにおすすめです。

①砂方オートキャンプ場(京都府):透明度が高い日本海が目の前

京都にある「砂方オートキャンプ場」は、美しい海水で知られる砂方海水浴場が目の前に広がるオートキャンプ場です。夏季のみ営業するキャンプ場で、予約不可となっているため穴場のキャンプ場となっています。

ここの魅力は、美しい日本海の海を見ながらキャンプができることです。また、海水浴場となっているため、シュノーケリングや磯釣りなどのアクティビティを楽しめることもおすすめポイントとなっています。設備は最低限なので、ワイルドなキャンプを好む方におすすめです。

住所

京都府京丹後市丹後町間人4778-1

電話番号

0772-72-6070(京丹後市観光公社)

料金

・車:3,000円+テント料金(2,500円~) ・バイク:1,000円+テント料金(2,500円~)

設備

・トイレ ・シャワー(冷水) ・炊事棟 ・仮設連絡所

アクセス

車:山陰近畿自動車道「京丹後大宮」ICから約30分

公式サイト

砂方オートキャンプ場公式サイト

②おじろじろキャンプ場(兵庫県):見渡す限り絶景!

兵庫県にある「おじろじろキャンプ場」は、とにかく絶景に囲まれた魅力がたまらない穴場のキャンプ場です。標高が高い位置にあるため、場合によっては雲を見ることもできます。また、幻想的な林間サイトは息を呑む美しさ。

そして天気がいい日は、満天の星空を仰ぐこともできます。また、薪やスウェーデントーチなどの販売も行ってます。自然の中でゆったり非日常を満喫したいキャパーさんにおすすめです。

住所

兵庫県香美町小代区新屋別宮道坂1219-1

電話番号

080-4022-4519

料金

・原っぱエリア:3,000~10,500円  ※人数やシーズンによって異なる

設備

・トイレ ・管理棟 ・水場

アクセス

車:北近畿豊岡自動車道・八鹿氷ノ山IC、日高神鍋高原より約50分

公式サイト

おじろじろキャンプ場公式サイト

関西穴場のキャンプ場で新たなお気に入りをみつけよう!

関西エリアにあるおすすめ穴場のキャンプ場を紹介しました。穴場のキャンプ場の多くは、便利さよりも自然を満喫するタイプがほとんどです。人気があるキャンプ場というのは、幅広い方に支持されるためやはり設備が整っているものですよね。

しかし、穴場のキャンプ場は多少の不便さはありながらも、日常では体験できないことができることがメリット。関西の穴場キャンプ場で普段とは違うアウトドアライフを満喫してみませんか。きっと、素敵な体験になるでしょう。

 

【関西】温泉に入れるおすすめのキャンプ場!人気スポットから穴場まで紹介

https://news-magazine-campers.com/campsite/kansai-camp-hotspring/

温泉に入ることができる関西のキャンプ場を紹介します。寒い冬のキャンプで、温泉を利用できれば体も温まるだけでなく疲れも癒せて最高ですよね。関西エリアの温泉施設を併設したキャンプ場をまとめてみました。キャンプ場のおすすめポイントなども紹介しているので参考にしてください。

マジ最高!関西で初日の出を眺められるおすすめキャンプ場を厳選紹介!年越しをエンジョイ

https://news-magazine-campers.com/campsite/kansai/kansai-hatuhinode/

関西圏内で初日の出を見ることが出来るキャンプ場を厳選してご紹介!キャンプをしながら初日の出を見るためには、年末年始も営業している見晴らしの良いキャンプ場をおさえる必要があります。新しく迎える年を非日常的な時間の中で感じることが出来る、おすすめスポットを見ていきましょう。

【エリア別】ペット可のおすすめキャンプ場を紹介!守るべき注意点も

https://news-magazine-campers.com/campsite/pet-camp/

ペット可のキャンプ場をエリア別で紹介します。大事な家族のペットとキャンプできたらいいなと思う方も増えているのではないでしょうか。ペット可のキャンプ場も増えていますが、守るべき注意点もあります。ペット可のおすすめキャンプ場とあわせて注意点もまとめてみました。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。