「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

キャンプでプロジェクターを使ってもいい?迷惑にならない5つの方法を紹介!

キャンプでプロジェクターを使ってもいい?迷惑にならない5つの方法を紹介!

キャンプでプロジェクターを使ってもいいのか考察します。キャンプ場でプロジェクターを使っても迷惑にならない使い方を詳しく紹介。キャンプ中にテントの中でも使用できるおすすめのプロジェクターもピックアップしているので、ぜひ参考にしてみてください。


キャンプで今流行のプロジェクターを使うと迷惑なの?

キャンプ場でのプロジェクターの使用は、周りに配慮して正しく使用しましょう。間違ったプロジェクターの使い方をしてしまうと、周りの利用者に迷惑をかけてしまいます。

また、自分勝手な使い方をするとトラブルのもとにもなるためです。 トラブルになると自分も相手の人もせっかくの楽しいキャンプが台無しになってしまいます。

キャンプ場でプロジェクターを使用する場合は、周りのキャンパーに配慮して使えば問題ないでしょう。

キャンプでプロジェクターを使うと迷惑な理由は4つ

キャンプでのプロジェクターの使用を間違うと、周りの人に迷惑をかける恐れがあります。そこで、キャンプでプロジェクターを使うと迷惑になる理由を4つ紹介します。

正しく使用して、プロジェクターのあるキャンプを堪能してみてください。

迷惑な理由①:音がうるさい

大音量で映像を観ると、周りの利用者に非常に迷惑です。利用者の中には、静かなテント泊を臨んでいる人もいるためです。とくに夜はうるさいとトラブルに発展する可能性も大いにあるでしょう。

トラブルを避けるためにも、また周りの利用者に迷惑をかけないためにもプロジェクターを使用する際は、音問題の対策はしっかりとおこなってください。

迷惑な理由②:映像の光が眩しい

音と同様に映像の光が、周囲の人に迷惑になることもあります。夜のキャンプライフを楽しんでいる人からすると、せっかくのキャンプの雰囲気が台無しになるからです。

不必要な光が目にチカチカ入ると、気分が害されることもあるでしょう。音と同じように映像の光の問題も考慮して、迷惑にならないように映像を満喫してください。

迷惑な理由③:スクリーンが邪魔くさい

スクリーンが視界に入ると、自然の風景を見るのが好きな人は邪魔くさいと感じることもあるでしょう。周囲の人からしたら、景観が悪くなり楽しめなくなるためです。

また、近い場所に臨まないスクリーンが設置されると圧迫感もあります。さらに、大型のスクリーンになればなるほど固定も難しく周りに迷惑をかける恐れもあるでしょう。

スクリーンのサイズも気を使うことで、誰も嫌な思いをせずに映像が楽しめます。

迷惑な理由④:ゲームをやると盛り上がってしまう

プロジェクターを使って、ゲームを満喫したい人もいることでしょう。屋外でのスクリーンを利用したゲームは、ゲーム好きの人にとっては格別です。

しかし、都会の喧騒を離れ自然に囲まれた空間に浸っている人からすると、他人の騒いでいる声は耳障りになることもあります。

とくに複数人でゲームをすると、思いのほか盛り上がり大きな声を上げてしまうことも多々あります。楽しいのはわかりますが、周りにも配慮してゲームは楽しみましょう。

他のキャンパーに迷惑にならないプロジェクターの5つの使い方

キャンプ場でプロジェクターを使用すると、使い方次第では周りの利用者に多大な迷惑をかけてしまう恐れがあります。そのような事を避けるためにも、キャンプ場で迷惑にならないプロジェクターの使い方を5つ紹介します。

これからプロジェクターを使おうと思っている人は、参考にしてみてください。

プロジェクターの使い方①:人のいないところで使う

なるべく人のいないところで使用するのが最善です。周りに気を使わずに、のびのびと好きな映像を満喫できるからです。少しでも人から離れた場所に設置することで迷惑をかけにくくなります。

あらかじめホームページであまり人が利用しないキャンプ場を探し、利用するのも1つの手段です。

プロジェクターの使い方②:音はイヤホンで聞く

映像からの音は、静かにキャンプライフを満喫した人には非常に迷惑です。キャンプ場でプロジェクターを使用する際は、音量に配慮することは必須です。

それでも自分の好きな音量で映像を楽しみたいのであれば、イヤホンやヘッドホンを利用しましょう。イヤホンやヘッドホンを使うことで、気を使うことなくプロジェクターを使うことができます。

また、コードレスだとより便利のため、コードレスタイプのものがおすすめです。

プロジェクターの使い方③:スクリーンは使わずテント内で使用する

スクリーンは、どうしてもそれなりのサイズになるため邪魔になる恐れがあります。そのため、近くにほかの利用者がいると気も使うでしょう。

テント内にプロジェクターを設置し、スクリーンの代わりにテントの生地を使うのが良いです。しかし、歪んだりすると観にくいことも多々あります。

テントを設置する際は、スクリーンの代わりにすることを考慮して、スクリーンとして使う面はしっかりと張るように意識してください。

プロジェクターの使い方④:夜中に使用しない

夜はとくに明かりで迷惑をかけます。スクリーンの映像は明るいと観れないため、観るとしたら夜になることが多いでしょう。しかし、時間を考えて深い時間に使用するのを避けるのが無難です。

周りの人に迷惑をかけないために、テント内で観るのが良いでしょう。夜のキャンプ場は、ランタンなどの光がポツポツと光っています。

テント内であれば、スクリーンの光はそこまで目立ちません。テント内で観るのが難しい場合は、車両を壁にしてスクリーンの光を遮断する工夫をしましょう。

プロジェクターの使い方⑤:投影する向きを配慮する

投影する角度によって、スクリーンをはみ出して投影してしまうこともあります。スクリーンからはみ出してしまうと、周りに光が拡散され迷惑になるでしょう。

しかし、スクリーンから映像がはみ出していることに、気づかない場合もあります。映像に見入ってしまい、集中してしまうことが意外と多いからです。

投影する際には準備の段階で画角を少々抑えめにして、スクリーン内に収まるようにするのが良いでしょう。

プロジェクターをキャンプ場で使うときの3つ注意点

キャンプ場でプロジェクターを使用する場合は、室内で楽しむのとは勝手が違います。そのため、気をつけなければならない点もあるでしょう。

こちらでは、外でプロジェクターを設置して、十分に楽しむための3つの注意点をまとめます。

キャンプ場での注意点①:スクリーンをしっかり固定する

スクリーンが風で揺れると観づらいです。しっかりとピンっと張ってください。張りがあまいと、吊ったスクリーンが外れることもあります。

また、外れるだけなら良いですが、破けて観られないといったこともありえるでしょう。そうなると、せっかくのプロジェクターが無駄になってしまいます。

しっかりとスクリーンを張るためには、マグネットを利用すると良いです。マグネットを使うことで、手軽にスクリーンを固定できるからです。

スクリーンの代わりにテントを利用する場合は、テントの設営の段階で角度など計算して設営してください。

キャンプ場での注意点②:バッテリーは余分に持っていく

バッテリーの充電がないと話になりません。すべて無駄になってしまいます。また、途中で充電が切れてしまうとテンションが下がってしまいますよね。

家を出る前には、バッテリーの残量は必ず確認しましょう。余分に持っていくと、なお良いです。バッテリーの不備のトラブルにも、対応できるからです。

キャンプ場でプロジェクターの使用を考えているのであれば、バッテリーは1つだけではなく複数持っていくようにしましょう。

キャンプで役立つモバイルバッテリー対応のUSB暖房を厳選して紹介!

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/camp-mobile-battery-heating/

この記事はキャンプで使えるモバイルバッテリー対応のUSB暖房について紹介しています。モバイルバッテリー対応のUSB暖房の特徴や選ぶときのポイントなどを徹底解説。秋冬のキャンプを暖かく過ごしたい方は、必ずチェックしておきましょう。

キャンプ場での注意点③:虫が寄ってこないようにする

虫が寄ってくると映像に集中できません。光が強ければ強いほど、虫はそれだけ寄ってきます。虫の問題を少しでも解決するには、メインのライトの光量を調節してください。

夜であれば多少、光量を落としても十分に映像を楽しめます。大きめのテントであれば、テント内にスクリーンを設置し閉め切って虫の侵入を防ぎましょう。

キャンプで使うならコレ!迷惑にならないプロジェクター3選

プロジェクターでも使うのであれば、アウトドアにぴったりのプロジェクターが良いでしょう。こちらでは、キャンプで使うのにおすすめのプロジェクターを3選紹介します。

どれもキャンプには最適なプロジェクターのため、チェックしてみてください。

テント内で使えるプロジェクター①:Nebula Capsule Pro

Nebula Capsule Pro

¥46800

小型のため、携帯に便利です。コンパクトな見た目ですが、迫力のあるサウンドにきれいな映像を映し出します。また、耐久性も高くアウトドアにぴったりです。

さらに、バッテリーが搭載されているため、安心して使えます。キャンプ場でのプロジェクターの使用を考えている人には、おすすめの商品です。

高さ約120mm
直径約68mm
重量約470g
20代/女性
20代/女性

全方向のスピーカー

評価:

スピーカーの性能が高く、ストレスなく楽しむことが可能です。360°のスピーカーのおかげで、迫力満点の映像を体験できます。

テント内で使えるプロジェクター②:Smart Beam Laser

Smart Beam Laser

¥25850

スマホと繋げて観ることも可能で、非常に便利です。ビデオカメラと繋げれば、撮影したばかりの映像も楽しめるでしょう。

食事をしながら仲間たちと観れば、盛り上がること間違いありません。また、モバイルバッテリーでも充電が可能なため、キャンプ場で気軽に利用ができます。

サイズ5.5×5.5×5.5cm
重量約500g
40代/女性
40代/女性

使いやすい

評価:

場所を取らないため、気軽に映像が観られます。家族でキャンプへ行ったときも、テント内で子供達と観るのにも適しています。

テント内で使えるプロジェクター③:BenQ GS2

BenQ GS2

¥76470

衝撃に強い造りのため、アウトドアに向いているプロジェクターです。水滴も入りにくいため、耐久性は申し分ないでしょう。

また、スマホがリモコン代わりになるため、使いやすく重宝できます。電源のオン・オフはもちろんのこと、明るさの微調整などもスマホの操作で簡単にできます。

サイズ139×144 ×139mm
重量約2.3kg
30代/男性
30代/男性

多機能が魅力

評価:

幼い子供用のための利用制限機能や、いたずら防止のためのロック機能がついています。また、オートフォーカス機能が便利で、自動的に焦点を合わせていつでも映像が観やすい状態を保ってくれます。

まとめ:キャンプでプロジェクターを使うなら周りに迷惑かけない

キャンプ場でのプロジェクターの使用は、家で楽しむよりも非日常を味わうことができます。自然の中で、映画やゲームを大画面で堪能するのは格別です。

しかし、自分勝手にプロジェクターを使用すると周りの人達へ、多大な迷惑をかけてしまうのも事実です。キャンプ場でプロジェクターを使うのであれば、周りの人達に配慮しながら使うようにしましょう。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 火起こし 東京 車中泊 キャンプ料理 レシピ アクセサリー