「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

ダイソーにサビキ仕掛けがある!スペックや実際に釣れるのか紹介!

ダイソーにサビキ仕掛けがある!スペックや実際に釣れるのか紹介!

100円均一ショップのダイソーで販売されているサビキ仕掛けについて解説します。ダイソーの「サビキセット」のスペックや魅力を詳しく説明!ダイソーの「サビキセット」の使い方も紹介しますのでぜひサビキ釣りで使用する際の参考にしてください。


ダイソー「サビキセット」を紹介

サビキ釣りは、初心者でも簡単にアジなどの魚が釣れるため、人気のある海釣りの方法です。コマセと呼ばれる餌を海中に拡散させて魚をおびき寄せ、「サビキ」という仕掛けを使って釣り上げます。

このサビキ釣りに使う仕掛けは、通常は釣具店で販売されていますが、100均ショップのダイソーで購入することも出来ます。

この記事では、ダイソーで販売されている「サビキセット」を詳しく紹介します。サビキ釣りに挑戦する際にぜひ使用してみて下さい。

ダイソー「サビキセット」の基本情報と使い方

サビキセットのスペック

30代/男性
30代/男性

コスパ最高

評価:

100円のサジキ仕掛けセットということで少し不安でしたが、しっかりアジが釣れました。今回は5号サイズを使用しましたが、次回は7号サイズでサバに挑戦したいです。

サビキ仕掛けとは

サビキ仕掛けとは、サビキ釣りの際に使用する、餌に見せかけた擬餌バリの仕掛けのことです。

サビキ仕掛けの上か下に魚をおびき寄せるエサを入れるカゴを組み合わせて使用します。サビキ仕掛けの小さな擬餌バリをいくつか連ねると、より効果的に魚が釣れるでしょう。

サビキセットの使い方

  • 仕掛けのスナップと台紙の3分の1を袋から取り出します
  • 釣り竿のリールから出ている道糸とスナップを結びます
  • 仕掛けを袋から取り出し、台紙を持ったまま2のスナップを引っ張ります
  • カゴに餌を入れます
  • 仕掛けを海に下ろし、釣り竿をゆらして餌を海にばらまきます

仕掛けを袋から取り出すとき、台紙から外さないようにします。仕掛けを引っ張り出す際は、針が刺さらないように注意し、糸が絡まないように気を付けましょう。

ダイソー「サビキセット」の魅力

魅力①価格の安さ

ダイソーのサビキセットは、5本針とシモリ玉、カゴが入って消費税込み110円です。一般の釣具店で販売されているサビキセットは、500円前後なので、格安で購入できます。

価格は安いですが、しっかりとアジやイワシなどの魚が釣れると好評です。アミカゴもセットになっているので、魚を集めることもでき、便利でしょう。

魅力②セットが簡単

ダイソーのサビキセットは、簡単にセットすることができます。リールから出ている道糸にサビキセットのスナップを結び、それを引き出すだけで完成します。

1つ1つ繋ぐ必要がないため、とても楽です。アミカゴも一緒になっており、そのままサビキ釣りを楽しむことができます。ただし、糸が細くて絡みやすいので注意しましょう。

魅力③ジグサビキとしても使える

ダイソーのサビキセットにダイソーのメタルジグを組み合わせることで、ジグサビキの仕掛けとしても使えます。メタルのジグを使うことで、エサがなくても魚を集めることが可能です。

ジグサビキを仕掛けると、普通のサビキ仕掛けでは釣れない魚も釣ることができます。針の数が多いと魚が掛かったときに絡まりやすいので、針の数は少なめにすると良いでしょう。

「サビキセット」はすべてのダイソーの店舗で購入できますか?

近年、ダイソーではアウトドアアイテムに力をいれています。そのため大きめのダイソーの店舗なら釣具コーナーがあり、購入が可能です。ただし、小さい店舗では取り扱いがない場合もあるため、確認するとよいでしょう。

ダイソー「サビキセット」をゲットしよう!

サビキ釣りは、海釣りデビューの人にも挑戦しやすい釣りの方法です。また、浮きとつける飛ばしサビキ釣りなら沖の魚を釣ることもでき、マニアにも人気があります。

ダイソーのサビキセットは安価で気楽に釣りに挑戦できるアイテムです。手軽に購入できますが、セットが簡単にでき、しっかり魚が釣れます。ぜひダイソーのサビキセットをゲットして海釣りを楽しんでください。

ダイソーのルアーすごくない?釣れると人気のルアー6選とおすすめ釣り具を紹介

https://news-magazine-campers.com/outdoor/fishing/daisorua-ninki/

ダイソーのルアーが、なぜ人気なのか解説します。SNSでもダイソーのルアーってすごくない?100均のルアーとは思えないほど釣れると話題沸騰中です。なぜダイソーのルアーが釣れると評価されているのかその理由を調査しました。おすすめのルアーや釣り具も紹介します。

お魚キラーで大物ゲット?おすすめの餌や使い方・自作方法も!

https://news-magazine-campers.com/outdoor/fishing/%e3%81%8a%e9%ad%9a%e3%82%ad%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%81%a7%e5%a4%a7%e7%89%a9%e3%82%b2%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%9f%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e3%81%ae%e9%a4%8c%e3%82%84%e4%bd%bf%e3%81%84%e6%96%b9/

お魚キラーを詳しく説明します。川や海や用水路に設置して手軽に魚がゲットできるお魚キラーは、なぜ人気になっているのか?気になる仕組みや役に立つ使い方を解説!さらにはお魚キラーの自作方法まで、工夫次第で大漁も期待できるお魚キラーの参考になる情報を紹介します。

竿受けを自作してみよう!基本の作り方と釣り場に合わせたアレンジも

https://news-magazine-campers.com/outdoor/fishing/%e7%ab%bf%e5%8f%97%e3%81%91%e3%82%92%e8%87%aa%e4%bd%9c%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%82%88%e3%81%86%ef%bc%81%e5%9f%ba%e6%9c%ac%e3%81%ae%e4%bd%9c%e3%82%8a%e6%96%b9%e3%81%a8%e9%87%a3%e3%82%8a%e5%a0%b4/

竿受けの自作方法を紹介します。船釣りや堤防釣りなど釣り場に合わせたアレンジもまとめました。ホームセンターや100均で購入できる材料を使った作り方なので、手軽に挑戦できるでしょう。室内に置く竿受けの自作方法も要チェックです。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 火起こし 東京 車中泊 キャンプ料理 レシピ アクセサリー