「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

パーゴワークス「ニンジャシェルター」の基本情報や特徴・設営方法を紹介!

パーゴワークス「ニンジャシェルター」の基本情報や特徴・設営方法を紹介!

パーゴワークスのニンジャシェルターを紹介します。話題のパーゴワークスから発売されたニンジャシェルターの基本情報や設営方法などをまとめてみました。人気アウトドアブランドのパーゴワークスのニンジャシェルターについて、詳しく知りたい方は必見です。


パーゴワークスのニンジャシェルターを紹介!

軽量で機能的なギアを続々と発売するパーゴワークスの「ニンジャシェルター」は、発売から品切れになるほどの人気ぶりです。ニンジャシェルターというネーミングも一度聞いたら忘れられないユニークさもパーゴワークスならではでしょう。

実際、雨のキャンプや冬の結露はどうなのでしょうか。パーゴワークスのニンジャシェルターの基本情報や設営方法などを紹介するので参考にしてください。

ニンジャシェルターの基本情報と特徴

PAAGOWORKS「ニンジャシェルター」

ニンジャシェルター

¥41800

パーゴワークスのニンジャシェルターは、軽量な2人用のフロアレスシェルターです。軽い秘密基地と書かれているように、コンパクトなシェルターとなっています。自転車でも持ち運びが簡単で、2本のフレームを使って組み立てるだけなのでシンプルな構造も特徴です。

そして、大人2〜3人での利用がちょうどいいサイズなのでソロキャンプや少人数のキャンプにおすすめとなっています。ただし、冬の結露は場合によって起こる可能性があるため対策が必要です。

サイズ380×220×140cm
重量1600g
素材20Dポリエステル (シリコン/PUコーティング)
男性
男性

軽くて頑丈

評価:

キャンプツーリングや自転車でかれこれ30回以上使用しました。軽くてコンパクトなのでツーリングに最適で、雨のときにも使用しましたが問題なく頑丈だと感じました。冬の結露はまだ経験していません。

特徴①軽量コンパクトで持ち運びが楽々

パーゴワークスのニンジャシェルターの特徴は、軽量で持ち運びが便利なことです。軽いだけでなく、収納時もコンパクトになるためツーリングの人やソロキャンプの人でも安心です。使用サイズに対してこのコンパクトさは驚く人も多いのではないでしょうか。

特徴②NINJA NESTとの組み合わせでダブルウォールテントに

パーゴワークスのニンジャシェルターは、ニンジャネストをインナーテントとして設置することもできます。シェルターとしてだけでなく、テントとしても使いたい場合におすすめです。ニンジャシェルターとニンジャネストを購入しておけば、使いたいシチュエーションを選ぶことができます。

NINJA NEST

ニンジャネスト

¥22000

パーゴワークスのニンジャネストは、30Dナイロン・シリコンコーティング素材を使用したネストです。ニンジャシェルターと組み合わせればA型のテントになります。正面にポールを使えばタープとしての利用も可能です。

サイズ1800×1900×1000mm
重量約630g
素材30Dナイロン シリコンコーティング
男性
男性

涼しくて快適

評価:

ニンジャシェルターと合わせて使用しています。前室を作ってその下で過ごしていますが、夏は涼しくて快適です。適度な雨の日なら問題ありませんでした。冬はまだ経験していませんが、結露対策をしてテントとして使うつもりです。

特徴③前室のバリエーションが豊富

パーゴワークスのニンジャシェルターは、前室のバリエーションが豊富であることも魅力です。ニンジャシェルターのサイドには2つのファスナーがあるので、ひさし部分や出入口を自由に使い分けることができます。

ニンジャシェルターの設営方法

1人でも設営可能なのが嬉しい!

パーゴワークスのニンジャシェルターは、設営が簡単であることも人気の理由だと言えるでしょう。2本のポールを使って設営する非自立式のシェルターです。非自立式シェルターだとペグの位置に戸惑う方もいると思いますが、ガイドテープが付いているのでわかりやすくなっています。

他のシェルターと比較しても格段に設営が簡単だと評価されているので、設営の不安を感じずに組み立てられます。

設営方法

  • ガイドテープを使用してペグダウンを四隅にする
  • シェルター本体を広げる
  • 四隅をペグにかける
  • ポールを140㎝に伸ばして立ち上げる
  • ポールを立ち上げるとシェルターが自立する
  • 両サイド2か所をペグダウンする

ニンジャシェルターの設営では、ペグダウンする位置はそれぞれ直角になるようにするようにしましょう。そして、本体を広げる際は前後表後ろに注意して広げてください。ポールを自立させた後、スカートが風でバタつくようであれば固定するようにします。

フィールドによってはペグダウンが足りないときもあるので、必要であれば増やすようにしてください。

ニンジャシェルターまとめ

パーゴワークスのニンジャシェルターの魅力や設営方法を紹介しました。口コミ評価も高い軽量でコンパクトなニンジャシェルターは、バイクや自転車でも運べる優れものです。ただし、雨対策や冬の結露対策だけは覚えておきましょう。

メリットが多いニンジャシェルターですが、デメリットも理解しておくことも大事です。総じて評価が高いパーゴワークスのニンジャシェルターを使って、大人の秘密基地を楽しみましょう。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


100均 ブランド 東京 車中泊 アクセサリー 日帰り 関東 火起こし