「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

ワークマン「防水サファリシューズ」が人気!魅力やデメリットをリサーチ!

ワークマン「防水サファリシューズ」が人気!魅力やデメリットをリサーチ!

ワークマンの防水サファリシューズについて解説しています。ワークマンのサファリシューズの基本情報や魅力をリサーチしてまとめました。さらに、デメリットについても紹介しています。防水サファリシューズが気になり方は、ぜひ参考にしてください。


ワークマンの「防水サファリシューズ」をリサーチ!

女性からも男性からも人気がある、ワークマンの防水サファリシューズをご存知でしょうか?防水機能に長けており、雨の日も安心して過ごすことが出来ます。

この記事では、防水サファリシューズの基本情報や魅力、デメリットをリサーチして掘り下げています。雨の日の外出が多い方やアウトドアによく出かける方は必見です。

ワークマンの「防水サファリシューズ」の基本情報

防水サファリシューズ

【サイズ表】

Sサイズ

23.5~24.0cm

Mサイズ

24.5~25.0cm

Lサイズ

25.5~26.0cm

LLサイズ

26.5~27.0cm

3Lサイズ

27.5~28.0cm

【スペック】

値段

1,500円

素材

合成ゴム

カラー

ブラック・オリーブ

機能性

接地面から約7cmまで防水

20代/男性
20代/男性

最高です!

評価:

雨の日でも外出が多いのですが、憂鬱な雨の日が快適になりました。どんなコーデにも合うので、重宝しています。

レディース防水サファリシューズ

【サイズ表】

Sサイズ

22.0~22.5cm

Mサイズ

23.0~23.5cm

Lサイズ

24.0~24.5ccm

【スペック】

値段

1,500円

素材

合成ゴム

カラー

ブラック・ブラウン

機能性

接地面から約7cmまで防水

30代/女性
30代/女性

今話題となっているレインシューズ

評価:

友人の勧めで購入しましたが、長時間歩いても疲れにくく、歩きやすいです。履き口が擦れると痛いので、長めの靴下を使用するようにしています。

ワークマンの「防水サファリシューズ」の魅力

魅力①防水性があり雨の日も安心

ワークマンの防水サファリシューズは防水性に長けています。ワークマンの公式サイト、商品紹介ページにも「※接地面から約7cmまで防水性あり」と記載してあります。

防水サファリシューズは、5個の紐を通す穴があるのですが、下から3個目までの穴は中央部分にくっついており、そこから水が浸入してくることがなく、雨の日も安心して外出できます。

さらに、防水機能が付いていることで水をはじくため、汚れなどが簡単に落とせるという点もメリットです。

魅力②デザインがおしゃれ

ワークマンの防水サファリシューズは、シンプルなデザインながら、所々にポイントがあります。男女兼用の防水サファリシューズは、内側にルディック風の柄がプリントされています。また、女性用のレディース防水サファリシューズは、内側にチェック柄がプリントされています。

サイドについているマークもアクセントになりおしゃれ感を引き立てています。些細な部分もこだわっているにも関わらず、1,500円で購入できるのは嬉しいですね。

魅力③軽量で歩きやすい

ワークマンの防水サファリシューズは、一足約430gととても軽量です。口コミでも「軽くて歩きやすい」「防水シューズでこの軽さは嬉しい」など、レビューが高かったです。

さらに、防水シューズは生地が硬いことが多いですが、ワークマンの防水サファリシューズはぐにゃぐにゃと曲がるほどストレッチ性があります。

ワークマンの「防水サファリシューズ」のデメリット

デメリット①履き口が痛いとの口コミも

ワークマンの防水サファリシューズをリサーチしているうちにデメリットとなる部分も見つけました。数多くあったのは、 履き口が肌に擦れて痛いといった口コミです。しかし、このデメリットは長めの靴下を履くことで解消されているそうです。靴下の分も考えて、少し大きめのサイズを選ぶといいでしょう。

また、長時間歩く方は、中にインソールを入れると履き心地がさらにアップしますので、試してみてくださいね。

デメリット②ゴム素材で蒸れやすく臭いもこもりやすい

ワークマンの防水サファリシューズは合成ゴムでできています。この素材では仕方ないとも考えられますが、長時間履いていると蒸れる可能性があります。また、臭いも籠りやすいでしょう。使用した次の日はしっかり乾燥させると、次回履くときに影響が少ないので、おすすめです。

「滑りやすい」といった口コミも多かったので、滑りやすい道や階段などは十分注意して歩くように心掛けてください。

ワークマンの「防水サファリシューズ」を手に入れよう!

男女兼用の「防水サファリシューズ」とレディース専用の「レディース防水サファリシューズ」を紹介しました。人気の高いワークマンから販売されていることもあって、デザインや機能性などは信頼できます。デメリット部分も説明しましたが、値段と機能を考えると持っていても損はありません。

雨の日を快適にする防水サファリシューズをゲットして、ぜひ通勤やキャンプなどのアウトドアで使ってみてください。

ワークマンのレインブーツが人気!キャンプやバイク走行時にも使える

https://news-magazine-campers.com/fashion/%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%81%ae%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%96%e3%83%bc%e3%83%84%e3%81%8c%e4%ba%ba%e6%b0%97%ef%bc%81%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e3%82%84%e3%83%90/

ワークマンのレインブーツについて解説します!キャンプやバイクでも安心して使用できるワークマンのレインブーツは、使い勝手も良くておしゃれだと今大人気商品です。そこで今回は、ワークマンのレインブーツが人気の理由や、おすすめ商品をまとめて紹介していきます。

ワークマンのレインパンツが優秀!キャンプや登山・バイクにもおすすめ

https://news-magazine-campers.com/fashion/%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%81%ae%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%84%e3%81%8c%e5%84%aa%e7%a7%80%ef%bc%81%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e3%82%84%e7%99%bb-2/

ワークママンの優秀なレインパンツを詳しく紹介します。キャンプや登山、バイクにも使いやすい、ワークマンのレインパンツの魅力を徹底調査しました。さらに、ワークマンの様々なレインパンツのラインナップについても解説しますので、レインパンツ選びの参考にして下さい。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。