「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

スバルの新型レヴォーグでキャンプを満喫!積載量や荷室を調査

スバルの新型レヴォーグでキャンプを満喫!積載量や荷室を調査

スバルの新型レヴォーグについて解説します。スタイリッシュなデザインが魅力的なスバルのステーションワゴンの新型レヴォーグがキャンプに向いている理由を徹底的に説明。また、新型レヴォーグのフルフラットモードが車泊に快適な理由も紹介します。


新型レヴォーグがキャンプに向いている理由を紹介!

キャンプ人気の中、車選びは大切ですよね。キャンプ場で見かける車がミニバンやSUVが多い中、スバルのステーションワゴン、新型レヴォーグがキャンプに向いているかどうか気になる人も少なくないはずです。

新型レヴォーグがキャンプに向いている理由を、荷室やアンダーラゲッジなど荷物を積載する容量や車中泊ができるかなど徹底的に説明します。

新型レヴォーグがキャンプに向いている理由

スバル新型レヴォーグのスペック

以下は、STI Sport EXのスペックです。

サイズ

4755×1795×1500mm

ホイール・タイヤ

225/45R18タイヤ&18インチアルミホイール(標準使用)

車両重量

1580kg

エンジン

1.8L DOHC 直噴ターボ DIT

排気量

1.8Ⅼ

最高出力

177ps/5200-5600pm

最大トルク

300Nm/1600-3600pm

トランスミッション

リニアトロニック

駆動方式

4WD

新型レヴォーグは、GT、GT-H、STIスポーツの3つのタイプで構成されています。エンジンは、日常の生活で使いやすいよう新しく開発された1.8ℓ直噴ターボDITを搭載。燃料は、レギュラーガソリンです。

また、スバルが誇る最高峰の「アイサイトX」が搭載されています。準天頂衛星システム「みちびき」とGPSのデータと3D高精度地図の情報を組み合わせることで自分の位置を正確に知ることが可能です。

また、キャンプからの帰り途中に渋滞に遭遇した時には、ハンドオフ機能が搭載され、ドライバーの疲れをサポートしてくれますよ。

理由①スタイリッシュなデザイン

新型レヴォーグは、スポーティーなラインがかっこいいスタイリッシュなデザインです。車内のインテリアに関しても、視界の悪影響や圧迫感がないよう考え抜かれてディスプレイの設置場所や大きさ決定されているようです。

一番安全で使い勝手のいいレイアウトを実現。日本の公道に合わせたサイズに設計などが評価されています。

理由②荷室が広くて大きい

初代レヴォーグから広い荷室が特徴の1つにあります。開口も広々としていて大きな荷物が入れやすいです。荷室の広さは、荷室長1070mm、最大幅が1,602mm、高さが771mm、容量は、492Ⅼもあります。

広々とした荷室には、ゴルフバック4個も積載が可能です。レヴォーグは、車体のサイズがコンパクトにも関わらず、車内や荷室が広く、使いやすいステーションワゴンです。

テント、椅子、クーラーボックスなどに持参する荷物を厳選すれば、キャンプ用品を積載可能です。

理由③アンダーラゲッジが2か所ある

フロアマットの下には、容積の大きいアンダーラゲッジが2か所あります。キャンプ用品を載せられる十分な大きさです。アンダーラゲッジ前側は、後方に比べると浅めなので、小物を入れるのにおすすめです。後方は、わりと深さがあります。

前後の仕切りを取ると最大幅696mm、最大奥行682mm、最大深さが290mmもの大きさで69Ⅼの容量が魅力です。こちらに入れるものは、キャンプ場に着いた後、取り出す際の優先度の低いものの収納におすすめです。

理由④フルフラットになる

レヴォーグは、車中泊が可能な点が魅力です。レヴォーグは、後ろの席を前側に完全に倒してフラットモードにできるので、家で寝るような寝台が車内でも作れます。

レヴォーグのフラットモードは、ほぼ凹凸がないので、車中泊がしやすく、後ろ席を倒しフラットにした状態で荷室スペースとトータルで奥行きが1880mmほど。170cmくらいの男の人だったら足を完全に伸ばして寝られます。

また、奥行きがぴったりなサイズ感かもしれませんが、横幅は広めで、大人2人までが寝れるサイズ感です。

理由⑤ルーフボックスを載せて積載量アップ

4人や5人用のキャンプ用品を載せると荷室に積載しきれない場合があります。そのような場合は、ルーフボックスの活用がおすすめです。レヴォーグは、低い車高のため、車の屋根部分にも簡単にアクセスが可能。

ルーフボックスや自転車などが載せられるルーフレールは、すでにステーションワゴンに付いている装備です。ルーフボックスがあることで、積載量がアップし、かさばりやすい大型テントやタープなどを積載できます。

そのためキャンプなどに持って行く荷物が荷室に積載できるのが魅力です。

キャンプにスバルの新型レヴォーグはおすすめ!

新型レヴォーグは、スバルが誇る最高峰の運転システムでキャンプに行くときもより快適に走行できます。また、キャンプとなると色々持って行くものが多いので、広くて大きい荷台やアンダーラゲッジは使い勝手がいいです。

後ろの席を倒せばフルフラットモードになり、大人2人までの車中泊ができるのも魅力です。新型レヴォーグでさらにキャンプを快適にしませんか?

スズキ「クロスビー」がキャンプにおすすめな理由は?基本スペックやQ&Aも

https://news-magazine-campers.com/car/%e3%82%b9%e3%82%ba%e3%82%ad%e3%80%8c%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%b9%e3%83%93%e3%83%bc%e3%80%8d%e3%81%8c%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e3%81%aa%e7%90%86/

スズキ「クロスビー」がキャンプにおすすめな理由について、解説しています。家族でキャンプに行くのに使える仕様満載!ソロキャンプにも使えて、さらには車中泊にまで対応します。公式アイテムも充実しているクロスビーについて詳しく知りたい方は、参考にしてください。

スペーシアギアでの車中泊が便利!おすすめのポイントを紹介!

https://news-magazine-campers.com/car/%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%82%ae%e3%82%a2%e3%81%a7%e3%81%ae%e8%bb%8a%e4%b8%ad%e6%b3%8a%e3%81%8c%e4%be%bf%e5%88%a9%ef%bc%81%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e3%81%ae%e3%83%9d/

車中泊で便利なスペーシアギアについて解説します。スペーシアが車中泊に向いているポイントや、より車中泊を快適にする方法も詳しく説明!スペーシアギアで使えるおすすめの純正アイテムから、車中泊に役立つ市販のアイテムも紹介します。

ラングラーが車中泊におすすめの理由は?キャンプ仕様にする方法も

https://news-magazine-campers.com/car/%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%81%8c%e8%bb%8a%e4%b8%ad%e6%b3%8a%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1%e3%81%af%ef%bc%9f%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3/

ラングラーが車中泊におすすめの理由を紹介していきます!ワイルドでかっこいいラングラーの魅力と、磨き上がったスペックについて詳しく解説。大人を夢中にさせるラングラーが、キャンプ仕様になる方法もまとめたので、車中泊する場合ぜひ参考にしてください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【山梨】富士山麓最大級の広さ!プライベート感溢れる「マウントフジキャンプリゾート」をレビュー

【山梨】富士山麓最大級の広さ!プライベート感溢れる「マウントフジキャンプリゾート」をレビュー

山梨県の富士山麓にある「マウントフジキャンプリゾート」をペットキャンパーが体験レポート!圧倒的開放感が魅力のキャンプ場です。最大級クラスと言われる、広々としたドッグランサイトや、施設情報などの魅力をたくさんの画像とともに詳しくお届けします。


コンパクトで収納上手に!キャンプにぴったりなカセットコンロ10選

コンパクトで収納上手に!キャンプにぴったりなカセットコンロ10選

キャンプにおすすめのカセットコンロを紹介します。キャンプ以外でも家や災害時にも重宝するカセットコンロですが、使用する場面を想定して選ぶことが大切。コンパクトなカセットコンロを厳選して解説しましたので、ご自身に合った商品を見つけて、キャンプご飯を楽しみましょう。


軽くて安くてコスパ良し!キャンプでおすすめの「ソフトジャグ」7選

軽くて安くてコスパ良し!キャンプでおすすめの「ソフトジャグ」7選

キャンプで大活躍のソフトジャグについて、種類や便利な使い方について詳しくまとめ、おすすめのソフトジャグをピックアップして紹介しています。それぞれのソフトジャグのスペックや、特徴を徹底的に解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


【北海道】海・山・川!スポーツも楽しめる「増毛リバーサイドパークオートキャンプ場」をレビュー

【北海道】海・山・川!スポーツも楽しめる「増毛リバーサイドパークオートキャンプ場」をレビュー

北海道増毛町にある「増毛リバーサイドパークオートキャンプ場」を体験レポートします。さまざまな施設があり、色々な楽しみ方ができるキャンプ場です。今回は実体験をもとにキャンプ場の紹介やおすすめをまとめてましたので参考にしてください。


【実体験】スキレットを使ったアップルパイ!「餃子の皮」を使うとキャンプでも超簡単

【実体験】スキレットを使ったアップルパイ!「餃子の皮」を使うとキャンプでも超簡単

スキレットで簡単に作れる「アップルパイ」のレシピを紹介します。キャンプでアップルパイと聞くと、手間も時間もかかるイメージありませんか。実は餃子の皮を使うとすごく簡単なんです。そんな自慢のアップルパイレシピを公開するので、ぜひ参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 東京 車中泊 自作・DIY