「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

ワークマンのテントが爆売れ!5種類のテントのスペックや口コミをレビュー!

ワークマンのテントが爆売れ!5種類のテントのスペックや口コミをレビュー!

ワークマンのテントについて紹介します。あのワークマンがついにテントを発売し予約殺到で、話題となっています。コスパがいいワークマン、果たしてどうなのでしょうか。ワークマンのテントのスペックやレビューをまとめてみました。5種類のテントを比較してみましょう。


ワークマンのテントのスペックを紹介!

ワークマンが2022年春より、テント発売をはじめたことで話題となりました。ワークマンと言えば、安い値段で使えるコスパの良さが人気の秘密です。

発売日から予約殺到したほどの人気で、種類やカラーによってはあっという間に買えない状態で予約待ちになってしまったほどです。

ワークマンのテントは、ソロ用と大型のファミリー向けが全5種類あり、低価格であることから実際のスペックが気になるところです。気になるワークマンのテントのスペックやレビューなど参考にしてください。

ワークマンのテントスペック

テント①BASICドームテント 1人用

シンプル構造のドーム型、ソロ用テントです。クロスポールタイプの吊り下げ型なので、1人でも簡単に設営することができ安定感もあります。そして、ダブルウォールタイプであることから、結露の心配も回避できます。

さらに、高い撥水性や耐水性も特徴です。背面には、ベンチレーションを備えているので通気性もあり、内部には小物用ポケットも装備されています。設営が簡単な上に機能的なので、キャンプ初心者におすすめです。

50代/女性
50代/女性

室内が暖かい

評価:

思っていた以上にテント内が広く、暖かかったです。デザインが可愛いのもポイントです。ファミリーなら、インナーテントにもおすすめです。

価格

4,900円

カラー

迷彩、ネイビー、グリーン、レッド、キャメル、コヨーテブラウン

設営使用時サイズ

215×104×98cm

重量

約2.5kg

材質

アウターテント・インナーテント/ポリエステル100% ロープ/ポリプロピレン100% ペグ/鉄・亜鉛

耐水圧

フライ約3,000mm・フロア約3,000mm

狭いスペースや限られた場所でも苦にならない、コンパクトさを追求したワークマンのテントです。キャンプや登山では、予想外に狭いスペースなこともあります。ミシックドームテントは、縦長が特徴で幅が狭くなっています。

インナーテントの入り口は2Wayなので通気性もよく、虫が寄り付きにくくなるディアガード仕様も特徴です。軽量でコンパクト、耐水性の高さなど値段以上の使いやすさがあります。

男性
男性

設営が簡単でコンパクト

評価:

設営に手間取らず、簡単でした。ソロキャンプで大人が1人で寝るのならまったく問題ありません。

価格

7,800円

カラー

カーキ、バーガンディー、カフェオレ、

設営使用時サイズ

長さ213×幅93×高さ95cm

重量

2kg

材質

アウター/ナイロン100% インナー/ポリエステル100% ロープ/ポリプロピレン100% ポール/グラスファイバー ペグ/鉄

耐水圧

フライ約2,000mm、フロア約3,000mm

テント③ミシックドームテントFT 1人用

フライシートに防融加工を施したディアフレイムテクト仕様が特徴の、ワークマンのソロ用テントです。耐水性や撥水性も高く、悪天候や火の粉への対策を行っていることがおすすめポイントです。

ミシックドームテントAGと形やサイズ、標準装備などは同じとなっています。そのため、ミシックドームテントFTもコンパクトで狭いスペースでも対応でき、なおかつハイスペックなタイプなので登山にもおすすめです。

スペック

価格

8,800円

カラー

ブラウン、イエロー

設営使用時サイズ

長さ213×幅93×高さ95cm

重量

約2.4kg

材質

アウターテント・インナーテント/ポリエステル100% ロープ/ポリプロピレン100% ポール/グラスファイバー ペグ/鉄

耐水圧

フライ約2,000mm、フロア約3,000mm

30代/男性
30代/男性

コンパクトで便利

評価:

コンパクトさが気に入りました。キャンプや登山はまだですが、室内で設置したところ明るさもちょうどいいと思いました。

ツーリングでのキャンプにうってつけの、ワークマンのテントです。バイクツーリングの場合、コンパクトさや軽量さが重要となります。さらに、耐久性があるナイロン素材を使用しているので安心感があります。

メッシュ部分には、防虫加工が施され通気性がよいことも特徴です。内部には、収納ポケットやランタンなどを掛けられるフックも装備されています。コンパクトで耐久性があるので、バイクツーリングや登山におすすめです。

40代/男性
40代/男性

広くて快適

評価:

テント内は広く高さもあるので快適です。ブルーカラーは写真映えするので気に入っています。

価格

9,800円

カラー

ブラック、ブルー

設営使用時サイズ

長さ210×幅130×高さ116cm

重量

約2.3kg

材質

アウターテント/ナイロン100% インナーテント/ポリエステル100% ロープ/ポリプロピレン100% ポール/グラスファイバー ペグ/鉄

耐水圧

フライ約2,000mm、フロア約3,000mm

テント⑤ワイドミシックドームテントAG 4人用

ワークマンのテントの中で、唯一の大型タイプです。ファミリーやグループにおすすめのサイズで、3~4人使用でも余裕があるくらい広々としています。

そして、シンプル構造なため設営が簡単です。前室を作ることも可能なので、リビングスペースも楽しめます。高撥水で耐水性も高く、防虫加工のメッシュは風の通りがよく虫も寄り付きにくくなっています。テントではあまり見られないホワイトカラーも特徴です。

男性
男性

通気性がよく快適

評価:

前後メッシュになっているので、風通しがよいです。キャノピーポールを使えば、前室ができるのでタープがなくてもいいかもしれません。

価格

17,800円

カラー

カーキ、ホワイト

設営使用時サイズ

長さ271×幅272×高さ171cm

重量

11kg

材質

アウターテント・インナーテント/ポリエステル100% ロープ/ポリプロピレン100% フロアポール・フロントポール/グラスファイバー キャノピーポール・ペグ/鉄

耐水圧

フライ約2,000mm、フロア約3,000mm

ワークマンテントの購入方法と今秋発売予定とされる新作テント

購入方法

ワークマンのテントの購入方法は、基本的にWebで注文をして店舗で受け取りをします。ただし、ワークマンプラスとワークマン女子店では、店頭販売も行っているので店頭で購入することが可能です。

なぜ、Webに特化したのかというと、ワークマンの店舗は小さいので陳列する余裕がないためです。そのため、Webで注文されたものだけを店舗に発送することで、新たなスペースを作って商品を減らす必要がないのです。

通常ワークマンは1万円以下は配送料がかかりますが、店頭受け取りの場合は、配送料がかかりません。

トンネル型3ルームテントが発売予定?

2022年春に行われた「キャンプギア&春夏新製品発表会」で大型のトンネル型が展示されていました。発売日や価格などは未定であるため、詳細は現時点ではわかりません。

大型のトンネルテントは、ファミリーキャンプに人気があるので、気になる人も多いのではないでしょうか。形は一般的なトンネル型で、材質はポリエステルが使われています。

左右には、インナーテントがついていて、中央部分を合わせた3ルームであるとみられます。ファミリーの需要があるタイプなので、早めの予約がおすすめです。

ワークマンのテントでキャンプを楽しもう!

ワークマンのテントについて紹介しました。現在発売されている5種類のテントは、発売日から人気で口コミ評価も高い傾向にあります。キャンプギアの販売をスタートしたワークマンは、今後も新たなテントなどのアイテムも期待大です。

安くてスペックが高いワークマンのテントは、予算を抑えながらも快適なキャンプや登山を楽しめます。コスパがいいワークマンのテントを予約購入して、楽しいキャンプを満喫しましょう。

ワークマンも子供服販売開始!キャンプにおすすめのアウターやインナー紹介

https://news-magazine-campers.com/fashion/%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%82%e5%ad%90%e4%be%9b%e6%9c%8d%e8%b2%a9%e5%a3%b2%e9%96%8b%e5%a7%8b%ef%bc%81%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99/

ワークマンで取り扱いが開始された、子供服について紹介します。子供服を販売しているワークマンプラスの特徴や店舗数、場所まで詳しく解説しています。またおすすめの子供服も記載していますので、子供のキャンプ服を探していた親御さんは必見です!

登山向きワークマンの手袋おすすめ3選!選び方のポイントは?

https://news-magazine-campers.com/outdoor/climbing/%e7%99%bb%e5%b1%b1%e5%90%91%e3%81%8d%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%81%ae%e6%89%8b%e8%a2%8b%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%813%e9%81%b8%ef%bc%81%e9%81%b8%e3%81%b3%e6%96%b9%e3%81%ae/

登山にも使えるワークマンの手袋を紹介!ワークマンの手袋の中から登山にも使えるものを3つ厳選しました。また、登山向きの手袋の選び方について、種類・形状・季節や登山スタイルの3点でまとめましたので、登山用の手袋をお探しの方、是非ご覧ください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 火起こし 東京 車中泊 キャンプ料理 レシピ アクセサリー