「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

防災用LEDライトのおすすめ10選!便利なうえにおしゃれな商品も

防災用LEDライトのおすすめ10選!便利なうえにおしゃれな商品も

防災用として使えるLEDランタンについて紹介!LEDランタンの選び方から、アウトドアや防災用としてもおすすめできるLEDランタン10種類を厳選してまとめました。用途に即した選び方のポイントを徹底解説しているので、ランタン選びの参考にしてみてください!


防災用LEDランタンのおすすめ10選を紹介!

https://twitter.com/Maruwa_trading/status/1480724239431127042

アウトドアのマストアイテムの一つであるランタン。中でも乾電池や充電式バッテリーにより駆動するLEDランタンは、燃料を使用しないため火事の心配がないというメリットから防災用としても注目されています。

LEDランタンには、使用するシーンや求める機能性によって様々な種類があります。この記事ではLEDランタンを選ぶポイントから、おすすめの防災用LEDランタンまで詳しく紹介します。

LEDランタンの選び方

選び方①ランタンの種類

https://twitter.com/NGT48photolog2/status/1320728976105467911

アウトドアで何気なく使用しているランタンですが、その種類は「LEDランタン」「ガスランタン」「ガソリンランタン」の3種類に分けられます。

中でもLEDランタンは、ガスランタンやガソリンランタンと異なり燃料を必要としないため、火事や一酸化炭素中毒の恐れがなくテントや室内でも使用が可能です。 扱い易いLEDランタンは、災害用としてもおすすめです。

防災グッズのひとつとして、いざという時の備えに適したランタンと言えます。

選び方②光量

https://twitter.com/hanatuduri/status/1410938105008250889

LEDランタンの明るさはルーメン(Lm)で表されます。白熱電球の場合に用いるワット(W)数は消費電力を表し、値が大きいほど電力を消費することになります。

一方、LEDは消費電力が少ないため、光量の数値で明るさが表されます。これがルーメンで、値が大きいほど明るいLEDランタンと言えます。

光量の目安としては、大人数のサイト全体を照らすメインランタンとして使用する場合、1,000ルーメン以上あるLEDランタンが適しています。野外の卓上に置く場合は150~300ルーメン、テント内や持ち歩き用に使用するサブランタンなら80~140ルーメン程度で事足ります。LEDランタンの光量を選ぶ際は、照らす範囲に合わせたグッズを選びましょう。

選び方③サイズ

https://twitter.com/tanachannell/status/1358025636154015745

LEDランタンのサイズは携行性に直結します。アウトドアで使用する場合は、サイトの規模や照らす範囲に合ったグッズを選びましょう。

「ファミリーキャンプかソロキャンプか」「メインランタンかサブランタンか」といった使用シーンに即してサイズをこだわってみてください。 また、防災用としての使用がメインの場合は、スペースを取らず持ち運び易いサイズのグッズをおすすめします。

LEDランタンのサイズは携行性に直結します。アウトドアで使用する場合は、サイトの規模や照らす範囲に合ったグッズを選びましょう。「ファミリーキャンプかソロキャンプか」「メインランタンかサブランタンか」といった使用シーンに即してサイズをこだわってみてください。 また、防災用としての使用がメインの場合は、スペースを取らず持ち運び易いサイズのグッズをおすすめします。

選び方④使用時間

https://twitter.com/lapis_lazule/status/1306033453578637312

野外や災害時には基本的に電源がないため、LEDランタンを選ぶ上で使用時間はとても重要です。LEDランタンは最大光量で使用し続けるとその分使用時間が短くなるため、光量を調節できるタイプがおすすめです。

具体的な使用時間の目安は1泊で7~8時間、2泊の場合10時間以上であれば快適でしょう。防災用としての使用を想定する場合は特に、最大光量時・最小光量時の連続使用時間を必ず確認しましょう。

選び方⑤電池タイプか充電タイプ

https://twitter.com/Yodobashi_X/status/1102856096245411840

LEDランタンの給電方法は大きく分けて「電池タイプ」と「充電タイプ」の2種類があります。

電池タイプのメリットは、替えの電池さえあれば電源がない場所でも長時間使用することができる点です。一方で、電池のコストが掛かる点や、充電タイプより本体重量が重くなる傾向がある点がデメリットと言えます。

充電タイプのLEDランタンには「コンセント充電式」「USB充電式」「ソーラー充電式」「手巻き充電式」の4種類があり、さらにこのうち複数の電源に対応した複合型のものもあります。コンセント・USB充電式は、電池タイプに比べ維持コストが低く本体が軽量なものが多いという利点がありますが、充電のし忘れには注意が必要です。

また、ソーラー・手巻き充電式は電源がなくても使用できるため、防災用LEDランタンにもおすすめです。

選び方⑥機能性

https://twitter.com/yuzumon99/status/1285874606763421702

野外での使用機会が多いLEDランタンは、防塵・防水機能があると安心です。これは、防災用に選ぶ際にも大事な項目となります。 防塵・防水機能は「IPコード」という規格によって判別できます。

「IP」と「2桁の数字」で表され、数字が大きいほど性能が高いことを示すものです。例えば「IP67」と表記されている場合、前の数字が防塵性能、後ろの数字が防水性能の等級となります。 防塵は0~6までの7等級、防水は0~8までの9等級あります。野外で使用する場合、防塵性能は5以上、防水性能は4以上のLEDランタンを選びましょう。

選び方⑦モバイルバッテリーが付いていると便利

https://twitter.com/MPD_bousai/status/1229896218836230145

電気を使うLEDランタンの中には、スマホなどに給電できるタイプもあります。この機能があればアウトドアシーンはもちろん、防災用にも非常に役立ちます。

モバイルバッテリーとして使用しすぎてしまい、ランタンの明かりがなくなることがないよう注意しましょう。

選び方⑧デザインで決める

https://twitter.com/HqhrGgkLq6ordHq/status/1434699296129970180

便利な機能が備わった様々なLEDランタンがありますが、愛着が湧くおしゃれなデザインを決め手にするのも素敵です。

最近ではLEDランタンの便利さはそのままに、レトロさやモダンさを兼ね備えたおしゃれなものも増えています。防災用であってもインテリアになじみ、日常使いできるデザインは魅力的です。

防災用LEDランタンのおすすめ10選

GENTOS / Explorer EX-1300D

Explorer EX-1300D

¥6580

白色・昼白色・暖色の3色調色機能を有する、明るさ最大1,300ルーメンのLEDランタンです。ダイアルスイッチによる無段階調光が可能で、光量がろうそくのように変化するキャンドルモードも備えています。電源タイプは乾電池式で、単1形アルカリ電池4本により使用できます。

サイズφ129×高さ246mm
質量1220g(電池含む)
電源単1形アルカリ電池×4本
連続点灯時間【白色】7時間(強)/ 260時間(弱)、【昼白色】16時間(強)/ 350時間(弱)、【暖色】16時間(強)/ 350時間(弱)、【キャンドル】300時間
20代/女性
20代/女性

快適に過ごせる光量

評価:

明るさが微調整できる点がとても便利でした。単1形アルカリ電池を4本使用するタイプですが、最大光量でも十分な時間点灯していました。

ルーメナー / LUMENAⅡ

LUMENAⅡ

¥16280

LUMENA(ルーメナー)はクラウドファンディングで多くの出資を集め、発売前から注目を浴びたLEDランタンです。シリーズの中でもこのLUMENAⅡは軽量ながら光量は1,500ルーメンを誇り、防塵・防水や耐衝撃性能も備わっています。明かりの色は昼光色・昼白色・電球色の3パターンに切り替えることができます。 また、三脚と接続して固定の照明として使用することや、アタッチメントを使いカメラに付けるなど用途の幅が広いLEDランタンと言えます。

サイズ129×75×高さ22.7mm
質量280g
電源USB充電式
連続点灯時間8時間(1500Lm)~100時間(100Lm)
30代/女性
30代/女性

防水防塵で災害用に便利

評価:

とても明るく、使い勝手が良いので重宝しています。防水防塵機能まで付いているので、災害用にぴったりだと思います。

LOGOS / パワーストックランタン2300・フルコンプリート

パワーストックランタン2300・フルコンプリート

¥28900

1,300ルーメンの明るさがあり角度調整ができるので、ランタンスタンドに吊るせばサイト全体を照らせるLEDランタンとなります。 電源タイプは充電式で、AC(コンセント)とDC(車のシガーソケット)用ジャックがあります。また、USBポートを2口装備しておりスマホなどへの2台同時充電もできる防災用としても安心なLEDランタンです。

サイズ125×120×高さ57mm
質量1020g
電源AC100Vコンセント、DC12Vシガーソケット
連続点灯時間9時間(強)、140時間(弱)
30代/女性
30代/女性

防災用に十分な明るさ

評価:

大満足の明るさです。ケース付きなのも気に入っています。オール電化住宅なので防災用に購入しました。

Coleman / クアッドマルチパネルランタン

クアッドマルチパネルランタン

¥11800

ランタンタイプの光は指向性が低い(どの方向にも一様に光を放射する)特性があります。そのため全体を照らす目的には適している一方、細かな作業用には不向きです。 このLEDランタンは4つのパネルライトがマグネット式で付いており、取り外すことができます。電源には単1形アルカリ電池を4本または8本使用し、電池の使用本数によって明るさや連続使用時間が異なります。また、USBポートが付いているのでモバイルバッテリーとしても使え、防災用LEDランタンにも最適です。

サイズφ145×高さ235mm
質量1200g
電源単1形アルカリ電池×4本または8本
連続点灯時間【8本】20時間(強)、120時間(中)、400時間(弱) 【4本】13時間(強)、69時間(中)、196時間(弱) 【パネル】3時間(強)、14時間(弱)、3時間(懐中電灯)
70代/男性
70代/男性

防災用品として重宝しています

評価:

単1電池を8本入れたところ、とても明るく驚きました。災害時は携帯電話の充電に苦労するので、防災用LEDランタンとして枕元に置いています。

5050WORKSHOP / minimalight

minimalight

¥2860

片手に収まるコンパクトさながら、ハンディライトにもランタンにもなるLEDライトです。ハンディライトは照射範囲を調整できて最長100m先を照らせ、250ルーメンと200ルーメンの2パターンに調光できます。さらに、充電用のタイプCポートと給電用のUSBポートがあり、災害時にはモバイルバッテリーとしても機能します。軽量なのでカラビナやネックストラップに付けることができる点も、防災用にぴったりなグッズと言えます。

サイズ26.5×26.5×高さ123mm
質量107g
電源USB充電式
連続点灯時間【白色】6時間(強)、10時間(弱) 【温白色】6時間(強)、10時間(弱) 【電球色】6時間(強)、10時間(弱)
40代/男性
40代/男性

明るくて携帯性抜群

評価:

リーズナブルでコンパクトですが、明るく携帯性も十分でした。欲を言えばバッテリーがもう少し持てば嬉しいと感じましたが、もしもの時の防災用としては文句なしです。

GOAL ZERO / Lighthouse Micro Flash

Lighthouse Micro Flash

¥8150

懐中電灯のようなおしゃれな形のLEDライトで、コンパクトでありながら3つの点灯モードがありランタンとしてもフラッシュライトとしても使用できるグッズです。最大170ルーメンの明るさで、調節すれば最大170時間の連続点灯が可能です。 バッテリー充電式で、本体底面のUSBコネクタからケーブルなしで充電することができます。また、別売りの同社製ソーラーパネルを接続すればソーラー充電もできるので、防災バッグ用に嬉しいLEDライトです。 しかし、GOAL ZEROのLEDライトは現在、人気のため定価を大幅に上回る値段で販売されています。類似品も出回っているようなので、入手する際には慎重に購入先を検討しましょう。

サイズ93×37.75mm
質量68g
電源USB充電式
連続点灯時間7~170時間
20代/男性
20代/男性

ソロキャンプや防災用に

評価:

サイズに対して光量とバッテリー持続時間がとても優秀な商品です。ソロキャンプや防災用の車載に便利です。価格が高騰しているのが残念です。

Landport / CARRY THE SUN

CARRY THE SUN(Small)

¥2860

CARRY THE SUNはキューブ型で、糸を織り込んだヨットのセイル生地を使用したおしゃれなソーラー充電式LEDランタンです。折り畳むと約1.2㎝に収納でき、上下へ引っ張るだけで使えるコンパクトさが特徴です。防災用としての使用も想定されているため、防塵・防水性能IP67の丈夫さを備えています。「太陽の恵みをコンパクトな灯りに」というコンセプト通り、普段使いできるおしゃれさと災害時を想定した軽量で丈夫な作りがとても魅力的なグッズです。

サイズ【使用時】88×88×高さ88mm 【収納時】170×88×高さ12mm
質量57g
電源ソーラー充電式
連続点灯時間10時間(強)、15時間(弱)
40代/女性
40代/女性

災害時に大活躍

評価:

台風で停電した際に重宝しました。優しい光が、滅入ってしまった気分を和らげてくれました。ソーラー充電式は停電時でも使用できてとても便利です。

DOD / LED SOLAR POP UP LANTERN

LED SOLAR POP UP LANTERN

¥2474

ワンタッチで組み立てられるポップアップ式LEDランタンです。単3アルカリ乾電池3本の他、ニッケル水素乾電池を使用することでソーラーやUSBでの充電ができる優れものです。 明かりは白色1種類と暖色3種類の計4種類に調節でき、蓄光素材のシリコン製ホヤを収納した状態で使えば懐中電灯にもなります。使用しないときや携帯時は小さくなって電池が切れてもソーラー充電ができ、なおかつ生活防水付きなので防災用にとても便利です。

サイズ【ランタン時】85×高さ110mm 【折り畳み時】85×高さ60mm
質量161g(乾電池は含まず)
電源単3形アルカリ電池×3本 / USB・ソーラー充電式
連続点灯時間【白色】10時間(ハイパワーモード) 【暖色】25時間(ノーマルモード)、80時間(常夜灯)、40時間(ゆらぎモード)
40代/女性
40代/女性

防災用に購入

評価:

水素電池を入れればソーラー充電もできる点が気に入りました。明るさも十分で、キャンプ以外に防災用でも使えそうです。

LOGOS / クランクチャージランタン

クランクチャージランタン

¥5900

USBケーブルで繋ぐ他、本体のクランクハンドルを起こして回すことでも充電できるLEDランタンです。パワーバンク機能を装備しており、溜めた電気はUSB出力ポートからスマホへ給電できます。明るさは強・弱の2段階あり、プッシュボタンで切り替え可能。手巻きで充電できモバイルバッテリーの機能もあるので、防災アイテムとしても安心の1台です。

サイズ110×100×高さ205mm
質量450g
電源USB・手巻き充電式
連続点灯時間【USB充電】3.5時間(強)、12時間(弱)【手巻き充電(1分間手回し蓄電)】10~14分(強)、1時間(弱)
40代/女性
40代/女性

手巻きで充電できるLEDランタンは防災向き

評価:

軽いのに明るさも十分あり、防災用に一台あると安心だと思い購入しました。手巻きで充電でき、災害時は携帯に給電できるのが便利です。

BAREBONES / ビーコンライトLED

ビーコンライトLED

¥6050

スチール素材ゆえのアンティーク調の質感がおしゃれ心をくすぐるLEDランタンです。オリーブやブロンズといった、他製品にはない絶妙なカラーバリエーションも魅力です。USB充電式で本体にケーブルが付属している他、バッテリーの容量がブルーのLEDで確認できるのも便利です。スムーズな無段階調光ができ光を弱めれば200時間持つ点は、防災用に最適です。

サイズφ76×高さ152mm
質量290g
電源USB充電式
連続点灯時間3時間(強)、5〜6時間(中)、200時間(弱)
40代/男性
40代/男性

おしゃれさと機能性を兼ね備えた商品

評価:

吊り下げ型で防災用にもなる、おしゃれなLEDランタンを探していました。思った以上に明るく調光出来るので使い勝手がとても良いです。カラビナ付きは落下防止にもなり、気に入っています。

防災用LEDランタンのおすすめ10選の比較表

メーカー

GENTOS

ルーメナー

LOGOS

Coleman

5050WORKSHOP

GOAL ZERO

Landport

DOD

LOGOS

BAREBONES

画像

商品名

Explorer EX-1300D

LUMENAⅡ

パワーストックランタン2300・フルコンプリート

クアッドマルチパネルランタン

minimalight

Lighthouse Micro Flash

CARRY THE SUN(Small)

LED SOLAR POP UP LANTERN

クランクチャージランタン

ビーコンライトLED

特徴

・白色、昼白色、暖色の3色調色 ・明るさ最大1,300ルーメン ・電池式(単1形アルカリ電池×4本)

・明かりは昼光色、昼白色、電球色の3パターン ・最大光量1,500ルーメン ・USB充電式でモバイルバッテリーとしての使用も可能

・調色は白色、中間色、暖色の3パターン ・1,300ルーメンの明るさ ・充電式で、ACとDC用ジャックがある

・4つのパネルライトを本体から取り外して使用可能 ・電池式使用 ・モバイルバッテリーとしても使用可能

・ハンディライトは2パターンに調光できる ・ランタンは2色を選択でき、光量も2段階に切り替え可能 ・充電用のタイプCポートと給電用のUSBポートあり。

・3つの点灯モードがありランタン・フラッシュライトとしても使用できる ・調節すれば最大170時間の連続点灯が可能 ・USB、ソーラー充電式

・糸を織り込んだヨットのセイル生地を使用 ・折り畳むと約1.2㎝に収納できる ・ソーラー充電式

・ポップアップ式LEDランタン ・単3アルカリ乾電池3本の他、ニッケル水素乾電池を使用することでソーラーやUSBでの充電ができる ・明かりは白色1種類と暖色3種類の計4種類

・明るさは強・弱の2段階 ・USB、手巻き充電式 ・モバイルバッテリーとしての使用も可能

・スチール素材でアンティーク調の質感 ・無段階調光ができ光を弱めれば200時間持つ ・USB充電式

商品リンク

楽天市場
ソーラー充電式をいざという時に使えるようにするには?

日光で充電できる便利なソーラー式ですが、防災バッグの中にしまっていたためにいざという時に充電されていないということがないようにしましょう。そのためには日常使いがおすすめです。インテリアにもなるおしゃれなものを選べば日常的に充電でき、電気代の節約にもなります。

防災用LEDランタンはアウトドアや災害時に便利!

https://twitter.com/QUICKCAMP_jp/status/1432901297594781696

LEDランタンは、火事の恐れがなく燃料を用いないので防災用にうってつけです。しかし紹介してきたように、一言でLEDランタンと言っても、その機能性は多岐に渡ります。

1種類で目的すべてを叶えるのではなく、用途別に複数持っておきましょう。 地震、停電、台風などの災害は予期せぬ時に起こります。いざという時に身を守れるよう、自分に合った防災用LEDランタンを見つけてみてはいかがですか。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【実体験】焼酎に合う大人の「牛タン味噌煮込み」をダッチオーブンで作ってみた

【実体験】焼酎に合う大人の「牛タン味噌煮込み」をダッチオーブンで作ってみた

焼酎に良く合う大人の味付けを目指して、「牛タン味噌煮込み」作りにチャレンジしました。ダッチオーブンを使って、長時間煮込むことで具材の旨味を極限に引き出すことに成功しました。具材を入れて煮込むだけの簡単レシピなので、ぜひ参考にしてください。


テントでも2万円以下とコスパ抜群!キャンプデビューするなら「コメリ」の新作をチェック

テントでも2万円以下とコスパ抜群!キャンプデビューするなら「コメリ」の新作をチェック

コスパ抜群コメリのアウトドアブランド「Natural Season (ナチュラル・シーズン)」から発売される、新作ギアをひと足早く紹介します。キャンプシーズンを目前にした、2024年3月より順次発売される新作をチェックしていきましょう。


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。