「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

「日高沙流川オートキャンプ場」の魅力とは?口コミや予約方法も

「日高沙流川オートキャンプ場」の魅力とは?口コミや予約方法も

北海道の「日高沙流川オートキャンプ場」を紹介します。日高沙流川オートキャンプ場の魅力や、基本情報を徹底的に解説。キャンプ場周辺のスポットや、予約方法などもわかりやすく説明します。日高周辺でキャンプを考えている人は、参考にしてください。


人気の日高沙流川オートキャンプ場を紹介!

北海道日高市にある「日高沙流川オートキャンプ場」は、日高市の市街から離れていないのに自然溢れるアクセスのよいキャンプ場です。日高沙流川オートキャンプ場は、広いことが特徴で口コミでも言われています。
そして日高沙流川オートキャンプ場の周辺には、温泉やコンビニなどがあるので便利です。人気の日高沙流川オートキャンプ場の魅力や予約方法などを細かく紹介していきます。

日高沙流川オートキャンプ場の基本情報と魅力

日高沙流川オートキャンプ場の基本情報

住所

北海道沙流郡日高町字富岡

電話番号

01457-6-2922

営業期間

通常営業:4月下旬~10月半ば(変動あり。公式ツイッターを確認ください。)

料金

使用料金:100円(小学生以上) バンガローA:4500円 バンガローB:5700円 オートサイトA:2500円 オートサイトB:1900円 電源サイト:3000円 オートサイトC:1300円 フリーサイト(大):2500円 フリーサイト(小):700円

公式サイト

日高沙流川オートキャンプ場公式サイト

日高沙流川オートキャンプ場は、日高山脈のふもと日高町にあります。春から秋にかけて営業しているキャンプ場なので、桜の時期や紅葉の時期を満喫できる環境です。近くには沙流川があり、アクティビティを楽しむこともできます。

魅力①釣りができる

日高沙流川オートキャンプ場の周辺には、川釣りができるスポットがあります。近くに流れる沙流川に行けば、釣りスポットが何箇所かあるのでおすすめのポイントを管理人さんに聞いてみるとよいでしょう。
電源サイト62番~64番の裏から、沙流川に行くことができます。その他、青少年の家付近や沙流川の支流あたりにも釣りスポットがあるので、釣りをしたい人は確認をしてください。

魅力②ドッグランが楽しめる

日高沙流川オートキャンプ場は、ペット可のキャンプ場です。そして、ワンちゃんたちが遊べるドッグランがあります。小型犬用とフリーサイトがあり、使用量は無料です。ドッグランだけ仕様する場合は、入場料を払えば無料でドッグランを利用できます。
キャンプ場自体も広いですが、ドッグランもかなり広いです。そのため、ワンちゃんも疲れ果てるくらい遊ぶことができるので、飼い主さんも満足できます。

魅力③水遊びができる

日高沙流川オートキャンプ場の真ん中には、じゃぷじゃぷ池があります。この池は人工ではなく、自然に川から水が流れている池です。電源付きサイトとオートサイトBの近くにあり、子供の足首程度の浅さなのでお子様でも安心して遊ばせられます。
池の中で水遊びができ、池の中にはサンショウウオやタニシなどがいるので、お子様には素敵な体験となるでしょう。日高沙流川オートキャンプ場で水遊びするなら、網やかごなど持っていくのがおすすめです。

魅力④やまべのつかみ取り体験ができる

日高沙流川オートキャンプ場の夏場イベントでは、ヤマメのつかみ取り体験が人気です。毎年夏休みに行われるイベントで、子供たちはワクワク楽しみます。池に大量のヤマメを放流して、1人一匹限定のヤマメつかみ取りが楽しめるイベントです。
日高沙流川オートキャンプ場は、とても広く自然が溢れているので家族連れに人気があります。都会ではできない体験を満喫できる日高沙流川オートキャンプ場のイベントは、夏休みの最高の思い出づくりとなるでしょう。

魅力⑤クワガタ採集も楽しめる

日高沙流川オートキャンプ場がある日高町周辺では、クワガタが生息しています。キャンプ場内でもクワガタ採集することが可能です。お店などでは、クワガタを販売しているところもあり都会では楽しめない昆虫採集ができます。
日高沙流川オートキャンプ場や周辺で、クワガタに出会えるチャンスがあるはずです。網や虫かごを用意して、大人も子供に戻った気分でクワガタ採集を楽しみましょう。

魅力⑥遊具が充実している

日高沙流川オートキャンプ場の中央には、アスレチックや遊具がある広場があります。木に囲まれた広場にはアスレチックの遊具があり、管理棟の横には小型の遊具もあるので小さなお子様も安心です。
広々としたスペースに遊具があるので、お子様は伸び伸び遊ぶことができます。日高沙流川オートキャンプ場は、大人も子供も満足できる施設が整っていることが嬉しいポイントです。

魅力⑦透明感あふれる沙流川

日高沙流川オートキャンプ場の近くを流れる「沙流川」は、透明度が高い美しい清流です。夏場になると水位が下がるので、安全に水遊びすることができます。透き通るような水の中には、ドジョウなどの魚もいるので釣りを楽しむことが可能です。
緑に囲まれた沙流川は、大自然を感じられる素敵な印象の場所なので、お子様にとって活き活き遊ぶことができるでしょう。日高沙流川オートキャンプ場に行ったら、大人も子供も沙流川で水遊びを満喫できます。

日高沙流川オートキャンプ場の施設情報

施設情報①管理棟・駐車場

日高沙流川オートキャンプ場の管理棟は、一番最初に訪れる場所です。ログハウスタイプの管理棟の建物でチェックインを行います。管理棟の受付には、薪を販売しているので必要な人は受付で購入していくと良いでしょう。
チェックインでは、管理人さんから説明があるので、質問があればチェックインのときに聞いておくと効率的です。そして駐車場は、管理棟横にあります。

施設情報②フリーサイト

日高沙流川オートキャンプ場のフリーテントサイトは、整備された芝生が広がる広大なサイトです。ログハウス群が並ぶ前のスペースと管理棟裏、そしてアスレチック遊具の裏にあります。
日高沙流川オートキャンプ場のフリーサイトは、100張と広々したスペースなことが特徴です。

施設情報③オートサイト

日高沙流川オートキャンプ場のオートサイトは、電源付きサイトが21サイト、Aサイトが10サイト、Bサイトが41サイト、Cサイトが20サイトあります。Cサイトは、ペット可のサイトなのでワンちゃんや猫ちゃん連れでキャンプが可能です。
Aサイトは、キャンピングカーサイトで裏には小川が流れています。電源付きサイトは、炊事場やトイレなどが近い環境的にも便利なサイトです。

施設情報④バンガロー

日高沙流川オートキャンプ場には、キャンプサイトの他にバンガローもあります。バンガローは2タイプあり、1つは部屋の中に何もない簡素なA棟が11棟、もう1つはバンガロー内にトイレと炊事場がついているB棟が2棟です。
そして、すべてのバンガローに野外炉と野外卓があります。バンガロー前にスペースが広いので、グループにおすすめです。

施設情報⑤共有施設

キャンプ場には、共同で使える炊事場とトイレがあります。日高沙流川オートキャンプ場の共同設備は、清掃が行き届いている印象で清潔感があることが特徴です。炊事場の高さが、お子様でも使いやすいように設定されています。
トイレにも小さなお子様に配慮されたミニ便座もあるので、お子様連れのファミリーキャンプでも安心です。

日高沙流川オートキャンプ場の注意点

注意点①虫対策が必要

日高沙流川オートキャンプ場は、自然に囲まれた素敵な環境ですが、その分虫対策は万全にしておくようにしましょう。大きな大木が多い日高沙流川オートキャンプ場内には、蜂や蚊などがいます。
日高沙流川オートキャンプ場では、蜂対策をしているのでさほど多くありませんが、蚊やブヨなどはいますので蚊よけなど対策をして行きましょう。

注意点②気候の変化が激しい

北海道の夏場の気候は、1日の中で寒暖差が激しいことが特徴です。日高沙流川オートキャンプ場のある日高町でも同じで、山間部は天気が変わりやすいにでテント内でも冷え込みを感じます。日中は過ごしやすい気温なので、油断をすると体調を崩してしまいかねません。
夏だからといっても、防寒着を持っていくようにしましょう。特に他府県から来る人は、秋から冬に差し掛かる時期を想定した洋服を準備するとよいです。

注意点③ゴミの分別

キャンプで出たゴミは、必ずクリーンステーションで分別して捨てて下さい。日高沙流川オートキャンプ場のクリーンステーションでは、分別の注意事項が提示されています。その中には、クリーンステーションには捨てていけないものもあるので注意です。
捨てられないものは、ペットボトル・瓶・発泡スチロールで必ず持ち帰ってください。

注意点④シャワーやお風呂が無い

日高沙流川オートキャンプ場内には、シャワーやお風呂の設備はありません。キャンプ場周辺にある、日帰り温泉を利用している人が多いです。日高沙流川オートキャンプ場から徒歩5分の場所に日帰り温泉があるので、そちらを利用すれば快適な温泉で疲れを癒せます。

注意点⑤予約の仕方

日高沙流川オートキャンプ場に予約をする場合は、電話のみ受け付けています。メールやメッセージなどでは予約を受け付けていないので、必ず電話で予約してください。毎年その年の予約受付スタート日を公式ツイッターで知らせてくれます。
予約などの詳細を知りたい人は、日高沙流川オートキャンプ場の公式ツイッターをフォローしておくと予約に役立つのでおすすめです。電話予約のみなので、混み合うこともありますが留守電などでは予約できないので必ずつながるまで電話しましょう。

注意点⑥条件付きで花火ができる

最近は花火を禁止しているキャンプ場も多くあります。日高沙流川オートキャンプ場では、夜21:00までなら指定の場所で手持ち花火をすることが可能です。ただし、状況によりルールが変わることもあるので、管理人さんに必ず確認してください。
手持ち花火のみ可能なので、打ち上げタイプや大きな音が出るタイプは禁止です。

日高沙流川オートキャンプ場の周辺情報

周辺情報①ひだか高原荘

ひだか高原荘は、日高沙流川オートキャンプ場の向かいにある宿で日帰り温泉利用が可能です。大浴場とサウナ、水風呂があり手頃な価格で温泉を楽しむことができます。日高沙流川オートキャンプ場から近いので便利です。

住所

北海道沙流郡日高町富岡444-1

電話番号

01457-6-2258

営業時間

10:00~20:00(月曜日は14:00~20:00)

料金

大人:500円 中学生:300円 小学生:200円 就学前児童無料 ※バスタオルレンタル200円 フェイスタオル販売250円

公式サイト

ひだか高原荘公式サイト

周辺情報②びらとり温泉ゆから

日高沙流川オートキャンプ場から車で約40分ほどの距離にある宿泊施設「びらとり温泉ゆから」は、日帰り温泉利用ができます。お風呂の種類が多く、大浴場以外に露天風呂や泡風呂、サウナなどがあるので満喫したい人におすすめです。

住所

北海道沙流郡平取町二風谷92-6

電話番号

01457-2-3280

営業時間

10:00~22:00

料金

大人(中学生以上):500円 小学生:140円 幼児:無料 ※タオルセット300円

公式サイト

びらとり温泉ゆから公式サイト

周辺情報③道の駅「樹海ロード日高」

周辺情報④日高山脈博物館

周辺情報⑤Aコープひだか店

周辺情報⑥セイコーマート振内店

日高沙流川オートキャンプ場に行ってみよう!

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に3,500tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

キャンプ飯でスパイス配合といえば、定番は「カレー」ですがメキシカン料理「チリコンカン」もスパイス配合を楽しめるレシピです。今回はマルチグリドルを使って、簡単で美味しく作れるチリコンカンレシピを紹介します。ぜひ皆さんも自分好みに仕上げてみてくださいね!


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 火起こし 自作・DIY 東京 車中泊 アクセサリー