「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

利尻島のキャンプ場「ゆ~に」の魅力に迫る!サイト情報・料金は?

利尻島のキャンプ場「ゆ~に」の魅力に迫る!サイト情報・料金は?

利尻島ファミリーキャンプ場「ゆ〜に」(北海道)についてまとめました。各種サイトやコテージなどの場内施設、料金、予約、レンタル品について解説。また、利尻島ファミリーキャンプ場ゆ〜に周辺の温泉やホームセンター、食料品店も紹介します。


利尻島のキャンプ場「ゆ~に」の魅力を紹介!

北海道の利尻島ファミリーキャンプ場「ゆ〜に」は、子供連れでも気軽に楽しむことができるキャンプ場として、とても人気があります。ゆ〜にとは、アイヌ語で「お湯があるところ」という意味です。隣接する施設で温泉も楽しむことができます。
利尻島ファミリーキャンプ場ゆ〜にのサイトやコテージなどの場内施設や、おすすめの周辺施設について紹介します。

利尻島ファミリーキャンプ場「ゆ~に」の基本情報とサイト情報

基本情報

利尻島ファミリーキャンプ場ゆ〜には、北海道利尻島北部鴛泊地区にあります。稚内からのフェリーが発着する鴛泊港から、車で10分ほどのアクセスです。尻島の住民だけではなく、島外から車でキャンプにやってくる人も多いです。
利尻島ファミリーキャンプ場ゆ〜にのコテージやバンガローは数に限りがあるので、利用する際には、予約を入れておきましょう。

住所

北海道利尻郡利尻富士町鴛泊字栄町

電話番号

シーズン中:0163-82-2166(管理棟) オフシーズン:0163-82-1114 (利尻富士町産業建設課商工観光係)

営業期間

5/1〜10/31

チェックイン チェックアウト

チェックイン:14:00〜19:00 チェックアウト:7:00〜10:00

入場料金

大人(1泊あたり)520円 障害者・小学生以下(1泊あたり)310円

利用料金

フリーテントサイト:無料(入場料金のみ) コテージ(5人用):16,760円 バンガロー(6人用):7,330円 バンガロー(4人用):5,230円

サイト①コテージ

利尻島ファミリーキャンプ場ゆ〜にで紹介するサイト1つ目は、コテージです。コテージは4棟、それぞれ5人まで利用することができ、設備が充実しています。
コテージの設備は、シャワー、洗濯機、キッチン、食器類などです。洗濯機があるので、連泊する人や汚れ物が多くなる子どもがいる人に向いています。

サイト②バンガロー6人用/4人用

利尻島ファミリーキャンプ場ゆ〜にで紹介するサイト2つ目は、バンガローです。バンガローには6人用と4人用があり、6人用が2棟、4人用は4棟あります。料金は、入場料金とそれぞれのバンガローの利用料が必要です。
バンガローの設備は、電源、電気ポット、テーブルです。シャワーはないので、利尻島ファミリーキャンプ場に隣接する温泉施設を利用しましょう。

サイト③フリーテントサイト

利尻島ファミリーキャンプ場ゆ〜にで紹介するサイト3つ目は、フリーテントサイトです。フリーテントサイトは30区画用意されています。入場料金だけがかかり、その他にサイトの利用料金は必要ありません。
バンガローやコテージのように、電源などの設備は一切ありません。車をサイトに乗り入れることができるのはとても便利です。

サイト④バーベキューコーナー

利尻島ファミリーキャンプ場ゆ〜にには、バーベキュー用のサイトもあります。無料で2時間利用することが可能です。4人がけのバーベキューコーナーが、全部で3つあります。
バーベキューコーナーには、バーベキュー炉と丸太イスがあります。炭や食材を用意すれば、すぐにバーベキューを楽しむことができます。

利尻島ファミリーキャンプ場「ゆ~に」の魅力

魅力①レンタル用品・消耗品販売が充実している

レンタル品

レンタル価格

6人用テント

1,500円

6人用タープ

1,000円

バーベキューコンロ

1,000円

カセットコンロ (ボンベ別売り)

500円

七輪(炭・網別売り)

500円

シュラフ

500円

キャンピングテーブル

500円

キャンピングチェア

500円

利尻島ファミリーキャンプ場ゆ〜には、キャンプ用品のレンタルがとても充実しています。キャンピングテーブルやチェアなど、大きな荷物になるものもレンタルがあります。また、炭やカセットボンベ、網などの消耗品も場内で販売されているので、とても便利です。

魅力②サイトの近くに車を停められる

利尻島ファミリーキャンプ場では、サイトまで車を乗り入れることができます。荷物が多くなりがりなファミリーキャンプでも、苦労せずに荷物を積み下ろしできるのがとても便利です。特に車利用のキャンパーにおすすめです。
なにか買い忘れがあるときにも、車がすぐそばにあるので、フットワーク軽く街まで出かけることもできます。

魅力③天然温泉に近接している

利尻島ファミリーキャンプ場に隣接して、「利尻富士温泉」という温泉施設があります。営業時間は、基本的には12:00〜21:00です。
しかし、6月〜8月だけは11:00〜21:30となっています。キャンプ場が開いている時期は、毎日営業。料金は中学生以上500円、小学生250円、幼児150円です。

魅力④炊事場・トイレが整備されている

利尻島ファミリーキャンプ場ゆ〜には、施設がとてもきれいで、充実していることでも人気があります。トイレや炊事場も、とても使いやすくきれいです
子どもがいる人にとっては特に、トイレが使いやすいことはとても大切。こどもでも使いやすく配慮されているので、ファミリーから支持されています。

魅力⑤ゴミの回収場がある

キャンプをする際にどうしても出るのがゴミ。ゴミの処理に関しては、キャンプ場によってかなり対応が異なります。持ち帰るところもあれば、回収してくれるところもあります。
利尻島ファミリーキャンプ場では、ゴミは回収してもらえます。回収してもらう際には、きちんと分別をしておく必要があるので、気をつけましょう。

利尻島ファミリーキャンプ場「ゆ~に」のおすすめ周辺施設

ホーマックニコット利尻店

ホーマックニコット利尻店は、利尻島ファミリーキャンプ場ゆ〜にから車で15分ほどの場所にあるホームセンターです。
キャンプ場内でも消耗品の販売はありますが、量を揃えたいときにはこのホーマックニコット利尻店での購入がおすすめです。消耗品の他、キャンプ用品の販売もあり

住所

北海道利尻郡利尻富士町鴛泊字富士野46-1

営業時間

9:00~20:00

電話番号

0163-82-2711

公式サイト

「ホーマックニコット利尻」公式サイト

くみあいストアー

くみあいストアーは、利尻漁協が経営する海産物の販売店です。鴛泊港の近くにあり、海産物のお土産品を買い求める人で賑わっています。
ホッケの一夜干しや、昆布製品、うに製品、タコ製品が特に人気。利尻の海の幸をキャンプで楽しむなら、くみあいストアーがおすすめです。

住所

北海道利尻郡利尻富士町鴛泊

電話番号

0163-82-1214

営業時間

夏8:30〜17:00 冬9:00〜16:00

定休日

日曜・祝日

セイコーマート利尻店

セイコーマート利尻店は、利尻島ファミリーキャンプ場ゆ〜にから一番近くにあるコンビニエンスストアです。車で5分もかからない場所にあります。徒歩でも15分ほどで行くことが可能。
お酒やホットシェフの取り扱いがあります。23時まで営業しているので、何か夜に足りなくなったときにも、気軽に買い物ができます。

住所

北海道利尻郡利尻富士町鴛泊栄町40−2

営業時間

7:00~23:00

電話番号

0163-82-1962

公式サイト

「セイコーマート利尻店」公式サイト

夕日ヶ丘展望台

利尻島で一番景色が良い場所と言えば「夕日ヶ丘展望台」です。360度景色を見渡すことができ、特に夕日がきれいに見えるスポットとして人気
利尻島ファミリーキャンプ場ゆ〜にから鴛泊港方面に行き、港を通り過ぎて更に2kmほど離れた場所にあります。駐車場から展望台までは足元が悪い急坂を15分ほど登るので、しっかりとした靴で向かいましょう。

住所

北海道利尻郡利尻富士町鴛泊

期間

5月〜10月(雪が降るまで)

海の駅おしどまり

「道の駅おしどまり」は、稚内や礼文島からのフェリーが発着するフェリー乗り場です。カーフェリーが運行されているので、島外のキャンパーは空港よりもこちらを利用することが多いです。利尻島ファミリーキャンプ場までは、車で10分弱でアクセス可能。

住所

北海道利尻郡利尻富士町鴛泊字港町

電話番号

0163-82-1350

営業時間

8:30~17:15

定休日

土日祝、年末年始(12/30〜1/5)

公式サイト

「海の駅おしどまり」公式サイト

利尻島ファミリーキャンプ場「ゆ~に」に関するQ&A

利尻島ファミリーキャンプ場で禁止されていることがあれば、教えて下さい。

いくつか禁止されていることがあります。
・ペットを連れての入場はできません。
・場内での花火は禁止です。
・電源がないサイトでも、発電機の利用は禁止です。
・焚き火は禁止されています。
お互いが気持ちよく利用できるように、ルールを守って利用しましょう。

キャンプにおすすめの、利尻島ならではのグルメはありますか?

利尻島は海に囲まれており、美味しい海産物が数多くあります。中でも、キャンプでおすすめしたいグルメは、真ホッケの干物、たちかま(かまぼこに似た練り物)です。バーベキューをゴージャスに楽しむならば、利尻産の毛ガニをバーベキューで焼き蟹にするのがおすすめです。

利尻島のキャンプ場「ゆ~に」に行ってみよう!

北海道の利尻島ファミリーキャンプ場ゆ〜にについて紹介しました。利尻島ならではの豊かな自然と温泉を気軽に楽しむことができます。車で町中に出かければ、ホームセンターや食料品店もあるので、キャンプがしやすい環境と言えるでしょう。
ぜひ、素晴らしい景色の広がる利尻島ファミリーキャンプ場ゆ〜にでキャンプを楽しんで下さい。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

関連するキーワード


北海道・東北のキャンプ場

関連する投稿


【北海道】大人が本気で遊べる!童心に返る「白老キャンプフィールド ASOBUBA」体験レポート

【北海道】大人が本気で遊べる!童心に返る「白老キャンプフィールド ASOBUBA」体験レポート

北海道、大人が本気で遊べて童心に帰れるがコンセプトの「白老キャンプフィールド ASOBUBA」の体験レポートを紹介します。2020年7月にオープンした通年営業のキャンプ場です。今回は実体験をもとにキャンプ場の紹介やおすすめをまとめてましたので参考にしてください。


【北海道】道央エリアでツーリングキャンプをしよう!おすすめキャンプ場を紹介

【北海道】道央エリアでツーリングキャンプをしよう!おすすめキャンプ場を紹介

北海道・道央エリアでツーリングにおすすめのキャンプ場を紹介します。ツーリングでは道北や道東などが人気ですが、道央も負けず劣らず人気のスポットが点在しています。そんな道央の魅力とともにおすすめのキャンプ場をまとめてみました。


【北海道】道北ツーリングおすすめのキャンプ場6選!バイカー憧れのスポットを巡ろう

【北海道】道北ツーリングおすすめのキャンプ場6選!バイカー憧れのスポットを巡ろう

北海道の道北エリアにあるツーリングにおすすめのキャンプ場を7つ厳選しました。観光がてら名スポットを巡った後は愛車を眺めながら北海道の大自然の中で有意義なひとときを過ごせるでしょう。北海道に訪れた際には本記事を参考にお気に入りのキャンプ場を見つけてみてください。


【北海道】道南エリアのツーリングおすすめキャンプ場7選!バイク好きは必見

【北海道】道南エリアのツーリングおすすめキャンプ場7選!バイク好きは必見

北海道・道南エリアにあるツーリングキャンプおすすめのキャンプ場を紹介します。ツーリング人気が高い北海道は、本州とは異なる魅力的な景色が魅力です。道南エリアでツーリングを楽しむポイントやツーリングキャンプにぴったりのキャンプ場をまとめてみました。


【北海道】道東でツーリングキャンプするならこのキャンプ場!おすすめをピックアップ

【北海道】道東でツーリングキャンプするならこのキャンプ場!おすすめをピックアップ

道東にあるツーリングキャンプにおすすめのキャンプ場を紹介します。ライダーだったら行かずにはいられない聖地や峠が沢山。大自然が満喫できる道東はツーリングに最適です。知道東を巡るにあたって日程の目安なども載せていますので、参考にしてください。


最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。