「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

パーコレーターのおすすめ10選を紹介!選び方とデメリットも!

パーコレーターのおすすめ10選を紹介!選び方とデメリットも!

パーコレーターについて紹介していきます。キャンプ場でも簡単にコーヒーを抽出できるおすすめのパーコレーターを10選にまとめました。また、パーコレーターの仕組みや使い方、使う際のデメリットも掲載しているので、パーコレーターを購入する際の参考にしてください。


パーコレーターのおすすめと使い方を紹介!

キャンプ場でも手軽にコーヒーを楽しむことができる、おすすめのパーコレーターを10選にまとめて紹介していきます。
また、パーコレーターの仕組みや使い方、使う際のデメリットについても掲載しているので、購入する際の参考にしてください。

パーコレーターとは?

パーコレーターとは?

パーコレーターという道具を知らない人も多いのではないでしょうか?パーコレータとは、コーヒーを抽出する器具の一種です。
見た目は普通のポットのようになっていますが、蓋を開けると中にはバスケットと呼ばれる篭が入っています。

パーコレーターの仕組み

パーコレーターの基本的な使い方は、中にあるバスケットにコーヒー豆を入れ、水を加えたら火にかけて沸騰させます。自分好みのコーヒーの色になるまで加熱したら抽出完了です。
そして、コーヒーが抽出される仕組みとしては、沸騰することでお湯に圧力により、バスケット上部に押し上げられます。その後、コーヒー豆に降りかかり、抽出が行われます。
これらの行程が繰り返され、自分の好みの色に変わった時点で火を止めます。後は、バスケットを取り出し、通常のポットとして使いコーヒーを注ぎましょう。

パーコレーターの選び方

パーコレーターの選び方①カップ数・満水容量

パーコレーターを選ぶ際には、一度に抽出できるコーヒーのカップ数・満水容量に注目しましょう。小さめの商品は持ち運びに便利というメリットがありますが、抽出できる量が少ないデメリットも存在します。
そのため、デメリットの容量の少なさが気になる場合は、大きめのサイズを購入するようにしましょう。

パーコレーターの選び方②材質はステンレスが人気

パーコレーターはステンレス製の商品がおすすめです。ステンレス製以外にはホーロー製やガラス製の商品が存在します。
しかし、ホーロー製やガラス製の商品は数が少なく、壊れやすいというデメリットがあります。対して、ステンレス製は耐久力が高く、キャンプなどアウトドアで使う際にはおすすめです。

パーコレーターの選び方③直火式と電気式

パーコレーターの種類には直火式と電気式が存在します。直火式の商品は直接火にかけて使い、電気式の商品は電力を使う必要があります。
電気式は直火式のものと比べると、コーヒーを安定して抽出することが可能です。ただし、電力を使うため、電源が確保しづらいキャンプなどには向いていないデメリットがあります。
対して、直火式は電源がなくても、ガス火や焚き火などを使ってコーヒーを作ることが可能です。そのため、キャンプやアウトドアがメインの場合は直火式の製品がおすすめです。

パーコレーターの選び方④重量・形状

重量や形状も選ぶ際の重要なポイントです。持ち運びやすい形状や、重量が軽いものは女性でも簡単に持ち運びができるメリットがあります
そのため、車での移動の場合は重量が重くても運べますが、自転車や徒歩が多い場合は、軽量のパーコレーターを選ぶようにしましょう。
また、収納しやすいようにハンドル部分が折りたためる商品も存在します。コンパクトに収納したい場合は、ハンドルが折りたためる形状の商品もおすすめです。

パーコレーターの選び方⑤手入れのしやすさ

パーコレーターは使用後のお手入れのしやすさで選ぶのもおすすめです。人気のステンレス製の商品は丈夫で錆びにくく、お手入れもしやすいです。
また、大きいサイズだとその分お手入れも大変です。そのため、ソロキャンプなどで使う場合はお手入れのしやすいサイズの商品を選びましょう。

パーコレーターの選び方⑥メーカー

メーカーで商品を選ぶのもいいでしょう。さまざまなキャンプ道具を取り扱っているメーカーのものは、多くのキャンパーたちに愛されています。
そのため、口コミやメーカーの取扱商品を確認して、他のキャンプ道具と一緒にパーコレーターを選ぶのもおすすめです。

パーコレーターのおすすめ10選

コールマン ステンレスパーコレーター

ステンレスパーコレーター3

¥5278

丈夫なステンレス素材で作られています。そして、容量は約6カップとなっており、大人数のキャンプでも一度に全員分のコーヒーを淹れることができます
また、高級感のあるデザインとなっているので、キャンプやアウトドアだけでなく、毎朝のコーヒー時間でも活用できます。

50代/男性
50代/男性

美味しい!毎朝使っています

評価:

コーヒーを淹れるために毎朝使っています。環境を考えてペーパーレスにしたがったので、フィルターを使わない仕組みのパーコレーターを購入しました。コクと苦味のあるコーヒーをカフェオレにするのが好きなので、自分には合っていました。ペーパーに油分が取られないのでコーヒーのコクが楽しめます。

ジーエスアイ ホウロウ コーヒーパーコレーター

ホウロウ コーヒーパーコレーター

¥5280

キャンプやアウトドアだけでなく、家庭内でも使うことができるパーコレーターです。材質はホーロー素材を使っており、丈夫で熱伝導がいいです。また、耐食性や光沢もあるので高級感のある商品となっています。
ただし、ホーロー製の商品は傷などの経年劣化が発生する恐れがあります。さらに、コーティングされたガラス質が剥がれ、金属がむき出しになって錆びが発生する場合もあります。

女性
女性

デザインはいいけど

評価:

フィルターを買うのが面倒で、使わない仕組みのパーコレーターを購入!見た目も高級感があって、キャンプでも大活躍!ただし、ホーロー製なのでステンレス製品と比べるとやっぱりもろい……

クイジナート 電動式パーコレーター

電動式パーコレーター

¥16980

電気式のパーコレーターで、約12カップ分のコーヒーを入れることができる大容量の商品です。材質はステンレス製となっており、頑丈でお手入れもしやすい製品となっています。
ただし、電気式の製品は電源を必要とするため、外で使用する場合は場所が限定されてしまいます。

男性
男性

パーコレーターで作ったコーヒーはうまい!

評価:

電気式で使い方も簡単だし、毎日使っています。ただ、電源が必要なので電気を確保できないキャンプ場で使えないのが残念です。

スノーピーク ステンパーコレーター

ステンパーコレーター

¥10340

さまざまなキャンプ道具を販売しているスノーピークから発売されており、頑丈なステンレス製の商品です。
焚き火の熱源にも耐えることができるので、キャンプ場でワイルドなコーヒーを楽しみたい人におすすめです。また、スノーピークのロゴも入っており、可愛らしいデザインで女性にも人気です。

40代/男性
40代/男性

商品デザインも可愛い

評価:

初めて購入しました!仕組み上コーヒーの味を自分で調整するのが難しいけど、何度もチャレンジして美味しいコーヒーを淹れるようにしたいと思います。

ロゴス ステンレスパーコレーター

キャンプケトル ステンレスパーコレーター

¥7590

パーコレーターとしてはもちろん、ケトルとして使うこともできます。ケトルとして使う場合は約1300ml、パーコレーターとして使う場合は約6カップ分のコーヒーを淹れられます。ステンレス材質で長く使えて、重量も約600gと持ち運びの際にも便利です。

男性
男性

おしゃれ

評価:

使い方も簡単で購入しました。ただ、仕組みを理解して美味しいコーヒーを淹れるのは初心者には難しいです。でも雰囲気と味はいいのでキャンプや家でも使っています。

キャプテンスタッグ パーコレーター

パーコレーター 12カップ

¥6977

パーコレーターとして使用する際は、コーヒーを約12杯分淹れることができます。大容量で重さも約1kg以下なので、キャンプやアウトドアに持っていく際にもおすすめです。
そして、豆と水を入れて火にかけるだけで、淹れたてのコーヒーを楽しめます。また、コーヒー豆や水の量を変えることで自分好みの味に調整できます。

男性
男性

必要にして十分な機能

評価:

使い方も簡単で、家でもキャンプ場でも使うことができるので購入しました。香りは落ちてしまうけど、少量のコーヒー豆でもコーヒーを淹れることができるので外で手軽に楽しみたい人にはおすすめです。

キャプテンスタッグ ステンレス製パーコレーター

ステンレス製パーコレーター6カップ

¥3980

頑丈なステンレス製の商品で、容量も軽いのでキャンプに持って行く際にも便利です。また、値段が安く、コスパ的にも初心者におすすめの商品となっています。取っ手には天然木を使用しているので、掴みやすく、熱くならずに持ち運ぶことが可能です。

女性
女性

使い方次第で美味しいコーヒーを

評価:

コツがいりますが、使い方次第では美味しい熱々のコーヒーを楽しめます。挽く豆の大きさ、粉の量、時間や注ぎ方をすべて自分好みに調整してみましょう。

PETROMAX ニューパーコマックス

ニューパーコマックス

¥6633

約1.5Lも入る大容量で、大人数のキャンプでも活躍できる商品です。ホーロー製の商品となっており、丈夫で熱伝導がよく、短時間でコーヒーを淹れられます
そして、内部はステンレス製となっているので、錆びにくい仕様となっています。ただし、ホーロー製は経年劣化する恐れがあるので注意しましょう。

男性
男性

淹れ方にコツが要るかな…

評価:

見た目がよくて気に入っています。使い方はやはりコツが必要です。自分好みのコーヒーにたどり着くまでには時間がかかるかもしれません。

Gastrorag ステンレスパーコレーター

ステンレスパーコレーター 4カップ

¥19800

電気式の商品となっており、朝の忙しい時間でも簡単にコーヒーを淹れられます。ただし、電源が必要となるため、電気を確保できないキャンプ場などでは使用できません。
そのため、キャンプやアウトドアよりも家での朝食の時間やブレイクタイムの際にコーヒーを淹れるのにおすすめです。

女性
女性

毎朝のコーヒーに

評価:

電気式のため、外で使いたい場合は電源を確保できる場所を選ぶ必要があります。ただ、家でも使えて、沸く時間も短いので朝の忙しい時にも美味しいコーヒーを飲めます。

West Bend パーティ用パーコレーター

パーティ用パーコレーター

¥15980

約30カップ杯分のコーヒーを一度に淹れることができる、大容量の商品です。電気式で重量もあるため、キャンプやアウトドアよりも室内向きの製品です。
また、高速でコーヒーを抽出することができ、1分おきにカップ1杯分のコーヒーを抽出することが可能です。

男性
男性

家でパーティーをする時に

評価:

30杯分のコーヒーを一度に淹れることができる大容量!重要が重く、持ち運びはできませんが、家の庭でバーベキューをする時などに大活躍できます。

パーコレーターのおすすめ比較表

ブランド名

コールマン(COLEMAN)

ジーエスアイ(GSI)

Cuisinart(クイジナート)

snow peak(スノーピーク)

ロゴス(LOGOS)

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

Petromax(ペトロマックス)

Gastrorag

West Bend

画像

製品名

ステンレスパーコレーター

ホウロウ コーヒーパーコレーター

電動式パーコレーター

ステンパーコレーター

キャンプケトル ステンレスパーコレーター

パーコレーター 12カップ

ステンレス製パーコレーター6カップ

ニューパーコマックス

ステンレスパーコレーター 4カップ

パーティ用パーコレーター

特徴

・高級感のあるデザイン ・ステンレス製で頑丈 ・家庭でも使える

・高級な見た目 ・熱伝導がいい ・経年劣化が発生する恐れがある

・電気式 ・使い方が簡単 ・外より室内向き

・スノーピーク製 ・頑丈なステンレス製 ・可愛らしいデザイン

・ケトルとしても使える ・重要が軽い

・大容量 ・使い方も簡単 ・軽量で持ち運びも便利

・値段が安い ・頑丈なステンレス製 ・初心者におすすめ

・大人数のキャンプで活躍 ・熱伝導がいい ・内部はステンレス製

・電気式 ・電源がある室内向き ・値段がやや高め

・大容量でパーティー向き ・電気式 ・高速抽出

商品リンク

楽天(5,278円)

パーコレーターのデメリット

デメリット①コーヒーの濃さが不安定でまずい

パーコレーターを使ってコーヒーを作る場合、濃さに差が出てしまうデメリットがあります。蓋の近くにある覗き窓に吹きあがるお湯の色だけで濃さを判断する必要があるため、初心者には難しいです。
また、直火式を使う場合は抽出されたコーヒーが常に直火で加熱され続けます。そのため、成分が酸化して味覚上の劣化が起きる恐れもあります。

デメリット②フィルターの目が粗い

通常のフィルターに比べるとバスケット部分の目が粗く、必然的に豆は粗挽きしか使うことができません。そのため、抽出時間やお湯の温度以外は、自分で調整することができず、コーヒーにバリエーションを持たせるのは難しいです。

デメリット③一度に淹れられる杯数が限られる

サイズによって、一度に抽出できるコーヒーのカップ数が決められています。そのため、一度に淹れられるコーヒーが制限され、たくさん飲みたい人は何度も淹れる手間が増えてしまいます。

パーコレーターを上手に使って美味しい1杯を

パーコレーターを使えば、キャンプやアウトドアの際にも淹れたてのコーヒーを楽しむことができます。ただし、パーコレーターの仕組み上、使いこなすためには経験も必要です。
パーコレーターの仕組みや使い方をマスターして、キャンプやアウトドアで美味しいコーヒーを淹れて楽しみましょう。

ビアレッティの使い方決定版!選び方やおすすめ品など役立つ情報も!

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/tableware/%e3%83%93%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%86%e3%82%a3%e3%81%ae%e4%bd%bf%e3%81%84%e6%96%b9%e6%b1%ba%e5%ae%9a%e7%89%88%ef%bc%81%e9%81%b8%e3%81%b3%e6%96%b9%e3%82%84%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81/

ビアレッティの使い方について解説します。ビアレッティの種類や個別の特徴について詳しく解説!使い方や、最初に注意すべきことついても説明しています。また、エスプレッソを使ったアレンジも紹介しておりますので、参考にしてみてください。

スタンレーを買うならコストコがおすすめ!キャンプにも便利!

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/tableware/%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%92%e8%b2%b7%e3%81%86%e3%81%aa%e3%82%89%e3%82%b3%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%b3%e3%81%8c%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%ef%bc%81%e3%82%ad%e3%83%a3/

パーコレーターについて紹介していきます。キャンプ場でも簡単にコーヒーを抽出できるおすすめのパーコレーターを10選にまとめました。また、パーコレーターの仕組みや使い方、使う際のデメリットも掲載しているので、パーコレーターを購入する際の参考にしてください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【実体験】焼酎に合う大人の「牛タン味噌煮込み」をダッチオーブンで作ってみた

【実体験】焼酎に合う大人の「牛タン味噌煮込み」をダッチオーブンで作ってみた

焼酎に良く合う大人の味付けを目指して、「牛タン味噌煮込み」作りにチャレンジしました。ダッチオーブンを使って、長時間煮込むことで具材の旨味を極限に引き出すことに成功しました。具材を入れて煮込むだけの簡単レシピなので、ぜひ参考にしてください。


テントでも2万円以下とコスパ抜群!キャンプデビューするなら「コメリ」の新作をチェック

テントでも2万円以下とコスパ抜群!キャンプデビューするなら「コメリ」の新作をチェック

コスパ抜群コメリのアウトドアブランド「Natural Season (ナチュラル・シーズン)」から発売される、新作ギアをひと足早く紹介します。キャンプシーズンを目前にした、2024年3月より順次発売される新作をチェックしていきましょう。


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。