「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

ジャイアントのロードバイクおすすめ12選!初心者から人気のアイテムも

ジャイアントのロードバイクおすすめ12選!初心者から人気のアイテムも

ジャイアントのロードバイク各シリーズの性能や特徴を説明します。ジャイアントのロードバイクのおすすめの選び方などを、わかりやすく解説!おすすめのロードバイクを12台を紹介していますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。


大人気ジャイアントのロードバイクを紹介!

ジャイアント(GIANT)は台湾に本社がある、世界最大規模の自転車メーカーです。創業は1972年で、30年以上の歴史があります。ジャイアント製品はロードバイクだけでなく、クロスバイクや女性用のスポーツバイクLivブランドなども、幅広く扱っています。
ジャイアントのロードバイクは高品質でありながら値段が安いので、非常にコスパがよく、ロードバイク初心者はもちろん、ベテランの方にも評判がよいのです。おすすめのジャイアントのロードバイクを紹介しますので、是非チェックしてみてください。

ジャイアントのロードバイクの選び方

選び方①シリーズ

コンテンド(CONTEND)

ジャイアントロードバイクのコンテンド(CONTEND)シリーズは、アルミフレームを採用したエントリーモデルです。ロードバイクを始めたばかりの初心者から中級者くらいの方に、おすすめです。
コンテンドの値段は、84,000円〜。とても安く購入しやすいのが魅力です。オールラウンドに使えるため、普段の日常生活はもちろん、長距離のロングライドまで幅広く対応できます。
ジャイアントのコンテンドは他のメーカーと比べても金額が安いため、初心者におすすめ!安いうえに高性能なため、非常にコスパが良く評判が高いロードバイクです。

ディファイ(DEFY)

ジャイアントのディファイ(DEFY)シリーズは、カーボンフレームを採用しており、振動や衝撃を吸収できるのが特徴です。
ロードバイクでは珍しく、タイヤサイズが35Cまで対応しているので、太いタイヤを装着できるが特徴です。2020モデルは標準で32Cのタイヤを装着しています。
カーボンフレームと幅広のタイヤで、コンディションの悪い路面も難なくこなせます。位置づけはエンデュランスロードバイクとなり、高い巡航性能と快適さ兼ね備えているので、ロングライドをメインを得意としているモデルです。
ジャイアントのディファイ(DEFY)は、どんなに遠くまで行っても疲れにくく、快適なロングツーリングをできるロードバイクです。

プロペル(PROPEL)

ジャイアントのプロペル(PROPEL)シリーズは、究極のエアロロードと謳われているモデルで、高次元の空力性能と剛性をもったフレームを採用しています。
空気抵抗を考えられた専用設計となっているため、見た目もほかのロードバイクとは少し違い、かっこいいです。軽量のフルカーボン製エアロホイールで、完全ディスクブレーキに対応しています。
極力、空気の抵抗を受けないように独自のエアロホイールを装着し、フレームと一体化したブレーキが特徴です。高速レースから長距離のロングライドまで、幅広く使用できるロードバイクとなっています。

ティーシーアール(TCR)

ジャイアントのティーシーアール(TCR)シリーズは、トータルレースバイクとしての位置づけのロードバイクです。
クラシックレースから世界最高峰のレースまで、幅広く対応しています。軽さ、剛性などエアロ性能など全てにおいて、高次元のスペックをもっています。
ジャイアントTCRは平地や登坂などあらゆる状況でも、高い走行性能をもっています。高速レースはもちろん、坂道が多い場面でも快適に乗れます
ジャイアントTCRの一番安いモデルは130,000円〜なので、初心者でも手が届くロードバイクです。これから本格的なレース参加を考えている方のために、きちんとエントリーモデルがあるのが嬉しいことでしょう。

選び方②フレームの材質

アルミタイプ

ジャイアントロードバイクのアルミフレームは、軽い素材でありながら、丈夫でコストパフォーマンスに優れています。特に初心者におすすめで、普段の通勤通学などの日常使用から、長距離のサイクリング、ちょっとしたレースまで十分に対応できます。
ジャイアント製のアルミフレームの価格帯は、10万円前後と比較的安いです。ロードバイク初心者は、ここからスタートするのがおすすめです。

カーボンタイプ

ジャイアント製のカーボンフレームは圧倒的な軽さと、耐衝撃性で速さと乗り心地を両立した素材です。主に、本格的なレースや山岳のヒルクライム、ロングライドなどをする方に向いています。
ロードバイクの値段は、20万円以上と高価格帯が中心となるため、中級者〜上級者などが購入する場合が多いです。
また、カーボンフレームは、取り扱いにも注意が必要です。カーボンフレームは、外部から1点に力が加わると割れたり、ヒビが入りやすいため、転倒などには気を付けましょう。

選び方③サイズ

ロードバイクを決めるときには、サイズがとても重要です。サイズをしっかり合わせないと、乗り心地に大きな影響がでてきます。
身長にあわせてフレームサイズを決定することもできますが、できれば一度自転車にまたがって、サイズを合わせてもらうのがおすすめです。特にロードバイク初心者は、手の長さや股下の長さなども考慮して、しっかりあわせてもらったほうが安心です。
購入時にショップで、サドルやハンドル高さなどを細かくセッティングしたほうが、疲れにくく長く乗れます。ジャイアント製ロードバイクのサイズ展開と身長の目安は以下のようになっています。

フレームサイズ

身長(目安)

430(XS)

155〜170cm

465(S)

165〜175cm

500(M)

170〜185cm

535(ML)

180〜190cm

選び方④ブレーキ

ロードバイクは、ブレーキで選ぶ方法もあります。ジャイアント製ロードバイクのブレーキタイプは「リムブレーキ」と「ディスクブレーキ」の2種類があります。
「リムブレーキ」は、一般的によく見かけるタイプのブレーキで、メンテンナンスがしやすくコストも安いのが特徴です。
しかし、雨の日や、長い下り坂などは制動力が落ちてしまうデメリットがあります。構造がシンプルでメンテナンスが楽なので、ロードバイク初心者でも扱いやすいです。
一方、「ディスクブレーキ」は高い制動力が特徴です。雨天時などもブレーキ性能が落ちにくいので安全に乗れます。またリムを傷めないのもメリット。しかし、ディスクブレーキはパーツが多いので、コストは高めです。

ジャイアントのロードバイクおすすめ12選

ジャイアントおすすめロードバイク①:CONTEND1(コンテンド1)

ジャイアントCONTEND1(コンテンド1)は、ロードバイクのエントリーモデルです。軽くて丈夫なアルミフレームを採用し、10kgを切る重量で軽快さも実現しています。
日常から本格的なロングライドまで幅広く対応しているので、質と価格の両方のバランスのとれた1台ですコストパフォーマンスは最高で、ロードバイク入門用としておすすめです。

重さ

9.8kg

フレーム

アルミフレーム

ブレーキ

リムブレーキ

タイヤサイズ

700x25C

ギア

18Speed

価格

98,000円(税抜)

ジャイアントおすすめロードバイク②:CONTEND2(コンテンド2)

ジャイアントのコンテンド2は、コンテンドシリーズの入門用ロードバイクです。サブブレーキを搭載しているため、ロードバイク初心者でも安心して乗れます
ジャイアントコンテンド2は値段も10万円以下と安いので、初めてロードバイクを購入する方は、ここから初めてみるのもいいでしょう。通勤や通学なども日常で使いやすいモデルです。

重さ

10.2kg

フレーム

アルミフレーム

ブレーキ

リムブレーキ

タイヤサイズ

700x25C

ギア

16Speed

値段

84,000円(税抜)

ジャイアントおすすめロードバイク③:CONTEND SL1(コンテンドSL1)

ジャイアントCONTEND(コンテンド)シリーズの上級版です。エントリーモデルでありながら、快適性を高める設定で、カーボンフォークやカーボンポストを採用したロードバイクです。
シフト段数も22段階の調整ができるため、あらゆるシーンに対応できるロードバイクです。ロードレース用のモデルよりも、乗り心地を優先しているため前傾姿勢がゆるく、長距離のツーリングやサイクリングにも適しています。

重さ

9.2kg

フレーム

アルミフレーム

ブレーキ

リムブレーキ

タイヤサイズ

700x25C

ギア

22Speed

値段

150,000円(税抜)

ジャイアントおすすめロードバイク④:DEFY ADVANCED2

ジャイアントのDEFYシリーズは、カーボンフレームとカーボンフォークを採用。軽量で振動に強く、28Cの太めのチューブレスタイヤのお陰で乗り心地は最高です。油圧式ディスクブレーキを採用しているため、安全性能は申し分はありません。

重さ

8.9kg

フレーム

アルミフレーム

ブレーキ

ディスクブレーキ

タイヤサイズ

700x28C

ギア

22Speed

値段

240,000円(税抜)

ジャイアントおすすめロードバイク⑤:DEFY ADVANCED PRO1

ジャイアントDEFY ADVANCED PRO1 は、DEFY ADVANCED2の上位モデルで、新型のカーボンフレームを採用していまs。どんな長距離や悪い路面状況でも疲れない設計です。
高速巡航性能と快適性を両立したハイパフォーマンスな1台で、ロングツーリングなどメインで使い方に、おすすめのロードバイクです。

重さ

7.7kg

フレーム

カーボンフレーム

ブレーキ

ディスクブレーキ

タイヤサイズ

700x28C

ギア

22Speed

値段

450,000円(税抜)

ジャイアントおすすめロードバイク⑥:PROPEL ADVANCED 2

ジャイアントPROPEL ADVANCED2は、エアロシリーズのエントリーモデル。エアロホイールとチューブレスタイヤを装着してるので走行性能は抜群です。
エントリーモデルは値段が22万円と比較的購入しやすい金額ですが、ロードレースや耐久レースにも十分に使用できます。これからレースなどに参加して、ステップアップしたい人に向いているロードバイクです。

重さ

8.9kg

フレーム

カーボンフレーム

ブレーキ

リムブレーキ

タイヤサイズ

700x25C(エアロホイール)

ギア

22Speed

値段

220,000円(税抜)

ジャイアントおすすめロードバイク⑦:PROPEL ADVANCED1

ジャイアントPROPEL ADVANCED1は、フレーム形状を横風などのよる乱気流を抑えた設計に最適化しています。エアロ性能に特化したモデルです。フレーム・フォークと一体化したプロペル専用のブレーキを採用しており、ここでも空気抵抗を減らしています。

重さ

8.1kg

フレーム

カーボンフレーム

ブレーキ

リムブレーキ

タイヤサイズ

700x25C(エアロホイール)

ギア

22Speed

値段

260,000円(税抜)

ジャイアントおすすめロードバイク⑧:TCR SL 1

ジャイアントTCR SL1 はTCRの上位モデルSLRと同じフレーム設計をもつ、エントリーモデル。値段は150,000円と比較的購入しやすいので、初心者でも購入しやすいです。
アルミフレームでありながら軽量化を実現し、これから、レースに参加しようとしている方に、おすすめのロードバイクです。

重さ

8.9kg

フレーム

アルミフレーム

ブレーキ

リムブレーキ

タイヤサイズ

700x25C

ギア

22Speed

値段

150,000円(税抜)

ジャイアントおすすめロードバイク⑨:TCR SLR2

ジャイアントTCR SLR2は、極薄SLRアルミチューブのお陰で高い振動吸収性を発揮します。カーボンフォークなどを採用しているため、軽量化も実現し、アルミの剛性と快適性の両方を味わえます。上級者でも満足できるロードバイクです。

重さ

8.0kg

フレーム

アルミフレーム

ブレーキ

リムブレーキ

タイヤサイズ

700x25C

ギア

22Speed

値段

185,000円(税抜)

ジャイアントおすすめロードバイク⑩:TCR ADVANCED 1SE

ジャイアントTCR ADVANCED1 SEは、高い剛性をもち、さらに軽量化の両立を図ったカーボンフレームを採用しています。
パワーメーターを標準装備しているため、ライダーのパフォーマンスを分析できます。28万円と決して安い金額ではありませんが、本格的にトレーニングしたいならおすすめです。

重さ

8.0kg

フレーム

カーボンフレーム

ブレーキ

リムブレーキ

タイヤサイズ

700x25C

ギア

22Speed

値段

280,000円(税抜)

ジャイアントおすすめロードバイク⑪:TCR ADVANCED 1 KOM

ジャイアントTCR AVDANCED 1 KOMは、11-34Tギアというワイドキアを採用しているため、上り坂にとても強いです。どんな急な坂でもグイグイ登れます。さらに7.8kgという超軽量でありながら、上級モデル同様の剛性も兼ね備えています。

重さ

7.8kg

フレーム

カーボンフレーム

ブレーキ

リムブレーキ

タイヤサイズ

700x25C

ギア

22Speed

値段

255,000円(税抜)

ジャイアントおすすめロードバイク⑫:TCR ADVANCED SL 1

ジャイアントTCR ADVANCED SL1は、TCRの上位モデルで、世界最高峰のロードレースでも使われるレースバイクです。
すべてがハイスペックで、最高レベルの操作性と快適さをもっています。フルカーボンホイールと新型のパワーメーター等で妥協を許さない、本格的なロードバイクです。

重さ

6.9kg

フレーム

カーボンフレーム

ブレーキ

リムブレーキ

タイヤサイズ

700x25C(カーボンホイール)

ギア

22Speed

値段

630,000円(税抜)

ジャイアントのロードバイクで快適な走りを楽しもう!

ジャイアントのロードバイクは、低価格でありながら高品質なエントリーモデルや、世界最高峰のレースでも使われる本格的なモデルまで、ライナップが幅広いです。
ロードバイクをこれからはじめたい方は、10万円以下と安い値段で購入できるコンテンドがおすすめです。ジャイアントのロードバイクは、中〜上級者はレベルや予算に応じて、車種を選べるのがよいでしょう。
どのロードバイクを購入しても、走行性や快適性に満足できるでしょう。上級モデルも、型落ちのセール品や程度のよい中古品を選べば、かなり安い金額で手に入れられます。
ブレーキやホイールなどのカスタマイズの可能なので、お好みの組み合わせにすることができます。ロードバイクに興味のある方は、ぜひ確認してみてください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


100均 ブランド 東京 車中泊 アクセサリー 日帰り 関東 火起こし