「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

ストウブの焦げつきの取り方は?長持ちする普段のお手入れの仕方も!

ストウブの焦げつきの取り方は?長持ちする普段のお手入れの仕方も!

ストウブの焦げつきの取り方を解説します。この記事では、ストウブの内部や鍋底が焦げてしまった時の解決方法についてまとめました。焦げ落としのコツや、具体的なお手入れ方法を紹介します。ストウブ鍋を焦がしてしまった時などに、ぜひ参考にしてください。


ストウブの焦げの取り方やお手入れ方法を紹介!

ストウブは、鍋底がニダベイユというハチの巣のような模様になっています。ご飯を炊いたり、グリル調理の時焦げつかないような役割をします。しかしストウブを使っているうちに、焦げが発生することも。ストウブを長持ちさせるためのお手入れ方法を紹介します。

ストウブの焦げつきの取り方

ストウブは、蒸し野菜を調理したりカレーを煮込む時に活躍します。しかし使用回数が増えると、どうしても焦げが発生します。使う度にお手入れしても、なかなかきれいならないと悩む人も多いでしょう。ストウブの内側、外側、鍋底の焦げを取る方法をまとめました。

取り方①重曹で外側の焦げを取る場合

  • ストウブが入る鍋に重曹大さじ1~2と、ストウブが浸るくらいの水を入れます。
  • 約10分沸騰させて火を止めます。
  • 鍋が冷めたら、中性洗剤と柔らかなスポンジで洗います。

ストウブのお手入れをしっかりすれば長持ちします。しかし使った後のお手入れを怠ると汚れが目立ちます。そんな時重曹を使えば簡単に、鍋を傷めることなく落とせます。また重曹だけでなく、セスキやお酢でも代用可能です。

取り方②重曹で内側の焦げを取る場合

  • ストウブに水と重曹を入れます。
  • 弱火にかけて、ゆっくり沸騰させます。
  • 重曹がしゅわしゅわして、その後おさまってきたら火を止めます。
  • しばらく放置して、温度が下がったら水で洗います。

沸騰した水を冷まさず水洗いすると鍋を傷つける場合があるので注意が必要です。ストウブに焦げがまだ残っていたらもう一度重曹と水を入れて取りましょう。作業の後、重曹水が周りに飛び散るのできれいに拭き取ります。

取り方③お酢で焦げを取る場合

  • 鍋にお水1:お酢2の割合で入れます。
  • 弱火にかけて、10分ほどグツグツ煮立たせます。
  • 火を止めて1時間ほど放置すると焦げつき部分がはがれてきます。
  • 中性洗剤を使って水洗いしながら木べらなどでやさしく焦げを落とします。

お酢は、どこの家庭にも常備された調味料なので安心ですが、焦げや汚れ落としに時間がかかります。2分ほど沸騰させて、その後弱火にすることが大切です。汚れが落ちていない場合は、お酢と水を入れて再加熱しましょう。

取り方④セスキで焦げを取る場合

  • ストウブに1cmほどの水をはり、セスキを大さじ1を入れて5分煮立たせます。
  • 火を止めてしっかり冷めるまでしばらく放置します。
  • 木べらなどでそっとこそげとります。
  • 白いセスキ成分がとれるまでぬるま湯で洗い流します。

ストウブについた焦げは、セスキ炭酸ソーダでも落とせます。セスキは重曹と炭酸ナトリウムで作られるていて環境にもやさしい素材です。

ストウブのお手入れ方法

ストウブを長く使えるようにするためには、使用後きちんと洗ってお手入れをすることが大切です。ストウブは、無水鍋と違って、洗い方に注意します。使う前にシーズニングをする必要があります。

お手入れ方法①柔らかいスポンジを使う

ストウブを使った後は、やさしくお手入れをしましょう。ストウブをお手入れするときは、たわしなどを使わず柔らかなスポンジを使います。また洗う時、強くこするのは厳禁です。
無水鍋は、台所洗剤だけでは汚れや焦げを落としにくいのでクレンザーを使います。ストウブは、重曹と水を混ぜ弱火で加熱して柔らかなスポンジでそっと洗います。

お手入れ方法②シーズニングする

  • ストウブを台所洗剤で洗い、水気をしっかり拭き取ります。
  • キッチンペーパーに食用油を含ませてストウブの内側に塗ります。
  • 弱火で数分加熱、塗布した油を鍋肌になじませます。
  • 火を止めてしばらくしたら余分な油をふき取ります。

ストウブは、日ごろのお手入れを怠ると調理の際食材が焦げつけやすくなります。また焦げた部分が白く錆ます。錆を防ぐためには、シーズニングは欠かせません

ストウブの焦げの取り方やお手入れ方法を知っておこう!

ストウブの焦げの取り方とお手入れ方法を紹介しました。ご飯を炊いたり、グリル料理などで活躍するストウブ。しかしお手入れを怠ると焦げることがあります。ストウブの焦げに注意していろいろな料理を楽しみましょう。

メスティンのバリ取りとシーズニング方法!最初のお手入れが大切

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/tableware/%e3%83%a1%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%81%ae%e3%83%90%e3%83%aa%e5%8f%96%e3%82%8a%e3%81%a8%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0%e6%96%b9%e6%b3%95%ef%bc%81%e6%9c%80%e5%88%9d/

メスティンのバリ取りやシーズニングの方法を徹底解説します。メスティンのバリ取りに必要な物とその方法、シーズニングがなぜ必要なのか、シーズニングの方法をわかりやすく解説します。ぜひ参考にしてメスティンを使いこなしましょう。

スノーピークのチタンマグに焼き入れ!綺麗なチタンブルーの作り方は?

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/tableware/%e3%82%b9%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%af%e3%81%ae%e3%83%81%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%9e%e3%82%b0%e3%81%ab%e7%84%bc%e3%81%8d%e5%85%a5%e3%82%8c%ef%bc%81%e7%b6%ba%e9%ba%97%e3%81%aa%e3%83%81/

スノーピークのチタンマグに、焼き入れをする方法を紹介します。チタンマグに熱を加える「焼き入れ」をして、綺麗なチタンブルーに変化させるための手順や必要な道具などを詳しく解説していきます。焼き入れに関するQ&Aもまとめたので、参考にしてみてください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 火起こし 東京 車中泊 キャンプ料理 レシピ アクセサリー