「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

富津公園キャンプ場は予約不要のキャンプ場!口コミや料金は?

富津公園キャンプ場は予約不要のキャンプ場!口コミや料金は?

富津公園キャンプ場について詳しく紹介!富津公園キャンプ場へのアクセス方法、施設情報や利用料金の基本情報をはじめ、どのような遊びができるのか?口コミも交えて解説します。他とは違う富津公園キャンプ場の、気になる特徴もまとめました。


富津公園キャンプ場について知りたい!

千葉県の南房総、富津市にある富津公園キャンプ場!富津市の観光協会の公式サイトでも紹介されるほど、地域の人々に愛されるキャンプ場です。
千葉県内の人はもちろん、県外からも多くの人が訪れる人気のアウトドアスポットが、富津公園キャンプ場です。
なぜ人気なのか?ソロキャンプにもむいているのか?アクセス方法や基本情報から富津公園キャンプ場ならではの情報まで、口コミを交えて紹介します。

富津公園キャンプ場の基本情報

施設情報・利用料金

所在地

千葉県富津市富津2280

電話番号

0439-87-2565

最寄り駅

JR内房線青堀駅

駐車場

普通車480台 大型車23台

営業期間

4月~9月

営業時間

チェックイン15:00~/チェックアウト翌朝10:00

入場料

1名1泊(4歳以上)500円

常設テント

(5人用)1泊1張3000円、(15人用)1泊1張8000円

持込みテント

(5人用まで)1泊1張500円、(10人用まで)1泊1張1000円

持込みタープ

1泊1張500円

公式サイト

「富津公園キャンプ場」公式サイト
富津公園キャンプ場は、比較的コスパの良いキャンプ場です。テントは利用する人数に合わせたサイズのものが用意されていますが、持ち込みも可能です。持ち込みの方が安く済むので、テントを持っている方は持ち込みがおすすめです。
口コミでも評価が高い富津公園キャンプ場は、ソロキャンパーからファミリーキャンパーまで数多くの人が利用しています。

アクセス方法

富津公園キャンプ場までは国道16号線を通り、その後県道255号線を走っていきましょう。県道255号線を真っすぐ走ればキャンプ場に到着しますが、駐車場は別箇所になるので注意が必要です。
駐車場へは左折をしてから入りますが、大きな目印はありません。小さい看板が出ているので、見逃すことなく車を停車させてください。

富津公園キャンプ場の特徴

予約不要・リーズナブルに利用できる

富津公園キャンプ場は、基本的に予約はいりません。4月~9月のキャンプシーズンであれば、キャンプの準備だけして好きなタイミングで利用することが可能です。
料金も大人2人子供2人の家族なら、1泊1万円以内でキャンプを楽しめるので、リーズナブルなほうです。
30代/男性
30代/男性

夏の思い出に…

評価:

2泊3日で行きましたが、コスパが最高!

駐車場とは別に荷下ろし場がある

駐車場は隣接する富津公園と共有ですが、普通車480台、大型車23台とかなり広い造りです。しかし、どれだけ広くてもキャンプをするためには、テントを含めた大量の荷物を運ばなければなりません。
富津公園キャンプ場には、キャンプ場に横付けして荷物を降ろせる専用エリアがあるので、その心配もありません。荷捌き場にはリアカーもあり、自由に使えるようになっているので、準備も楽にできます。
30代/女性
30代/女性

準備が楽に

評価:

荷物を下ろす場所があるので、小さい子供がいる方は楽です。リアカーに乗る程度の荷物の量だったので、一回で済みました。

食材の販売はなし

キャンプと言えば薪木や炭火を使い、バーベキューやカレーライスをみんなで一緒に作るのも楽しみです。
富津公園キャンプ場では食材の販売はなく、近くに手頃なスーパーなどもありません。前日か道中に買い物をして、食材を調達することをおすすめします。
5名以上であれば、食材を取り扱う業者を紹介してくれるサービスもあります。大人数の際には、利用することができます。

電源なしのフリーサイト

富津公園キャンプ場は、全面フリーサイトとなっているので、自由にテントを張ることができます。その日の気分で場所を変えられると、口コミでも評判がいいようです。
収容人数1000人となっていますが、比較的コンパクトなキャンプ場ですが、充分にテントを張って楽しめる広さとなっています。電源がないので、スマホなどのバッテリー切れには注意した方がいいです。
30代/男性
30代/男性

自由度が高い

評価:

自分好みの場所にテントを建てられる!大変満足です。ソロキャンプでしたが、周りの目を気にすることなく過ごすことができました。

レンタルの常設テントもある

富津公園キャンプ場には、常設テントも用意されていて貸し出してくれるので、テントをもっていなくても気軽にキャンプを楽しめることができます。
料金も1泊1張3000円~と、比較的リーズナブルになっているので、キャンプ初心者の人でも始めやすいです。

古いながらも設備は充実

富津公園キャンプ場は施設自体は古いですが、場内にはトイレ、温水シャワー、冷水シャワー、シェルターなどが完備されていて、女性や家族連れでも安心して利用することができます。
シェルターだけは有料で予約制になってますが、突然の雨が降った時には料理や食事で濡れることを考えると助かります。利用の際には早めの予約をおすすめします。

釣りやプールなどのアクティビティも楽しめる

富津公園キャンプ場は富津岬に作られたキャンプ場なので、釣り道具さえ準備していけば、すぐに魚釣りを楽しむことができます。近くでは地元の釣り師もいるので、ちゃんとしたポイントでもあること間違いなしです。
また、富津公園と隣接するように「ジャンボプール」という施設があり、富津近郊の人々からは長年愛されているプールとなっています。富津公園にはその他にも、テニスコート、海水浴場、潮干狩り、クロスカントリーとアクティビティが豊富で、遊び方も無限に広がります。
男性
男性

釣りメインで行くキャンプ

評価:

釣りをメインにしたときに、一番使い勝手の良いキャンプ場です。富津公園キャンプ場では、アジが釣れるので持ち帰ってさばきました。ソロでキャンプをして釣りをしている方も多かったので、ソロキャンパーにもおすすめの場所!

大型連休以外は比較的空いている

富津公園キャンプ場の営業期間は4月~9月で、ゴールデンウイークやお盆休みなどの大型連休も含まれていますが、その大型連休さえ避けて行けば比較的空いているので、土日の連休などに利用すると、ゆったりと楽しめます。

30代/男性
30代/男性

土日でキャンプ

評価:

土日でも余裕があるほど広い!フリーサイトなのも相まって、隣同士の感覚は広かった。

富津公園キャンプ場はソロでもファミリーでも楽しめる!

富津公園キャンプ場について紹介してきましたが、アクアラインを使えば都内からもアクセス抜群で、人気のキャンプ場となっています。
都会の雑踏を離れて、富津岬の波の音を聞きながら、自然に囲まれた時間を過ごせば、日頃の疲れも忘れた楽しいキャンプができそうです。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。