「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

キャンプにはキッチンペーパーケースがおすすめ!おしゃれなアイテム紹介

キャンプにはキッチンペーパーケースがおすすめ!おしゃれなアイテム紹介

キャンプに最適なキッチンペーパーケースについてまとめました。キャンプでも使える、おしゃれで便利なキッチンペーパーケースを、100均の材料で手作りDIYする方法も記載しています。おすすめ商品も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。


キャンプで使うおすすめキッチンペーパーケースを紹介!

アウトドアやキャンプでは、キッチンペーパーは欠かせないアイテムの一つですがどこか日常感が出たり、置き場所に困ったりしてしまいます。そこで、おしゃれで便利な使いやすいキッチンペーパーケースを紹介します。100均の材料で手作りする方法もあるので、チェックしてみてください。

キャンプで使うおすすめのキッチンペーパーケース

Oregonian Camper キッチンペーパーホルダー スーパー

キッチンペーパーホルダー スーパー

¥3300

アメリカンサイズの大型キッチンペーパーでも収納できる、キッチンペーパーホルダーです。少なくなってもペーパーを引き出せる独自の構造でに加え、縦横両方向でお使いいただけます。アウトドアだけではなく、普段使いもできる便利なアイテムです。 

サイズ 直径×幅 18cm × 32cm
素材100%600D POLYESTER(ポリエステル)
男性
男性

キャンプに最適

評価:

家族で使うことが多いので、大きいサイズのキッチンペーパーが入るのはとてもありがたい。またキャンプにもっていきます。

UNIFLAME キッチンペーパーホルダー

キッチンペーパーホルダー

¥2000

スタンドに取り付けられる、キッチンペーパーホルダーです。場所を選ばず、アウトドア料理をサポートしてくれます。コンパクトに畳めるので、なるべく荷物を小さくしたいキャンプにピッタリのアイテムです。

サイズ約270mm×125mm×110(高さ)mm
素材帆布(内側ポリエステル)
重量約230g
30代/女性
30代/女性

キッチンのように使える

評価:

取り付けておけるので、アウトドアでも自宅のキッチンのように置ける!一個あると便利かも。

LOGROCM キッチンペーパーホルダー

キッチンペーパーホルダー

¥1980

丸太モチーフのユニークでかわいいキッチンペーパーホルダーです。 ラビナ型のフックとひも付きで、吊り下げても置いても使える便利な2WAYです。

サイズ直径13×高さ27cm
対応サイズ直径11×高さ23cmのキッチンペーパー
素材ポリエステル
30代/女性
30代/女性

可愛い!

評価:

BBQの時にキッチンペーパーを入れるホルダーを探していて、木の形がかわいくて購入。これからもいっぱい使います! 

キャンプでのキッチンペーパーケースの作り方

用意するもの

  • 100均のランチョンマット3枚
  • 紐(スエード素材などがおしゃれ)
  • カバンテープ
  • Dカン(18mm)×4個
  • 裁縫セット
  • 「?」型の2.4×20mmのフック2個

 既製品で理想のキッチンペーパーケースに出会えなかったら、手作りしてみましょう!セリアやダイソーなど、簡単に手に入る100均の材料で、キャンプに最適なキッチンペーパーケースの作り方を解説します。  

作り方手順

  • 本体となるマットにポケット用のマットを重ね、段差をつけてポケットの布を折る
  • 入れたいものをマットの上に並べて大きさを確認する
  • 畳んだ布を一度開き、ポケットの底になるところで本体と縫いつける
  • ポケットの布をふたたび折り、入れるものの幅に合わせて縫う(巻いたときに留める紐を取りつけるので、右の端はまだ縫わずにく)
  • 紐が抜けないよう玉止めを作り、巻き紐を取り付ける
  • カバンテープで、吊るした時にツールを押さえるためのベルトを作る
  • テープの折り返し部分を内側に回し、左右両端と真ん中を本体に縫いつける
  • 本体にカバー用のマットを重ね、しっかりと縫いつける
  • 2本のカバンテープを約23cmの長さにカット、本体吊り下げ用とキッチンペーパー取りつけする用のベルトを作成
  • カットしたカバンテープにDカン2個を通し輪を作り、仕上がりのテープの長さが約10cmになるよう調整する。
  • 本体とかぶせ布の縫い目から約13cmほど上に、吊り金具のパーツを2個縫いつける
  • Dカンに、キッチンペーパー用の丸棒とフックを取り付けて完成

工程はやや複雑に感じますが、パーツを組み合わせるだけなので意外にも簡単に作ることができます。ぜひ、キャンプの前にDIYをしてみましょう。

キャンプでおしゃれなキッチンペーパーケースを使おう!

身近にあるキッチンペーパーは濡れた食器などを拭いたり、食品を包んだりとキャンプでも大活躍のアイテムです。紹介したタイプの他にも、箱タイプのものやマグネットで取り付けられるタイプのものもあります。
また、100均の材料で手作りしたオリジナルのキッチンペーパーケースを使うことで、もっとキャンプを楽しめます。お気に入りの一品を見つけて、キャンプでの調理をより快適にしましょう。 

100均の包丁ケースがおすすめ!安全に持ち運びできてキャンプにも便利

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/tableware/100%e5%9d%87%e3%81%ae%e5%8c%85%e4%b8%81%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%81%8c%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%ef%bc%81%e5%ae%89%e5%85%a8%e3%81%ab%e6%8c%81%e3%81%a1%e9%81%8b%e3%81%b3%e3%81%a7/

100均で買えるおすすめの包丁ケースについて徹底調査しました。100均の包丁ケースの魅力についても詳しく解説!キャンプをする際に、おすすめの100均の包丁ケース紹介しているので、購入を検討している方は参考にしてください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に3,500tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

キャンプ飯でスパイス配合といえば、定番は「カレー」ですがメキシカン料理「チリコンカン」もスパイス配合を楽しめるレシピです。今回はマルチグリドルを使って、簡単で美味しく作れるチリコンカンレシピを紹介します。ぜひ皆さんも自分好みに仕上げてみてくださいね!


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 火起こし 自作・DIY 東京 車中泊 アクセサリー