「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

雪山でテント泊するときのポイント!持っておきたいおすすめアイテムも

雪山でテント泊するときのポイント!持っておきたいおすすめアイテムも

雪山でテント泊するときのポイントを紹介!おすすめの場所だけでなく、ザックやマットなど雪山に合った装備も掘り下げています。雪山のテント泊で楽しめる食事や景色など、様々な魅力についても触れているので、ぜひ参考にしてみてください。


雪山のテント泊のポイントとおすすめアイテムを紹介!

雪山のテント泊は、ポイントとおすすめアイテムさえ押さえれば安心です。そのため、テント泊を行う際のポイントと、おすすめアイテムを掘り下げていきましょう。装備を完璧に揃えて、雪山を今までよりも楽しんでください。
もちろん、雪山のテント泊は行う場所も重要です。場所を選んでテント泊を行えば、より雪山の登山が楽しくなること間違いなし。

雪山でのテント泊の魅力

まずは、雪山でテント泊を行う魅力について掘り下げていきましょう。雪山でのテント泊は装備を揃えたり、場所を探す必要があります。その反面、楽しみ方を知っていれば、何度行っても楽しめるのがポイントです。食事にも魅力があるので、参考にしてみてください。

魅力①自由にテント泊ができる

キャンプ場は、事前にテントを立てられる場所が決まっています。しかし、雪山なら場所の指定がなく、自由にテント泊が可能です。
自分が快適に過ごせる場所を探してみてください。雪山では、好きな場所でテント泊が行えるだけではありません。どの時間に活動していても周囲に迷惑をかけないので、時間を気にせず過ごせます。

魅力②絶景が楽しめる

雪山はいつ訪れても、絶景を楽しめるというメリットがあります。空から雪が降っていれば、より景色を楽しめるはずです。絶景を楽しむためには、雪山から周りを見渡せる場所でテント泊を行いましょう。

魅力③食事が美味しく感じる

雪山のテント泊では、食事が不思議と美味しく感じるという魅力があります。普段と同じ食事でも、何故か美味しく感じてしまうでしょう。雪山は寒い場所なので、温かい食事を持っていくのがおすすめです。例えば、カップラーメンやスープなどを持っていきましょう。
食事にこだわりたい場合は、簡単な鍋を作るのもおすすめです。1人用の鍋の素を使えば、簡単に温かい食事が完成します。

雪山でテント泊をする際のポイント

テント泊を楽しめる雪山ですが、行う際にはあるポイントを押さえておいてください。ここからは、雪山でテント泊をするときのポイントを掘り下げていきます。天気が良い場合でも、雪山は危険が多いです。そのため、必ず注意点を守るようにしてください。

ポイント①水は雪から作る

雪山に登る際、大容量のザックを使います。ザックの中にはいろいろなアイテムを入れられますが、荷物になる水は持っていけません。そのため、雪山のテント泊で水を確保する際は、雪を使いましょう。
ただし、雪をそのまま口にすることは避けてください。雪から水を作るときは10分間煮沸します。煮沸を行うことで、体の冷えを防げます。

ポイント②最初は経験者と一緒に行く

雪山でテント泊をする際、友人や家族と行きたいと考える人も多いでしょう。しかし、最初は必ず、経験者と一緒に行くようにしてください。経験者が一緒なら、万が一トラブルが起きたとき、対処法を教えてもらえます。

ポイント③慣れるまでは厳冬期は避ける

厳冬期は寒さが厳しいだけでなく、初心者は思うように楽しめないことが多いです。そのため、慣れるまでは厳冬期を避けるようにしましょう。初めは初心者でもテント泊を行いやすい環境を選び、危険を最小限に抑えてください。

ポイント④行動時間は余裕を持って計画する

雪山でテント泊を行う際は、行動時間に余裕を持って計画してください。雪山は足を取られてしまい、考えているよりも時間がかかることがあります。
そのため、気づいた時には、すでに夜になってしまうということも少なくありません。必ず、時間は余裕を持って確保しておきましょう。もちろん、下山するときも時間に余裕を持つことが大切です。

ポイント⑤ソロで行かない

雪山でのテント泊は、多くの人が考えているよりも危険です。そのため、必ずソロでは行かないようにしてください。ソロで行くと、迷ったときや自分が動けなくなったとき、助けてもらえない可能性があります。
家族に場所を知らせたり、スマホを持っているからといって、安心しないようにしましょう。可能であれば、より大人数で行くのがおすすめです。

ポイント⑥天気予報を細かくチェックする

登山では、突然気候や気温が変化することがあります。雪山も同じで、天気予報を細かくチェックしておくようにしましょう。特に、雪山は気候が少し荒れるだけで、テント泊にかなりの影響を及ぼします。
天気予報だけでなく、風量や台風が来ていないかなども確認してください。徹底的に天気予報をチェックしていても、外れてしまうこともあるでしょう。もしも、悪天候に見舞われてしまった場合は、早めに下山できるように行動することが大切です。

ポイント⑦装備の確認をしっかり行う

登山やキャンプなら、装備を忘れてしまっても何とかなることが多いです。しかし、雪山のテント泊では、必ず装備を忘れないようすることが大切です。1つでも大切な装備を忘れてしまうと、後からトラブルの原因になる場合があります。
また、装備が問題なく使えるかもチェックしておきましょう。雪山に登ってからトラブルが起きてしまっては、対処のしようがありません。装備の確認は、2回以上行っておくと安心です。

ポイント⑧体力をつける

登山では急斜面を登らなければいけないことも多く、体力がないと最後まで登れません。特に、雪山は通常の登山よりも、さらに体力を使います。そのため、雪山でのテント泊を行いたいなら、体力をつけましょう。
普段の生活で階段を使ったり、定期的にランニングを行うのがおすすめです。他にも下半身の筋トレを行えば、雪山でも足を取られることなく、しっかりと靴で雪を踏み込みながら歩けます。

ポイント⑨日射病対策を行う

雪山は寒い場所なので、日に対する対策を怠ってしまう人がいます。しかし、雪山では太陽の光が斜面に反射し、日射病になってしまうことも少なくありません。日射病は体の水分が足りなくなり、心臓へうまく血液が送られなくなります。
日射病対策では、水分を欠かさないことが大切。定期的に水分を取りながら、激しい運動はできるだけ避けるようにしてください。万が一日射病で倒れてしまった場合は、安全なところに寝かせましょう。安静にしておけば、徐々に体力が回復してきます。

雪山でのテント泊のテントの選び方とおすすめ商品

雪山でテント泊を行う際は、正しいテントを選ぶ必要があります。ここからは、雪山のテント泊に合ったテントの選び方を紹介しましょう。間違った種類のテントを購入すると、トラブルの元になります。そのため、雪山でテント泊を行う前に、必ずチェックしてください。

選び方①ダブルウォールのテントを選ぶ

テントを選ぶ際は、ダブルウォールのテントを選ぶようにしましょう。ダブルウォールとは、2重構造になったテントです。結露に強くて、前室のスペースを作ることもできます。ダブルウォールのテントは、普段のキャンプでも使いやすくておすすめです。

選び方②冬用ではなく雪用テントを選ぶ

テント購入時、冬用のテントを間違えて購入しまう人が多いです。しかし、雪山のテント泊では、必ず雪用のテントを選んでください。雪用テントは水や風に強く、寒い時期でも快適に過ごせます。雪用テントなら、途中で雪が降ってきても安心です。

雪山のテント泊におすすめのテント

アルパインテント

¥45815

PUROMONTEのアルパインテントは、2人用のテントです。軽量でコンパクトなので、険しい雪山でも持ち運びやすい特徴があります。もちろん、雪山で利用できる強度があっておすすめです。必要なものがセットになっているため、すぐにテント泊を始められます。

サイズ間口225×奥行120×高さ100cm
重量1,385g
30代/男性
30代/男性

友人と利用しています

評価:

友人と、雪山に行くために購入しました。ザックに入るサイズで、重量もそれほどありません。2人で使えていますが、今度からはそれぞれのザックに1つずつ入れて行こうかと考えています。

雪山のテント泊でのテントの張り方のポイント

雪山でテントを行うために最適なテントを購入できたら、次は張り方を確認しましょう。通常のテント泊よりも、気を付ける場所が多いです。ここからは、テントの張り方のポイントを掘り下げていくので、ぜひ参考にしてみてください。

ポイント①テントの設営場所の決め方

まずは、テント泊を行う設営場所を決めましょう。場所選びでは、なるべく平らな場所を選ぶようにしてください。必ずしも平らである必要はありませんが、場所選びを徹底しておくことで、ほかの作業が楽になります。設営場所が決まったら、次のステップに進みましょう。

ポイント②張る前に整地作業をする

テントを張る前に、整地作業を行ってください。雪が積もってから誰も通っていない場所だと、後から凹凸が気になってしまうからです。テントを立てる予定の場所で足踏みをして、しっかりと地面を平らにしておきましょう。整地作業は足だけで行えます。

ポイント③スタッフサックなどを放置しない

設営を行っている場合、スタッフサックを使っていることも多いでしょう。スタッフサックとは、テントやシュラフ、衣服などを入れておく小分けの袋です。テントもスタッフサックに入れておくのですが、放置していると風で飛んでしまう可能性があります。
また、雪が降っていると埋もれることもあるでしょう。そのため、スタッフサックなどの小さいアイテムは、必ず放置しないようにしてください。テントを取り出したら、すぐにザックに収納しましょう。

ポイント④入口を少しだけ開けて設営する

テントを設営する際は、入り口を少しだけ開けておくようにしましょう。これは、締め切ったときの酸欠を防ぐためです。ただし、入り口を完全に開けてしまうと、寒さに耐えられなくなります。雪が付着しないよう、内側に向けて折りたたんでおくとよいでしょう。

ポイント⑤ペグはスノーアンカーを使う

てんとは購入時、ペグがセットになっていることも多いです。しかし、雪山では付属のペグではなく、専用のスノーアンカーを利用してください。これは、通常のペグならしっかりと打ち込んでも、抜けてしまう可能性があるからです。
スノーアンカーは面が広く、しっかりと雪をとらえてくれます。また、事前に打ち込む場所に溝を作っておくことで、より固定しやすくなっておすすめです。

ポイント⑥雪ブロックを作る

より快適にテント泊を行いたいのなら、雪ブロックを作ると良いでしょう。雪を四角くブロックにしておくことで、積み重ねやすくなります。これは、雪を掘るときにブロックになるように切るのがポイントです。雪ブロックを作っておけば、風を遮ることができます。

ポイント⑦テントの入口に溝を作っておく

テントを設営し、雪ブロックを積み上げたら、テントの入り口に溝を作りましょう。初めにテントの周りに溝を掘っておくことで、雪が溝に落ちていきます。溝を掘る理由は、下部のベンチレーターが埋もれるのを防ぐからです。
ベンチレーターがふさがってしまうと、せっかく入り口を開けていても空気循環が行われません。酸欠になる可能性が高いため、必ず行う必要があるポイントと言えます。

雪山のテント泊で持っておきたいおすすめアイテムを紹介

雪山のテント泊を行う際は、テント以外にもこだわるのがおすすめです。ここからは、雪山のテント泊でも持っておきたい、おすすめアイテムを紹介します。それぞれのアイテムの説明も行っているので、ぜひ参考にしてみてください。

持っておきたいアイテム①外張り

カミナドーム2スノーフライ

¥40480

カミナドーム2スノーフライは外張りの1つで、保温性と防風性を高めてくれます。過酷な雪山にも対応しているので、テント泊を行う際に最適です。ただし、防水性はないため、大雪が降る場所では使えません。状況に応じて、使うようにしてください。

収納サイズ9×19×26cm
重量850g
50代/男性
50代/男性

暖かくておすすめ

評価:

カミナドーム2スノーフライを購入したことで、雪山でのテント泊が快適になりました。もちろん、暖房器具は手放せません。けれど、カミナドーム2スノーフライを取り入れたことで、より暖かく過ごせるようになりました。

外張りは裾まで雪で覆い、完全に密閉します。こうすることで、外からの冷えを防ぐことが可能です。透湿性があるものが多いのですが、定期的に換気が必要となります。換気を行うことで、テント内の空気を循環させることが可能です。少量なら、雨や雪を防ぐこともできます。

持っておきたいアイテム②ザック

マウント シャスタ 55L+10

¥34595

こちらのザックは2気室構造になっており、フロントジッパーポケットがついています。また、ショルダーは人間工学に基づいて作られており、体へのフィット感を感じられるでしょう。数日分の荷物をパッキングできるザックなので、荷物が多い雪山に最適です。

サイズW32_H72_D20cm
重量2,380g
30代/男性
30代/男性

数日分の食事も入る

評価:

大容量のザックなので、持っている装備をすべて収納できます。細かい装備も収納できるように、ポケットがあって便利です。食事にもこだわりたいので、こちらのザックを購入してよかったと思います。

ザックは、雪山に適したバックパックです。大容量なので、装備を多く収納することができます。また、雪山では食事を事前に用意しておかなければいけません。ザックなら、余分な食事を持っていくことも可能です。

持っておきたいアイテム③寝袋・シュラフ

ダウンハガー650

¥44365

ダウンハガー650は、雪山でも暖かく過ごせるシュラフです。値段は少し高くなりますが、ダウン素材なので、軽くてコンパクトに持ち運べます。そのため、ザックに対して問題なく収納できるでしょう。カラーバリエーション豊富なので、自分好みに色を選んでください。

適応身長183cmまで
重量575g
適応温度-11度
20代/女性
20代/女性

食事の時も使える

評価:

ほかの装備もザックに入れているので、コンパクトな寝袋を探していました。この寝袋なら軽いので、とても持ち運びやすかったです。サイドは開けるようになっているので、寝袋で暖まりながら食事をしていました。

雪山のテント泊で暖かく過ごしたいのなら、冬用の寝袋やシュラフを利用しましょう。雪山でも使えるくらいの保温性があるため、寝ているときに寒さで目覚めることがありません。カイロなどの防寒アイテムを併用することで、より保温性が高まっておすすめです。
また、大判サイズの寝袋なら、ジッパーを広げてマットやブランケットとしても利用できます。ぜひ汎用性のある寝袋を購入してみてください。

持っておきたいアイテム④マット類

U.L. コンフォートシステム アルパインパッド25

¥17640

モンベルのマットは、優れたクッション性で快適な寝心地が得られます。軽量化されているのに、保温性がとても高いです。
空気を注入するタイプのマットなので、地面からの冷えを遠ざけてくれます。空気圧の調節ができるので、好みの厚さになるまで空気を入れてください。

サイズ長さ180×幅50×厚さ2.5cm
重量664g
40代/男性
40代/男性

椅子としても利用できる

評価:

クッション性が高いので、食事のときは椅子として利用しています。雪山は地面がとても冷えるので、マットが欠かせません。このマットなら厚さがあるため、雪山でも快適に過ごせました。

冬のキャンプや雪山でのテント泊では、地面からの底冷えが気になることが多いです。そんな時は、厚みのあるマットを利用しましょう。
特に、空気を入れて膨らますタイプのマットなら、地面からの距離が遠くなります。寝ているときに、背中が冷えることがなくなるでしょう。

雪山のテント泊に関するQ&A

テント泊を行う際、暖房器具を持って行っても大丈夫ですか?

テント内は寒くなっているため、暖房器具を持っていくのがおすすめです。ただし、一酸化炭素中毒になる可能性が高まるので、換気は必ず行ってください。

おすすめの防寒アイテムは何ですか?

おすすめの防寒アイテムは、一酸化炭素が発生しないカイロです。服装にも気を使っておくことで、暖房器具がなくても暖かく過ごせます。万が一気温が下がったときのために、インナーやカイロは余分に持っていきましょう。

雪山でのトイレはどうしますか?

雪山でトイレに行きたくなったときは、近くにある山小屋を利用しましょう。しかし、雪が積もると山小屋が営業していないこともあります。そんな時は、雪の上で行うのがベストです。ただし、周りの人から見えない場所を探すようにしましょう。

万が一遭難したときはどうすれば良いですか?

万が一、テント泊中に遭難してしまった場合は、スマホを使って近くの救助隊に連絡をしましょう。また、事前に登録しておくと、捜索してくれるシステムもおすすめです。

雪から作る水は汚くありませんか?

どうしても雪の汚れが気になる場合は、煮沸だけでなくろ過も行いましょう。煮沸してから、ろ過を行います。簡単にろ過できるストロー上のアイテムがあるので、荷物を軽量化したい人でも安心して使えて便利です。

雪山のテント泊は安全を確保して楽しもう

雪山のテント泊は、食事が美味しく感じたり、絶景を眺められるという魅力があります。そのため、登山好きにはぜひ経験していただきたいアウトドアです。しかし、雪山のテント泊は危険が生じるため、十分に安全を確保しながら行う必要があります。
もちろん、雪山のテント泊に最適なアイテムや装備も持っていきましょう。事前に準備万端にしておけば、雪山のテント泊を楽しめること間違いなしです。テント泊で寒い思いをしないよう、防寒アイテムもいっしょに持って行くとよいでしょう。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。