「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

キャンプするなら青川峡キャンピングパーク!予約が取れない人気スポット

キャンプするなら青川峡キャンピングパーク!予約が取れない人気スポット

青川峡キャンピングパークの人気理由やキャンプサイト情報を徹底調査しました。青川峡キャンピングパークでキャンプをするメリットや注意点についても詳しく解説!青川峡キャンピングパークの周辺情報も紹介しているので、参考にしてください。


青川峡キャンピングパークでキャンプがしたい!

三重県にある青川峡キャンピングパークは、自然を堪能できる人気のキャンプ場です。予約が取れないこともあるほど人気の青川峡キャンピングパークは、設備も充実しています。青川峡キャンピングパークはバイクで利用できるサイトなど、様々なサイトも用意されています。
そんな人気の青川峡キャンピングパークの施設情報や、キャンプサイトの情報を紹介します。青川峡キャンピングパークの周辺施設の情報も紹介しているので、キャンプの利用を考えている方は参考にしてください。

青川峡キャンピングパークとは?

初心者から上級者まで楽しめる高規格キャンプ場

青川峡キャンピングパークは、場内の環境や施設がしっかりと手入れされている、高規格キャンプ場です。
青川峡キャンピングパーク内のトイレにはウォッシュレットがついており、お湯の出る炊事場もあります。青川峡キャンピングパークは、キャンパー目線でしっかりと整備されているので、初心者から上級者までキャンプを楽しめます。

施設情報

青川峡キャンピングパークは、通年営業しているので好きな時期にキャンプを楽しめます。しかし、メンテナンスのため休業している場合があるので、キャンプで利用する際は、注意が必要です。
青川峡キャンピングパークは、電話やインターネット上で簡単に予約可能です。高規格キャンプ場でキャンプを楽しみましょう!

住所

三重県いなべ市北勢町新町614

営業期間

通年営業

お問い合わせ

0594-72-8300

アクセス

桑名I.Cより車で約30分 大安I.Cより車で約10分

公式サイト

「青川峡キャンピングパーク」公式サイト

青川峡キャンピングパークのキャンプサイトは5種類

①オープンサイト(17区画)

バリューシーズン利用料

3,000円

レギュラーシーズン利用料

4,000円

ハイシーズン利用料

5,000円

青川峡キャンピングパークの中央にあるオープンサイト。隣のサイトとの垣根や仕切りがないため、フリーサイトのような広々としたスペースとなっています。一般的な区画サイトの2倍以上はあるオープンサイトは、解放感があります。
車の乗り入れはできませんが、近くに小型から大型まで駐車できる駐車場があるので、荷下ろしも問題なく行えます。追加料金(1,000円)で電源も利用可能です。

②水辺サイト(13区画)

バリューシーズン利用料

4,000円

レギュラーシーズン利用料

5,000円

ハイシーズン利用料

6,000円

青川峡キャンプ場内を流れる川の隣にある区画サイトのため、川のせせらぎを感じながらキャンプができます。このサイトは、垣根で区画が分けられています。流れが穏やかな小川もあり水遊びができます。子供もキャンプに飽きることなく楽しめます。

③プライベートサイト(12区画)

バリューシーズン利用料

4,000円

レギュラーシーズン利用料

5,000円

ハイシーズン利用料

6,000円

オープンサイトとは異なり、隣のサイトとの境目に垣根があります。車もプライベートサイト内に乗り入れることができます。プライベートサイトは、オープンサイトよりもスペースは狭いですが、テントとタープを張るには十分なスペースがあります。

④ライダーズサイト(5張り)

バリューシーズン利用料

500円

レギュラーシーズン利用料

1,000円

ハイシーズン利用料

1,000円

青川峡キャンピングパークのライダースサイトは、バイクや自転車で来場した方の専用サイトです。自転車やバイクの駐車場は決まっています。
電源がないサイトですが、テントが最大で6張りできます。バイクで来場できるだけでなく、価格も安いので、利用しやすいと人気があります。
バイクや自転車での利用を考えている方は、是非ライダースサイトを利用してみてはいかがでしょうか。楽しいバイク旅になること、間違いなしです。

⑤かもしかキャンピングフィールド(フリーサイト)

バリューシーズン利用料

1,000円

レギュラーシーズン利用料

1,000円

ハイシーズン利用料

1,500円

かもしかキャンピングフィールドと呼ばれるフリーサイトは、他のサイトからすこし離れた場所にあります。1600平米ある広大なスペースに、テントを張ることができます。
ペットも一緒にキャンプができます。青川峡キャンピングパークでペットも一緒に利用できるのは、かもしかキャンピングフィールドのみです。青川峡キャンピングパークでペットとキャンプを楽しみましょう。

青川峡キャンピングパークでキャンプをするメリット

レンタル品が豊富に揃っている

青川峡キャンピングパークのレンタルルームには多数のレンタル品が用意されています。テントやタープなどをはじめ、キャンプに必要なアイテムがレンタルできます。青川峡キャンピングパークは、忘れ物があっても問題なくキャンプができます。

管理・手入れが施設全体に行き届いている

青川峡キャンピングパーク内はキャンパー目線で、しっかりと整備されています。コテージやキャビン内の管理もしっかりと行われているので、安心してキャンプができます。

キャビンやコテージも充実している

コテージはAタイプからCタイプ、UBタイプの4種類あります。コテージには、電化製品や食器類も揃っています。コテージの間取りはタイプによって異なるので、すべての種類のコテージを利用したくなるでしょう。また、アイランドコテージもあります。
キャビンには10畳ほどの屋根付きウッドデッキがあり、バーベキューも楽しめます。他にもトレーラーキャビンも用意されています。

四季・自然を満喫できる

青川峡キャンピングパークでは自然を満喫できます。キャンプ場内にある川では川遊びができ、夜には空いっぱいに広がる星を一望できます。また、キャンプ場では天体観測などのイベントも実施しています。

無料のお風呂がある

センターハウス内には、無料で利用できる温泉施設があります。無料で利用できるのは、キャンパーにとっては嬉しいことです。
シャンプーやリンス、ボディーソープなども設置されているので、手ぶらでお風呂につかれます。また、バスタオルも1枚200円でレンタル可能です。

車でのアクセスがよい・スーパー等が近い

青川峡キャンピングパークは車やバイクで、アクセスしやすい場所にあります。東海環状自動車道の大安ICからは車で15分で到着できます。また、ャンプ場までは看板も多く、道に迷う心配はありません
また青川峡キャンピングパークの周辺には、買い出しに便利なスーパーなどの施設が複数あります。

青川峡キャンピングパークでキャンプをする際の注意点

人気のため予約が取りにくい

青川峡キャンピングパークは人気のキャンプ場のため、予約が取りにくいです。特に連休や土日はすぐに予約でいっぱいになります。
青川峡キャンピングパークは利用日の3ヵ月前の10日から予約できます。青川峡キャンピングパークでキャンプの予定が決まっている方は、早めに予約しましょう。
インターネット上では24時間予約を受け付けています。また、青川峡キャンピングパークをキャンセルする場合は、電話のみの受付となります。

天候や虫への対策が必要

キャンプ場に虫はつきものです。もちろん青川峡キャンピングパークにも虫が発生します。吸血生物の蚊やブヨには気を付けましょう。虫よけスプレーなどを持参して、虫対策を行いましょう。

芝生の少ないサイトも

青川峡キャンピングパークには芝生のない場所が多数あります。例えば、かもしかキャンピングフィールドには、芝生がありません。このフリーサイト内はすべて砂地となっています。砂地にテントを張る場合は、しっかりしたマットを敷くことをお勧めします。

青川峡キャンピングパークの周辺情報

キャンプ場利用者は割引あり【阿下喜温泉】

休憩スペースや物販コーナー、レストランが併設された温泉施設です。アルカリ性の温泉は、体を温めてくれる効果があります。大浴場以外にも露天風呂やサウナなど、温泉を堪能できます。青川峡キャンピングパークでのキャンプで疲れた体を、温泉につかって回復させましょう。

住所

三重県いなべ市北勢町阿下喜788

営業時間

午前11時~午後9時

お問い合わせ

0594-82-1126

公式サイト

「阿下喜温泉あじさいの里」公式サイト

フィッシングエリアとカフェが融合【サンクチュアリ】

自然に囲まれたフィッシングエリアで、未経験の方でも釣りを楽しめます。ログハウスのオープンカフェでは、獲りたての旬の食材を使用した、美味しい料理が食べられます。青川峡キャンピングパークでのキャンプの帰りに、釣りを楽しみましょう!

住所

三重県いなべ市藤原町山口1872

営業時間

午前7時30分~午後5時30分

定休日

毎月第三木曜日

お問い合わせ

0594-46-8820

公式サイト

「サンクチュアリ」公式サイト

イチゴ狩りが楽しめる【多湖農園】

キャンプ場周辺には、大きくて甘いイチゴが食べれると人気の多湖農園があります。高い位置にイチゴが実っているので、採りやすく、衛生的です。多湖農園では、章姫と紅ほっぺの2種類のいちごが食べられます

住所

三重県いなべ市員弁町大泉新田326

営業時間

午前10時~午前11時15分 午後1時~午後3時

お問い合わせ

090-1239-0415

公式サイト

「多湖農園」公式サイト

青川峡キャンピングパークで快適なキャンプを楽しもう!

青川峡キャンピングパークの魅力について、たっぷり紹介しました。青川峡キャンピングパークはレンタル用品や施設も充実している、人気のキャンプ場です。青川峡キャンピングパークでキャンプをする際の注意点も参考に、キャンプを楽しみましょう!
青川峡キャンピングパークの周辺には温泉施設や釣りを楽しめるスポット、いちご狩り農園もあるので、青川峡キャンピングパークでのキャンプの帰りに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に3,500tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

キャンプ飯でスパイス配合といえば、定番は「カレー」ですがメキシカン料理「チリコンカン」もスパイス配合を楽しめるレシピです。今回はマルチグリドルを使って、簡単で美味しく作れるチリコンカンレシピを紹介します。ぜひ皆さんも自分好みに仕上げてみてくださいね!


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 火起こし 自作・DIY 東京 車中泊 アクセサリー