「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

【2023】三重県おすすめのキャンプ場!海や温泉など盛りだくさん

【2023】三重県おすすめのキャンプ場!海や温泉など盛りだくさん

三重県おすすめのキャンプ場を紹介します。三重県は、海に面した土地で山や川もある自然が魅力の場所です。海沿いのキャンプ場が多いことも魅力のおすすめキャンプ場や面白スポットをまとめてみました。三重県の魅力とともにチェックしてくださいね。


三重県のキャンプ場は魅力がいっぱい

三重県は、海に面した立地が特徴なので海辺のキャンプ場があることが大きな魅力です。キャンプ場だけでなく、高規格なグランピング施設などもあるため初心者やカップルなどにもおすすめ。また、海だけでなく山や川も多いため自然を満喫することができます。

この記事では、三重県おすすめのキャンプ場とあわせておすすめしたい面白スポットを紹介しているのでチェックしてみてください。アクティビティなども豊富な三重県は、密かなアウトドア天国とも言われています。いつもと違うエリアでキャンプをしてみたいキャンパーさんはお見逃しなく。

三重県でキャンプするベネフィットとは?

三重県でキャンプする魅力やメリットはどんなことにあるのでしょうか。関西エリアや東海エリアからもアクセスできる三重県の魅力をみていきましょう。

三重キャンプのベネフィット①:海沿いのキャンプ場が多い

三重県は、伊勢湾と太平洋に面していることから、海辺のスポットが多いことが特徴です。そのため、キャンプ場やグランピング施設などもあり、海のアクティビティなども楽しめます。海辺のキャンプ場は、開放的な雰囲気があるので山のキャンプとはひと味違う過ごし方ができます。

三重キャンプのベネフィット②:アクティビティが豊富

三重県は、アウトドア天国と言われているほどアクティビティが豊富なことが特徴です。山も川も海もある三重県は、カヌーや釣り、ハイキングなどのアウトドアや海のアクティビティも楽しむことができます。そのため、キャンプだけでなくさまざまな遊びを満喫できることがメリットです。

三重キャンプのベネフィット③:高規格なリゾートタイプも

三重県には、高規格なキャンプ場やリゾート体験できるグランピング施設などもあることが特徴です。ワイルドなキャンプはちょっと苦手という方にとって、設備が整った場所でキャンプができることはメリットですよね。中にはホテル並みの施設もあるので、カップルやファミリーにもおすすめできます。

【三重】一度は行きたい!おすすめのキャンプ場5選

三重県おすすめのキャンプ場を紹介します。ランキングなどでもあがる人気のキャンプ場や、コテージなどもある設備が整ったキャンプ場など1度は行ってほしいおすすめをピックアップしています。楽しみが詰まった三重県のキャンプ場をチェックしてみましょう。

①海辺のキャンプ場:Azuri Camp Space(志摩市)

男性
男性

管理人さんが素晴らしい!初心者にもおすすめ

評価:

海が目の前で最高のロケーションです。ここの一番おすすめは、管理人さんの人柄です。ベテランキャンパーさんなので心強くとても親切に対応してくれます。初心者の方におすすめできます。設備も清潔で管理が行き届いている点も、やはり管理人さんの気遣いが感じられます。周辺には車で15分ほどの場所にスーパーがあるので、万が一のときでも安心です。

住所

三重県志摩市志摩町越賀2249-1

電話番号

090-9920-6262

料金

オートキャンプサイト:4,400円~ シーサイドキャンプサイト:4,400円~

シーズン利用

通年営業(定休日なし)

アクセス

車:伊勢西ICから約60分

公式サイト

Azuri Camp Space公式サイト

②温泉付きキャンプ場:島ヶ原温泉やぶっちゃキャンプ場(伊賀市)

男性
男性

設備が整っているキャンプ場

評価:

Aサイトを利用しました。芝生なのでペグが打ちやすく、設備も清潔で管理されていました。温泉があるのもよく、お肌がツルツルになる感じがします。いろんな施設もあり、Aサイトは設備が整っているのでファミリーや初心者の人にもいいと思います。

住所

三重県伊賀市島ヶ原13680

電話番号

0595-59-3939

料金

オートキャンプサイトA:5,500円(サイト使用料)+110円(衛生管理費1名)+1,100円(電源使用料) ※その他のサイトについては公式サイトを確認ください

シーズン利用

通年営業(火曜定休。祝日の場合は営業)

アクセス

車:新東名・甲南IC約50分。

公式サイト

島ヶ原温泉やぶっちゃ公式サイト

③高規格なキャンプ場:青川峡キャンピングパーク(いなべ市)

男性
男性

毎週でも行きたくなる

評価:

水辺のサイトは、小川もあり川遊びができます。設備が清潔でしっかり管理されているので快適です。レンタル品がかなり充実しているので、ギアが揃っていない人にとってはありがたいです。リピーターさんが多いキャンプ場で、予約もなかなか取りにくいですが、何度も来たくなるキャンプ場となりました。

住所

三重県いなべ市北勢町新町614

電話番号

0594-72-8300

料金

宿泊:1,000円(高校生以上)500円(中学生以下) オープン・水辺・プライベートサイト:3,500円~ ライダーズサイト:1,000円~ ※シーズンによって異なる。その他についてはサイトを確認ください

シーズン利用

通年営業(定休日なし)

アクセス

車:東名阪・四日市ICより約40分

公式サイト

青川峡キャンピングパーク

④ペットフレンドリー:伊勢志摩御座岬オートキャンプ場(志摩市)

男性
男性

海が目の前

評価:

砂浜が近いので、犬と早朝に散歩できました。シーズン外れた時期だったので静かに過ごすことができました。サイトは広々としていて、設備はやや古さはあるもののしっかり管理されている印象です。スタッフの方たちも親切でフレンドリーでした。

住所

三重県志摩市志摩町御座白浜海岸950

電話番号

0599-88-3319

料金

オートキャンプ:4,500円~(車1台5名まで、別途清掃管理費500円)2,000円~(バイク1台1名。清掃管理費込) ※特別日料金あり

シーズン利用

通年営業(定休日要確認)

アクセス

車:伊勢道・玉城ICから約80分

公式サイト

伊勢志摩御座岬オートキャンプ場公式サイト

三重県おすすめ面白スポット

三重県おすすめの面白スポットを紹介します。さまざまな観光スポットがある三重県には、ここならではのスポットがいろいろあります。キャンプ帰りにちょっと立ち寄って、三重県の魅力に触れてみてください。

①:伊賀流忍者博物館(伊賀市)

男性
男性

ショーは見逃せない

評価:

何度か行っていますが、ショーの内容が毎回バージョンアップしているので飽きません。外国人のお客さんも多く、とても楽しく鑑賞できます。

住所

三重県伊賀市上野丸之内117-13-1

電話番号

0595-23-0311

料金

入館料:大人(高校生以上)800円、小人(4歳~中学生)500円 実演忍者ショー:500円

開館時間

平日:10:00~16:00 土日祝:10:00~16:30

アクセス

電車:伊賀鉄道 上野市駅から徒歩約5分 車:名阪国道 「中瀬IC」から車で約5分

公式サイト

伊賀流忍者博物館公式サイト

②:大観音寺(津市)

男性
男性

迫力に圧倒

評価:

ゴールデンウイークに行きましたが、混雑はほとんどなくゆったり見れました。カオスな場所として1度は行ってみたいと思い足を運びましたが、その迫力に圧倒され期待以上の楽しい時間となりました。穴場好きな人や、B級スポット好きにはたまらない場所です。

住所

三重県津市白山町1957

電話番号

059-262-1717

料金

大人(高校生以上)800円、子供(小中学生)400円、小学生以下無料

営業時間

9:30~17:00 (年中無休ですが確認ください)

アクセス

電車:近鉄「榊原温泉口駅」より徒歩約15分、タクシー約3分 車:伊勢自動車道久居I.Cより約20分

公式サイト

大観音寺公式サイト

②:さとうみ庵(鳥羽市)

女性
女性

極上の時間

評価:

友人と海女小屋体験しました。海女さんの話がとても楽しく、海鮮も素晴らしいラインナップでこの値段ではなかなか体験できないことだらけです。目の前が海なので心地いいですし、次回は子供も連れてきてあげたいと思っています。

住所

三重県志摩市志摩町越賀2279

電話番号

0599-85-1212

料金

基本コース:3名以上の場合 3,850円(1名税込)2名の場合4,950円(1名税込) ※その他プランあり

所要時間

1時間半

アクセス

車:伊勢市駅から約60分

アクセス

さとうみ庵公式サイト

三重県でキャンプも遊びも満喫しよう!

三重県おすすめのキャンプ場を紹介しました。海が近いキャンプ場や高規格のキャンプ場など三重らしい特徴が詰まったキャンプ場がたくさん点在しています。大阪などの関西からも名古屋などの東海エリアからもアクセスしやすい三重はキャンプにおすすめです。

新たなエリアのキャンプ場を模索している方は、ぜひ魅力が詰まった三重県のキャンプ場で楽しい思い出作りをしてください。

【2023】関西京都おすすめのキャンプ場!海も山も満喫できる

https://news-magazine-campers.com/campsite/kansai/2023-kyoto-camp/

京都のキャンプ場について、詳しくまとめます。京都のキャンプ場の特徴や楽しみ方を、わかりやすく解説しました。また、京都に点在するおすすめのキャンプ場やスポットもピックアップしているので、ぜひとも今後の参考にしてみてください。

【関西】デイキャンプで川遊びできるキャンプ場8選!ファミリーも大人も楽しもう

https://news-magazine-campers.com/outdoor/kansai-daytrip-camp-river/

関西の日帰りで川遊びができるキャンプ場を紹介します。夏休みなどは川遊びを楽しみにしている方も多いですよね。関西エリアにあるデイキャンプ可能な川遊びできるキャンプ場をまとめてみました。ファミリーでも大人同士でも川遊びを満喫できるキャンプ場です。

【関西】徒歩キャンプおすすめのキャンプ場!人気のバックパックも紹介

https://news-magazine-campers.com/campsite/kansai/kansai-walk-camp-backpack/

関西の徒歩で行くことができるキャンプ場を紹介します。電車やバスなどの公共機関を使ってアクセスできるキャンプ場なら、車がない方でも気軽に行くことができますよね。アクセスが簡単なキャンプ場をまとめてみました。おすすめのバックパックも併せてチェックしてください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。