「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

【関東】いちご狩り人気スポット9選!注意点やおいしい見分け方も紹介

【関東】いちご狩り人気スポット9選!注意点やおいしい見分け方も紹介

関東のいちご狩り人気スポットを紹介します。キャンプのついでに立ち寄ることもおすすめのいちご狩りは、春のアウトドア遊びにぴったりです。たくさんのいちご狩りスポットがある中でおすすめをピックアップしてまとめてみました。タイミングを逃さないようにチェックしましょう。


【2023】関東のいちご狩りはいつがおすすめ?

2023年関東のいちご狩りシーズンは、だいたい1月~6月上旬と言われています。いちごの収穫は、11月から始まり、年明けからいちご狩りをスタートする農園が多い傾向にあります。一般的にベストシーズンと言われているのは、1月~3月ですが3月以降でもおいしいいちご狩りが楽しめます。

品種などによっても異なるため、いろいろなタイミングでいちご狩りに行くのもおすすめです。遅めの時期は値段も安くなるなどのメリットもあります。この記事では、関東のおすすめいちご狩りスポットやおいしいいちごの見分け方などを紹介しています。

ファミリーやカップルでも楽しめるいちご狩りの情報を参考にしてください。

いちご狩りを満喫するためのポイントや注意点

関東でいちご狩りを満喫するためのポイントや注意点を紹介します。いちご狩りをスムーズに楽しむためのポイントを知っておけば、より楽しいいちご狩りが楽しめます。満足度の高いいちご狩りにするためのポイントや注意点をチェックしていきましょう。

ポイント①:予約が必要か事前に確認する

いちご狩りスポットは、事前予約を受け付けているところもありますが、先着順となっている場合もあります。そのため、事前に自分が行きたいと考えているところがどういうスタイルなのかを確認しましょう。予約が必要なのに予約せず行ってしまい、予約でいっぱいで入れなかったということも考えられるためです。

予約制の場合は問題なく入ることができますが、先着順の場合は確実に入るためには計画性が必要となります。早めの行動がキーとなるので、移動時間の確認や余裕を持った準備が重要です。

ポイント②:早めの時間がおすすめ

いちご狩りを満喫したいなら、早めの時間がおすすめです。先着順のところなどは、いちごが終了した時点で閉園となってしまうこともあるためです。また、早い時間に到着すればいちごを選ぶこともできます。狙っていた品種や、いい状態のいちごをゲットできる可能性が高いのでおすすめです。

できれば、開園間もない朝の時間がベスト。いちご狩りに行くときは、早起きして出かけましょう。

ポイント③:持ち込みなどのルールは必ずチェック

いちごは、そのまま食べてももちろんおいしいですが、練乳などを付けて食べるのもおいしいですよね。しかし、いちご狩り農園では、練乳などの持ち込み可能なところばかりではないので注意が必要です。持ち込みを許可している場合と、持ち込み不可でも農園側で用意しているケースがあります。

また、練乳を用意していてもおかわり自由の場合と有料で追加可能な場合など、農園によってルールが異なるので必ず確認してください。持ち込み不可なのにこっそり持ち込むなどのマナー違反は、絶対に禁止です。

ポイント④:汚れてもいい服装で行く

いちご狩りに行くときは、服装にも注意が必要です。デートなどの場合、おしゃれしたい気持ちはわかりますが、大事な服を台無しにしてしまう可能性もあります。動きやすく汚れてもいい服装を選びましょう。間違っても、ハイヒールなどは厳禁です。

アウトドアにでかけるときのようなスタイルを選べば、汚れや動きにくさを回避できます。

ポイント⑤:欲張り過ぎない

ついつい欲張ってしまい、いちごを取りすぎてしまったという経験ありませんか。一度摘んだいちごは元に戻せません。欲張りすぎていちごを残してしまうようなことはやめましょう。焦ってたくさん取るのではなく、ゆっくり味わいながら食べるのがおすすめです。

また、いちごを食べ過ぎた結果体調を崩してしまうこともあります。欲張ってたくさん食べた結果、帰り道でお腹を下したという方もいますので、適量を心がけましょう。食べ足りないと思ったら、お土産用のいちごを購入していけば自宅でも楽しめます。

いちごの見分け方が知りたい!おいしいいちごはどれ?

たくさんのいちごの中から、おいしいいちごを見分けるためには、見分け方を覚えておくことが重要です。ポイントは、色・ヘタ・ツブツブの部分。熟したいちごは、ツブツブの周辺が盛り上がっていて、色のムラがないことが特徴です。

そして、ヘタの状態がよく反り返っているもの、いちご全体がつやつやしているものがおすすめ。ただし、品種によって少々異なる場合もあるので、基本のポイントと認識しておきましょう。細かな違いを知りたい場合は、現地のスタッフに聞いてみるのもよいでしょう。

【関東】電車で行ける人気のいちご狩りスポット3選

関東エリアにある、電車で行ける人気のいちご狩りスポットを紹介します。駅から近くにあるので気軽に行けることがメリットです。

①世田谷いちご熟(東京都):住宅街にある人気の農園

都内の住宅街でいちご狩りができるおすすめのスポットです。上野毛駅から徒歩で約10分という好アクセスが魅力となっています。事前予約ができるので、専用ページから予約してからでかけましょう。いちご狩りのシステムは、30分食べ放題で練乳付きとなっています。

ビニールハウスタイプなので、雨の日でもいちご狩りを楽しむことが可能です。大きな特徴は、高設栽培システムを導入していることで、安全性などに配慮している点です。こちらの主な品種は、章姫と紅ほっぺとなっています。

住所

東京都世田谷区中町4-32-1

電話番号

03-3701-5171

予約

要予約。専用ページより

料金

大人(中学生以上)¥3,000 子供(2歳〜小学生)¥2,500

シーズン

1月〜6月中旬頃

アクセス

東急大井町線 「上野毛駅」から徒歩約10分

公式サイト

世田谷いちご熟公式サイト

②駅チカ イチゴ園 GREENPEACE(埼玉県):バリアフリー設計

都内からもアクセスしやすい好立地にあるいちご狩りスポットです。東川口駅からすぐの場所にあるので、電車でのアクセスが簡単。幅広い世代が快適にいちご狩りが楽しめる要素がたくさんあり、バリアフリー設計や、広々とした休憩スペースなどが特徴です。

30分食べ放題で、扱う品種は、紅ほっぺ、章姫、あまりんの3種類となっています。また、完全予約制となっているので、必ず予約をして行きましょう。10名以上の場合は、団体扱いとなります。団体の場合のみ、すべての営業日に対応しています。

住所

埼玉県さいたま市緑区大門666

電話番号

048-708-1095

予約

完全予約。公式サイトより

料金

一般(小学生以上)1,300円~、幼児(3歳~未就学児)900円~ ※シーズンで異なる

シーズン

1/4(水)~6月初旬予定

アクセス

JR東川口駅より徒歩6分

公式サイト

駅チカ イチゴ園 GREENPEACE公式サイト

③グランベリー大地(茨城県):空中いちご園

茨城県にある「クランベリー大地」は、全国でも珍しい栽培棚が上下に移動する高設栽培を取り入れたいちご農園です。このスタイルのいちご農園では、日本最大級となっています。40分食べ放題で、トッピングの持ち込みは自由です。

予約に関しては、昼間は先着順ですが夜は予約が必要となるので注意しましょう。先着順のため、昼間はいちごがなくなり次第なので早めがおすすめです。併設されたカフェやショップでは、いちごを使ったスイーツを楽しめます。

住所

茨城県常総市三坂新田町2383

電話番号

0297-34-1514

予約

昼間は予約不要。夜は要予約。※公式サイトより

料金

大人:2,000円~、小学生:1,300円~、園児:800円~ ※シーズン、曜日によって異なる

シーズン

12月下旬~5月下旬

アクセス

常総線三妻駅から徒歩約10分

公式サイト

グランベリー大地公式サイト

【関東】安い料金で楽しめる!いちご狩りスポット3選

安い料金でいちご狩りが楽しめる関東のスポットを紹介します。できれば、少しでも料金が安い方が助かりますよね。特に、お子さんがいるファミリーなどは、コスパがいい場所がおすすめです。

①益子観光いちご団地(栃木県):60分食べ放題

栃木県にある「益子観光いちご団地」は、食べ放題60分というコスパの最高のいちご農園です。30分~40分が一般的な中、60分というのは中々の嬉しいサービスと言えます。予約不要で先着順なので、いちごが終わり次第終了となります。ただし、団体の場合は予約が必要です。

品種はとちおとめのみを扱っていますが、ビニールハウスの数は111もある規模の大きな農園です。1時間たっぷり楽しめるので、満足度が高いいちご狩りとなるでしょう。

住所

栃木県芳賀郡益子町塙527-6

電話番号

0285-72-8768

予約

予約不要(20名以上の団体は要予約)

料金

1,200円~(2歳以下は無料) ※シーズンで異なる

シーズン

12月~5月上旬

アクセス

電車:北山駅から徒歩約5分 車:真岡ICより、益子方面へ約20分

公式サイト

益子観光いちご団地公式サイト

②ファミリーファーム保田(千葉県):時間制限なしの食べ放題

千葉県にある「ファミリーファーム保田」は、コスパ最強のいちご農園です。とにかくたくさんいちごを味わいたい方にとっては最高のスポットと言えます。予約不要で、時間制限がないため好きなだけいちご狩りを楽しめます。

時間制限がないため、慌てる必要がなくゆっくりと楽しめることがメリットです。品種は、章姫や紅ほっぺなど7種類を扱っているため、いろいろな品種を味わうことができます。さらに、トッピングの持ち込みも可能なので好きな味で食べることが可能です。

予約不要で時間制限はありませんが、いちごがなくなり次第終了となるので、早めに行くことがおすすめです。

住所

千葉県鋸南町保田3039-1

電話番号

0470-55-1809

予約

予約不要

料金

小学生以上:1,600円~、3歳〜未就学児:1,300円~、2歳:600円~ ※シーズンによって異なる

シーズン

12月~ ※シーズン終了は確認ください

アクセス

JR内房線保田駅より約徒歩10分

公式サイト

ファミリーファーム保田公式サイト

③彩果ファームなかじま(群馬県):シェイクもおいしい

群馬県にある「彩果ファームなかじま」は、手頃な価格設定が嬉しいいちご農園です。30分食べ放題ですが、2,000円以下の値段設定となっているため他の農園と比較しても安いことがメリット。甘さが自慢のいちごは、とても食べ応えがあります

また、いちごを使ったシェイクやスムージーなども人気なので、いちご狩りと併せておすすめです。

住所

群馬県藤岡市中島277

電話番号

0274-42-6641

予約

要予約

料金

大人(中学生以上):900円~、子供(4歳以上):700円~ ※シーズンによって異なる。変動もあり

シーズン

1月下旬~5月下旬

アクセス

電車:JR新町駅またはJR北藤岡駅より送迎あり 車:藤岡ICから約5分

公式サイト

彩果ファームなかじま公式サイト

【関東】遊べるスポットもある!いちご狩りスポット3選

関東の遊べるスポットもあるいちご狩りスポットを紹介します。お子さん連れのファミリーの場合、遊べる場所があると便利ですよね。子供が楽しめるスポットがあるいちご狩りスポットをチェックしてみましょう。

①マザー牧場(千葉県):動物と触れ合える

千葉県にある「マザー牧場」は、たくさんの動物や自然と触れ合える人気のスポットです。ファミリーでもカップルでも楽しめるさまざまな体験が魅力。そんなマザー牧場では、いちご狩りもできます。マザー牧場のいちご園は、立体型7段式水耕栽培を取り入れていることが特徴です。

食べ放題ではありませんが、パックに詰め放題システムなので自分のペースで楽しめます。室内で食べることはできませんが、パックに詰めて持ち帰ることができます。いちごがなくなり次第終了なので、早めがおすすめです。

牧場を楽しみながら、いちご狩りもできるので充実した1日を送ることができるでしょう。

住所

千葉県富津市田倉940-3

電話番号

0439-37-3211

予約

予約不可

料金

入室料:500円、つみ取りパック:1,300円(500g)

シーズン

12月~5月

アクセス

JR君津駅より直通バスで約40分、佐賀町駅より路線バスで約25分

公式サイト

マザー牧場公式サイト

②むさしの村(埼玉県):遊園地と農業体験ができる

埼玉県にある「むさしの村」は、遊園地と農業体験が楽しめるテーマパークです。お子さん連れのファミリーに人気のスポットで、小さなお子さんが楽しめるアトラクションなどがたくさんあります。また。園内にあるわくわくファームでは、季節ごとの野菜やフルーツの収穫体験ができます。

いちご狩りは、30分食べ放題で当日受付のみです。予約はできないので、早めにいちご狩りをしてから遊園地で遊ぶのがよいでしょう。お食事処や売店などもあるので、1日中園内で楽しむことができます。

住所

埼玉県加須市志多見1700-1

電話番号

0480-61-4126

予約

予約不可

料金

小学生以上:1,400円、3歳~未就学児:1,000円、1~2歳:100円

シーズン

1月上旬~5月上旬

公式サイト

むさしの村公式サイト

③那須 千本松牧場(栃木県):自然と触れ合える広大な牧場

栃木県にある「那須 千本松牧場」は、東京ドーム178個分の広大な敷地にある人気の牧場です。動物や自然と触れ合うことや、サイクリングや乗馬などのアクティビティも豊富なのでお子さん連れに人気があります。また、大人も喜ぶ温泉施設もおすすめのポイントです。

いちご園では、20分食べ放題で練乳は販売されています。温泉を利用した栽培が特徴で、立ったまま摘めることが特徴で、スカイベリー、とちおとめ、ミルキーベリー、とちあいかなどの品種を扱っています。予約優先となっていますので、事前予約がおすすめです。

住所

栃木県那須塩原市千本松799

電話番号

0287-36-1025

予約

電話予約

料金

大人:1,600円~、3歳~小学生未満:800円~ ※シーズンによって異なる

シーズン

12月上旬~5月中旬

アクセス

車:西那須野塩原インターチェンジから約2分

公式サイト

那須 千本松牧場公式サイト

関東のいちご狩りスポットで絶品のいちごを味わおう!

関東のおすすめいちご狩りスポットを紹介しました。キャンプなどのアウトドアを兼ねて楽しむこともできるいちご狩りは、冬から春限定のアクティビティです。おいしい旬ないちごを味わえるのは、シーズンの醍醐味。

いちご狩りは季節限定のものなので、タイミングを逃してしまうと1年待たなければいけなくなります。いちご狩りに行きたいと考えている方は、ぜひおすすめを参考にチャレンジしてください。おいしい旬ないちごを満喫して、アウトドアを楽しみましょう。

山菜採りに行こう!基礎知識やマナー・おすすめスポットを紹介

https://news-magazine-campers.com/outdoor/gathering/%e5%b1%b1%e8%8f%9c%e6%8e%a1%e3%82%8a%e3%81%ab%e5%bf%85%e8%a6%81%e3%81%aa%e9%81%93%e5%85%b7%e3%83%bb%e3%83%9e%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%81%af%ef%bc%9f%e9%96%a2%e6%9d%b1%e3%83%bb%e9%96%a2%e8%a5%bf%e3%81%ae/

山菜採りに必要な道具や装備、適した服装など山菜採りの基礎知識を徹底解説。北海道や神奈川県など全国各地のおすすめ山菜採りスポットも詳しく紹介しています!ベテランの方から初心者の方まで是非ご覧ください。

バードウォッチングをキャンプで楽しもう!道具やおすすめのキャンプ場を紹介

https://news-magazine-campers.com/outdoor/bird-watching-camp/

バードウォッチングの楽しさや必要な道具について紹介します。バードウォッチングは手軽にできるアウトドアおすすめのアクティビティです。これからバードウォッチングをはじめたい方のために、道具や楽しみ方、おすすめのキャンプ場などをまとめてみました。

キャンプ場でカヤック体験を楽しもう!初心者におすすめのスポットを紹介

https://news-magazine-campers.com/outdoor/camp-kayak/

キャンプ場のアクティビティとしても人気があるカヤック体験について紹介します。湖や海など自然の中をボートで巡るカヤック体験してみたいと思ったことありませんか。カヤックの楽しみ方や服装、おすすめのキャンプ場などをまとめてみました。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。