「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

桜咲く関東のキャンプ場を紹介!チャンスを逃さない予約方法も

桜咲く関東のキャンプ場を紹介!チャンスを逃さない予約方法も

関東エリアで桜が見られるキャンプ場をひと足早く紹介します。春の訪れを待ちかねているキャンパーさんや、お花見キャンプしたいキャンパーさんは必見です。人気のキャンプ場は早めの予約が重要なので、予約方法についても触れています。ぜひチェックしてみてください。


春ならではの楽しみといえば、桜を眺めながらのお花見キャンプです。2023年関東エリアの桜開花予想は、3月20日頃だと言われています。桜が有名なキャンプ場は、多くのキャンパーさんに人気があるため、早めの予約がキーとなります。

ギリギリになって予約が埋まってしまったなんてことにならないように、今のうちからキャンプ場をチェックしておきましょう。この記事では、関東エリアにある桜が見られるおすすめのキャンプ場を紹介しています。お花見キャンプが待ち遠しいキャンパーさんはぜひ参考にしてください。

必見!桜が美しい関東のキャンプ場10選

桜が美しい関東のキャンプ場を紹介します。どのキャンプ場も桜が有名なキャンプ場なので、お花見キャンプを考えている方は必見です。どんなキャンプ場なのかみていきましょう。

①氷川キャンプ場(東京都):テントサイトから桜が見える

東京にある「氷川キャンプ場」は、都心から車で約2時間の好アクセスが魅力のキャンプ場です。河原にあるため、夏場は川遊びやバーベキューを楽しむキャンパー達で賑わいます。自然に囲まれた環境と値段が安いことも人気のポイントです。

氷川キャンプ場の桜ポイントは、入口とテントサイトにあります。テントサイトから桜を眺めることができるので、非常におすすめです。予約はネットからのみで、テントサイトは3日前までの予約が必要となっています。

住所

東京都西多摩郡奥多摩町氷川702

電話番号

0428-83-2134

料金

テントサイト:大人(小学生以上)1,500円(GWと夏季は2,000円) ※ロッジなどの料金はHPを確認ください

予約方法

ネットのみ予約可能 ※公式サイトから

アクセス

圏央道・青梅ICから車で約50分

公式サイト

氷川キャンプ場公式サイト

②有野実苑オートキャンプ場(千葉県):桜や四季折々の自然を楽しめる

千葉県にある「有野実苑オートキャンプ場」は、農園での収穫体験ができたり新鮮な獲れたての野菜を購入したりすることができるキャンプ場です。また、農園の野菜を使ったレストランもあり、非日常の食事を楽しむこともできます。

キャンプサイトは、木々に囲まれたている区画が特徴です。そのため、四季それぞれの風景を楽しむことができ、桜のシーズンはサイト内にたくさんの桜が咲いています。区画によっては桜を目の前にお花見キャンプも楽しめます。

また、東京から車で約90分という好アクセスもおすすめポイントです。アクティビティやイベントが豊富なキャンプ場なので、子連れファミリーにも人気となっています。通常期の予約は、3ヶ月前から電話もしくはネットにて予約可能です。

住所

千葉県山武市板中新田224

電話番号

0475-89-1717

料金

オートキャンプサイト:3,700円~ ソロサイト:3,100円~ キャンパーズテラスサイト:6,200円~ キャンパーズジェッドサイト:6,200円~ ログキャビン:8,600円~ ※人数などによって異なる

予約方法

・通常期は3ヶ月前からネットもしくは電話にて予約可能(GWなどの繁忙期予約方法はサイトで確認)

アクセス

東関東道・酒々井ICから約20分

公式サイト

有野実苑オートキャンプ場公式サイト

③成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場(千葉県):広大な敷地に桜!有名な桜スポット

千葉県にある「成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場」は、成田ゆめ牧場の敷地内にある広大なキャンプ場です。設備やレンタルが充実しているため、初心者やファミリーに人気があります。また、キャンプ場利用者は特別料金で牧場への入場が可能です。

桜の季節の成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場は、広大な敷地にたくさんの桜があふれます。サイトからたくさんの桜を眺めることができ、桜の木の下でお花見キャンプも可能です。関東エリアの中でも有数のお花見キャンプスポットとして知られています。

予約は、公式サイトからとなっていて空き状況なども確認できます。

住所

千葉県成田市名木730-3

電話番号

0476-96-1001

料金

大人(中学生以上):1,600円 子供(3歳以上):800円 シニア(65歳以上):1,400円 犬:大型犬1,500円、小型中型犬1,000円

予約方法

公式サイトからネット予約

アクセス

圏央道下総ICから2分

公式サイト

成田ゆめ牧場公式サイト

④千葉ウシノヒロバ(千葉県):お花見キャンプの穴場

千葉県にある「千葉ウシノヒロバ」は、牛舎がある牛と一緒に過ごせるオートキャンプ場です。サイトすべてがフリーサイトで、自然に囲まれたのんびりした雰囲気が特徴となっています。また、見学エリアから子牛を見れたり、キッズスペースでは無料で工作できたりなどお子さんが楽しめる要素もたくさん。

サイト内で桜を眺めることができるので、ゆったりとしたお花見を楽しめます。設備も綺麗でおしゃれなキャンプ場なので、女性やファミリーにもおすすめです。予約は公式サイトから予約日の2日前まで可能となっています。

住所

千葉県千葉市若葉区富田町983-1千葉ウシノヒロバ

電話番号

043-235-8376

料金

フリーサイト:大人3,080円~、子ども(3歳~小学生)1,430円~ ロッジ:20,400円~ ※土日・祝日料金あり

予約方法

公式サイトからネット予約。予約日の2日前まで

アクセス

千葉東金道路高田IC出口を降りて約10分、東関東自動車道佐倉IC出口を降りて約20分

公式サイト

千葉ウシノヒロバ公式サイト

⑤上大島キャンプ場(神奈川県):桜を見ながら手軽にデイキャンプ

神奈川県にある「上大島キャンプ場」は、桜の名所としても知られる相模川の河川敷に広がる市営のキャンプ場です。宿泊キャンプは夏季のみとなっているので、桜のシーズンはデイキャンプのみの利用となります。

キャンプ場はフリーサイトで、トイレや炊事場などの設備が整っています。また、レンタル品も充実しているので便利です。桜で有名なキャンプ場なので、桜のシーズンは多くの人で賑わいます。予約したい日程と人数が決まったら電話で直接キャンプ場に申し込みをしましょう。

住所

神奈川県相模原市緑区大島3657

電話番号

042-760-6066

料金

利用協力金:1,000~5,000円(デイキャンプ) ※人数によって異なる

予約方法

電話にて申し込み

アクセス

車:中央自動車道 八王子IC下車後約40分 電車:JR橋本駅~「相模川自然の村」行バス終点で下車後徒歩5分

公式サイト

大島キャンプ場公式サイト

⑥森総合公園オートキャンプ場(栃木県):川沿いに桜並木

栃木県にある「森総合公園オートキャンプ場」は、設備が整った自然あふれる公園です。オートキャンプサイト、フリーサイトがありバーベキュー広場もあります。オートサイトは区画が綺麗に分かれているので、非常にわかりやすいことが特徴です。

キャンプ場脇に流れる大芦川沿いには桜並木が並ぶので、お花見をしたいなら川沿いがおすすめとなっています。桜の木の下で贅沢なキャンプを楽しめるでしょう。予約は公式サイトからと窓口予約が可能です。完全予約制なので必ず予約が必要となります。

住所

栃木県鹿沼市酒野谷1335-3

電話番号

0289-60-3321

料金

オートサイト:3,700円~ フリーサイト:2,400円~ ※シーズンによって異なる

予約方法

公式サイトもしくは電話予約。1か月前から可能。 ※平日宿泊の場合は電話のみ

アクセス

東北自動車道 鹿沼ICから約25分

公式サイト

出会いの森総合公園オートキャンプ場公式サイト

⑦ファミリーオートキャンプ場そうり(群馬県):桜の名所にあるキャンプ場

群馬県にある「ファミリーオートキャンプ場そうり」は、桜の名所で知られるキャンプ場です。自然あふれる環境で、オートキャンプだけでなくバンガローやロッジもあります。また、キャンピングカーの乗り入れも可能です。

キャンプ場内には遊べる川があり、夏場などは家族連れなどで賑わいます。このキャンプ場は、なんといっても桜の名所であることが大きなポイントです。比較的どのサイトでも桜を満喫できる環境と言われているので、多くの人がお花見を楽しめるでしょう。

キャンプ場の予約は電話のみとなっています。

住所

群馬県みどり市東町沢入428-1

電話番号

0277-95-6122

料金

オートキャンプ:5,500円 トレーラーサイト:5,500円

予約方法

電話予約

アクセス

車:北関東自動車道 太田藪塚ICから約50分 電車:わたらせ渓谷鐵道 沢入駅から約徒12分

公式サイト

ファミリーオートキャンプ場そうり公式サイト

⑧サンアメニティ北本キャンプフィールド(埼玉県):芝生広場に広がる桜

埼玉県にある「サンアメニティ北本キャンプフィールド」は、初心者や家族連れにおすすめの自然豊かなキャンプ場です。手頃な料金設定で設備も整っているので安心できます。また、レンタルも充実していることもおすすめ点です。

そして桜の季節は、芝生広場を囲むようにソメイヨシノやしだれ桜が満開になる風景は圧巻です。そして、都心からのアクセスがラクなこと、電車でのアクセスも簡単であることも人気の理由となっています。予約方法は、直接行って予約をするか、電話で予約する方法があります。

電話予約の場合は、電話での仮予約をしたら申請を必ず行ってください。申請手続きは、Webフォームかメール、書留郵便のどれかで行います。予約方法については、必ず公式サイトで方法を確認してください。

住所

埼玉県北本市高尾9丁目143番地

電話番号

048-593-0008

料金

ナイトキャンプ:500円(テント)7,000円(バンガロー)

予約方法

電話もしくは直接連絡後、1週間以内に申請をする

アクセス

車:圏央道「桶川北本IC」から約10分、国道17号「山中交差点」より約10分 電車:JR高崎線北本駅からバス

公式サイト

サンアメニティ北本キャンプフィールド公式サイト

⑨茎崎こもれび六斗の森キャンプ場(茨城県):料金が安い!桜が見られるキャンプ場

茨城県にある「茎崎こもれび六斗の森キャンプ場」は、自然にあふれる市営のキャンプ場です。桜の名所としても地元では有名で、満開の時期にはたくさんの桜が咲き乱れる様子を楽しめます。小さなキャンプ場ですが、サニタリー棟などの設備が整っているので安心して利用できます。

オートサイトとテントサイトがあり、どちらも手頃な値段。そのため、コストを抑えてお花見キャンプを満喫できます。予約方法は、直接予約か電話予約のどちかです。

住所

茨城県つくば市六斗1002-1茎崎こもれび六斗の森管理事務所

電話番号

029-876-5040

料金

オートサイト:5,280円 テントスペース:1,980円 キャビン:26,710円(市内在住・通勤・通学者16,030円)

予約方法

直接予約もしくは電話予約

アクセス

車:常磐自動車道・谷田部ICから車で約20分 電車:牛久駅よりバスで約40分

公式サイト

茎崎こもれび六斗の森キャンプ場公式サイト

⑩琴川キャンプ場(山梨県):さくらサイトがある

山梨県にある「琴川キャンプ場」は、2022年夏にオープンしたばかりのキャンプ場です。桜の季節は2023年春が初めてとなりますが、桜並木に囲まれたさくらサイトはお花見キャンプにぴったりの場所となっています。

さくらサイトは、少人数もしくはソロを対象としたサイトなので、ゆったりお花見を楽しめるでしょう。標高が高い砂地のキャンプ場で、自然に囲まれた空気のいい環境となっています。設備が整っているだけでなく、ドラム缶風呂やサウナなどユニークな設備もあります。

公式サイトから予約することが可能です。ソロからファミリー、初心者まで幅広いキャンパーさんにおすすめとなっています。

住所

山梨県山梨市牧丘町杣口2050-1

電話番号

090-5824-8952

料金

利用料:3,000円 大人:1,000円 小学生以上:500円

予約方法

公式サイトから予約可能

アクセス

車:中央自動車道 勝沼ICから約30分

公式サイト

琴川キャンプ場公式サイト

桜シーズンはすぐ!関東のキャンプ場の予約は早めに

桜が見られる関東のおすすめキャンプ場を紹介しました。桜で有名なキャンプ場から、オープンしたばかりのキャンプ場までさまざまです。本格的なキャンプシーズンとなる春は、キャンパーさんにとって楽しみなシーズンですね。

桜の開花は完全には読めないものなので難しいところですが、なるべくシーズンに合わせて早めの予約がおすすめ。今年の春は、美しい桜を眺めながらお花見キャンプを楽しんでみましょう。

【関東】子連れが楽しめる手頃なコテージを紹介!安い料金でアウトドアを満喫

https://news-magazine-campers.com/campsite/kanto/kanto-children-cotage/

関東エリアの子連れにおすすめの手頃なコテージを紹介します。テント泊と比べてコテージ泊は、子連れの方にとって安心できるアウトドア施設ですよね。設備の充実さや立地など、子連れにおすすめできるポイントを考慮した関東のコテージをピックアップしました。

【関東】おしゃれなデイキャンプを楽しみたい!おすすめの映える施設を紹介

https://news-magazine-campers.com/campsite/kanto/kanto-day-camp/

関東のデイキャンプができるおしゃれなスポットを紹介します。キャンプに挑戦してみたいけど、本格的でワイルドなのは苦手という方もいますよね。そんな方におすすめなのはデイキャンプです。高規格でおしゃれなデイキャンプが楽しめる施設を紹介するので参考にしてください。

【関東】温泉に入れるキャンプ場を紹介!初心者キャンパーにもおすすめ

https://news-magazine-campers.com/campsite/kanto/kanto-hot-spring-camp/

関東の、温泉も楽しめるキャンプ場を詳しくまとめます。デイキャンプでも利用が可能な、日帰り温泉も紹介しました。また、アクセスや入館料金もわかりやすく掲示しています。それぞれの温泉の特徴も徹底的に解説しているので、ぜひとも一度目を通してみてください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。