「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

キャンプ用ローテーブルの選び方は?気になるおすすめ商品15選も!

キャンプ用ローテーブルの選び方は?気になるおすすめ商品15選も!

キャンプで流行りのローテーブルについて紹介します。何かと便利なローテーブルは、キャンプの食事や焚き火などにおすすめです。キャンプで選ばれることの多いローテーブルの魅力などについてまとめてみました。おすすめ商品や選び方など参考にしてください。


キャンプ用ローテーブルの魅力や選び方を紹介!

キャンプで使うテーブルは、ローテーブルが便利でおしゃれと人気となっています。ローテーブルは、コンパクトで軽量なものが多いため持ち運びも簡単です。まったりと過ごすキャンプでは、ロースタイルがリラックスできることも理由の1つです。

数あるローテーブルの中からどんなタイプを選べばいいのか、悩んでしまいますよね。ローテーブルの選び方やDIYの例、おすすめなどを紹介していきます。

キャンプ用ローテーブルの魅力

魅力①コンパクトになり持ち運びが簡単

キャンプにおすすめのローテーブルは、コンパクトで持ち運びが便利な点が魅力です。軽量でコンパクトなローテーブルは、バイク移動でもラクに持ち運べます。

そして、コンパクトなローテーブルは組み立てや撤収が簡単なので1人のときでも安心です。荷物が軽くなれば、キャンプの移動でストレスがなく済みます。ファミリーキャンプでも、荷物がコンパクトになれば他のもののスペースを確保できるのでおすすめです。

魅力②空間が広くなる

キャンプでローテーブルを使用すると、空間が広くなるので快適です。テントの中で使うと、目線が低くなるため天井が高く感じられます。そのため、圧迫感がなく居住空間が広く感じられることが魅力です。

テント内のスペースが広く感じられれば、ゆったりとしたキャンプを楽しむことができます。日常を離れてリラックスしたいキャンプに、空間が広がるローテーブルはおすすめです。

魅力③子供連れに便利

ローテーブルは、子供とのキャンプにおすすめです。高いテーブルだと、子供は落ち着いて座っていることが難しいですが、ローテーブルだとちょうどいい高さになります。

ロースタイルなら足が着くため、子供は安心して座っていることができます。子供だけでなく、ペットと一緒のキャンプでもちょうどいい高さになるので、ペットと同じ位置で過ごせるのでおすすめです。

魅力④地面と近くより自然を感じられる

キャンプでローテーブルを使用すると、地面に近いためより自然を感じることができます。普段の生活とは異なる環境を楽しめることがキャンプの魅力なので、ハイテーブルでは感じられない自然を感じられるのは魅力です。

ローテーブルで食事をしたり、お酒を飲んだりしながらふと目線を地面に向けてみると意外な発見があるなど、ネイチャーを感じられるでしょう。

キャンプ用ローテーブルの選び方

選び方①高さで選ぶ

キャンプに使うローテーブルを選ぶときは、高さをチェックしましょう。ローテーブルと言っても、高さは色々です。基本的にローテーブルの高さの目安は、30~40cmと言われています。地面に座るスタイルなら30cm、ローチェアを使うなら40cmが好ましいです。

ローテーブルは、自分がどのスタイルで使いたいのか検討して決めましょう。

選び方②使用人数で大きさを決める

ローテーブルを選ぶポイントは、使用する人数にも関係してきます。チェックするポイントは、天板のサイズです。ソロキャンプの場合は、幅30cm~60cmが適しています。2人の場合は、70~90cm、4人の場合は120~140cmが目安です。

ファミリーもソロも兼ねたい場合は、コンパクトなローテーブルを複数持っているとよいでしょう。

選び方③素材をチェック

ローテーブルを選ぶポイントは、素材をチェックすることも必要です。素材によって、メリット・デメリットがあるため何を重視するかを考えて選びましょう。たとえば、木製の場合おしゃれさがメリットですが重さがあります。

軽量さを重視するなら、アルミ製のローテーブルがおすすめです。長く使いたいと考える場合は、錆びにくく丈夫なステンレス製がよいでしょう。

選び方④収納方法で決める

キャンプにローテーブルを持っていくとき、収納性もポイントとなります。基本的にローテーブルは折りたたみ式となっていますが、脚だけ折り畳めるタイプと天板まで折り畳めるタイプなどがあります。

大きい車で移動する場合は、脚だけでもよいのですが、バイクなどの場合は天板まで折り畳める方が便利です。ローテーブル選びは、移動手段を考えて収納性もチェックしましょう。

キャンプ用ローテーブルおすすめ15選

スノーピーク/オゼンライト SLV-171

オゼンライト SLV-171

¥5720

スノーピークのアルミ製ソロ用ローテーブルです。アルミ製なので超軽量、キャンプへの持ち運びに便利なことがおすすめポイントです。コンパクトなので収納もしやすく、シンプルなので使い勝手がよいタイプとなっています。

値段も手頃なため、複数あればファミリーキャンプにも対応できます。

素材アルミニウム合金、ステンレス鋼
サイズ297×210×85(h)mm(使用時)
重量270g
50代/男性
50代/男性

ソロキャンプにおすすめ

評価:

組み立てがやや難しいですが、慣れれば大丈夫です。軽くてコンパクトなので、ソロキャンプにぴったりです。

ロゴス/LOGOS Life ロール膳テーブル ヴィンテージ

LOGOS Life ロール膳テーブル ヴィンテージ

¥2980

ロゴスのおしゃれなデザインが人気のローテーブルです。アルミ製なので軽量でコンパクトなことも特徴で、ソロキャンプにおすすめです。天板ごと折り畳めるため、収納もコンパクトになるためツーリングや登山でも持ち運びしやすくなっています。

キャンプだけでなく自宅でも使いたくなる、おしゃれなローテーブルです。

素材アルミ
サイズ約40×24×11cm
重量約600g
20代/男性
20代/男性

デザインがよかった

評価:

実物を見た方がデザインがよく感じられました。かなりコンパクトな印象ですが、1人なら問題ありません。

キャプテンスタッグ/CSクラシックス FDパークテーブル

CSクラシックス FDパークテーブル

¥4980

キャプテンスタッグの、ソロキャンプにおすすめの木製ローテーブルです。アカシヤ材を使用したナチュラルな木製のデザインは、シンプルながらおしゃれな雰囲気となっています。温もり感ある素材は、よりナチュラルなキャンプを過ごせます。

ソロキャンプにちょうどよいコンパクトサイズが特徴です。

素材天然木(表面加工:オイルステイン)
サイズ約44×30×高さ20cm
重量1.5kg
男性
男性

高さがちょうどいいローテーブル

評価:

コスパがよく、高さもちょうどいいのでキャンプに利用しています。

ノースフェイス/TNFキャンプテーブルスリム

TNFキャンプテーブルスリム

¥26400

ノースフェイスの耐久性に優れたローテーブルです。クオリティの高い竹製の天板を使用していることが特徴で、ワンタッチで組み立てられることもおすすめポイントです。高強度スチールフレームを使った脚は、頑丈にできています。

キャンプへの持ち運びに便利な、トートバッグも付いているので移動も安心です。

素材フレーム:スチール(電着塗装)、天板:竹集成材、レール部分:アルミ合金(アルマイト加工)
サイズW78×D45×H34cm
重量5kg
30代/女性
30代/女性

子供がいても安心

評価:

組み立てが簡単で、質感もよいので気に入っています。ローテーブルの角を面取りされているので、子供がいても安心です。

スノーピーク/エントリーIGT アイアングリルテーブル

エントリーIGT アイアングリルテーブル

¥19580

スノーピークのガスカートリッジを取り付けられるローテーブルです。そして、マルチファンクションテーブルなどとの連結もできるため、機能面でおすすめです。2~4人で使用できるサイズなので、ファミリーキャンプにも適しています。

脚の部分が折り畳めるので、持ち運びはコンパクトに収納できます。

素材集成材、アルミニウム合金、スチール(クロームメッキ)
サイズ865×440×400mm
重量6.5kg
男性
男性

頑丈で強い

評価:

普段は2人で使用していますが、人数によってファンクションテーブルを連結しています。1年以上使用していますが、耐久性抜群です。

クイックキャンプ/アウトドア 折りたたみ ミニテーブル ロング

アウトドア 折りたたみ ミニテーブル ロング

¥4180

クイックキャンプの、高さを2段階に変えられることが特徴のローテーブルです。2つ折りタイプの1.5倍の長さのテーブルは、あまりないサイズのローテーブルです。アルミフレームなので軽量で強度が強いため、耐久性にも優れています。

そして、テーブルの表面は汚れを落としやすいメラミン加工耐熱で耐水天板となっています。おしゃれな木目のデザインもおすすめポイントです。

素材アルミ MDF耐熱耐水天板
サイズ約90×40×27/34.5cm(※高さ二段階調節)
重量約1.8kg
40代/女性
40代/女性

軽量でおしゃれ

評価:

軽くて組み立てが簡単です。夫婦2人で使用していますが、ちょうどいいです。デザインもおしゃれで気に入りました。

ハングアウト/アーチテーブル

アーチテーブル

¥8140

ハングアウトの組み合わせ自由なローテーブルは、人数に合わせて組み合わせることができます。ソロキャンプも、ファミリーキャンプもする人におすすめのタイプです。台形の形が特徴で、組み合わせることで円形に広げることができます。

天板は耐熱性が高く、ステンレスが頑丈なのでキャンプでも気にせず使うことが可能です。

素材天板:ステンレス(SUS304)ヘアライン仕上、フレーム:スチール 粉体塗装(ブラック)
サイズ幅68×奥行30×高さ27.5cm
重量4kg
20代/男性
20代/男性

SNS映えする

評価:

アイディア次第でいろんな組み合わせができるので、SNS映えします。ソロでもファミリーでも対応できるので便利です。

revir of river/フィールドラック

フィールドラック

¥3280

revir of riverのコンパクトでシンプルなローテーブルです。スチール製で、耐荷重30kgと重い荷物でも乗せることができるため便利です。値段が安いので、2セットなど複数揃えても負担になりません。テーブルとしてもラックとしても使える機能的なローテーブルです。

素材スチール
サイズ34.8×60×24cm
重量約1.7kg
40代/男性
40代/男性

しっかりしている

評価:

思っていた以上にしっかりしています。ガタツキもなく重い荷物を乗せても問題ありませんでした。

モスコ/折りたたみ アルミ ローテーブル

折りたたみ アルミ ローテーブル

¥2860

モスコのアルミ製ローテーブルは、水に強く錆びにくいことが特徴です。脚を広げて天板を乗せるだけなので、女性1人でも簡単に設置できます。コンパクトで軽量なので、車やバイクでの持ち運びも簡単です。ソロキャンプにおすすめのサイズなので、ファミリーの場合は複数あるとよいでしょう。

素材アルミニウム
サイズ約28.5cm×40cm×35cm
重量850g
50代/男性
50代/男性

組み立てやすい

評価:

ソロキャンプにちょうどよく、組み立ても簡単です。軽量なので持ち運びがラクです。

SOTO/フィールドホッパー

フィールドホッパー

¥5800

SOTOのコンパクトなローテーブルは、ソロキャンプにおすすめのサイズです。天板がアルミ、脚がステンレス製となっているため頑丈で使いやすいことが特徴です。そして、パッと開くだけで簡単に広げられることもおすすめポイントとなっています。

 

素材天板:アルミニウム、スタンド:ステンレス
サイズ幅29.7×奥行21×高さ7.8cm
重量395g
40代/男性
40代/男性

ちょうどいいサイズ感

評価:

ピクニックやソロキャンプにちょうどいいサイズです。スッキリしたデザインも気に入っています。

BROOKLYN OUTDOOR COMPANY/フォールディングテーブル

フォールディングテーブル

¥9980

ニューヨークのブルックリン発ブランド「BROOKLYN OUTDOOR COMPANY」は、おしゃれアウトドアアイテムが揃う日本初上陸のブランドです。天板はポリエステル素材なので、水に強く汚れも簡単に取ることができます。

なかなか他にはないスタイリッシュなデザインが特徴で、キャンプだけでなく自宅のインテリアとしてもおすすめです。

素材張地:オックスフォードナイロン(ポリエステル)、フレーム:7075ジュラルミン(アルミ合金)
サイズ約W60 x H40 x D40cm
重量約705g
30代/男性
30代/男性

クールでかっこいい

評価:

黒を購入しました。クールでかっこいいデザインが気に入っています。ツーリングやキャンプで使っています。

オガワ/3ハイ&ローテーブル ロング

3ハイ&ローテーブル ロング

¥22000

オガワの3段階の高さで調節可能なテーブルは、ファミリーキャンプなど大人数のキャンプにおすすめです。ローテーブルとしてもハイテーブルとしても使えるため、シチュエーションによって高さを変えられることができます。

ウッド調の天板は、汚れに強い素材のため安心です。収納袋もセットになっているため、持ち運びしやすく便利です。

素材アルミ
サイズ幅81x奥行100x高さ35.5/50/60cm
重量6.1kg
20代/男性
20代/男性

木目がおしゃれ

評価:

高級感ある見た目のデザインと、高さ調節ができることが購入ポイントです。組み立てしやすく使いやすいです。

ハングアウト/アペロ ウッドテーブル

アペロ ウッドテーブル

¥28380

ハングアウトのロールアップ式ローテーブルは、木目のデザインがおしゃれなタイプです。2~4人にちょうどいいサイズなので、ファミリーキャンプにおすすめです。

ホワイトアッシュを使用していることが特徴で、見た目のおしゃれさが人気となっています。キャンプだけでなく、自宅でも使いたくなるインテリアとしての魅力もあります。

素材天板:天然木(ホワイトアッシュ材)塗装、フレーム:天然木(ホワイトアッシュ材)塗装
サイズW1000×D700×H400mm
重量10kg
40代/男性
40代/男性

ファミリーキャンプにおすすめ

評価:

重さは想定内でしたが、しっかりしていて安定します。ファミリーキャンプでの使用にちょうどよかったです。

ネイチャートーンズ/フォールディングカフェテーブル

フォールディングカフェテーブル

¥21780

テーブルサイドにフックを付けると、カップなどを吊るすことができ、下部にはラックがあるのでとても機能的なローテーブルです。コンパクトに折り畳めるため、キャンプへの持ち運びが便利となっています。

見た目のデザインもおしゃれで、複数揃えて重ねれば棚としても活用できます。キャンプでも自宅でインテリアとして使うのもおすすめです。

素材SS400、タモ集成材、表面:PE樹脂コーティング
サイズ865x425xH370mm
重量7kg
50代/男性
50代/男性

収納しやすい

評価:

デザインがかっこいいことと、収納性に優れているので気に入っています。

コールマン/ナチュラルモザイクミニテーブル プラス

ナチュラルモザイクミニテーブル プラス

¥3980

コールマンのモザイク柄が特徴のローテーブルは、抗菌加工された天板を使用しています。軽量でコンパクトなローテーブルは、持ち運びしやすく収納性も高いので便利です。

ソロキャンプや少人数のキャンプにおすすめのサイズなので、複数あるとさらにファミリーキャンプにも使えます。モザイク柄がおしゃれなローテーブルは、キャンプを楽しくさせてくれます。

素材フレーム:アルミニウム、天板:メラミン加工合板
サイズ約53×40×23(h)cm
重量約1.4kg
30代/女性
30代/女性

子供におすすめ

評価:

子供のインナーテント用に購入しました。子供にちょうどいいサイズで、安定しているので良品だと言えます。

キャンプ用ローテーブルおすすめ15選の比較表

ブランド

スノーピーク

ロゴス

キャプテンスタッグ

ノースフェイス

スノーピーク

クイックキャンプ

ハングアウト

revir of river

モスコ

SOTO

BROOKLYN OUTDOOR COMPANY

オガワ

ハングアウト

ネイチャートーンズ

コールマン

画像

商品名

オゼンライト SLV-171

LOGOS Life ロール膳テーブル ヴィンテージ

CSクラシックス FDパークテーブル

TNFキャンプテーブルスリム

エントリーIGT アイアングリルテーブル

アウトドア 折りたたみ ミニテーブル ロング

アーチテーブル

フィールドラック

折りたたみ アルミ ローテーブル

フィールドホッパー

フォールディングテーブル

3ハイ&ローテーブル ロング

アペロ ウッドテーブル

フォールディングカフェテーブル

ナチュラルモザイクミニテーブル プラス

特徴

・ソロ用 ・アルミ製で軽量 ・コンパクトで収納性に優れている

・ソロキャンプにおすすめ ・アルミ製で軽量 ・おしゃれなデザイン

・ソロキャンプにおすすめ ・ナチュラルな木製 ・コンパクト

・耐久性あり ・ファミリーにおすすめ ・ワンタッチで組み立て

・ファミリーキャンプにおすすめ ・ガスカートリッジ取り付け可能 ・マルチファンクションテーブルと連結可

・2段階調節可能 ・耐熱、耐水の天板 ・おしゃれな木目

・組み合わせ可能 ・耐熱性の天板 ・頑丈なステンレス製

・値段が安い ・耐荷重30kg ・ラックとしても使える

・ソロキャンプにおすすめ ・簡単設置 ・コンパクトで軽量

・ソロキャンプにおすすめ ・頑丈なアルミとステンレス製 ・設置が簡単

・ニューヨーク発信のブランド ・スタイリッシュ ・ポリエステル素材で水に強い

・ファミリーキャンプにおすすめ ・3段階の高さ調節可 ・汚れに強い天板

・ロールアップ式 ・ファミリーキャンプにおすすめ ・おしゃれなウッドタイプ

・ファミリーキャンプにおすすめ ・機能的な網付き ・LEDなども吊るせる

・子供におすすめ ・おしゃれなモザイク柄 ・抗菌加工済みの天板

商品リンク

キャンプ用ローテーブルのDIYアイデア

ウッドテーブルをDIY

  • 45×15×1950のウッドを6本
    • 450mmにカット
    • 茶色のオイルを半分に塗る
    • 1本ずつ交互に組み合わせる
    • テーブルの天板を固定する板を作成
    • 板の間を5mmの間隔で固定する
    • 天板の後ろに固定する板を仮止めする
    • 天板と脚をM8のボルトで固定する
    • 脚の間に強度を強くするための板を入れる

シンプルなウッドローテーブルのDIY方法です。ゼブラ柄に仕上げていることがポイントで、強度も強くしているため安定したローテーブルとなります。サイズや高さは好みに合わせてDIYするとよいでしょう。

ウッド系のローテーブルはおしゃれなので、自分好みにDIYできるとキャンプがより楽しめます。複数DIYすれば、人数が多くなってもシチュエーションに合わせて使えるので便利です。

まな板と折りたたみ椅子でDIY

まな板と折りたたみ椅子を使ったDIYアイディアです。道具も工夫次第で安く手に入るものばかりなので、DIY初心者の人でもわかりやすいと言えます。

シェラカップを吊り下げることができるように金具を付けています。コンパクトで、機能性のあるローテーブルがあればキャンプで便利ですね。好みで天板を好きなデザインにしてもよいでしょう。

100均で揃う道具で安くDIY

あまりお金を掛けられない人は、100均で道具を揃えるのがおすすめです。アルミや折りたたみチェアなどをくっつけてDIYすれば、安いコストでローテーブルを作ることができます。

天板は好みで好きな素材を選んでもよいですし、アルミは軽量なのでキャンプにはおすすめと言えます。難しいDIYが苦手な人は、簡単なDIYの方法を選ぶことで安くローテーブルをDIYすることができるので試してみましょう。

お気に入りのキャンプ用ローテーブルを見つけよう!

キャンプ用ローテーブルのおすすめや、DIYアイデアなどについて紹介しました。キャンプに最適なローテーブルはさまざまなタイプがあるので、自分に合うローテーブルをみつけましょう。自分が欲しいと思うローテーブルをDIYするのもおすすめです。

自分にぴったりなローテーブルをみつけて、キャンプをさらに楽しみましょう。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。