「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

ウルトラライトテントおすすめ8選!登山はもちろんキャンプにも!

ウルトラライトテントおすすめ8選!登山はもちろんキャンプにも!

キャンプや登山におすすめのウルトラライトテントを紹介します。ウルトラライトテントとは、超軽量なテントのことです。ウルトラライトテントの中でも、おすすめのテントをまとめてみました。ウルトラライトテントの特徴なども合わせてチェックしてみてください。


ウルトラライトテントおすすめ8選を紹介!

ウルトラライトテントは、超軽量なテントのことです。登山やキャンプへの移動がバイクや徒歩だと重いものは負担になってしまいますよね。ウルトラライトであればかなり軽量化されているため、持ち運びが簡単です。軽量である代わりにコンパクトで簡易的なタイプが多いです。

そのため、居住性を求めるのではなく簡易性を重視したタイプとなります。登山やキャンプで寝るだけを目的にするウルトラライトテントのおすすめを参考にしてください。

ウルトラライトテントの特徴

ウルトラライトとは「超軽量テント」のこと

ウルトラライトとは超軽量という意味で、とても軽量なテントのことです。軽い素材を使っていることが特徴で、2kg以下という軽いものまであります。

素材が薄いと、コンパクトに収納できるため収納性に優れていることも特徴です。移動が多い登山などで好まれることが多く、キャンプでもバイクで移動する人にも選ばれています。

携帯性に優れている

ウルトラライトテントのメリットは、携行性に優れていることです。薄い素材が基本なので、くしゃくしゃと収納袋に入れることができるためとても便利です。

軽さとコンパクトさがあるため、バックパックなどに押し込めることも簡単にできます。バイク移動や徒歩移動でも、負担にならずに持ち運べます。登山では長い距離を移動することもあるため、非常に適しています。

基本性能が高い

ウルトラライトテントには、軽さやコンパクトさだけでなく基本性能もしっかりしているものもあります。通気性や防水性など過酷な登山でも対応できるものもあり、強風や雨などでも耐えられる設定のものがおすすめです。ただし、基本性能が優れていても軽量さが優先であるため、居住性の高さがあるわけではありません。

命を守るための基本性能と携行性を重視していることが特徴です。

ウルトラライトテントの選び方

選び方①構造から選ぶ

ウルトラライトテントの選ぶポイントは、構造から選ぶことです。1枚の幕でできているシングルウォールとフライシートとインナーがあるダブルウォールがあります。

ウルトラライトは軽量であるため、比較的シングルウォールが多い傾向があります。それぞれの違いやメリット・デメリットは以下です。

シングルウォール

シングルウォール構造のウルトラライトテントは、何より軽量さが大きな特徴です。1枚の幕のみでできているため天候によっては快適さを工夫しないと難しいと言えます。結露対策などが必要となり、ダブルウォールと比較すると快適さは落ちます。ただし、軽さや携行性には優れていて設営も簡単なことがメリットです。

ダブルウォール

ダブルウォール構造は、フライシートとインナーの2枚構造のことです。外気との1層空間ができることで、快適なテント内となります。気温が低い季節でも結露しにくく、雨風にも強いという点がメリットです。快適さという点で、あまり慣れていない人はダブルウォール構造のウルトラライトテントがおすすめと言えます。

選び方②設営方法

ウルトラライトを選ぶ基準には、設営のしやすさもあります。自立式か非自立式かというポイントもチェックしておきましょう。自立式は軽量ですが、ペグを使用できない場所では設営できません。

非自立式はやや重くなりますが、どこでも設営できることがメリットです。設営自体はどちらも難しくないので、設営する場所や軽量さで考えるとよいでしょう。岩場やコンクリートなどで設営する可能性があるなら、非自立式を選んでおく方がおすすめです。

選び方③使用人数

ウルトラライトテントを選ぶとき、使用する人数を考えたサイズ選びも大事です。ソロなのか、ファミリーやグループで使うのかによってサイズ選びが異なります。登山やキャンプに行く想定人数がどんなケースなのか考慮して決めましょう。

軽量さを求めるケースは比較的ソロなどの少人数が多い傾向がありますが、人数がいる場合は定員数を必ずチェックして決めることが大事です。

ウルトラライトテントおすすめ8選

モンベル/ステラリッジテント2本体

ステラリッジテント2本体

¥49220

登山におすすめのモンベル「ステラリッジテント2本体 」は、世界トップクラスの軽量性と剛性を持つウルトラライトテントです。独自の吊り下げ式構造によって、過酷な環境下においても素早い設営が可能となっています。超軽量でありながら、強度が強い生地を使うことで耐久性にも優れたテントです。別売りのフライシートなどと組み合わせればオールシーズン使うことができます。

重量1.23kg
素材本体:10デニール高強力ポリエステル[通気撥水加工]
定員1~2名
30代/男性
30代/男性

ソロのトレッキングに使用

評価:

とても軽量で気に入っています。安くはないですが、耐久性などを考えたら断然こっちが正解です。

ケシュア/MH100

MH100

¥6621

はじめてのキャンプでも簡単に設営できる、ケシュアの「MH100」は自立式構造のウルトラライトテントです。値段が安いですが、防水性や耐久性のテストに合格済みのコスパがいいテントとなっています。ソロもしくは2人での利用が可能です。フライシートと後方のベンチレーションがついているため、快適な居住空間を過ごせます。

サイズ収納時サイズ:54cm×16cm×16cm/8L
重量2.4kg
定員1~2名
20代/男性
20代/男性

安い上に雨でも大丈夫

評価:

ツーリングで使用し、雨に見舞われましたが問題ありませんでした。体が大きいのでソロには問題ないですが、大人2人は人によって狭くなるかもしれません。

ネイチャーハイク/クラウドアップ 1 ウルトラライトテント

クラウドアップ 1 ウルトラライトテント

¥16800

ネイチャーハイクの人気シリーズクラウドの「クラウドアップ 1 ウルトラライトテント」は、超軽量さと居住性を重視した安いウルトラライトテントです。一体型のポールは、設営のしやすさや快適な居住性を出しています。そして、ミリタリー風のデザインがオシャレでかっこいいこともおすすめポイントです。ソロキャンプや登山、フェスなどさまざまなシーンで利用できます。

サイズ(65+230)×110×100cm
重量1.52kg
定員1名
30代/男性
30代/男性

他にはないカラー

評価:

値段が安いことと、登山で使えるものではなかなかないカラーが気に入っています。ペグを使いますが簡単に設営でき、雨に降られましたが浸水しませんでした。

ファイントラック/ツエルト2ロング

ツエルト2ロング

¥24200

簡易テントとして使えるツエルトは、とにかく軽さを追求したい人におすすめです。2~3人用なので、グループやファミリーなどにもぴったりです。防水・透湿コーティング素材なので、多少の悪天候であれば対応できます。さらに快適にしたい場合は、グランドシートを合わせれば良いでしょう。簡易性テントとして軽さを求める人におすすめです。

サイズ奥行220(天頂部170cm)×間口100×高さ95cm
重量340g
定員2~3名
40代/男性
40代/男性

驚異的な軽量さ

評価:

びっくりするほどコンパクトで軽量です。簡易的に使うには十分でした。色々な使い方ができるので、便利です。

バーゴ/ノーフライ2人用テント

ノーフライ2人用テント

¥86900

バーゴの「ノーフライ2人用テント」は、新しいタイプの自立式ウルトラライトテントです。シングル構造でもダブル構造でもなく、ポールスリーブもフックもありません。インナーにポールを通してグロメットに刺すことで簡単に設営ができます。カーボン素材を使用しているため超軽量で持ち運びが簡単、登山でもキャンプでもおすすめです。

サイズ長辺218cm×短編114cm×高さ109cm
重量Min 1.196 kg/Max 1.257 kg
定員1~2名
20代/男性
20代/男性

結露の心配なし

評価:

安い値段ではありませんが、スペック良しなので納得です。思ったより設営は簡単で、軽くコンパクトなので持ち運びがラクです。ダブル構造ではないのに結露も問題ありませんでした。

ダンロップ/アルパインテント

アルパインテント

¥46880

本格的な登山を行う人におすすめのダンロップ「アルパインテント」は、雪山も含めたオールシーズン対応のウルトラライトテントです。超軽量とコンパクトさがありながら、機能性や耐久性に優れています。風に強い構造、優れた速乾性など過酷な環境下となる登山でも対応できます。さまざまな山岳地への登山者が、タフだと語るダンロップのアルパインテントは本格的な登山におすすめです。

サイズ間口225×奥行120×高さ100cm
重量約1,385g
定員1名
50代/男性
50代/男性

機能性や耐久性は一流

評価:

安いものとは違い防風や防雨性能は、これ以上のものにあったことはありません。流石ダンロップだと思いました。通年使える装備が整い設営撤収もスピーディーにできます。

オクトス/NEWアルパインテント2人用

NEWアルパインテント2人用

¥34650

人気国内ブランドのオクトス人気の「NEWアルパインテント2人用」は、値段が安いながら品質のクオリティが高いウルトラライトテントです。前室が広めなので荷物を置きやすく居住空間を快適に使えます。設営がラクなスリーブ式なので、初心者にもおすすめです。入り口はメッシュシートなので通気性が良く快適に過ごせます。

サイズ高さ100cm×幅205cm×奥行120cm
重量1,971g
定員1~2名
50代/男性
50代/男性

広さが十分

評価:

登山であちこち行く度に使用しています。安いし設営しやすく1人で寝るには十分です。過酷な状況にはなっていませんが、問題なく使えています。

ネイチャーハイク/P4 アルミニウムポールテント

P4 アルミニウムポールテント

¥12900

ネイチャーハイクの「P4 アルミニウムポールテント」は、軽量でシンプル構造なので設営が簡単なウルトラライトテントです。キャンプ初心者にもおすすめなタイプで、コスパに優れています。4方向メッシュとなっているので、通気性が良く快適に過ごすことが可能です。4人用なのでグループやファミリーなどにもおすすめです。

サイズ210×(210+55)×130cm
重量2.8kg
定員1~4名
20代/男性
20代/男性

快適で広々使えた

評価:

男2人のデイキャンプで使用しました。雨が少し降りましたが、結露はありませんでした。広々と使えて友人も購入を考えています。

ウルトラライトテントはキャンプにもおすすめ!

登山やキャンプにおすすめのウルトラライトテントを紹介しました。重さがあるものは、移動手段によっては大きな負担になります。ソロキャンプの場合は、特に荷物を軽くしたいものです。

機能性に優れたウルトラライトなら、持ち運びが便利な上快適な滞在を過ごせます。目的や好みに合うウルトラライトテントをみつけて、キャンプを快適に楽しみましょう。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に3,500tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

キャンプ飯でスパイス配合といえば、定番は「カレー」ですがメキシカン料理「チリコンカン」もスパイス配合を楽しめるレシピです。今回はマルチグリドルを使って、簡単で美味しく作れるチリコンカンレシピを紹介します。ぜひ皆さんも自分好みに仕上げてみてくださいね!


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 火起こし 自作・DIY 東京 車中泊 アクセサリー