「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

尻別岳の登山ルート・コースタイムまとめ!初心者にもおすすめ!

尻別岳の登山ルート・コースタイムまとめ!初心者にもおすすめ!

尻別岳の登山ルートとコースタイムを紹介!登山口までのアクセスや駐車場の情報も詳しく説明します。初心者にもおすすめの尻別岳の魅力と季節ごとの楽しみ方を徹底解剖しました。尻別岳周辺の温泉や道の駅情報もわかりやすくまとめたので、ぜひ参考にしてください。


尻別岳の登山ルートを紹介!

尻別岳は登山やバックカントリースキーなど、一年を通じて親しまれている山です。この記事では尻別岳の登山ルートや難易度についてまとめました。尻別岳の魅力と周辺のおすすめスポットも紹介するので、ぜひチェックしてください。

尻別岳の基本情報と特徴

尻別岳の基本情報

尻別岳は 北海道の西部に位置しており、喜茂別町、留寿都村、真狩村にまたがる標高1107.27mの独立峰です。札幌近郊の山の中では比較的登りやすく、展望も良い人気の山です。
尻別岳の駐車場や登山ルートにトイレはありません。事前に済ませたり、携帯トイレを持って行くと良いでしょう。

留寿都村までのアクセス

・札幌から車で約90分(国道230号線) ・室蘭から車で約90分(道道37→国道230号線) ・新千歳空港から車で約90分(道道37→国道276→国号230号線)

駐車場までのアクセス

①札幌方面から国道230号線をルスツリゾートを通り過ぎ 「道の駅230ルスツ」を超える ②消防署とガソリンスタンドのある国道230号と道道66号の 交差点から道道66号線真狩村方面へ進む(左折) ③「種苗管理センター」「パラグライダスクール」の看板が あるところを右折し道道257号喜茂別方面へ向かう ④3kmほど進むと右側に「尻別岳入口」の看板があるので 右折する ⑤タイヤを消毒する水たまりを超えて砂利道を2kmほど進むと 駐車場に到着 ⑥登山口の目印に「尻別岳登山道入口」の大きな看板があります

特徴①美しい景色

尻別岳は眼下に見えるルスツリゾートや、近隣の山々を眺めながら稜線歩きができる展望の良い山です。山頂からは羊蹄山や洞爺湖、遠くは噴火湾や駒ケ岳といった絶景が広がります。

特徴②バックカントリーを楽しめる

尻別岳のある留寿都村や近隣のニセコ町はパウダースノーで人気のスキーリゾートです。尻別岳もパウダースノーを求めてバックカントリースキー・スノーボードを楽しむ方がきます。急斜面もあり、雪崩の危険もあるので充分な装備と知識を積み冬山を楽しみましょう。

特徴③トレイルランニング大会が開催される

尻別岳では毎年9月に北海道トレイルランニング大会が開催されています。60km、30km、15km、5kmなど様々な難易度のクラスが設定されています。参加者向けの地図読み講習なども行わており、ビギナーから上級者まで楽しめます。

尻別岳の登山ルートとコースタイム

初心者は留寿都コースがおすすめ

尻別岳には南側から登る留寿都コースと、北側から登る喜茂別コースがあります。 留寿都コースは整備されて歩きやすいので、難易度も高くはなく初心者にもおすすめです。花の季節は様々な種類が登山道沿いに見られ、景色とともに楽しませてくれます。
また、留寿都ルートの登山口に「入山届箱」が設置されている期間なら、留寿都村観光協会に申請することで、尻別岳登山証明書を発行してもらうことができます。
「留寿都村観光協会」公式サイト

留寿都コースの登山ルート

駐車場横の登山口からスタートします。両側が笹藪の登山道を登って行くと、リフトの降り場が現れます。そこを通り過ぎると尾根道です。
アップダウンを繰り返しながら、見晴らしの良い稜線を歩いていきます。山頂手前の9合目付近は急登になり、保助ロープが張られています。
急登を過ぎれば、もうひと頑張りで山頂に到着です。尻別岳山頂は広いので、360度のパノラマを眺めながらゆっくり昼食タイムを取れます。

留寿都コースのコースタイム

尻別岳のコースタイムは個人差がありますが登りが1時間半〜2時間、下りが1時間くらいです。難易度は初中級で、歩行距離は約6kmです。

喜茂別コースは未整備の可能性がある

喜茂別コースは現在はほぼ使用されておらず廃道に近い状態になっています。尻別岳登山のレポートの中でも喜茂別コースに関してはほとんどなく、留寿都村ホームページにも記載がありません
現在の喜茂別コースの登山道の状況などは不明ですので、登山整備されている留寿都コースを利用するようにしましょう。

尻別岳登山の注意点

注意点①ダニ対策と防寒対策が必要

野生動物の出没する野山や草むら・笹薮のあるところにはマダニが生息しています。マダニが媒介する感染症で亡くなる例もあるので十分な対策が必要です。
まず、首もと・腕・足首など肌を露出させないことが大切です。ツバの広い帽子をかぶる、首にタオルを巻く、靴下をズボンの裾に被せてスパッツを付ける、など有効です。マダニに効くとされる虫除け剤もあるので組み合わせて対策を取ると良いでしょう。
山では100m高度を上げると0.6℃下がると言われています。留寿都村の7月の平均気温(17.5℃)と計算すると尻別岳山頂は10.5℃と、かなり低い気温になることも想定できます。
暖かい日でも汗をかいている時に稜線の風に吹かれると、一気に体温が奪われることもあります。気温やコンディションの変化に対応できるように、防寒対策をしっかりして行くと良いでしょう。

注意点②滑りにくい登山靴も必須

コースはよく整備されていますが、急登や砂利や石で滑りやすいガレ場もあります。登山靴は足場の悪いところや下山時に、足首への負担も軽減してくれます。滑りにくい登山靴があると良いでしょう。

尻別岳の周辺スポット

周辺スポット①ルスツ温泉

下山後の楽しみの一つといえば温泉ですね。尻別岳のある留寿都村のおすすめ温泉はルスツ温泉です。
村民の方が利用する内湯が一つずつの小さな温泉施設ですが、源泉掛け流しです。石鹸・シャンプー類やタオルは持参してください。

住所

北海道虻田郡留寿都村字留寿都156番地54

定休日

毎週水曜日・年末年始 (臨時休業有)

営業時間

午前11時~午後9時まで

料金

一般(65歳未満):300円 (65歳以上):200円 中学生(15歳):200円 小学生・中学生(15歳未満):100円 乳幼児(小学校就学前):無料

「ルスツ温泉」公式サイト

ルスツリゾート内にも日帰り温泉があります。ルスツ温泉・ことぶきの湯は山並みが見れる大露天風呂があります

住所

北海道虻田郡留寿都村字泉川13番地 ルスツリゾートホテル ノースウイング 6F

定休日

なし

営業時間

6:00~9:00 14:00~25:00

料金

大人 1,300円 4歳 ~ 12歳 650円

「ルスツ温泉 ことぶきの湯」公式サイト

周辺スポット②道の駅230ルスツ

住所

北海道虻田郡留寿都村字留寿都127番地191(国道230号沿い)

休館日

年末年始(12/31~1/3)

開館時間

9:00~18:00(4月下旬~10月)、9:00~17:00(11月~4月下旬)

電話

0136-47-2068

道の駅230ルスツもおすすめスポットです。朝採りの野菜が並ぶ直売所や留寿都産の加工食品や長芋コロッケなど食べられます。ルスツ名物のみそまんじゅうもお土産に人気です。

周辺スポット③どんどん市

住所

北海道虻田郡留寿都村字ルスツ127-7

定休日

水曜

営業時間

10:00~18:00

電話

0136-46-3440

道の駅のすぐそばにあるどんどん市もおすすめです。柔らかくて脂はさっぱりの美味しいルスツ豚を購入できます。おいしいメンチカツやザンギも大人気です。

尻別岳の登山は初心者にもおすすめ!

花や紅葉の他に冬のバックカントリーまで楽しめ、展望の良さが人気の尻別岳について紹介しました。初心者にもおすすめの難易度で、比較的登りやすい山なので足を運んでみてはいかがでしょうか?
山頂でゆっくり景色をみて、おいしい山ごはんやコーヒータイムを過ごし、下山後は温泉や道の駅など、ぜひ周辺スポットも楽しんでください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 火起こし 東京 車中泊 キャンプ料理 レシピ アクセサリー