「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

冬キャンプにおすすめの服装を徹底調査!寒さ対策・寝る時は?

冬キャンプにおすすめの服装を徹底調査!寒さ対策・寝る時は?

冬キャンプの服装選びのポイントを徹底調査しました。冬キャンプに行く際の基本の服装や、服装を選ぶ際の注意点も詳しく解説!冬キャンプの服装以外の防寒対策についても紹介しているので、冬キャンプに行く際は本記事を参考にしてください。


冬キャンプの服装の基本やおすすめを紹介!

冬キャンプに興味はあるけど、服装に悩む方も多いでしょう。冬キャンプは気温も下がるため、服装選びが重要になります。
冬キャンプは寝る時や寒さ対策など、押さえておきたいポイントいくつもあります。とくに、子供と一緒に冬キャンプに訪れる際は、子供の服装選びに困る方も多いでしょう。
本記事では、冬キャンプに行く際の服装選びのポイントや冬キャンプの服装の基本、子供の服装を選ぶ際の注意点を紹介しています。寝る時の寒さ対策についても解説しているので、参考にしてください。

冬キャンプの服装選びのポイント

冬キャンプの服装選び①重ね着をする

冬キャンプの服装は重ね着が基本です。重ね着をすることで、高い体温を維持し、外に体温が逃げにくくなります。
重ね着を行う際はベースレイヤー、ミドルレイヤー、アウトレイヤーを重ねた服装がおすすめです。重ね着することで、気温や体温に合わせて服装を変えることができるので、冬キャンプでは重ね着ができる服装を選びましょう。

冬キャンプの服装選び②火の粉や汚れに注意

寒い冬キャンプでは、焚き火で暖を取る方も多いでしょう。そのような場合も、服装選びには注意が必要です。
ポリエステルなどの化学繊維でできた服装は、火の粉が飛ぶと穴が開いてしまいます。防寒対策で高価なダウンを着ていると、火の粉が飛ぶと穴が開きます。
また、冬キャンプは雪で道がぬかるんでいることも考えられます。そのため、歩くと泥がはねて足元が汚れることもあるでしょう。汚れが取れやすい服装を選びましょう。

冬キャンプの服装選び③朝晩の寒さ対策をする

冬キャンプにおいて、朝晩冷え込むことが多いです。そのため、朝晩の寒さ対策ができる服装を選ぶことが重要です。寒さ対策用のグッズなど多数販売されているので、寒さ対策の服装とグッズを併用して、体を冷やさないようにしましょう!

冬キャンプの服装の基本

冬キャンプの服装の基本①ベースレイヤー

レディース メリノ250ベースレイヤー

¥12100

保温性に優れた、レディースの冬用ベースレイヤーです。肌触りの良い、メリノ250を使用しています。アウターとしても、利用できます。
シンプルなカラー展開、おしゃれなデザインのため、どんな服装にも合わせやすいです。シンプルなスマートウールのロゴもポイントです。

サイズXS、S、M
素材ウール
30代/女性
30代/女性

ずっと愛用しています

評価:

レディース用のベースレイヤーなのに、下着下着してないので、これ1枚でいても大丈夫です。ピタッとはしないので、下に夏用下着着てます。丈が長いから安心。マークも可愛い。これの上に、ナンガのダウンだけで、真冬の東北いけます。

直接肌に触れることの多いベースレイヤー。重ね着をするため、おしゃれなデザインのものより機能を重視しましょう。ベースレイヤーは、吸汗・速乾・拡散・消臭・保温性を重視して購入することをおすすめします。
防寒性の高いベースレイヤーは、ウールを使用したものがおすすめです。また、吸汗性を発揮するためにも体にぴったりとフィットしたものを選ぶ必要があります。また、冬キャンプに利用する際は、生地が厚いしっかりと保温・発熱するものを選びましょう。

冬キャンプの服装の基本②ミドルレイヤー

マウンテン バーサ マイクロ ジャケット

¥9504

ソフトで軽量なマイクロフリースを使用したジャケットです。軽量で高い保温力を誇るジャケットは、着心地も良く、冬キャンプの服装にぴったりです。冬キャンプや冬のアウトドアシーンではミドルレイヤーとして、また寒い冬は普段着としても活用できます。
おしゃれでシンプルなデザインなので、メンズだけでなくレディースにもおすすめです。静電気ケア設計となっているので、冬でも快適に着用できるでしょう。

サイズS~XL
素材ポリエステル
30代/男性
30代/男性

デザインが良かった

評価:

冬キャンプの服装を探していて購入しました。デザインもよくで、保温力も高いので冬キャンプの服装としては、ばっちりでした。メンズのSサイズはレディースも着れそうです。

冬キャンプの服装において、ミドルレイヤーはメインの保温着となります。ベースレイヤーの上に着る、ミドルレイヤーも冬キャンプでは脱ぐことはないでしょう。そのため、脱ぎ着しない、フリース素材のものがおすすめです。
ミドルレイヤーは薄手と厚手の2種類を用意しておきましょう。気温に合わせて、ミドルレイヤーを交換すると、快適に冬キャンプを楽しめます。モンベルなどのアウトドアメーカーは、デザイン性・機能性の高いフリース素材を販売しています。
また、リーズナブル価格で人気のある、ワークマンやユニクロもフリース素材の衣服を販売しているので、チェックしておきましょう。

冬キャンプの服装の基本③アウターレイヤー

ライム ライト IN フレックス フーテッドジャケット

¥27800

人気アウトドアブランド「マムート」のメンズアイテム「ライム ライト IN フレックス フーテッドジャケット」は、1度着たら脱ぎたくなくなるような、着心地抜群のおしゃれなジャケットです。
暖かいけれど、暑すぎることはありません。ミドルレイヤーとしても、アウターレイヤーとしても着用できる多機能ジャケットとなっています。ジャケットはサイドポケットに収納できるので、コンパクトになり、持ち運びにも便利です。

サイズXS~XL
40代/女性
40代/女性

動きやすくて大満足

評価:

ミドルレイヤー、アウターレイヤーとしても利用できる万能ジャケットです。冬キャンプの服装には、欠かせないジャケットです。

アウターレイヤーは、1番外側に着用するジャケットで、強風や急な雨にも対応できるものを着用しましょう。そのため、防水性だけでなく、防風性の優れたアウターを選びましょう。ゴアテックス素材を使用したものがおすすめです。

冬キャンプの服装の基本④下半身ウェア

アウトドアウェア 保温用アンダータイツ

¥5405

冬のキャンプで活躍する、高い保温性を持っているメンズのタイツです。伸縮率の高い生地で、運動性の高さや消臭性能も優れています。保温性の高いので、冬キャンプだけでなく冬のあらゆるシーンで活用できます。

サイズS~XL
素材ポリエステル、ポリウレタン
男性
男性

冬キャンプの服装におすすめ

評価:

足元が冷えるので購入しました。メンズ用なのでぴったりとフィットし、肌触りもよくて気に入っています。メンズ用タイツの中で1番気に入っています。

下半身ウエアも、脱ぎ着が少ないウエアなので暑すぎる服装も、寒すぎる服装も不向きです。下半身は上半身ほど寒さを感じにくい部位です。そのため、上半身ほど厚着する必要はありません。

冬キャンプの服装の基本⑤靴下・靴

ハイソックス 秋冬用

¥1285

防寒性に優れたソックスで、メンズ・レディース用のサイズを展開しています。通気性も良く、吸汗速乾性にも優れているので、冬キャンプだけでなくスキーなどのアウトドアにもおすすめです。おしゃれなデザインで、カラーバリエーションも豊富です。

サイズM~L
40代/女性
40代/女性

ぴったりとフィットしてくれる

評価:

厚手ですが、伸縮性がありとても丈夫そうです。冬キャンプでの使用が楽しみです。

冬は足先や手先が冷えてしまうこともあるでしょう。そのため、靴下や靴でしっかりと足先を温めておきましょう

冬キャンプの服装の基本⑥寝る時の服装

アーチャーリッジジャケット

¥15015

冷たい風から身を守る、コロンビアのボアフリースジャケットです。防風膜を挟んでいるので、冷風をシャットアウトしてくれます。風を防いで、ウエア内にこもった熱も排出してくれます。ストレッチも効いているので、腕もスムーズに動かせます

サイズS~XL
サイズS~XL
素材ナイロン、ポリエステル
30代/女性
30代/女性

レディースの冬キャンプの服装にも

評価:

レディースのサイズを探していましたが、今回メンズのSとしました。さすがに腕周りは若干大きくも感じますが、かえってインナーが影響することも無く動きも妨げないし、丈もお尻まで暖かいです。冬キャンプには必須です。

冬キャンプの寝袋で着用する服装は、ただ着こめば良いというわけではありません。冬キャンプの寝袋で寝る時に着用する服装は、使用する寝袋のスペックによって異なります
暖かいスペックの高い寝袋を使用した場合は、インナー・トップス・ボトムス・ソックスを着用しましょう。スペックの低い寝袋を使用した場合の服装は、インナー・トップス2枚・ダウンパンツ・ソックスがおすすめです。
保温性の高いインナーを着用しても良いですが、暑すぎて眠れなくなることもあるので、吸汗性・通気性に優れたインナーを着用しましょう。寝る時の厚着、重ね着には注意しておきましょう。

冬キャンプで子供用の服装を選ぶ時の注意点

子供用服装の注意点①子供は汗をかきやすい

子供は暑がりで、よく汗をかきます。冬キャンプは気温が低いですが、子供は走り回り常に動いているでしょう。そのため、冬キャンプだからといって厚着しすぎると、汗を大量にかくことになります。
しかし、汗をかいたあとは急激に冷えます。放っておくと、低体温症に陥ることも考えられます。子供と冬キャンプを行う際は、子供の様子をしっかりみて服装を選ぶ必要があります。子供の服装や体調管理をしっかりしておきましょう。

子供用服装の注意点②防寒小物を活用する

子供の服装の注意点として、「防寒小物を活用する」という点が挙げられます。冬キャンプは、ウエアなどの服装だけでなく、手袋やマフラーなどの小物を活用しましょう。
マフラーなどの小物は、走り回る子供にも着脱させやすいので、とても便利です。冬キャンプを行う際の、子供の服装は小物を取り入れて快適に過ごせるようにしましょう。

子供用服装の注意点③汚れ対策をする

冬キャンプの子供の服装は汚れても良いものを選びましょう。キャンプ場には自然が豊富です。子供にとっても、多くの自然と触れ合え、楽しい場所になるでしょう。
冬キャンプは地面がぬかるんでいるため、走り回るだけでもズボンが汚れることもあります。そのため、冬キャンプの子供の服装は汚れがとれやすいものを選びましょう。

冬キャンプの服装以外の防寒対策

冬キャンプは服装以外の防寒対策も必要です。小物をうまく取り入れて、しっかりと防寒対策を行いましょう。冬キャンプの服装以外の防寒対策を紹介します。

服装以外の防寒対策①ブランケット

ブランケットは服装以外の防寒対策として、一番取り入れやすい小物と言えるでしょう。ブランケットは、もう1枚服を着こむには暑すぎるという場合に活躍します。
ブランケットは膝にかけるだけでなく、羽織ったり、マフラーとしても利用できます。服装以外の防寒対策を考えている方は、ブランケットを持参しましょう。
最近のブランケットは、機能面が優れているだけでなく、おしゃれなデザインのものも豊富です。メンズ・レディースが使用できるものを持っていれば、貸し借りができ便利です。

服装以外の防寒対策②カイロ

携帯カイロは冬キャンプでも手軽に使用できる、おすすめの防寒対策です。カイロは軽量で手軽に持ち運びできることから、冬キャンプで活躍します。
カイロといっても、使い捨ての物やオイル式、充電式などさまざまです。持続性、コストパフォーマンスの高い防寒対策グッズとなります。

服装以外の防寒対策③湯たんぽ

冬キャンプでは、湯たんぽも活躍します。湯たんぽは高価なものでもなく、乾燥するものでもないので利用しやすいアイテムです。
寝る時の使用にもおすすめです。寝る時は湯たんぽや服装などで、温かさを調整しましょう。湯たんぽは、おしゃれなデザインのものも販売されています。

服装以外の防寒対策④暖房器具

服装以外の防寒対策として、暖房器具の使用もおすすめです。焚き火台は調理だけでなく、暖をとるという目的でも利用できます。
他にも、コンパクトで持ち運びしやすい灯油ストーブもおすすめです。テントが燃えないように、使用する際には気をつけてください。冬キャンプは服装だけでなく、暖房機器も上手く取り入れましょう。

冬キャンプの服装に関するQ&A

冬キャンプで寝る時はシュラフカバーは必要ですか?

保温性も高く結露対策にもなるため、寝る時はシュラフとシュラフカバーの利用をおすすめします。寝る時は服装だけでなく、小物やシュラフ・シュラフカバーでしっかりと温度調節をしましょう。

冬キャンプ初心者の注意点は何ですか?

冬キャンプ初心者に注意してほしいポイントは服装です。しっかり寒さ対策のできる服装を準備しましょう。服装だけで調整が難しい場合は、暖房機器などを上手く取り入れて、冬キャンプを楽しみましょう!

冬キャンプの服装で寒さ対策しながらおしゃれも楽しもう!

冬キャンプにおすすめの服装について、たっぷり紹介しました。冬キャンプの服装で寒さ対策をしっかりと行いましょう。冬キャンプの服装は、おしゃれなウエアが多数販売されています。
冬キャンプの服装で寒さ対策をしながら、おしゃれを楽しみましょう!子供も一緒に冬キャンプに行く際は、子供の服装も気を付けてください。

おしゃれなキャンプファッションを紹介!夏・春秋の基本アイテムは?

https://news-magazine-campers.com/fashion/%e3%81%8a%e3%81%97%e3%82%83%e3%82%8c%e3%81%aa%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%82%92%e7%b4%b9%e4%bb%8b%ef%bc%81%e5%a4%8f%e3%83%bb%e6%98%a5/

キャンプ時のファッションを、夏と秋冬シーズンまたメンズとレディースに分けて紹介します。キャンプに適した服装の選び方をまとめました。キャンプ時に有効な機能的ファッションからおしゃれファッションを厳選しましたので、キャンプの服装選びをする際の参考にしてください。

春登山・トレッキングにおすすめの服装は?選び方のポイントも

https://news-magazine-campers.com/outdoor/climbing/%e6%98%a5%e7%99%bb%e5%b1%b1%e3%83%bb%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e3%81%ae%e6%9c%8d%e8%a3%85%e3%81%af%ef%bc%9f%e9%81%b8%e3%81%b3/

春登山やトレッキングにおすすめの服装を紹介します。春の季節に合った登山やトレッキングの服装アイテムや、選ぶときのポイントを解説します。登山用ファッションを、アイテムごとにわけておすすめを紹介するので、春登山やトレッキングの参考にしてください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。